収納リフォーム

クローゼットリフォーム 宮崎

こんにちは、能勢正二郎です。
9月になり少しずつですが、季節が夏から秋へ変わっていきます。
まだ、夏物の服をしまうのは早いですが、だんだん秋服が必要な日が増えていきます。
今回は、衣替えにも便利な【クローゼット】についてお話しします。
スーツやワンピースなど、畳んでしまいにくいものは、
ハンガーにかけたまま収納する人が多いと思います。
洋服ダンスではスペースが限られるし、季節ごとに入れ替えるのも大変です。
こんなときはやはり、収納力が高く使いやすいクローゼットをおすすめします。
リフォームでクロゼットを作る場合、大きくわけて
収納専用の部屋を作る「ウォークインクローゼット」と
壁面に一列に洋服を並べる「壁面クローゼット」 があります。
「ウォークインクローゼット」 は、洋服だけでなくスーツケースなど大きくてかさばる物や
カバンや帽子など何でもまとめて収納できるので、部屋の中がスッキリします。
しかし、クローゼット内を歩くスペースが必要ですから、その分を計算すると
単位面積あたりの収納着数は「壁面クロゼット」の方が多いです。
つまり、部屋をスッキリさせたいのなら「ウォークインクローゼット」
狭いスペースにたくさんの服を片付けたいのなら「壁面クローゼット」が有効でしょう。
クローゼットのリフォームには、いろいろな方法があります。
まずは、壁に扉とパイプを直接取り付ける「木工事」について。
壁面クロゼットの場合、一般的に全面が扉になります。
じゃばら折りにして全開口できる「折れ戸」なら、
吊してある洋服をいっぺんに見ることができ、出し入れも便利です。
しかし、ベッドや大きな棚があるなど、扉の前のスペースが限られる場合は
「引き戸」がよいでしょう。
また、動線の都合で体を斜めにしないと扉をよけられない場合も
「引き戸」の方が無難です。
いずれにしても、クローゼットの扉は壁と同じように広い面積になりますから
インパクトの強い色や凝ったデザインを選ぶと、圧迫感を感じてしまいます。
部屋全体のイメージにマッチした、シンプルなものがよいでしょう。
ほかには、クローゼットの家具をオーダーメイドで作る「造作家具」、
既製品のパーツを組んでクローゼットにする「システム家具」があります。
家具店で売っているクローゼット家具を買ってくる「置き家具」 は、
模様替えなど簡単に場所を変えることがきるので
生活スタイルが変わったときも柔軟に対応できます。
最近増えているのが、「押入れをクローゼット」にリフォームするケースです。
押入れは奥行きが深いので、手前と奥の2列パイプにすると便利です。
また、下の段にしまいたい物(カバン・靴など)にあわせた棚を作り、
その手前に可動式のハンガーラックなどを置くのも、スペースが有効に使えます。
クローゼットを利用して上手に収納できれば、洋服選びも楽しくなるかもしれません。
どうぞ秋から冬にかけて、おしゃれも楽しんでください。

収納スペースの賢い使い方 宮崎

こんにちは、成竹正光です。
今年の九州は雨が多くて、ご苦労されている方もいるかもしれません。
被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。

でも、雨が上がって晴れた日が続けば、本格的な夏がやってきます。
子どもたちの学校が夏休みなると、プールや海に出かけたり、
バーベキューを楽しんだりする家庭も増えることでしょう。

そうなると出番の増えるのが、海や山で使う”シーズン物”の道具です。
庭先で子どもが遊ぶビニールプールや海水浴のゴムボート、
テントなどのキャンプセットやバーベキュー用品……。
ほかにも、限られた季節だけに使う物といえば、節句飾りやクリスマス飾りなど
いずれもかさばる物が多いですよね。

季節の荷物はどこにしまったか忘れてしまうと、いざ使おうと思ったときに探すのが大変です。
こんなときは、どの季節の物でもみんな同じ場所にしまうのがいいでしょう。
例えば「押し入れ(納戸)のこの位置は、すべて季節物置場」など場所を決めて、
季節や種類を問わず、とにかく日常生活で使わない道具はそこに片付けるのです。
そのスペースがいっぱいになったら、古い物を処分(リサイクルやフリーマーケットに出す)すれば
あふれることなく片付いて、探し物をすることもなくて便利です。

……とはいっても、家族が増えると(子どもの誕生、高齢の親との同居など)
日常生活品はもちろん、季節物の道具も増えてきますよね。
また、特定の季節に行う趣味(スキューバ-ダイビングとかスノーボードとか)を始めると
いっきに物が増えてしまいます。
そんなときは、まず、今ある収納スペースを効率よく使うことを考えましょう。
具体的には、しまう物のサイズに合わせて棚を作り、無駄な空間をなくすことです。
できれば、冬物と夏物を交互にしまえるようなサイズの棚が作れるとベストです。
また、長い物は、どこか(壁など)に寄りかかっているだけだと崩れてきて、
それが荷物の乱れる(片付かない)原因になります。
自立して縦にしまえるように、棚にネック(かける所)を作ったり、ベルトで留めたりすると
物も傷まないし、きれいにしまえます。
詳しくは、みなさまの事情や道具に合わせてどんな収納棚がいいか、
ご相談に応じることもできるのでお声をかけてください。

それでも物があふれてしまう場合は、いまある押し入れや納戸以外に
あらたに収納スペースを作る必要があります。
それは、床下や屋根裏です。あるいは、階段を収納スペースにする方法もあります。
リビングに床下収納を作れば、正月やクリスマスのデコレーション、ひな人形などの節句飾りが
すぐに取り出せてみんなで飾り付けできます。
屋根裏には、季節の趣味の道具置場を作るのはいかがでしょう。
その道具を使う人の部屋の屋根裏に作れば、本人が好きなときに取り出せます。

今回は、季節物をしまう収納を紹介しましたが、
日用品の片付けについても悩んでいる方が多いと思います。
これはまた、別の機会にお話ししますのでお待ちください。
あるいは、リフォームや住宅についてお悩みがあれば、
それについてブログでお答えすることもできますので、お気軽にご相談ください。

暑い夏ですが、家族でレジャーなど楽しんで、みなさん元気に過ごせるように願っています。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ