全面リフォーム

「リノベーション」って、なに?「宮崎、鹿児島のリノベーションなら」

こんにちは、成竹正光です。

新しい年が始まりました。

一年の始まりに
「今年はどんな暮らしになるかな」
と思いを巡らす人もいるでしょう。

例えば、「もっと趣味に力を入れたい!
そのためには、専用の部屋がほしい」とか、

「子どもが独り立ちするから、
夫婦で過ごしやすい居住空間にしようか」など、
自分たちが目指す暮らしにあわせて、
住まいを整えることは素晴らしいことです。

このように、家族の望む生活のために
住宅の機能を向上させることを
「リノベーション」といいます。

最近は、この「リノベーション」という
言葉を、よく聞くようになりました。

ところで、似たような言葉に
「リフォーム」がありますよね。

どちらも、新築ではなくてすでにある家に
工事をするときに使い、言葉の響きも似ていて、

なんだかあまり差がないような気がしますが、
「リノベーション」と「リフォーム」の
ちがいは何でしょうか?

リノベーション(renovation)とは、英語で
「革新・刷新」を意味します。

国土交通省の定義では、「新築時の目論見とは違う
次元に改修する(改修)」です。

例えば、建てるときは
「会社勤めの夫婦と学校に通う子どもが暮らすため」の
家だったが、やがて夫婦は勤めを辞めて、
子どもも学校を卒業して家を出たので、

「子ども部屋を夫の趣味の作業部屋に作りかえて、
妻のガーデニングのためにウッドデッキを作る」など、
大幅に間取りや水回りなどを変えるケースです。

あるいは、街中の高層マンションで生活していたが、
中高年になったので郊外に移り、
庭や畑のある中古住宅を買って自分たちが
使いやすいようにすっかり改造する、
なんていう場合もあります。

リノベーションは、ヨーロッパで発展しました。

古い住宅を壊して建て替えるのではなく、
外観をあまり変えず街になじんだままにして
居住空間を現代風に変えて便利にしたり、

自分のライフスタイルに合うように
内装を変えたりして生活する人がよくいます。

おそらく、古い建物や街並みを大切にして、
何百年も変えないままにする文化が
根づいているからでしょう。

一方、リフォーム(reform)とは
もともと和製英語で、洋服のサイズ直しのように
「手直しする」という意味です。

国土交通省の定義では、
「新築時の目論見に近づく様に復元する(修繕)」です。

例えば、

「古くなったシステムキッチンを、最新型に入れ替える」とか、
「屋根や壁などが傷んできたので修理してきれいに塗り直す」
などのケースです。

いずれも、以前の間取りをあまり替えず、
壊れたり古くなったパーツを取り換えて
きれいで便利にするような場合です。

日本のように湿度の多い風土に建つ木造住宅では、
壊れたり傷んだりする部分があり、
どうしても定期的な直しが欠かせない
住文化だといえるでしょう。

別の言い方をすると、
リノベーションは、理想の暮らしという
「ソフトウエア」について考えて
プラスアルファを作っていく行為です。

リフォームは、壊れそうな物という
「ハードウエア」について直して
マイナス状態を元に戻す行為です。

人生のステージによって、
どちらも必要な時期があります。

自立したばかりで、中古住宅を買って
リノベーションするとき、結婚して、
理想の家を建てて定期的にリフォームするとき、

リタイアして、悠々自適に暮らすために
リノベーションするとき、
いつでもみなさんが「自分らしく暮らす」ために、
その手伝いをいたします。

全面リフォーム 鹿児島

こんにちは、成竹正光です。

長年住み慣れた家というのは愛着があり、
家族との思い出もたくさんあります。

しかし、築30年を過ぎたころから、
だんだん壁や屋根の傷みが激しくなり、
さらに40年、50年と長く経つと、
住宅全体の老朽化が心配です。

古い家の場合は、やはり基礎からしっかり
建て直した方がいいですが、ときには
「生まれ育った家だから、できれば残す部分もほしい」
という方もいます。

場合によっては、現在の基準で新築をすると
道路との関係で住宅面積が狭くなる、
というケースがあります。

このようにさまざまな理由により、
新築よりも「全面リフォーム」を選ぶ方も
大勢います。

全面リフォームの場合、次の点を考えながら
進めるとよいでしょう。

まずは、なんといっても[耐震性]です。
古い家の場合、耐震基準がととのう前に建てられた
住宅もあります。

必要な強度を満たすために、
柱や壁を増やすケースがほとんどです。

このとき、せっかく柱や壁を作るのだから、
[間取り]について検討するチャンスです。

例えば、

「親が高齢になったので、
両親の部屋を1階のトイレの近くにする」とか

「広い部屋を区切って個室を増やす」
「玄関を広くして使いやすくする」など。

さらに、家全体の床の段差をなくしたり、
手すりを取りつけたりと、バリアフリーにすると
将来も安心です。

また、キッチン・リビング・トイレ・風呂場など、
家族みんなが使う場所で「動線が悪くて移動しにくい」とか
「狭い」とか、気になっていた所も見直しましょう。

しかし、逆に[動かしたくない場所]もあると思います。

「昔から家族が集まって過ごした居間は、
同じところの方が落ちつく」とか、

「子どものころから使った自分の部屋は、
そのままにしたい」とか。
それらは、大切な思い出とともに残しましょう。

最近は、エネルギー問題とあわせて、
夏涼しく冬暖かく過ごす家づくりも大切です。

壁の[断熱性]を高め、窓の[機密性]を
見直しましょう。

もしも、[太陽光発電]をとりいれるなら、
この機会に行えば屋根の修繕とあわせて
一回ですみます。

そして、全面リフォームするほとんどの人が、
キッチンや風呂場などの[最新設備]を
とりいれます。

毎日使う水回りは、新しい設備にすることで、
使いやすくお手入れもしやすくなります。

リフォームは、基本的に
「使えるもの、残したいもの」を再利用し、
「傷んだ場所、汚れたもの」を安全で
きれいなものにとりかえます。

まるで、年を重ねた自分の体をいたわるように、
その家の歴史や伝統を大切にして、
長く安全に暮らせるようにします。

健康診断をして、病気があれば早期治療をして、
長生きを心がけるように、

家も点検をして、老朽化した箇所があれば直して、
これから先、子どもや孫が安心して
暮らせるようにしましょう。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ