ペットリフォーム

リフォーム時の「ペット トラブル」にご注意を!② リフォーム宮崎

こんにちは、能勢正二郎です。

今回は、前回お話した
【リフォーム時の「ペットトラブル」にご注意を!】
の続きをお話します。

3,お互いの怪我を防ぐために
「それほど音や臭いが発生しないし、
空気も汚染されるような工事ではない。

自分たち家族も一緒にいるから、
いつも通りでも問題ないだろう」と思って、
犬や猫を室内で放し飼いにしているのは、
とても危険なことです。

まず、作業員が持っている道具の中には、
そのとき使っていなくても危険なものがあります。

ちょっと箱を開いて物を取り出したとき、
犬が危険物をくわえたりじゃれたりして、怪我をする
可能性があります。

小さな部品や道具が広がっていると、作業員も
家族も気づかぬうちに犬や猫が飲み込んでしまう
かもしれません。

あるいは、ただ物を移動しているだけのときでも、
足元に猫がいたり、犬がじゃれたりすると、
作業員が物を落として住宅を傷つけたり、
ときには、作業員の足に当たって怪我をする場合もあります。

どんなにおとなしくて、聞き分けのいい犬や猫でも、
工事のあいだは、離れた場所でリードにつないだり、
ケージに入れたりして、お互いに怪我の心配がないように
注意しましょう。
4,迷子にならないために
ペットを飼っている家庭のリフォーム工事で、
以外に多いのが迷子です。

工事中は頻繁に人や物が出入りするので、
部屋のドアや家の玄関を開ける機会が増えます。

ときには、大型の物を運び込むために、
しばらく玄関もドアも開けっ放しになることも。こんなとき、
ふだんは飛び出さない犬や猫でも、
興奮して勢いよく、外へ出ていってしまうことがあります。

あるいは、ちゃんとリードにつないでいた犬が、
大きな音に驚いてリードをちぎったり、
首輪から抜けたりして、走り出すこともあります。

猫の場合、離れた部屋に隔離したら
いつもと違う場所に閉じ込められたことをいやがって、
部屋中を暴れまわったり、家族が様子を見ようとドアを開けた
瞬間に飛び出したりします。

ちゃんと迷子対策をしていても、
家族にとっては心配ですよね。

あるいは、勢いよく飛び出した拍子に、
車にひかれたりしたら大変です。
工事中はケージに入れて、そばに家族がいてあげるなど、
安心させてあげてください。

仕事などで難しい場合は、やはり病院や
ペットホテルなどへ預けるのがよいでしょう。

リフォームによって、美しく便利になったマイホームで、
家族もペットも気持ちよく過ごせるために、
安全な工事にご協力ください。

リフォーム時の「ペット トラブル」にご注意を!リフォーム宮崎

こんにちは、能勢正二郎です。

最近は、ペットを飼っているご家庭が多く
みなさん家族の一員として、
大切にしていらっしゃいます。

犬や猫に限らず、鳥や魚、ウサギやハムスターなど
ペットのいる住宅のリフォームも珍しくありません。

リフォームのために工事をすることは、
我が家がどんなふうに仕上がるか
とても楽しみなことではありますが、

一方でふだんと違う生活をすることになり
多少なりともストレスを感じるようになります。

工事を理解している人間でもそうなのですから、
同じ家にいるペットにしたら
突然、見知らぬ人たちが何日もやってきて、

騒がしいことを始めて
「いったいどうなってしまうんだ!?」と
大きなストレスを感じるのも当然です。

場合によっては、工事によってペットの
健康がおびやかされたり、
逃げ出して迷子になったりすることもあります。

そんなことがないよう、飼い主である家族のみなさんが
しっかり準備をして、少しでもペットのストレスや危険のないように、
心がけてあげてください。

1,ストレス軽減のために
とても人なつこくて、見知らぬ人がいても動じない、
犬や猫でも工事によって発生する臭いや音などが、
大きなストレスになります。

たとえ、人間にとってはそれほど
激しい臭いや音だと感じなくても、
嗅覚の優れた犬や、気配に敏感な猫にとっては、

耐えられない悪臭や異音になり
そのストレスから体調を崩す場合があります。

工事の始まる前に、いつ、どこの場所で、
どんな工事をするのか確認しておき、

その工事場所からできるだけ離れた部屋に、
ペットが落ち着けるスペースやトイレを用意してあげましょう。

とても敏感な犬や猫の場合や、とくに工事が激しい日は、
外に連れ出してあげたり、病院やペットホテルなどへ
預けたりしましょう。

2,健康被害を起こさないために
リフォームのために、古い床や壁、天上などをはずすと
どうしてもホコリやクズが多く舞ってしまいます。
こんなとき、魚や鳥を飼っている家庭は注意が必要です。

工事前に作業員が、しっかり養生(防御)をしますが
それでも、熱帯魚など水質や水温の管理が厳しいものは
ほんのわずかな溶剤のホコリでも、
悪影響を及ぼすことがあります。

あるいは、水槽のフィルターが思わぬ目詰まりを
起こす場合もあります。

また、小鳥は空気汚染に敏感で、人間にとっては
健康被害のない程度でも
小鳥が弱ってしまう心配があります。

工事箇所からできるだけ遠い場所に離して、
工事のときだけでもドアを目張りするなど、
汚れた空気ができるだけ届かないように配慮しましょう。

続•ペットリフォーム 宮崎

こんにちは、成竹正光です。

前回のブログでは
「愛犬のためのリフォーム」を紹介しました。

今回は、愛猫と快適に暮らすための
リフォームについて紹介します。

基本的には、室内で犬を飼う場合と
同じように考えます。

まずは、食べこぼしやフンなどの
【汚れや臭い】対策として、
床のお掃除が簡単な樹脂シートフロアにします。

壁や天井、カーテンなどのファブリックも、
消臭効果のあるものに変えたり、
現在の床や天井に脱臭・消臭機能のある
コーティングをします。

犬の場合と大きく違うのは、やはり猫は
【爪研ぎ】をすることですね。

猫にとって爪研ぎはどうしても必要な行動なので、
お気に入りの場所に爪研ぎ器をセットしてあげて
それ以外の床や壁・柱などには、
硬くてツルツルした素材で保護しましょう。

壁全体をおおわなくても、猫が爪研ぎをしやすい高さ
(人間の腰くらい)までを硬質素材で保護すれば、
それ以外の壁はあなたのお好きな素材のままでも大丈夫です。

積極的に【猫との暮らしを考える住宅】なら、
飾り棚を作り、荷物の収納と猫の運動の両方が満足する
部屋づくりはいかがでしょう。

棚は天井まで作らず、壁の途中までにして、
その先には小さなガラス窓を作ります。

こうすれば、明かり取りをしつつ、
猫にとっては外の景色を見る遊び場になります。

同じような効果を簡単に行うには、
いまある腰高の窓に、
出窓のような棚を壁側にでっぱらせて作ることです。

たったこれだけで、猫がジャンプして昇ったり
寝転んでくつろいだりする場所になります。

愛猫のためにもっと工夫したい方は、
キャットウォークを作りましょう。

壁に小さな棚を交互に作り、猫専用の足かけ場にします。

ある程度の高さになったら、空中に猫が渡る梁(はり)を
作ってあげます。

猫を何匹も飼っている家庭なら、猫たちがじゃれたり、
追いかけっこをしたりして
きっとのびのび遊ぶでしょう。

次に、猫が別の部屋と行き来をしたり、外へ遊びに行ったりする
【移動】について考えます。

最近は、ペット専用の小さなドアのついた建具があり、
これを設置すれば、扉をしめたままで猫が自由に
移動することができます。

「ペットドア」には大・中・小のサイズがあり、
あなたの猫の大きさにあわせて
選ぶことができます。また、いつでも通常のドアに
戻すこともできます。

あるいは、「猫を外に出したくないけれど、
たまには陽ざしや風などがあたるようにしてあげたい」と
考える方は、ベランダなど窓続きの場所に、
ネットをはったサンルームを作るのはいかがでしょうか。

窓に「ペットドア」を設置すれば、
猫が自由に出入りができて、
好きなときに日なたぼっこができます。

一般的に、猫は犬よりも自由に運動する
(動き回る)ことで、ストレスを発散します。

愛猫が気持ちよく過ごせて、家族である人間も
楽しく暮らせるように
私たちもお手伝いしたいと願っています。

愛犬のためのリフォーム 鹿児島

こんにちは、成竹正光です。

みなさんはペットを飼っていますか。

ペットは家族の大切な一員で、
人間にとってもペットにとっても
お互いに住みやすい家にしたいですよね。

そこで、今回は愛犬との暮らしをテーマに
お話しします。

引き続き次回は、愛猫との快適な暮らしについて
紹介する予定です。

犬を飼っている場合、基本的には室内でいっしょに
(あるいは決まったスペースで)過ごし散歩
のとき外へ連れていく、という家庭が多いようです。

まずは、室内での過ごし方からご紹介します。

犬に限らず、動物を飼っている多くの家庭のお悩みは
【汚れと臭い】です。

簡単に改善するには、食べこぼしやお漏らしや
排便をしてもお掃除が楽にできる樹脂シートフロアに
することです。

簡単に掃除ができれば、こまめにお手入れができて、
臭いも最小限ですみます。

素材によっては、おしっこや食べこぼしなどの汚れが
シミになりにくい床もあります。
臭いは床だけでなく、壁や天井、カーテンなどの
ファブリックも原因になります。

それぞれ、消臭効果のあるものに変えたり、
現在の床や天井に脱臭・消臭機能のある
コーティングをしましょう。

ただ、室内を自由に歩く犬の場合は、
室内全体が滑りやすい素材だと歩くたび足に
負担がかかってしまい、ストレスになるだけでなく
小型犬の場合は膝を、大型犬の場合は股関節を傷めます。

いつも汚す場所以外は【安全】を優先して、
滑りにくい床にしてあげましょう。

積極的に犬との暮らしを考える住宅なら、
リビングに犬専用の遊びスペースを作るのは
いかがでしょう。

例えば、リビングの一部を(滑らない素材の)
タイルを張って土間のようにして
柵で区切ってあげれば、大型犬でも広々と自由に遊べます。

あるいは中庭を作り、ガラス窓を大きくして
リビングやキッチンなどから眺めたり出入りできたりすれば、
人間も犬もお互いの気配を感じつつそれぞれ
自由に過ごせて快適です。

次に、散歩などをするために、
犬が【家の内と外を移動する】場合について考えます。

散歩に出かけるときに限らず、
犬が来訪者に飛びついたり吠えたりしないように
玄関や階段に続く廊下には、
安全柵を用意しましょう。

「小型犬だから大丈夫」と思わず、
来訪者のなかには犬の苦手な人がいるし、
愛犬が思わぬ段差でケガをしないためにも、
安全なスペースを区切ってあげましょう。

そして、散歩に行くためのルートを用意します。
人間が清潔に暮らすためにも、来訪者と犬が会わないためにも、
安全柵から先の玄関を使うのではなく、
違う場所から出入りするようにしつけましょう。

例えば、勝手口やウッドデッキなどです。

出入口の近くには、散歩道具を置く場所や、
足洗い場を用意します。

犬専用と考えず、多目的に使えるシャワーや水場があると、
ガーデニングやレジャー用品など大型物も洗えて便利ですよ。

さらにスペースがとれるなら、出入口近くに犬のお手入れ
(グルーミング)ができる空間を用意するといいでしょう。

ウッドデッキなら、家族がいっしょに遊んだりできますね。

飼い主が清潔な家で、
犬と楽しく暮らす工夫を考えるだけでなく
愛犬が健康で安全に暮らせるための
リフォームを考えてください。

次は、愛猫と暮らすためのポイントを紹介します。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ