シニアリフォーム

シニアのリフォームについて 鹿児島

こんにちは、成竹正光です。

秋が深まり、朝晩は肌寒い日もありますね。
夏に使った扇風機などはもう片付けたと思いますが、
これから使う暖房器具など冬の準備は整いましたか。
忙しい毎日の生活の中で、早め早めに準備したいと思っているのですが
日々の用事に追われて、切羽詰まってからでないと行動できないことがよくあります。
でも、人生の設計は切羽詰まってからでは間に合わないことがあります。

例えば、シニアの人の暮らしと住居です。
非常に高齢になってしまうと、体の負担が大きくなったり、
気持ち的にも面倒になったりして、なかなか思い描いていたような
快適なシニアライフがおくれなくなってしまいます。

仕事の退職が近づいたときや、子どもたちが独立したとき
「これから自分はどう生きたいか」、そのためには「どんなふうに暮らしたいか」
いろいろ考えて、少しずつノートなどに書いてみましょう。

例えば、「趣味に力を入れて、積極的にやりたいぞ!」と思えば、
その道具や資料などを置くスペースが必要になるでしょう。
そもそも趣味が屋内で行うものなら、”趣味部屋”があった方がより快適に楽しめます。
「客間や仏間など、空いている場所でやればいい」と思っていても、
だんだん道具が増えたり、作業の途中で片付けるのが難しくなったりして
自分も家族も、快適に過ごせなくなってしまいます。お互いに不満がつのってしまう前に、
最初から空いている部屋や空間を”趣味部屋”として整えて、
思い切りやりたいことに没頭して楽しんだ方がいいでしょう。

タイミング良く「独立した子どもの部屋が空いている」など、使ってない部屋があれば
そこを改造するのが早いでしょう。しかし、そう運良く部屋が空いているとは限りません。そんなときは、リビングの片隅や廊下の突き当たりなど、小さなスペースでもいいのです。
半分の壁を作ったり、造り付けの棚を作ったりして、マイ空間を区切り
「ここは趣味空間だから、いつでも使うし、散らかっていても許すように」とするのです。

また、家庭によっては「空いている部屋を工夫して、収納スペースとして活用したい」
という人もいるかもしれません。子どもが独立して使わない荷物が増えたり、
徐々に身の回りの物を整理していきたいと思ったとき、
使い勝手の良い収納部屋があれば生活空間が広くなって、快適な生活もおくれます。

あるいは、これから歳を重ねるのに「体の老化が心配だ」とか、
地震が増えている地域だから「わが家の耐震性が心配だ」という
将来への不安を感じている中高年者もいることでしょう。

そんなときも、本当に高齢になってしまうと対策が間に合わなかったり、
不自由なまま暮らすことで思わぬケガをして、かえって体を痛めたりすることもあります。
そうならないために、まだ心身ともに元気なうちに準備をしましょう。

具体的には、いま思っている不安なことをリストアップしたり
家族で話し合ったりして、具体的に家のどこを改修したいか洗い出します。
そのあとで、リフォームのプロに相談してみましょう。
ときには、自分たちが思っていなかった改善点を言われるかもしれません。
専門家からみた家の傷み具合や耐震性、地域の特性(地震が予想される地方、
台風などの災害が多い場所など)に合わせた、家の補強箇所を提案してもらいましょう。

しかし、「すべて言われたとおりに改善しなくてはいけない」とあせる必要はありません。
家族同士で「不安箇所はこんなポイントだった」と話し合い
みんなで相談して、”自分たちの優先順位”をつければいいのです。
改装内容や予算など家庭によっては事情があり、すべて叶えられるとは限りませんから。

その後で、プロに「自分たちの優先順位はこの順だけれど、
専門家からみた場合はどんな優先順位だろうか」と確認します。
それを総合的に考えて、家族みんなで判断して、リフォーム工事をしてもらいましょう。

なお、先ほどお話しした趣味スペースや収納スペースを作るにしても、
家の補強リフォームをするにしても、同時にやった方がいい工事があります。
それについては、次回お話しします。

転倒予防の手すりについて 鹿児島

こんにちは、成竹正光です。

九州では桜が咲き、すっかり春らしくなりました。
暖かくなると、外に出て散歩やお花見などしたくなりますね。
ただ、高齢者のみなさまは、くれぐれも足元に気をつけて
転ばないようにしてください。

実は、住宅の中で多いケガが、高齢者の転倒なのです。
転倒すると、高齢者の場合は骨折をしやすく
それがもとで体力が急激に衰えて、寝たきりになってしまう人もいます。

人によっては「住み慣れた家だからどこに何があるかわかり、簡単には転ばない」
と言う人もいます。しかし、慣れているからこそ
足元のコードに注意がいかず、引っかかってしまったり
大きな物や重い物を持って、バランスを崩して転ぶことがあるのです。

そこで、いつまでも元気で暮らすために、転倒しないよう、高齢者のいる住宅では
本格的に動けなくなる前に「転倒予防」のリフォームを検討してみませんか。
具体的には、次の場所に手すりを設置するとよいでしょう。

1,トイレ
トイレは誰でも毎日使う所で、立ったり座ったり向きを変えたり、動作の多い場所です。
ここに縦型の手すりを設置すると、立ち上がるとき脚力だけでなく腕の力も使えるので
足や腰の負担が減って転びにくくなります。
もしも、よろめいたときも、つかまるところがあれば安心です。
ただ、トイレの場合は付けたい場所に柱がないことが多いので、
壁に補強板を設置してから、しっかり手すりを付けます。
素人が日曜大工で、薄い壁板にいきなり手すりを付けてしまうと、
体重をかけたときに壊れて、かえって転倒の危険があります。

2,風呂場
水を使う風呂場は足元がぬれて滑ったり、浴槽との段差があったりして、
転倒の多い場所です。ここも早めに、手すりを設置するとよいでしょう。
とくにお薦めしたい場所は、脱衣所から浴室への入り口です。
ここに縦型の手すりがあると、安心して浴室に一歩目を踏み出すことができます。
そして、次に付けたいのが、浴槽の周りです。
ご自宅の浴槽の位置や、自分の入るときの方向などを考えて、
縦型や横型、あるいはL字型などの手すりを必要な場所に付けましょう。
もちろん、水に濡れても腐らず滑りにくく、抗菌作用の施されたものがよいです。

そのほか、高齢者がもしも階段を使うようであれば、少ない段数でも手すりが必要です。
「長年使い慣れている階段だし、段数もそれほどないから大丈夫」
と思っても、少ない段数の場所ほど、
うっかり踏みまちがえたり、よろめいたりして転倒する人がよくいます。

さらに余裕があれば、玄関の上がりかまちに、つかまる物を付けると便利です。
小さな部分でも、それにつかまると玄関に降りたり上がったりするとき楽になるし、
靴を履いたり脱いだりして片足になるときも、バランスを崩さず安心です。

今回紹介した場所は、「まだまだ元気で転ばない」と思っている方にこそ
考えていただきたい所です。まさに、”転ばぬ先の杖”として
いつまでも元気で、住み慣れた家で長く暮らすために、ぜひご検討ください。

なお、介護認定を受けている方の場合、今回紹介した場所に限らず
必要な住宅改修について一定の補助金が出ます。
詳しくは、お住まいの地域の福祉課などでご相談ください。

ケアリフォーム 宮崎

こんにちは、成竹正光です。

今週末あたりは、お盆にあわせて実家に帰省する人も多いと思います。
祖父母・親・子供・孫など世代をこえて集まると、懐かしい話で盛り上がったりしますよね。
最近は高齢のお年寄りも多く、みなさんいつまでもお元気で生活してほしいと思います。
さて、今回はそんなお年寄りが「安心して暮らせる家づくり」についてお話しします。

年を重ねるとどうしても、体に少し不自由な部分がでてきたり、
病でベッドにいる時間の多い方も増えてきます。
また、事故や障がいなどによって身体的に、今までの住宅では使い勝手が悪いこともあります。
こんなときは、バリアフリー(障壁のない)の家にリフォームすることで、
安全に暮らしやすい生活をおくることができます。

具体的には、その人の不自由な部分(足・腰・腕・握力など)にあわせて
負担を減らす住宅に修繕していきますが、
今回は、介護保険や自治体による「補助金」が出るリフォームについて紹介します。

40歳以上人が加入している「介護保険」では、高齢者の症状にあわせて介護認定が行われ、
その認定結果によって必要な住宅修繕に補助金が出ます。
(詳しくは、ケアマネージャー[介護支援専門員]と確認しながら進めてください)
介護保険が適用になるリフォームには、次の5つのケースなので
「わが家には何が必要か」考えながら読んでください。

1,手すりの取り付け……玄関・廊下・階段・トイレ・浴室・洗面所などに手すりを付けます。
玄関や勝手口(外への出入り口)から道路までなど、屋外の手すりにも適用されます。

足や腰に不安のある人は、転倒防止のために手すりがあると安心です。
よく使う箇所に、順番に取り付けていくこともできるので、最初に工事をする人が多いです。
ふとした拍子に室内で転び、そのケガをきっかけに寝たきりになってしまうケースもあります。
「転ばぬ先の杖」ではありませんが、元気なうちに手すりを設置して、
室内や家の周りを安全に移動できるようしましょう。

2,床段差の解消……引き戸レールや敷居の段差をなくします。
玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープに変えたり、踏み台を作ったりします。

年を重ねると誰でも、敷居のような何げない段差でつまずいたり、
それまで足が上がっていた部分(湯船のふちや玄関の上がりかまち)に足がひっかかって
思わぬケガをすることがあります。
「自分はまだ大丈夫」と思わずに、元気なうちに危険箇所をなくす方が賢明でしょう。

3,滑りの防止及び移動の円滑化のための床材の変更……歩くときに滑らないように
床の素材を変えたり、車いすが室内でも使いやすいように整備します。

廊下や風呂場などの床で滑って転ばないように滑り止めをほどこしたり、
車いすで室内を移動しやすいように畳をフローリングに変えたりします。
車いすを押す人も楽になります。

4,引き戸等への扉の取替え……ドアの開け閉めを操作しやすいように変えます。

指先のこまかな動作がしにくい人や、握力が弱くなった人には
ドアノブをレバー式に交換すると操作が楽になります。
また、ドア自体を開けやすい、引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンなどに
変えるのもいいでしょう。介護をする人も、ドア操作が楽になります。

5,洋式便器等への便器の取替え……和式便器よりも足腰への負担が少ない洋式に変えます。
将来的に介護の可能性が出てきたとき、介護する人もされる人も洋式の方が楽です。

※その他、この1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修も認められます。

「まだ元気だし、どこも悪くないから工事はいらない」と思わず、
ある程度の年齢になったら元気なうちに、体の補助をしてくれる環境を整えましょう。
例えば、思いがけずちょっとバランスを崩したときなど
滑り止めの床で取っ手をつかんでいれば、ケガをすることなくそのまま元気に過ごせます。
安全なマイホームで、いつまでもお元気お過ごしください。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ