ユニットバス?それとも在来工法(タイル風呂)?

こんにちは!

 

本日は浴室の改修工事ついてお話したいと思います。
浴室の改修工事は在来工法かユニットバスに分かれます。
以前よく使われていたのは在来工法でしたが、
最近はユニットバスの施工が多くなってきています。

 

そもそも在来工法の浴室とは・・・
以前の浴室のほとんどを占めていたのはこの在来工法の浴室。
防水シートなどを施工しセメントや木で壁を作りタイルなどを貼っていくのが
在来工法の浴室の作り方です。

 

 

在来工法は、備え付ける器具・浴室自体の大きさが自由です。
いろいろなメーカーいろいろな形・柄
お客様の好きなものをお好みで備え付けることができます。
また、窓も好きなところにお好きな形・大きさで入れていくことができます。

 

しかし、以前の浴室の在来工法のものは仕上げ材としてタイルを使っているところを
多く見かけますが、どうしてもタイルの割れ目などから水が入り年月が過ぎるにつれて
内部の木などが劣化をおこしていきます。
在来工法のよく水漏れのリスクが高いといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

↑ 以前、在来工法からユニットバスへ取り替えたときの現場です。 内部が腐蝕しています。

 

また仕上げをタイルで施工することが多いですがタイルが冷たいので
浴室が寒いと感じられる方が多いのでは・・・

 

ですから、お風呂にとてもこだわりがあり、「ヒノキ風呂がいい」などこだわりのあると
いう方にはお勧めです。

 

次にユニットバスです。

 

ユニットバスとは・・・
防水性の高い素材を使って床・壁・天井 等を作り、現場に搬送して組み立てていくのが
ユニットバスの作り方でです。
一人暮らし用のアパートでよく見るトイレ・お風呂が合体しているものだと思われている方
いらっしゃると思うのですが、浴室だけでもユニットバスといえるんですね。

 

 

この工法は在来工法に比べ一つの箱のように作りますので防水性に優れており、水漏れの
可能性が少ないです。また、壁が二重になることから断熱性に優れているといわれています。
また、施工の期間が在来工法に比べ短いため、リフォーム工事では最適です。

 

しかし、在来工法に比べ自由がききません。
浴室自体の大きさ・窓の大きさなど寸法が決まっていますので
在来工法に比べ小さくなることが多いです。
また、メーカーで壁の柄、浴槽などが決まっています。
「この中から選んでくださいね」とパターン化しています。

 

浴室が寒くて困っている。
タイルが割れてしまっている。
みんなとおなじ浴室が嫌。
在来工法からユニットバスへ
ユニットバスから在来工法へ

 

あなたのお悩みが解決できるかもしれません。

 

ページのトップへ