趣味の部屋を造る

趣味の部屋をつくろう リフォーム鹿児島

こんにちは、成竹正光です。

みなさんの趣味は何ですか?

カラオケや映画鑑賞などのインドアや、
ガーデニングやスポーツなどのアウトドア等
いろいろあると思います。

インドアの趣味はもちろん、アウトドアの趣味でも
その道具や関連雑誌など物が増えて、
困っている人はいませんか。

今回は、「趣味の部屋」を作ろうというお話です。

お子さんが成長して独立した後、
「家の中にあまり使っていない部屋があるので、
住宅補修のついでに納戸にしようか」という
ご相談がありました。

せっかく収納スペースにするのなら、
もっと積極的に自分たちの趣味の合わせた部屋に
するのはいかがですか。

ご主人と奥様、それぞれ別の趣味があるご夫婦なら
両者の道具を置くスペースや、記念品や写真などを
飾る棚を作ってお互いに競い合いながら楽しむ、
なんてのも素敵です。

まず、趣味に合わせて壁や床の材料を選びます。

ピアノなどの楽器演奏をする人や、
映画をゆっくり見たい人はホームシアターのような
防音・吸音効果のある壁や床が必要です。

あるいは、スポーツ用品など汚れ物を置きたい人や、
陶芸・絵画などを趣味にする人は
掃除のしやすい床がよいでしょう。

タイルや自然素材のものを使うと
落ちついた雰囲気で、隠れ家のようなスペースに
なるでしょう。

次に、収納や作業スペースを作ります。

模型づくりや手芸など、
細かな道具をたくさん使う人は
それに合わせて小さな棚や引き出しが必要です。

棚の上部は、でき上がった作品を飾る場所に
するとよいでしょう。

大型の物や長い物など、趣味の道具のサイズが
決まっている場合は、それに合わせて専用の棚を
作るのもおすすめです。

かさばる物も、きちんと置く場所を決めると
散らかることが減ります。

夫婦が別々の趣味を持っている場合は、
左半分はご主人用の棚、右半分は奥様用の棚など、
分けると混乱しません。

もちろん、仲良く融通し合って
収納してもいいですよ。

しかし、作業スペースはできれば
別々に作りましょう。

お互いに、やりかけの物を広げておいたり、
これから使う道具を出して用意したり
スペースを使いたいタイミングが
重なることがあります。

兼用にするとストレスに感じて、
せっかくの趣味が楽しめません。

それぞれ自分のスペースを用意して、
その場所以外は散らかさないようにすると
お互いに気持ちよく趣味を楽しめるでしょう。

最後に、照明です。

読書やパッチワークなど、
手元に充分な明るさが必要な趣味の場合は、
部屋全体の照明以外に、手元を照らせる
ライト(デスクスタンド)が必要です。

光量を調整できる「調光式」もあるので、
昼や夜の環境に合わせて
まぶしすぎないように、あなたの目にぴったりの
明るさで趣味を楽しみましょう。

作品を飾る棚には、天井から間接照明を
当てるなど、ムーディーな雰囲気を
作り出すのもいいでしょう。

住まいは、あなたの”暮らし方”を作る場所ですが、
“生き方”を作る場所でもあります。

充実した人生を歩むために、
自分らしい趣味の空間をつくってはいかがですか。

『男の居場所づくり』 宮崎

こんにちは、成竹正光です。

住宅リフォームというと、外回りの修理、キッチンやトイレなど水回りの改善など、
「手入れの必要な箇所だけをやればいい」と思いがちですが、
せっかくですから”夢を叶える改築”も検討するのはいかがでしょう。

“こんな家に暮らしたかった!”という希望に少しでも近づけるために、
「リフォームのついで」に少し手を加えて、夢を叶えるのです。

例えば、『男の居場所をつくる』というのはどうでしょうか。
「そのために改築する!」とは、家族になかなか言いにくいかもしれませんが、
「家の修繕のついでに、俺の空間も作りたい」という希望なら、
「いつもがんばっているお父さんのために……」と、実現する可能性もアップします。

今回は、『男の居場所づくり』のお話です。

とはいっても、いきなり立派な専用個室を増やすことは難しいですよね。
(もちろん、敷地も資金も豊富にあるのなら、ぜひ素晴らしい部屋を作ってください)
ここでは、限られたスペースを有効利用して、少しでも居心地の良い空間をつくる方法を
考えてみたいと思います。

まずは、今あるリビングや寝室を区切って、書斎をつくります。
「区切る」というのは、いろいろな段階があります。

一つ目は、壁や扉をつけて、完全に孤立した別部屋にする方法。
小さくても、”自分だけの空間”になり、落ちついて過ごせるでしょう。
これは、もともとのリビングや寝室がとても広い場合に可能です。

二つ目は、本棚を間仕切りのように置いて、入り口の扉をつけない方法。
開放的な空間になるので、広くないリビングや寝室でも圧迫感がないでしょう。
棚を高くして、入り口を小さくすれば、個室に近い落ちついたスペースになるし
棚を低くして、入り口も広いままにすれば、自分の存在を家族にアピールしながら
自分は何か(読書・パソコン・趣味など)に集中して過ごせます。

一つ目の方法より安価ですみますが、いきなり本棚を置くだけだと
地震などで転倒してとても危険なので、造り付けにするなど
かならず業者に固定棚を作ってもらいましょう。

次の案は、納戸や屋根裏などのスペースを書斎にします。
あまり使ってない物が入ってる場合は、整理(処分)して片付けます。

もしも、必要だけれど時々しか使わない場合は、トランクルーム(コンテナボックス)
などに移動して、自宅は有意義に使うのが理想的です。
ただし、物入れだったスペースは、明かりや風通しが不十分なので、
照明や空調などを整えると、気持ちよく過ごせます。

また、ロフト部分は天井に近くて、夏の暑さや冬の寒さが厳しいので
屋根断熱をしっかりしましょう。

最後の案は、小さなデッドスペースをマイスペースに変えます。
例えば、押し入れを改造して、書斎コーナーを作ります。
このときのポイントは、押し入れの奥行きの深さをどう活用するかです。
手前に引き出せる棚を作ったり、思いきって趣味の作品を飾るスペースにするなど
アイデア次第で有効利用できそうです。

他には、廊下の突き当たりにカウンターを作って、趣味を楽しむ場所にするとか。
階段下スペースを改造して、秘密基地のような場所を作るとか。

あなたの家を見回して「ここ、使えないかな!?」と思う場所があったら
ぜひご相談ください。いっしょに、改造方法を考えてみましょう。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ