宮崎市・島之内にてツートーンの外壁塗装工事が完成しました。

塗装工事前の様子

 

現場調査にお伺いさせて頂いた時の様子です。

徐々に外壁材の色褪せが進行してきており、軒天部分もカビで少し黒ずんでいます。

 

 

 

またシーリングも硬くなり、指で触るとポロポロ落ちてくるような状態でした。

今の状態ですと、シーリング部分からどんどん水が染み込んでしまっていると考えられます。

この目地部分はしっかりと打替えを行い、サッシまわりに関しては増し打ちを行うことで、雨水の侵入を防ぐことが出来ます。

 

こちらは帯(幕板)のお写真です。

水を含み、表面がぼそぼそしていました。

帯上部のシーリングが劣化し、そこから水が入っているような状態でした。

お客様のご希望により、今回は帯を取り外させて頂くことになりました。

 

築16年ということもあり、全体的に傷みが進んできていました。

この状態を放置されると、さらに目地部分や外壁塗膜の劣化箇所から雨水が浸入してきます。

そこから外壁材が浮いてきたり、反ってきたりし始めます。

今回塗装をしっかりしてあげることで、お住まいを長持ちさせることが出来ます。

 


 

塗装工事後の様子

こちらが塗装工事後のお写真です。

塗装前もツートーンカラーでしたが、よりはっきりした色合いになりました。

今回は期待耐久年数20年のフッ素塗料で外壁の塗装をさせて頂きましたので、しばらくの間はメンテナンス不要ですね。

 

 

工事を終えたあとお客様から「工事後の口コミアンケート」が届きましたので、

「お客様の声はこちら」から参考にしていただければと思います。

 

薩摩川内市天辰町にて洋風の外壁塗装工事が完成しました。

塗装工事を行う前にまずは塗装工事の費用がどのくらいかかるのか

お見積りを行います。

 

お見積りを行うための現地調査の様子をご紹介していきます。

塗装前の傷み

 

塗装を行う前の既存の様子です。

 

外壁塗装工事前の様子

 

 

洋風の可愛い家ですね。

遠くからみていくと、キレイに見えますね。

もっと近くから見ていきましょう。

 

北面を見ていくと、ところどころ緑色の汚れが見受けられました。

また、北面だけではなく出隅の部分にも付着しております。

薩摩川内市外壁劣化

 

 

このような汚れはは高圧洗浄でししっかりときれいに洗い流していきます。

汚れが残ったまま塗装をしてはいけません。

新しい塗膜との密着が悪くなり、数年で塗膜が膨れてきたり剥がれてきたりなどの

不具合が発生してしまうことがあります。

 

綺麗に洗い流すことで不具合の原因を1つ防止することができます。

 

次に窓付近に外壁のひび割れが見受けられます。

 

このようなクラックはヘアークラックと呼ばれる細かい小さなクラックになります。

このような細かいクラックは雨水が侵入することはほとんどありませんが、

放っておくと劣化が酷くなってしまいます。

 

早めに塗装を行ない新しい塗膜出外壁を守っていく必要があります。

 

ちなみに、屋根は陶器瓦が使われていた為、今回メンテンナンスの必要はありませんでした。

今回は外壁塗装と合わせて外の塀部分の塗装を行いました。

 

塗装工事完成の様子

 

こちらが塗装工事完成の様子です。

 

 

 

薩摩川内市の塗装工事

 

外塀も外壁と同じ色を使用して塗装を行いました。

統一感のありとても可愛いですね。

 

工事を終えたあとお客様から「工事後の口コミアンケート」が届きましたので、

「お客様の声はこちら」から参考にしていただければと思います。

 

ありがとうございました。

宮崎市多彩色ボードの高耐候フッ素クリヤー塗装工事

 

クリヤー塗装について


 

クリヤー塗装には、外壁の表面保護する機能はありますが、汚れ・傷・色落ちなどの

劣化現象が始まっている外壁の上からクリヤー塗料を塗装した場合、

塗膜の上から劣化した部分が透けて見えてしまいます。

そのため、施工から10~20年以上経って、劣化が進行してしまっている外壁に

クリヤー塗料を塗装したとしても、汚れや傷が透けて仕上がりが悪いように見えてしまうのです。

 

また、ヘアークラック(ひび割れ)は色付きの塗料であれば補修をして上から色付け(塗装)をするだけで

きれいにすることが可能ですが、クリヤー塗料を塗ってもヘアークラックを塞ぐことはできず、

さらにヘアークラックが透けて見えてしまうため、塗装後もひび割れが残ってしまいます。

 

そのため、現場調査時の外壁診断がとても重要なのです。

 

 

現場調査


 

・南面

 

・シーリング(割れ)

・チョーキング現象(つかない)

 

・釘浮き(徐々に進行)

 

 

 

 

 

 

 

 

・バルコニー防水塗膜劣化(FRP)

 

外壁を触っても粉がつかない(チョーキング現象なし)のと、外壁自体のひび割れがないので

弊社としてはクリヤー塗装をおススメしました。

 

 

施工の様子


 

高圧洗浄をした後、まず色付け部分の2F から塗装を行っていきます。

 

シーリング打ち→

 

下地→

中塗り→

中塗り完成→

上塗り→

クリヤー塗装(2回)

1Fシーリング(後打ち)

付帯部分の塗装も仕上げをして完成です!

 

 

 

 before                                                                            after

 

 

カビが多く発生していたお宅がシックな塗りあがりになりました

 

- 現場調査の様子

 

外壁塗装のお問い合わせをいただき、宮崎市高岡町のお宅に伺いました。

まず気になったのは外壁のカビです。

日中太陽光が当たりにくい北面では、カビがこのように多く発生してしまいます。

お客様も道路から見えるところなので困っているとのことでした。

 

 

また、シーリングがはがれていたり、釘がだんだん浮いてきていました。

 

 

 

ご提案としては、カビの繁殖が激しかったので全面にバイオ洗浄、北面にバイテクの使用をおススメしました。

 

●バイオ洗浄(SKクリーナースーパー)とは・・・バイオ技術により、頑固な汚れも効果的に分解、除去できます。また抗菌効果も併せ持っていますので、かびやバクテリアなどの微生物汚染も除去、抑制し、衛生的な環境を維持します

●バイテクとは・・現場混入方式の強力 防かび・防藻性付与剤(水性系塗料専用)です。 かび・藻の発生している内外壁の塗替えや、事前の対策に適用可能。

 

 

― 工事の様子 ―

今回の洗浄はエスケークリーナースーパーという薬剤を

高圧洗浄の水に既定量を混ぜて使用しました。

 

 

 

 

植物に少しでもかかるとすぐ枯れてしまうような強い材料です。

洗浄で洗い流した後は十分に乾燥させ、工事を進めていきます。

 

養生→シーリング→破風・雨樋・軒天→下地→上塗り→完成

 

上塗りの1回目が終了して、十分に乾燥させます。

そして上塗り2回目を塗装をする際に、バイテクを塗料に混ぜます。

 

 

こちらも危険な薬剤なのでメーカーに定められた規定量を混入させます。

 

 

養生撤去そして掃除などをし、足場を解体後完成になります。

 

 

完成写真

外壁の模様や雰囲気を活かす、透明なクリア塗装工事

- 工事の様子 -

 

まず、高圧洗浄にて外壁や屋根の汚れを洗い流します。

そしてお客様が気になっていた目地のシーリングをすべてはがし取り、打ち直していきます。

 

撤去前のシーリング状況

 

 

シーリング撤去

 

 

打ち込み

 

シーリング完成

 

 

目地のシーリング部分がきれいにが仕上がりました。

 

次に下地を塗り、色付け&クリアー塗装に入ります。

まず、色付け箇所のお写真

 

 

クリアー塗装部分

 

 

クリアー塗装完成

 

今回は、付帯部の破風を緑色に塗装され、緑が映えるきれいなお宅に変わりました!

 

 

築30年の60坪の家の木壁塗装工事

現場の調査から工事完了まで

 

現場の調査


お客様から勝手口の交換のお見積りということ依頼を受けました。
その際に屋根の漆喰がとれていることを相談され、同時に屋根点検を行なうことになりました。

屋根既存状況

屋根既存状況

 

こちらが屋根全体図になります。

 

屋根漆喰の傷み

屋根漆喰の傷み

 

気になる漆喰部分を見てみると、漆喰が剥がれているのがわかります。

屋根の傷み 漆喰

鬼瓦漆喰の傷み

 

漆喰が一部剥がれてしまっています。
鬼瓦の裏面の漆喰も剥がれてしまっているのがわかります。

剥がれてしまっている部分から水が侵入してしまう可能性があるためしっかりと
補修を行う必要があります。

調査を行っていくうちに漆喰はもちろんいくつか瓦の割れもいくつか見られ、
補修を行う見積りと同時に外壁の色褪せも気になっていました。

下地状況 木部の剥がれ木壁 カビ状況

 

 

 

 

 

 

 

 

塗膜が剥がれ既存の木がむき出しになってしまいます。
塗膜がはがれると木が水を吸収してしまい腐食に繋がっていきます。

また、北面に関しては湿気が多いためカビの発生が見られます。

そして屋根に関しては火災保険申請を行うことに・・・。

 

 

実際の工事の様子


まずは工事1日目になります。

足場をかけてメッシュシートをかけていきます。
メッシュシートはこの後行う高圧洗浄の水が近隣へ飛ばないように行います。

外液塗装 仮設足場

 

実際に外壁に高圧洗浄を行っていきます。

高圧洗浄では汚れをきれいに洗い流すことによって、密着を高めていきます。
北面にカビが発生していた部分もしっかり高圧洗浄であら流しますが、あまりにも強く長時間行うと

高圧洗浄の力は強いため、外壁材まで傷めてしまう可能性があります。
そのため様子を見ながらしっかりと適度行ていきました。

木外壁 高圧洗浄

 

 

高圧洗浄が終わり、木がしっかり乾くといよいよ塗装を行っていきます。

 

 

木外壁中塗り 

 

木外壁上塗り

 

 

雨樋などその他付帯部の塗装を行うと完成です。

木外壁塗装完成

 

既存よりも明るくなり、雰囲気もほとんど変わったのではないでしょうか。

鹿児島市上荒田にて行った外壁塗装工事と屋根カバー工事

使用した材料


外壁:エスケープレミアムシリコンをを使用。
シリコン樹脂にエスケー化研特許のセラミック技術が配合されており、
ハルスと呼ばれる光安定剤がふくごうされています。

エスケープレミアムシリコンについての記事はこちら↓↓

エスケーハウスで高い支持率を誇る!ワンランク上のシリコン塗料

 

屋根:ガルバリウム鋼板
既存コロニアルの上にガルバリウム鋼板をのせる施工させていただきました。
ガルバリウム鋼板を使用することうことにより、家の耐久性も上がります。

 

工事完了の様子


Before

塗装工事 施工前

→                     After

塗装工事施工完了

 

 

アパート塗装 完了

アパート塗装 完了

霧島市隼人町 外壁腐食部分補修と青色への塗装工事

==============使用した塗料===============

 

外壁塗装の下地材には防水性がある特殊工法を採用!さらに上塗り材には、超耐久性のセラミック塗料を下地から合計3回厚塗りさせて頂きました。

 

=============外壁補修部分施工==============

Before
施工前 外壁腐食部分                  After

腐食部分補修完成

 

 

外壁補修:旧塗膜が剥がれていたヶ所の補修。ボードの張り直し

現在の外壁の色や模様を生かした外壁塗装工事in都城

使用した塗料の詳細


 

 

外壁塗料は光安定剤・紫外線吸収剤・超耐久アクリルシリコン樹脂で守られ、
特殊セラミック成分を複合化することにより汚れにくい壁保ちます。

塀の塗装は一液弱溶剤形特殊アクリルシリコン樹脂塗料を使用し、
コンクリート・セメントなどに適した塗料。
汎用塗料に比べ汚れにくい塗膜構造をしています。

既存の屋根は今回陶器瓦が使用されていたため、メンテナンスア行いませんでした。
外壁に関しては既存のサイディングの柄を生かし施工したいということで、
クリヤー塗装(透明)を行いました。

 


 

鹿児島市にて白色の外壁塗装と割れ部分補修工事

工事の内容


 

外壁塗装:防水セラミック工法(4回塗り)以前塗装時のクラック補修あと目立つため下地から防水の厚付を施し上塗りには超耐久性の特殊セラミック塗料を選択。合計4回塗りにもなる特別な工法です。

 

ボードの割れが出ていたので、割れてる部分を張替ました。

Before

外壁施工前

➡           After
外壁割れの張り替え

 


 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ