寝室リフォーム

寝室について リフォーム宮崎

こんにちは、能勢正二郎です。

みなさん、夏バテしていませんか。
夏の暑さによる疲労回復には、夜の睡眠が大切です。
今回は、快適に過ごせる「寝室」についてお話しします。

24時間のうち8時間を睡眠とした場合、人生の約1/3を過ごすのが寝室になります。
布団に入ってすぐに眠れて、睡眠中も快適に過ごせ、朝スッキリ目覚めるためには、
寝室の天井・壁・窓・床など、気をつけたいポイントがいろいろあります。

まず、天井から。
よくリビングの天井には、空間を広く見せる明るい白系が選ばれますが、
寝室の場合は少し暗めの色、例えば濃いベージュ色や淡い茶色を使うと
優しい雰囲気で落ちついたムードになります。
また、子ども部屋の天井に元気な柄ものを使うことがありますが、
寝室では寝るときに天井に目が行くので、柄が気になって眠れなくならないように
無地を選んだ方が無難です。

天井に設置する照明ですが、ゆっくり落ちついて睡眠に入れるよう
暖色系でやわらかく光が広がるタイプを選びましょう。
そして、横になったとき光原が直接目に入らない位置に取り付けます。
壁を照らして明るくする間接照明は、寝室のムードを演出します。
これらの照明は、できれば体を起こさず横になったまま操作できるよう
手元に操作盤やリモコンがあるといいですね。
また、足元だけを照らすフットライトを設置すると、夜中にトイレに起きたとき
部屋全体を照らすことなく、安全に移動できて便利です。

壁やカーテンは、彩度の低い同系色でまとめます。
もしも「地味すぎてつまらない」と感じたら、クッションなど小物に
彩度の高いアクセントカラーを使うと、部屋がひきしまって個性も出せます。

窓には、夏の熱気や冬の冷気が入ってこないように、雨戸やシャッターを付けて
さらに厚手のカーテンで保護します。
ときどき「寝室を東向きにしたら、夏の朝早くから明るくなるし、
気温も上がって目が覚めてしまう」という人がいます。
逆に、西に面した寝室では「西日の熱気が、寝るときまで残っていて暑い」といいます。
これらを改善するには、紫外線をカットするフィルムの貼られたガラスや
二重サッシなど断熱性の高いタイプに変えます。
また、寝室はプライバシーを重要視する場所なので、外からの視界をさえぎる
磨りガラスやガラスブロックを使う方法があります。
遮音性や断熱性に優れたものを選ぶとベストでしょう。

ところで、「寝室を暗くして熱や音をさえぎるなら、最初から窓がなくてもいいのでは」
と思うかもしれません。たしかに、夜に寝るときはそれで問題ないかもしれませんが、
寝室にとってもう一つ大切なことは、気持ちよく目覚めることです。
体内時計をしっかりコントロールするためにも、起きたときに明るい光を見ることが
重要です。そこで、朝はカーテンを開けて、窓を開き、雨戸やシャッターを移動して
自分の目や皮膚で、外の光や空気に触れることが健康な暮らしに欠かせません。
寝室の換気のためにも出入り口以外に、小さくても1か所は窓を作りましょう。

最後に、床についてです。
多くの洋室はフローリングの床が多いですが、寝室の場合は裸足で歩くことがあるので、
冬になったとき足が冷たくならないように、暖かみのあるコルク材を選んだり
カーペットを敷いたりしましょう。
暗いときや寝ぼけているときにつまずいたりしないよう、床は平にして段差をつけず
コードなどに足を引っかけないように、配線に注意します。
壁も凹凸を減らして、タンスの角にぶつかったりしないよう
一面のクローゼットにしてフラットにするのも良いでしょう。

さて、以外に忘れがちなのがコンセントです。
ドレッサーでドライヤーを使ったり、昼間に掃除機をかけたりする以外に
空気清浄機や加湿器、冬の電気毛布や暖房機などで、想像以上にあちこちで
コンセントが必要になります。枕元と足元など、複数個所に設置しましょう。

どうぞ快適な寝室で、質の良い眠りを得て、暑い夏を乗りきりましょう。
暑いときは夜でも、温度と時間を適切にセットしたエアコンを使い、
熱中症に気をつけてください。とくに高齢者になると、
寝ている間に熱中症になってしまうケースがあるそうです。
くれぐも用心しましょう。みなさんのご健康をお祈り申し上げます。

安眠できる寝室は? 鹿児島

こんにちは、成竹正光です。

長かった梅雨が明け、いよいよ夏本番ですね。
暑さが厳しくなると、夜になっても気温が高いままで
寝苦しくてなかなか寝つけないとか、朝までしっかり眠れない……という人が増えてきます。
今回は、安眠できる環境を整える「寝室」についてお話しします。

「寝室」は、文字通り”寝る”ための部屋ですが、
それだけでなく”体を休め”て、リラックスしながらテレビ(映画)を見たり、音楽を聞いたり、
お気に入りの本や雑誌を読んだり、夫婦で会話をしたりする、大切なスペースです。
だからこそ、夜はゆっくりと落ち着けて、朝は気持ちよく目覚められる、
そんな環境になるように、気を配りたいポイントがいろいろあります。

1,照明
リラックスして、心地よい眠りにつくためには、まぶしくない明かり必要です。
ライトが直接目に届かないよう、間接照明などで工夫する人も多いですが、
いまどきはリモコンで明るさを調節できるライトがあります。
これなら、着替えるときは明るく、布団に入るころからやや暗くし、
「おやすみなさい」で非常灯のぼんやりした照明にすることができます。
また、トイレなどに起きたときつまずいたりしないよう、
ベッドや壁の下に、フットライトがあると安心です。地震などの緊急時も、安全ですよ。

2,窓
スタッフのブログで能勢が「窓」についてお話ししたように
その役割はさまざまです。寝室で窓は、あまり重要でないように思われますが、
実は「気持ちのよい目覚め」をするためには、ほどよい朝の明るさ(気配)が必要なのです。
あるお客様で、「寝室は暗くて静かなところがいいだろうと思い、半地下の部屋を使っていたが
朝になっても暗いままで、開けられる窓もなくて、すっきりした目覚めにならなかった」
という方がいらっしゃいました。
人間は、朝日を浴びる(太陽の光を見る)ことで体内時計がリセットされて、
気持ちのよい一日のスタートが切れるそうです。
また、新鮮な空気を部屋に取りこむことで、気分もリフレッシュします。
そのためには、カーテンを開けたら朝の光が差し込むような窓が必要です。
(もちろん、起きるまでは安眠できるよう遮光カーテンをつけましょう)

しかし、窓は外の暑さや寒さ、音や振動を伝える入口にもなります。
こんなときは、いまある窓の内側に樹脂製の内窓をつけて二重窓にしたり、
複層ガラスに変更したり、後付けの雨戸を付けたりする方法があります。
外の暑さや騒音・振動などを防いでしっかり眠り、
目覚めたときは気持ちよく朝日を体に取りこみましょう。

3,床
寝具がベッドの方で、床をフローリングにしている住宅がよくあります。
しかし、おすすめはカーペットです。
寝室は裸足で歩くことが多いから、フローリングだと冷たく感じ、
スリッパなどの足音も響きやすくなります。
また、カーペットは吸音効果が高いために声や音が響かず、とても静かな寝室になります。
さらに、部屋全体(床・壁・天井)に、調湿・消臭効果のある内装材を使えば
心地よい空間が保てるでしょう。

4,収納
寝たり起きたりする部屋は、着替える部屋でもあります。
誰でも、衣類や小物など物が増えてしまい、雑然としがちです。
ベッドの周りのあちこちにタンスを置くと、着替えるたびにうろうろ……なんてことも。
そんなときは、収納量が多く部屋がすっきりするウォークインクローゼットが便利です。
収納しやすく、出し入れしやすい。そして、扉を閉めればすっきり美しい部屋になる。
そんな空間ができれば、きっと生活も楽しくなるでしょう。

5,その他
最初にお話ししたように、寝室は寝るだけでなく、映画や音楽を楽しむ人もいます。
そんなあなたは、テレビモニターやスピーカーの位置に工夫をこらして、
自分の機材に合わせた棚(スペース)を作ってはいかがでしょう。
快適な空間で、さらに心地よい時間が過ごせそうですよ。

人生の1/3の時間を過ごすという、寝室。
みなさまのライフスタイルに合わせて、快適な時間が過ごせるように願っています。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ