シニアのリフォームについて 鹿児島

こんにちは、成竹正光です。

秋が深まり、朝晩は肌寒い日もありますね。
夏に使った扇風機などはもう片付けたと思いますが、
これから使う暖房器具など冬の準備は整いましたか。
忙しい毎日の生活の中で、早め早めに準備したいと思っているのですが
日々の用事に追われて、切羽詰まってからでないと行動できないことがよくあります。
でも、人生の設計は切羽詰まってからでは間に合わないことがあります。

例えば、シニアの人の暮らしと住居です。
非常に高齢になってしまうと、体の負担が大きくなったり、
気持ち的にも面倒になったりして、なかなか思い描いていたような
快適なシニアライフがおくれなくなってしまいます。

仕事の退職が近づいたときや、子どもたちが独立したとき
「これから自分はどう生きたいか」、そのためには「どんなふうに暮らしたいか」
いろいろ考えて、少しずつノートなどに書いてみましょう。

例えば、「趣味に力を入れて、積極的にやりたいぞ!」と思えば、
その道具や資料などを置くスペースが必要になるでしょう。
そもそも趣味が屋内で行うものなら、”趣味部屋”があった方がより快適に楽しめます。
「客間や仏間など、空いている場所でやればいい」と思っていても、
だんだん道具が増えたり、作業の途中で片付けるのが難しくなったりして
自分も家族も、快適に過ごせなくなってしまいます。お互いに不満がつのってしまう前に、
最初から空いている部屋や空間を”趣味部屋”として整えて、
思い切りやりたいことに没頭して楽しんだ方がいいでしょう。

タイミング良く「独立した子どもの部屋が空いている」など、使ってない部屋があれば
そこを改造するのが早いでしょう。しかし、そう運良く部屋が空いているとは限りません。そんなときは、リビングの片隅や廊下の突き当たりなど、小さなスペースでもいいのです。
半分の壁を作ったり、造り付けの棚を作ったりして、マイ空間を区切り
「ここは趣味空間だから、いつでも使うし、散らかっていても許すように」とするのです。

また、家庭によっては「空いている部屋を工夫して、収納スペースとして活用したい」
という人もいるかもしれません。子どもが独立して使わない荷物が増えたり、
徐々に身の回りの物を整理していきたいと思ったとき、
使い勝手の良い収納部屋があれば生活空間が広くなって、快適な生活もおくれます。

あるいは、これから歳を重ねるのに「体の老化が心配だ」とか、
地震が増えている地域だから「わが家の耐震性が心配だ」という
将来への不安を感じている中高年者もいることでしょう。

そんなときも、本当に高齢になってしまうと対策が間に合わなかったり、
不自由なまま暮らすことで思わぬケガをして、かえって体を痛めたりすることもあります。
そうならないために、まだ心身ともに元気なうちに準備をしましょう。

具体的には、いま思っている不安なことをリストアップしたり
家族で話し合ったりして、具体的に家のどこを改修したいか洗い出します。
そのあとで、リフォームのプロに相談してみましょう。
ときには、自分たちが思っていなかった改善点を言われるかもしれません。
専門家からみた家の傷み具合や耐震性、地域の特性(地震が予想される地方、
台風などの災害が多い場所など)に合わせた、家の補強箇所を提案してもらいましょう。

しかし、「すべて言われたとおりに改善しなくてはいけない」とあせる必要はありません。
家族同士で「不安箇所はこんなポイントだった」と話し合い
みんなで相談して、”自分たちの優先順位”をつければいいのです。
改装内容や予算など家庭によっては事情があり、すべて叶えられるとは限りませんから。

その後で、プロに「自分たちの優先順位はこの順だけれど、
専門家からみた場合はどんな優先順位だろうか」と確認します。
それを総合的に考えて、家族みんなで判断して、リフォーム工事をしてもらいましょう。

なお、先ほどお話しした趣味スペースや収納スペースを作るにしても、
家の補強リフォームをするにしても、同時にやった方がいい工事があります。
それについては、次回お話しします。

ページのトップへ