今がチャンス!! 国から最大45万ポイント エコポイントがもらえます!! リフォーム宮崎

こんにちは、成竹正光です。

3月10日から、「省エネ住宅に関するポイント制度(省エネ住宅ポイント制度)」の
ポイント発行申請書の受け付けが始まりましたね。

もしもあなたが「住宅を新築しようか」「窓や外壁・屋根・天井・床をリフォームしたい」
とお考えでしたら、この機会を利用してはいかがでしょうか。

省エネ住宅ポイント制度とは、省エネ性能を満たす住宅の新築やエコリフォームに
国がポイントを発行し、さまざまな商品などと交換できる制度です。
(詳しいことは、国土交通省の「省エネ住宅ポイント事務局」にお問い合わせください)

大切なことは「ポイントの対象」と「対象期間」です。
そして、お客様にとって関心が高いのは、「ポイントの交換内容」ではないでしょうか。

1,ポイントの対象
対象になるのは、次の3つです。

「エコ住宅の新築」
「エコリフォーム」
「完成済購入タイプ」

エコ住宅の新築とは、省エネルギーの基準を満たす住宅(登録住宅性能評価機関等の
第三者評価が必要)を所有者が住むため(借家は対象外)に建てることです。

つまり、いま家を新築しようと思うなら、省エネルギー基準にあった住宅を建てることが
お得で賢い選択といえます。

エコリフォームとは、次の3つのいずれかの改修工事です。

「窓の断熱改修」
「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」
「設備エコ改修」

設備エコ改修は、次の5つのエコ住宅設備から、3種類以上を設置する工事のことです。

「太陽熱利用システム」
「節水型トイレ」
「高断熱浴槽」
「高効率給湯器」
「節湯水栓」

さらに、これらの工事と一緒に

「バリアフリー改修(手すり設置・段差解消・廊下幅等拡張)」
「エコ住宅設備(2種類以下)」
「リフォーム瑕疵(かし)保険への加入」
「耐震改修工事」

などを行った場合、その分もポイントが加算されます。

また、中古住宅を買ってエコリフォームを行う場合も、ポイント加算されます。

完成済購入タイプとは、いわゆる分譲住宅を購入する場合でも
省エネルギーの基準(「エコ住宅の新築」と同等)を満たしていれば
ポイント対象になるということです。

2,対象期間
省エネ住宅ポイントを受け取るには、条件にあった期間に
工事請負契約・工事着工・工事完了をしていることが必要です。

「工事請負契約日」は、平成26年12月27日(閣議決定日)以降であること。

ただし、すでに締結した契約でも、着工前に変更する場合は対象になります。
「工事の着工日」は、平成26年12月27日~平成28年3月31日であること。
「工事の完了日」は、平成27年2月3日(補正予算成立日)以降であること。

エコリフォームのなかで紹介した、中古住宅を購入して省エネリフォームを行う場合は、
平成26年12月27日以降に売買契約を締結して、売買契約締結後3か月以内に
省エネリフォームの工事請負契約を締結することが条件です。

また、完成済購入タイプは、平成26年12月26日までに
建築基準法に基づく完了検査の検査済証が発行された新築住宅を、
平成27年2月3日以降に売買契約することが条件です(着工日の条件なし)。

なお、この制度には「予算枠の範囲まで」という条件があります。
つまり、予算に達してしまったら、期間中であっても受け付け終了になるのです。

過去にも、「住宅エコポイント」「復興支援・住宅エコポイント」という制度を
実施しましたが、予算枠に達したため早期終了になったことがあります。

ですから今回も、「期間はまだ長いから、焦らなくてもいいや」とのんびりしていると、
もしかしたら受け付けが終了してポイントがもらえない、なんてことになるかもしれません。

「そろそろ家を建てよう(買おう)と思っている」とか、
「古い設備を新しくしようと思っている」とお考えでしたら、
この制度を意識して検討することをおすすめします。

今回の説明はここまで・・・次回「ポイントの交換内容」についてご紹介します。

●省エネ住宅ポイント
http://shoenejutaku-points.jp/

ページのトップへ