音の種類や大きさに合わせた防音リフォームは鹿児島のプロに依頼しよう

お隣やご近所に気兼ねせずに音楽鑑賞や演奏を
大音量で楽しみたい。

人口密度県内ナンバー1の鹿児島市内は、
戸建てに限らずマンションにお住まいの方も多く、
完璧な防音を求めるならいっそ鹿児島市外に
引っ越さなきゃとお考えの方もいらっしゃるのでは?

防音にお悩みの方であればリフォームで
防音室をつくることをご検討されてみてはいかがでしょうか。

防音の種類によって、
予算などに合わせて取り入れることが可能です。

鹿児島市内に住みながらリフォームによって、
暮らしをもっとよくする防音の方法をいくつか
ご紹介したいと思います。

  • 防音対策その1 ピアノ演奏の防音

遮音性の高いパネルと防音ドアを装備した、
部屋の形をした防音ユニットルームを室内に設置し、
その中で楽器や発生の練習ができます。

0.8畳〜最大10畳の大きさで設置可能なので、
鹿児島市内のマンションにお住まいの方でも気軽に
リフォームで防音対策が可能です。

遮音性能が高いほど価格は高額になりますが、
0.8畳で45万円〜、2.0畳サイズで88万円〜と
いったところで購入可能です。

アップライトピアノ、グランドピアノなど
必要な広さに合わせて選ぶことができるので、
鹿児島市内にお住みで昼夜とわず
ご自宅で思いっきり練習したいという方におススメです。

  • 防音対策その2 ホームシアターやスピーカーの防音

映画や音楽をホームシアターのスピーカーで
再生するときの音は、一般的に80dB〜90dBと
言われています。

その際には、一切音の漏れないような
性能の高い防音室にすることがポイントになってきます。

お隣近所の距離が近いマンションならなおさら、
床・壁・天井だけでなく、窓やドアなどの開口部を
防振二重構造にすることが必要になります。

その場合にかかるリフォーム費用は、
部屋の外にほとんど音が聞こえないレベルの防音性能の
6畳部屋で、マンションなら200〜240万円、
既存の木造一戸建てなら230万〜260万円程度です。

  • 防音対策その3 エレキギターの防音

エレキギターの音の大きさは、ピアノの10〜20倍あるため、
十分な防音・音響設計と確実な施工が求められるため、
確実にプロのリフォーム施工業者に相談することが
求められるといえます。

特に低音の音は、低くズッシリと響き渡る音でマンションの場合
階下の部屋にも影響を与えることが多いので、
鹿児島市内のご自宅でエレキギターを練習したいという方は、
防音リフォームのプロに依頼しましょう。

防音とひとつとってみても、音の種類によって対策の仕方は
さまざまありますのでリフォームの際には気になる音の種類を必ず
リフォームの専門業者に相談してから対策することを
おススメします。

ページのトップへ