内装リフォーム

壁紙の素材による特徴の違いとは・・・? リフォーム宮崎

こんにちは、能勢 正二郎です。

前回は、壁紙やクロスを選ぶときに考えたい、さまざまな機能についてお話ししましたが
今回は、素材による特徴のちがいを紹介したいと思います。

1,ビニール
壁紙全体の90%を占める、もっとも普及している壁紙です。
バリエーションが豊富で、安く施工でき、水やほこりも簡単にふき取れます。

ビニール壁紙には、特殊な機能を付けやすいので汚れ防止・耐水・防カビなど
さまざまな機能製品を選べます。

2,洋紙・和紙
パルプを原料にした洋紙に、プリント加工やエンボス加工を施した「洋紙タイプ」は
防汚性や調湿性があって水ぶきしやすいです。

こうぞ や みつまた など、伝統的な素材と工法によって作られた「和紙タイプ」は
なんといっても、その独特な風合いに人気があります。

さらに、湿度の高いときは湿気を吸収し、乾燥したときには湿気を放出するため
湿度の高い夏や乾燥する冬でも、快適な室内を保つことができます。
和紙壁紙の表面は、樹脂加工されていることがあり、汚れにくく
水をはじくものや、水ぶき可能なものもあります。

3,織物(布
織物・編物・不織布・フェルトなどの素材を、紙で裏打ちした壁紙です。
レーヨンを使ったものが一般的ですが、麻や綿の素材感を生かしたものや
絹織物のような高級感のあるものなど、バリエーションが豊富です。

ボリューム感とあたたかな風合いが特徴で、ソフトな感触が魅力です。
リビングやベッドルームなどに使うと、ムードが高まるでしょう。

お手入れは水ぶきよりも、掃除機やハタキでほこりをはらう程度にしましょう。
もしも汚れが付いてしまったときは、固く絞った布などで
表面を軽くポンポンとたたくようにして落としましょう。

4,その他の特殊な素材
最近では、環境にやさしい壁紙も注目されています。
「特殊紙壁紙」として、天然資源のケナフを用いたものがあります。
ケナフは一年草で成長が速く、毎年伐採することができます。

植物は成長するときに、地球温暖化の原因となる炭酸ガスや、
水質汚染の原因となる窒素などを吸収するので、環境保全に役立つと言われています。

「オレフィン壁紙」は、ポリエチレン・ポリプロピレンなどの
合成樹脂を主原料とした紙のことです。焼却時に煙の発生が少なく、
塩化水素などの有毒ガスがほとんど発生しないという、すぐれた点があります。

「木質系壁紙」は、木材を薄くスライスしたものに紙を裏打ちした壁紙です。
天然木の持つ温かみや高級感を感じるので、落ち着いたムードの部屋に向いています。
ただ、比較的高価なので、全面ではなく壁の一部にアクセントとして使うと経済的です。

「無機質壁紙」は、石・土・金属・ガラス繊維・セラミックなどを
主原料にした壁紙で、高い防火性能があります。

とくに漆喰壁紙は、古くから神社仏閣・酒蔵・お城などに用いられ
すぐれた調湿性や防カビ性と、耐久性を兼ね備えています。

「珪藻土(けいそうど)壁紙」は、紙に珪藻土をコーティング加工した壁紙です。
珪藻土とは、太古の植物プランクトンが堆積して土になったもので、
珪酸(ガラス質)を主成分としています。

壁紙の表面にある無数の小さな穴が、湿度をコントロールし
石膏ボードと組み合わせると結露防止効果も発揮します。

これ意外にもさまざまな素材の壁紙があり、新たに開発される商品もあるでしょう。
それぞれの特徴を理解して、あなたのお部屋にぴったりの壁紙をみつけてください。

「壁紙・クロス」の機能について  リフォーム宮崎

こんにちは、能勢正二郎です。

まだ寒い日がありますが、2月になってから少しずつ日が長くなりましたね。
ロシアでは、この時季のことを「光の春」と言うそうです。
吹く風は冷たくても、太陽の陽射しに春の明るさを感じるのでしょう。

さて、日本では春になると、多くの人に生活の変化が訪れます。
子どもは入学や進学をしたり、大人は就職や昇進をしたり、
あるいは転職や転勤をする人もいるかもしれません。
そうでなくても、3月や4月を区切りに、生活をリフレッシュしたくなります。

そこで、あなたの家にも新鮮な装いを施してみませんか。
住宅リフォームの中で、あまり難しくなくて、大きくイメージチェンジできるのが
「壁紙やクロスの張り替え」です。

壁紙やクロスは部屋の中でも大きな面積を占める場所なので、ここをきれいにすると
汚れが一掃されて、家全体が明るくなったように感じます。

また、今どきの壁紙やクロスには、ただきれいに見せるだけでなく、
さまざまな機能をもった製品があります。
自分のライフスタイルにあった機能を備えたものを選べば、
生活そのものが向上します。例えば、次のような機能があります。

1,消臭機能
タバコを吸う家族がいたり、部屋の中でペットを飼っていたりすると、
自分では気づかなくても、住宅に独特の臭いが染みついています。
そんな家庭では、消臭機能のある壁紙・クロスを選ぶと良いでしょう。
また、タバコもペットも無縁の家でも、トイレやキッチンなど
臭いの強い場所では、消臭タイプの使用をおすすめします。

商品としては、「消臭剤」を配合したものと、
「酵素や触媒」を利用して臭いを分解するものがあります。
消臭剤配合タイプは、臭いを消す力は高いですが、有効期間が短めです。
酵素・触媒タイプは、消臭効果がやや低めですが、効果が長持ちします。

2,抗菌機能
トイレには、抗菌機能のある壁紙・クロスが最適です。
表面に特殊フィルムが施されていて、付いた細菌の増殖を制御してくれます。
抗菌性の高さについては、壁紙工業会など信頼のおけるものを選べば安心です。

3,防カビ機能
風呂場など湿度の多い場所では、防カビ機能の製品がおすすめです。
寝室など水を使わない場所でも、結露を起こす部屋では
気づかぬうちに、窓際の壁やクローゼットなどに、カビが発生することがあります。

カビは、見た目がきたないだけでなく、何よりも健康によくありません。
カビから舞い上がった胞子が、部屋の中をただよううちに
口や鼻から体内に取りこまれ、アレルギー症状を起こす原因になります。
カビが発生しにくい壁紙・クロスを使えば、その危険性を低く抑えられます。

4,シックハウス症候群対策
シックハウス症候群とは、新築やリフォームをしたときに建材から発生する
化学物質による室内空気汚染と、それによる健康被害のことです。
昔よりも住宅工事の期間が短いため、建材から揮発する化学物質が残ったままだったり、
建物自体の機密性が増したため、化学物質が外へ出ることなく室内にたまったりします。

一時期、シックハウス症候群を発症する人が増えて、社会的な問題にもなりました。
壁紙の場合は、素材や接着剤からホルムアルデヒドという化学物質が放散されて、
めまい・頭痛・湿疹・のどや目の痛み・呼吸器疾患などを起こすケースがあります。

現在は安全の基準が定まっていますが、お年寄りや子どものいる家庭では、
しっかり対策した壁紙・工法を選び、わずかでもリスクを減らしましょう。

今回は、機能面からどんな壁紙やクロスがあるか紹介しましたが
次回は、素材による違いをご紹介する予定です。

それぞれの特性を考えて、みなさんの家庭にふさわしい壁紙やクロスを選んでください。
そして、安全で健康的な家で、見た目も気分も、リフレッシュすることを願っています。

壁紙の選び方 鹿児島

こんにちは、山崎昭人です。

前回は、壁の張り替えリフォームについてご案内しました。
今回はいよいよ、張り替える壁紙の選び方についてお話しします。

壁紙を選ぶとき、みなさんはカタログを見ながら
「リビングは明るい方が良いかな」「寝室は落ち着いた感じが良いかしら」など
あれこれ考えて、とても楽しいときだと思います。

しかし、リフレッシュしてイメージチェンジしようと思った人でも
なかなか冒険できず、最終的に「やっぱり無難なものにしよう」と、
前と変わらないデザインや、地味でシンプルなものを選んでしまうことがあります。
そして、仕上がった後から「せっかくの機会だったのに、これで良かったのかしら……」
と後悔するケースが以外とあるものです。

いくつかのポイントを覚えておけば、壁紙選びがさらに楽しくなり
リフォームした後に「建て直したみたいに新鮮になった」と満足することでしょう。

まず、壁紙の素材から紹介すると、ビニール製・紙製・織物製・コルク製などがあります。ビニール製は、お手入れが楽なのが特長です。
汚れても簡単にふき掃除ができるので、子ども部屋などに向いています。
紙製は、同じ色でも厚さによって雰囲気が変わります。
できれば実際のサンプルを、張る予定の場所に置いてみると印象がつかみやすいです。
織物製やコルク製などは、個性的なムードを作ることができます。
シックなリビングや、落ち着いた寝室などに使うといいでしょう。
また、広い壁のワンポイントに使うと、おしゃれな部屋に仕上がります。

さて、素材の見当を付けたら、いよいよ壁紙のデザイン選びですが、
選ぶときのキーワードは「大きさ」です。
部屋の大きさ・壁の大きさ、そして模様の大きさを考えましょう。

例えば、リビングのような大きな部屋の、壁全体の広い面積に、
とてもはっきりした模様の壁紙を張ると、落ち着かない雰囲気になります。
こんなときは、無地の壁紙と組み合わせて、小さな面積に模様を使うと
アクセントになり、センスあるリビングに仕上がるでしょう。

逆に、トイレなど小さなスペースに、濃い色や大柄の模様の壁紙を使うと
とても圧迫感を感じてしまいます。こんなときも、柄物を使う面積を調整すれば
好きな模様の壁紙を選ぶことができます。

では、場所ごとに具体的なアドバイスをしていきます。
【天井】壁紙のカタログには「天井用」というものがあります。
厚手タイプで、どんな壁にも合わせやすい白色系のものが載っています。
しかし、種類が限られて「自分好みがない」とか、「平凡でつまらない」
というご意見もあります。もちろん、壁用のカタログから選んでも問題ありません。

このとき覚えておいてほしいのが、「厚手」「方向がない」「壁と合う」ことです。
天井は、板や留め金、あるいは照明などの都合で、部分的に凹凸や切り込みがあります。
これらの影響を受けてもきれいに仕上がるように、厚手タイプを選びましょう。
また、天井のデザインに方向性があると、座る位置によって落ち着かなくなったり、
部屋の模様替えをしたときに違和感が出る可能性があります。
基本的にはどんな柄でもかまいませんが、あまり方向性がはっきりしたものは
さけた方が無難です。

そして、壁との組み合わせですが、床・壁・天井を同系色でまとめるように意識すると
失敗が少ないでしょう。下から上へのグラデーションで、
部分的に柄や色でポイントを付けると品良く仕上がります。

【部屋】リビングでも個室でも、「悩んだ末にどんな家具にも合う白系にした」
という人がよくいます。あるいは、
「淡いオフホワイトに、少し変化をつけて地柄の付いた壁にした」という選択肢も。
しかしどちらも、「仕上がったら平坦な真っ白で、病院のように青白く感じる」
なんて後悔を聞きます。とくに、壁紙リフォームの場合
古い扉や窓枠などに比べて、壁の白さが浮き上がって強調されます。
さらに、蛍光灯に照らされると青みがかって見えて、
冷たい印象の部屋になってしまう場合があります。

カタログの小さな面積では濃い色に見えても、実際に壁に張るとかなり明るく見えます。
「カタログから淡くて細かい模様の壁紙を選んだらほとんど真っ白」なんてことも。
希望のデザインがあったら、それよりもワンランク濃い色や、
気持ち大きめのデザインにしても大丈夫です。
もしも心配なら、無難な色やデザインの壁紙をベースにして、
部分的に濃い色や派手めな模様を使えば、きっと上手くまとまるでしょう。

【トイレ】この場所は、長時間いるところではないし、とじた空間なので、
少し遊び心を発揮して、冒険しても大丈夫です。
インテリアを楽しむつもりで、チャレンジしてみましょう。

トイレは基本的に、扉と三面の壁で成り立っています。
三面すべてに濃い色や柄物を使うと、少しうるさく感じることもあります。
そんなときは、奥の一面に派手なデザインを使い、
残りの壁はそのデザインから選んだ一色や、同系色の壁紙にすれば成功します。
「カタログを見たときからどうしても気になっていたけど、派手すぎて
使う勇気が出なかった」なんて壁紙も、ここでなら思いきって使えます。

最後に、壁紙リフォーム完成後のお願いが少しあります。
張り替え直後は乾燥しきっていないので、ゆるんで見えたり
空気が入っているように見えることがあります。
そんな場合は、けっして指でこすらずに、数日様子を見てください。
指でいじると、黒ずみやシワの原因になります。

しっかり乾けば、表面はきれい落ち着きます。
それでも直らない場合は、ご連絡いただければ手直しいたします。

壁紙について 鹿児島

こんにちは、山崎昭人です。

今回は、壁紙の張り替えについてお話しします。

壁紙の張り替えをする目安は、一般的に10年~15年といわれています。
「汚れや傷みが目立つようになったら行う」という人が多いですが、
子どもの成長や定年退職など、ライフステージの変化にあわせて
暮らしの雰囲気を変えるために壁紙を貼り替えるのもおすすめです。

新しい壁紙にすると、きれいになって気持ちいいだけでなく
部屋の中のムードが変わり、新鮮な気持ちで過ごせるようになります。

例えば、子どもが幼いうちは、明るく楽しいムードのリビングルームですが
成長して結婚して独立したら、老夫婦がゆっくりくつろげる落ちついた部屋として
和テイストの壁紙や装飾に替えるのはいかがでしょうか。

ほかにも、壁の貼り替えのタイミングとして、
エアコンや照明器具の交換時にいっしょに行うケースがあります。
壁は、きれいに見えても日焼けやほこりなどにより
掃除をしていても、どうしても汚れが付いてしまいます。

そして、エアコンや照明器具の陰になっていた場所だけは、
まるで新しい壁のようにきれいで、交換したときに境目が目立つことがあります。
こんなときは、壁紙を新しくチャンスだと考えて、リフレッシュしましょう。

逆に、壁紙を新しくする前に、エアコンや照明器具、カーテンなど
壁に近い大物を交換しなくてよいか、しっかりチェックしましょう。
あとから「同時にやれば良かった」と後悔しないよう、
壁とのトータルコーディネイトも考えながら検討しましょう。

ちなみに、とても細かい部分ですが「壁紙を新しくしたら、
スイッチやコンセントの古さが目立ってしまった」というケースがあります。
壁紙のデザインに合わせて、スイッチやコンセントを新しくするのもおすすめです。

さて、壁紙を貼りかえるとき、ほとんどの人はカタログを見ながら選ぶと思います。
実は「カタログからの選び方」に、貼り替えの成功・失敗がかかっているといえます。

カタログの写真だけでは、色合いや質感などが正確に伝わらず、「張り替えてみたら、
思っていたイメージとちがう雰囲気の部屋になってしまった」という人がいます。
そんなことがないように、カタログで候補をいくつか選んだら、実際のサンプル
(見本をとじ合わせたものや貼り合わせたもの)を見たり、触ったりして決めましょう。

このときサンプルを、壁ならその場所に立てかけ置いて、天井なら天井にかざして、
色合いや雰囲気を確認しましょう。

壁紙選びはとても楽しい作業ですが、いちばん難しい作業でもあります。
選び方のポイントについては、次回くわしく紹介します。

こうして、壁紙が決まったら工事に入りますが、その前に必ず
次の片付けをしておいてください。

・魚や爬虫類の水槽にフタをするか、移動する。(汚れが水に落ちないように)
・鳥やハムスターなどの小動物のカゴを移動する。(工事の排ガスが小動物に毒)
・パソコンやデジカメなどの精密機器を移動する。(粉じんなどが入らないように)

もちろん、業者はしっかり養生して作業に取りかかりますが、
ご自分でも大切なペットや、高価な機器を守ってください。

では、次回は”楽しくて難しい”壁紙選びのポイントを紹介します。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ