玄関リフォーム

「玄関ホールと収納」について リフォーム宮崎

こんにちは、能勢正二郎です。

前回は、玄関扉の種類や機能についてお話ししましたが、
今回は、玄関の内側である、ホールや収納についてお話しします。

まず、玄関ホールをどんなデザインやカラーにするか、考えてみましょう。
敷地面積が充分あり玄関も広々とれる場合は、どんなカラーを選んでも問題ありません。
しかし、あなたが「少しでも玄関を広く見せたい」と思うのでしたら、
玄関の床をいちばん暗い色にして、壁の下部をそれより少し明るい色、
さらに壁の上部をもっと明るい色、そして天井をいちばん明るい色にしましょう。
つまり、下から上に向かって、徐々に明るい色にしていくのです。
玄関全体に安定感が生まれ、さらに上が明るいので解放感も感じます。
例えば、茶色とか、クリーム色とか、テーマカラーを決めて、
そのグラデーションで下から上に明るくすれば、品良くまとまるでしょう。

壁紙や天井にテクスチャー(凹凸のある織り模様)がある場合、
デザイン性があっておしゃれなムードになりますが、
あまりはっきりしたものだと影が生まれて、重たい雰囲気になります。
ですから、すべてをテクスチャー素材でおおってしまうのではなく、
足元や壁の一部などに配し、天井はフラットなものにすれば
圧迫感なく広い印象の玄関になります。

天井には照明を付けますが、この位置が扉に近すぎると、
入ってきた人の顔が影になり(逆光状態)、家人からよく見えなくなります。
また、来客は自分の影でこれから上がる部分が暗くて、段差が見えにくいなんてことも。
玄関にまぶしすぎる明かりは必要ありませんので、
温かみのあるほどよい照明が、玄関全体に広がるように取り付けます。
ちなみに、玄関外の照明に、人感センサー機能を備えたものを設置すれば、
暗くなって帰ってきても足元を照らすことができて便利です。

日本の玄関は、靴を脱いで上がる場所ですから、かならず段差があります。
転倒などを防ぐために、手すりがあると安全です。
でも、「うちにはお年寄りがいないから手すりなんていらない」と言うかもしれません。
しかし気をつけてみると、若い人でも(とくに子どもは)無意識に手をついたり
さわったりしている場所が決まっているのです。
「一部分だけ薄汚れている」という場合は、そこが「みんなの手をつく場所」なのです。
女性がブーツを履いたり脱いだりするときや、男性が靴べらを使う瞬間や
子どもがあがりかまちに上がるとき、ちょっとした手すりがあると便利で安全です。
使い勝手とデザインを考えると、縦型のものを付けるといいでしょう。

そして、靴を脱ぐということは、その靴をしまう場所も必要ですね。
靴以外にも、傘やゴルフ用品、子どもの外遊びオモチャや三輪車、スポーツ用品、
愛犬の散歩グッズ、非常持ち出し袋など、玄関に置きたい物はいろいろあります。
これらを上手にしまうためには、持ち物の種類や数に応じて収納棚を設置することです。
また、雨でぬれた上着をかけるフックがあると便利です。

収納棚を腰の高さにすれば、その上が花や絵などの飾りスペースになります。
荷物が多い場合は、収納棚を壁一面に作ってクローゼットのようにして、
壁にニッチ(小物などを飾るくぼみ)を作るとおしゃれです。
いずれの場合も、収納棚と扉・壁・天井をトータルでコーディネイトすると
すっきりした玄関になります。

 

玄関リフォームの「扉」について 宮崎

こんにちは、能勢正二郎です。

今回は、玄関のリフォームについてお話しします。
玄関は住まいの顔であり、来訪者にとって第一印象になる場所でもあります。
「古くなって汚れてきた」とか、「狭くて物があふれている」
「暗くてジメジメしている」なんてことはありませんか。
家族みんなが気持ちよく使えて、”あなたの家”らしい玄関について考えてみましょう。

玄関扉には、「引き戸タイプ」と「ドアタイプ」があります。
引き戸には、1枚の扉を左右どちらかに引く「片引き戸」
2枚の扉が1本のレールに乗って、真ん中から両方に開ける「両引き戸(引き分け戸)」
2枚の扉が2本のレールに乗って、左右の端から片側に引く「引き違い戸」があります。
和風の家の場合は、このいずれかの「引き戸」にすることが多いでしょう。
引き戸は玄関ポーチがなくても設置でき、
ストッパーを置かなくても自在な幅に開けておけます。
ですから、両手で物を運んだり、車いすやベビーカーなどの出入りに便利です。

ドアには、1枚のドアを外側に開く「片開き」
同じサイズの2枚のドアを、真ん中から開く「両開き戸」
大小の幅の2枚ドアで、通常は大きいドアを開け閉めする「親子ドア」があります。
親子ドアは、小さいドアもロックを外せば開くので、大きな物でも出し入れできます。
ドアタイプは狭い場所でも設置できるので、多くの家で使われています。

材質は大きく分けて、「金属製」と「木製」の2種類です。
金属扉には、耐久性や耐候性に優れた「アルミ」
ビルの扉などに利用される堅牢な「コート鋼板」
腐食性に強く光沢感の有無が選べる「ステンレス」などがあります。
木製扉は、無垢材の持つ温もりや柔らかさを感じることができます。
最近は、乾燥処理やウレタン塗装などにより、耐水性・耐火性も上がっています。

ドアの丁番(蝶番=ちょうつがい)や取っ手などの金物も、印象を決めるポイントです。
ドアの取っ手は、大きくてつかみやすく、デザイン性の高い「バーハンドル」
しっかり握れなくても押し下げることで開閉できる「レバーハンドル」などがあります。

扉全体のデザインはさまざまですが、最近は
装飾をおさえたシンプルで、明るいカラーのものが増えています。
ただ、外観がシンプルな家の場合は
アクセントになるような、個性的なデザインやカラーの玄関扉もおすすめです。

気をつけたいのが、リフォームの場合
「リフレッシュして今までとまったく違う雰囲気の玄関にしたい」と思って選んだら、
「外壁とバランスが合わない」とか、「家全体の雰囲気から玄関だけがういてしまった」
などの失敗です。
今どきのデザインの扉でも、色や素材の選び方を工夫して
家全体との調和をはかるようにしましょう。
「扉のカタログを見るだけではよくわからない」という場合は、
家の写真を撮ってそこに扉見本を置きながら比べると、雰囲気がつかみやすくなります。

玄関の暗さが気になる家は、扉にガラス部分がデザインされているものを選ぶと
太陽の自然光が玄関内に入り明るくなります。
また、風の取り込み口(開閉式)の付いたものを選べば、
玄関を閉めたまま空気の入れ換えができて、湿気を追い払うことができます。

そして、どんな玄関扉を選ぶにしても、防犯対策は欠かせません。
ワンドア・ツーロックが基本です。

今回は「玄関扉」について紹介しましたが、次は玄関の内側、
ホールや収納について考えてみたいと思います。

 

玄関リフォーム 都城

こんにちは、成竹正光です。
もうすぐ2012年が終わります。みなさんにとって今年は、どんな年でしたか。
大掃除はもうすみましたか? それとも、これからですか?
家をきれい掃除したら、玄関にしめ飾りを飾り、
玄関ホールにお正月の花を生けますね。
玄関は、その家を訪問するとき必ず目にする場所で、
いわば「家の顔」ともいえる場所です。
玄関が古くなって汚れたり、物をぶつけて壊れたりすると
家全体が古くなったような印象になります。
逆に言うと、玄関を新しくきれいにすると、
家そのものがリフレッシュされたように見えます。
例えば、汚れてジメジメした場所にある玄関は、明るい色の素材や
すりガラスを通して太陽光を取りこめるタイプを選ぶと良いでしょう。
昔の玄関を使っている場合は、鍵が旧式になっています。
泥棒の侵入を防ぐために、ピッキングに強いシリンダーをおすすめします。
また、2ロック式の玄関扉にして、家族の安全をはかりましょう。
さらに、バリアフリーをとりいれた玄関はいかがでしょう。
足元の段差が小さくて、ハンドルが楽につかめるものを選べば
子どももお年寄りも、楽に出入りできます。
あなたの家族の生活にぴったりの玄関をみつけて、
新鮮な気持ちで暮らしてください。
では、来年が皆様にとって素晴らしい年であるよう、心から祈念いたします。
よいお年をお迎えください。
ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ