エスケーハウスの6つのこだわり。25の安心仕様。

Ⅰ.健康へのこだわり

安心仕様1:床は無垢材

安心仕様1:床は無垢材当社の床材は全て無垢材。
下記の無垢の床材が標準で使用できます。
パイン30mm・パイン15mm・桧15mm・ヒバ15mm
オーク15mm・桐15mm・桜15mm
ラジアータパイン15mm・竹15mm・ローズ15mm
チーク15mmなどから、
各室のデザインや使用目的に応じて
セレクト出来ます。
また、ポーチ・キッチン床は、
天然大理石・各種600角タイル・
各種300角タイルから選択できます。

安心仕様2:リビングドア

安心仕様2:リビングドアリビングドアとして、
イタリア製鏡面ドアから選択できます。

無垢ドアは、ニュージパイン、
自然塗料(健康塗料を使用した)から選択できます。

安心仕様3:漆喰や薩摩中霧島の塗壁

安心仕様3:漆喰や薩摩中霧島の塗壁漆喰塗りorオリジナル『安心無添加漆喰』or薩摩から選択できます。

特に漆喰はアルカリ性の為、
カビなどを押さえ、またメンテナンスも非常に楽です。
近年、健康住宅・天然素材・ホルムアルデヒド等の言葉が、
マスコミで大きく取り上げられるようになり、
古くから使用された漆喰が見直されています。

安心仕様3:漆喰や薩摩中霧島の塗壁2

漆喰には、断熱・保温・調湿・遮音・防火等優れた性能があり、
他に類を見ない塗壁材です。

漆喰の独自の風合いは住む人に
やすらぎと快適な住空間をもたらします。
その他、天然素材100%の薩摩中霧島壁を
和室やトイレの壁に使用できます。
薩摩中霧島壁は、吸放湿性に優れているので、
湿気や水分が溜まりません。
そのため、カビや結露が発生しにくく、
アレルギー症状でお困りの方にはうれしい壁材です。
消臭性能もあり、臭くないトイレが実現できます。

安心仕様4:高い天井

安心仕様4:高い天井健康で快適な暮らしを実現する為に、
高い天井は開放感があります。
エスケーハウスでは1階のリビング・ダイニングに
H:2700の天井高を実現しました。
勿論、一般的にはオプションになる梁の表しも標準内で実現出来ます。

Ⅱ.省エネへのこだわり

安心仕様5:サッシ & 複層ガラス

安心仕様5:サッシ & 複層ガラス
「アルミ樹脂複合」+「Low-E複層ガラス」だから
熱の出入りを軽減します。
2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーディングにより
熱の伝わりを軽減。

単板ガラスの約4倍の耐熱効果を発揮します。

安心仕様6:断熱材はセルロースファイバー

セルロースファイバーは、新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材。
人や環境にやさしい理想の断熱・調湿・防音材です。
セルロースファイバーは、
安全基準に厳しい環境先進国のある欧米諸国が発祥の地で、
米国の断熱材種別シェアを調べてみると最も多く使用されています。

セルロースファイバーの特徴セルロースファイバーの特徴

  1. 国際的に認められた安全性
  2. カビや害虫にも安心
  3. 万一の火災にも安心
  4. 万一の雨漏にも安心
  5. 結露を防ぎ、住まいの寿命を延ばします
  6. 断熱材別製造エネルギーの比較でCO2の排出量がダントツ少ない。

安心仕様7:外壁材

外壁材も断熱性が高いALCを採用外壁にダイライトを隙間なく貼りこめ、
断熱性の優れたALCを施工します。
この断熱性能は他の外壁材では実現不可能です。

ALCの詳細はこちら

Ⅲ.コストへのこだわり

安心仕様8:より良いものをより安く

私たちは、独自の流通ルートシステムで中間マージンを省き、
大幅なコストダウンを実現しました。
大手ハウスメーカーをはじめ、
住宅業界の既成のコストを見直し、
お客様に本物の住まいを少しでも安く提供できるように、
日々様々な努力をしております。

私たちは、
コストダウンを考えてハウスメーカーのような展示場を持ちません。
もちろん安いだけではありません。
お客様に提案する住宅性能は、
構造・健康・耐久性・断熱性・デザイン性すべてにおいて、
最高水準を達成できました。
家はお客様の一生で一番高い買い物ではないでしょうか?
幸せな人生を過ごすためにも、
上に記された性能をすべて求めるのは当然です。
適正価格で理想の家創りを実現するために、
原材料の多くを生産者から直接仕入れ、流通コストの削減に努めています。
そして、私たちの何よりの強みは、
多方面にアンテナを張って独自の仕入れルートを構築していることです。

海外一括仕入・メーカー年間契約
日本では30万円もする洗面台が海外で買うと3万円で購入出来ます。
通関・輸送代を入れても8万円程で納まります。
無垢ドアなどは国内流通価格の1/10で購入出きるようになりました。
同様に、床材やタイル・天然石・レンガなど納得倶楽部を通じて購入することで、
日本でもTOPレベルの品質&価格を実現できました。
また、年間契約でサッシ・外壁・断熱材・キッチン・ユニットバスなどを
購入しておりますので、
エスケーハウスでは大手ハウスメーカー並の価格で仕入れる事が出来ます。
更に、大手ハウスメーカーとは利益の取り方が根本的に大きく違うので、
お客様に提出する金額が何百万円も違ってくるのです。
その差額で素材や耐震性・耐久性のレベルを飛躍的に向上させるのと共に、
デザインの向上にも大きく差が出てくるのです。

安心仕様9:カップボード、キッチン床の天然石は差額なし

1800のカップボード・キッチン床の天然石・梁着色なども一切差額を頂きません。
お客様の満足をとことん追求する。
それがエスケーハウスの家創りです。

安心仕様10:さらに!驚きの充実装備

システムキッチンはYAMAHA鏡面仕上げで、
シンクも人工大理石、シロッコファンが標準。
天然石張りの高級鏡面塗装のオリジナルキッチンも選択できます。

洗面台はイタリアCASABAHTもしくは、YAMAHA 750mm・3面鏡・引出し型から選択可能。
トイレは1階 ウォシュレット・2階 ウォームレットが標準装備、
ペーパーホルダーやタオル掛けもセレクト出来ます。
勿論カラーモニター付のインターホンに大型ワイドスイッチなど、
細かい箇所まで満足頂ける様に配慮しています。

Ⅲ.耐震へのこだわり

安心仕様11:耐震に関する考え方

耐震施工においてはひとつひとつの機能よりも、
それらのトータルバランスが一番重要だと考えます。
①強い基礎(平面・地震力の分散)
②強い壁(立体・引抜・圧縮への抵抗)
③強い構面(ねじれ防止)
④強い金物(各接合点の強化)
⑤強度が強く長期的な安心が実証済の無垢桧を柱・土台に採用し安心へ
⑥箱として如何にモノコックにバランス良い建築を設計できているか?

エスケーハウスが考える「耐震施工」

パネル工法を施した家は、パネル部分の耐力は一切構造計算上には入れていません。
あくまでも予備耐力としての位置づけをしています。
私たちは「いかに基準値までの耐力を確保するか?」ではなく、
「いかに余裕を持てるか?」を考え、
ベタ基礎・コーナーハンチ・桧の柱・土台・12mmの剛床を採用しています。

【各工法で建築を迷われているお客様へ】

準基法を満たす要素が工法です。
それが基準値の遥か上をクリアできなければ
各工法はどれも同じだけの耐力を満たす為だけの手段でしかありません。
鉄骨や2×4であろうと、
基準値を満たすだけではなんら耐震的には変わりません。

【免震工法を考えているお客様へ】

地盤がしっかり強度を確保していない土地では激震工法に変わってしまいます。
ですから、耐震的にも打合せを重ね、
本当にその土地にあったものを選択する必要があります。

安心仕様12:基礎 & 構造

ベタ基礎ベタ基礎

ベタ基礎を採用しております。

鉄筋鉄筋

1.5倍の鉄筋使用量。
通常では30cm間隔で鉄筋を組むところ、
エスケーハウスでは20cm間隔で組んでいます。

基礎における鉄筋部分は本当に重要なところです。
これもエスケーハウスのこだわりです。

コンクリート強度コンクリート強度

1.33倍のコンクリート強度
もちろん、コンクリート強度にも拘ります。
いまだに18N/mm²が主流の中、24N/mm²にしています。

その他基礎への拘り

アンカーボルト
アンカーボルトにピッチは異型アンカーボルト
1820ピッチでこれは公庫基準の1.5倍です。

パネル構造

建物を支える重要な部分である壁は、
先ず筋違いのみで基準値をクリアし、
予備体力として、建物の外周面にダイライトを使用。
通常の木造住宅の2倍の強度を誇ります。

【壁パネル】

外壁ALCの場合:ダイライト9mm

2階床構面

2階床地下は28ミリ合板+PB9.5ミリ+桐無垢床15ミリの52.5ミリ
ねじれに対して一番効果的なのが床構面。
普通1.8m×1.8mのピッチで組んでくところ、
エスケーハウスでは0.9m×0.9mで組みます。
普通の4倍!ねじれ、遮音などあらゆる効果が得られます。
2階床は28mm厚の合板を組み、
石膏ボード9.5mmを挟んで無垢の桐床15mmを施工。
構造でも絶対妥協しません。

野地板まで体力壁

屋根工面も耐力的に効果を発揮したいところ。
エスケーハウスでは、
屋根構面まで構造用合板12mmを使用し万が一の地震時に
屋根組まで耐震的に力を分散します。

プレカット

プレカット精度は±0.5mm以内に設定しています。

地盤調査

地盤調査住宅の調査で一番知りたい
N値1~3まではスエーデン式では正確なデータ―が出ません。
エスケーハウスでは
地盤調査、地盤改良は土地の最適なもので行ないます。
あらかじめ改良の危険性が高い場所は最初からボーリング調査を行ないます。

Ⅳ.耐久へのこだわり

安心仕様13:天然木材を使った「呼吸する家」

日本の住まいの中で、
いざ入居して満足度の低い項目に挙げられるのは「断熱・結露」です。

冬、朝起きて暖かい。
部屋の上下の温度差が少ない。
空気がきれい。
音が静か。
地震に強い。

そのような住宅の建築を可能にした「呼吸する家」は、
これからの住いのスタンダードです。
森や木が呼吸するように、
天然の木材を利用した家も呼吸をし、
快適な湿度や通気性を保ってくれます。

安心仕様14:柱はすべて桧

エスケーハウスの柱材は全て桧(ひのき)、または高級杉材です。
例えば、桧は集成材と比べると伐採するまで70年間も多くかかり、
値段も高価です。

しかし、その木目は美しく緻密で、
そりや狂いが少なく耐久性が抜群です。
よく集成材が無垢材の1.5倍の耐力があると聞きますが、
まったくの嘘。

集成材の原料であるホワイトは集成にしてようやく檜並の耐力になるのですが、
長期的には日本の環境には適しません。
住宅保障機構で通常、
通柱は桧は4寸と言われますが集成だと4.5寸巾が必要になります。

なぜ太くしなければならないか?
集成材は弱いからなのです。

背割無

背割無しの桧を全ての菅柱に使用しています。
含水率が低く乾燥や収縮が起きづらく、
クロスや建具のアフターが激減しました。
実は背割無しの桧は凄い材料です。
国内でもこの材料を使っているのは希少だと思います。
エスケーハウスの家の大きな特徴の一つです!!

安心仕様15:土台(土台桧)

土台は全て桧を使用しています。
一般的に多く使用されている注入土台はツガです。
この材料は柔らかく虫に弱いので注入処理しなければ使用出来ません。
土台は硬くないとのめりこみ、
強度が取れないので、
本来は自然の力で防蟻性の高い材料を使うべきですが、
価格の安いツガ・集成材を使用する会社が多いのが現状です。
ツガや集成材よりも高価な桧を土台に使っているのは、
私たちがその魅力に取り付かれているからです。

大引まで桧大引まで桧

よく床下に米松を使う会社があります。
米松は耐力的には素晴らしいものがありますが、
湿気、腐れに非常に弱い材料です。
大引きは湿気に強いヒノキを使用しましょう。
注入材も論外です。

選ばれ抜いた材木選ばれ抜いた材木

梁は目詰まりの太角を使用しています。
後々心配の無いように
目詰まりの暴れが少ない材料を選び、
会社独自の基準で通常の
業者より太い材料を基準にしています。
ねじれ荷重が強くなり、
耐震、耐風的により強固な家が出来ます。

安心仕様13:構造材は乾燥材安心仕様16:構造材は乾燥材

構造材は全て乾燥材を使用しています。
集成材は剥離の恐れがあり、
また目が粗い材料が多いので長期的、
短期的にも信用出来ないので使いません。
集成材の材料は30年ほどで伐採しますので、
成長が早く目が粗い材質です。

細部木材

通常の規格の1.5倍の窓台を施工しています。
今のサッシは断熱ペアサッシが当たり前。
今までのシングルサッシより何倍も重い物ですが、
ほとんどの業者は未だに窓台を3cmにしています。
よって垂れてきたりして閉まりづらくなったり雨漏りがしたりします。
エスケーハウスでは窓台を4.5cmにして、
現在の基準のサッシに耐えられる構造にしています。
最近の建築では部屋の広さの確保、
耐震性などを求められているので、
ほとんどの業者が壁は直張りです。
だからこそ壁が暴れづらくする為にボードジョイントの間柱は、
通常3cmのところ4.5cmくらい使わないといけません。
沢山かかれば壁へのビスもしっかりきき、
暴れづらくなるのです。
もちろん、窓台や間柱まで含めて集成材は使いません。
無垢材のみです。

安心仕様17:耐火性能

安心仕様14:耐火性能耐火性や遮音性に優れた
ALCを標準採用しています。

通気する塗装はPBコートを採用しております。

安心仕様18:外壁

外壁は、ご希望に合わせて、
表情豊かな塗壁やガルバリウム鋼板も標準でセレクトできます。

安心仕様15:外壁 漆喰

漆喰

安心仕様15:外壁 ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板

安心仕様19:耐風瓦

耐風性能が高い瓦を標準採用しています。
平板瓦の強みは耐光性・軽さゆえの耐震性にあります。
その上で弱点である、耐風性能を特許工法にてクリアした素晴らしい瓦です。

安心仕様20:湿気もシャットアウト

基礎工法として床下断熱工法、基礎パッキン工法となります。
基礎下は防湿シートを貼り床下からの湿気をシャットアウトしています。

Ⅵ.生涯を通したお付き合いのこだわり

安心仕様21:着工式・その他の式

着工するお客様とは、職人・スタッフなどと一同にお祝いする式を行ないます。
お客さまはスタッフ・職人がどんな思いで自分の家を建ててくれるか。
また職人にしてもお客様の想いを聞けることで、
家創りに対し、さらに一丸になれるのです。

安心仕様22:定期点検

1・6・12・22ヶ月の定期点検・年1回の法定点検
定期的にアフターデイを実施しています。

安心仕様23:一生涯のお付き合い

建物引渡し後はエスケーハウスの仲間として生涯のお付き合いが始まります。
年間を通じ各イベント等の告知をします。
メンバー同士が仲良くなり、次にお会いするのがとても楽しみになります。

安心仕様24:丁寧な資料の提供

業者を決める際のスタイルBOOK・見積り・資金計画書・仕様書・ルールブックなど、
充実しております。
お客様に細かい部分まで把握していただけます。
また自分の想いを伝えるツールとしてヒヤリングシートで、
かなり細かい事までお伺いしますので、自分の思い描いていた住まいが実現できます。
契約書・約款の細かさは業界一を誇ります。
細かいトラブルや勘違いを防ぎ、お互い同じルールに沿って家を作る。
こうした配慮が満足を呼ぶ住宅会社の条件です。
またエクステリアのプランニング・家具の提案なども充実しておりますので、
何でもご相談ください。

安心仕様25:お客様の側に・・・安心のコンシェルジュサービス

銀行・各関係省庁との打ち合わせは全てコンシェルジュが行ないます。
金利の割引サービス、各種保険など金融機関と提携しておりますので、ご安心ください。

  • 九州で建てる無垢の木と自然素材で楽しく暮らせる家。
  • 大切なのは触れる部分。エスケーハウスの標準仕様
  • エスケーハウスの6つのこだわり
  • 土地は建築の専門家の意見を聞いて決めましょう
  • 目に見えない部分だから徹底して大切にする
  • ショールームのご案内
ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ