『初心者向け』サイディング塗装の費用を一目で知りたい人はチェック

窯業サイディング

 

サイディング外壁の塗装にかかる費用相場は、30坪程度の住宅で70〜100万円です。

 

外壁塗装にかかる費用の相場を知ることで高額な請求をしてくる悪徳業者に騙される心配が少なくなるでしょう。

 

この記事では、サイディング外壁の塗装にかかる費用の目安を紹介します。

具体的には以下の点を解説していきます。

 

  • サイディング外壁の塗装で使う塗料の費用相場
  • 外壁塗装の工事内容ごとの価格
  • サイディング外壁の塗装費用が変動する要素
  • 外壁塗装の費用を安くする方法

 

まずは、サイディング外壁にかかる費用相場を確認してみましょう。

 

サイディング外壁の塗装にかかる費用相場は70〜100万円

サイディング塗装に掛かる費用

30坪程度の住宅における外壁塗装の費用相場は70〜100万円です。

上記は、一般的なシリコン塗料を利用した価格であり、他の塗料を使う場合は変動します。

 

サイディング外壁の塗装でかかる費用の割合としては以下のようになります。

 

材料費 工事費 人件費
20〜30% 30〜50% 30〜40%

 

「材料費」とは、塗料や下塗り材など材料を購入するための費用です。

「工事費」とは、足場を設置する費用や、業者の事務手数料や利益などです。

「人件費」とは、塗装や足場職人の手間賃です。

 

材料費や工事費、人件費を見積書で明確に見分けることは難しいでしょう。

見積書では材料費や人件費は分けられておらず、工程ごとに単価を決めるのが一般的だからです。

 

サイディング外壁の塗装で使う塗料の費用相場

塗料

サイディング外壁の塗装費用は、使う塗料の種類によって大きく変わるでしょう。

塗料の種類は、性能や価格によって「塗料グレード」と呼ばれる分類がされています。

 

外壁塗装では以下の3種類の塗料グレードが主流となっています。

 

ウレタン塗料

ウレタン塗料

主にポリウレタン樹脂を利用した塗料です。

ポリウレタン樹脂は、ポリオールとイソシアネート化合物というものを反応させて作ります。

 

メリットは、光沢があること、密着性に優れていること、価格が安いことです。肉持ちの良い質感があり、塗膜(塗装の膜)が剥がれにくく、工事費用を節約できる塗料です。

 

デメリットは、耐用年数が短いことです。他の塗料に比べて寿命が短いため次の塗替え時期が早くなるでしょう。

 

価格は、1㎡あたり2,100〜3,100円程度です。

耐用年数は8〜10年で、主流の塗料のなかでは最も短いです。

 

ウレタン塗料は、塗替え工事の費用をとにかく抑えたい人に向いているでしょう。

 

シリコン塗料

シリコン塗料

シリコン樹脂を使った塗料です。

シリコン樹脂とは、ケイ素を中心にシロキサン結合した無機化合物を指します。

近年ではアクリルシリコン樹脂を利用した塗料が多いです。

 

アクリルシリコン樹脂は、アクリル樹脂をベースとしてシリコンを混ぜ合わせた塗料です。

 

メリットは、耐候性と耐熱性が高いこと、汚れがつきにくいことです。気候の変化や熱に強いため劣化しにくく、汚れにくいため美観を維持しやすいでしょう。

 

デメリットは、塗り替えの際に新しい塗料が付着しにくいことです。しかし、適切な手順を踏めば問題なく塗装ができるでしょう。

 

価格は、1㎡あたり2,800〜3,800円程度です。

耐用年数は10〜15年で、費用対効果が非常に高い塗料といえるでしょう。

 

シリコン塗料は、人気の塗料を使いたい、塗料選びが面倒という人に適しています。

 

フッ素塗料

フッ素塗料

フッ素樹脂を使った塗料です。

フッ素樹脂とは、エチレン重合体の水素原子をフッ素に置換して結合させた物質を指します。現在では改良を重ねた「4フッ化エチレン樹脂」が主流です。

 

メリットは、耐用年数が長いことです。また、耐摩耗性と対絶縁性、耐候性に優れています。主流の塗料のなかでは長い寿命があるため、塗替え頻度が少なくて済むでしょう。

 

デメリットは、価格が高いことです。長期的には費用が安く済みますが、初期工事費用は主流の塗料では最も高額です。

 

価格は、1㎡あたり3,700〜4,600円程度です。

耐用年数は15〜20年で、主流の塗料のなかでは最も長いです。

 

フッ素塗料は、寿命が長い塗料を使いたい人に適しています。

 

サイディング外壁における塗装費用の内訳と単価

塗装工事の費用

サイディング外壁の塗装工事では工程ごとにどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

サイディング外壁における塗装費用の内訳を知ることで見積書から業者の良し悪しを判断しやすくなります。

以下では工程ごとの費用目安を解説していきましょう。

 

足場の費用

仮設足場の費用

足場の設置や解体作業にかかる費用です。

足場費用の目安単価は700〜900円/架㎡となります。

 

架㎡(かけへいほうめーとる)とは、足場特有の面積単位で、外壁から1m離れた場所に足場を設置することを想定して計算します。

 

養生の費用

養生の費用

塗料の飛散を防ぐために足場を覆うためのメッシュシートなどの費用です。

費用の目安単価は350〜450円/架㎡です。

 

高圧洗浄の費用

高圧洗浄 費用

外壁の汚れを落として塗料を付着しやすくする作業です。

費用の目安単価は150〜250円/㎡です。

 

下地処理の費用

下地処理の費用

ひび割れや破損した外壁を補修したり、塗装が付着しやすいよう古い塗膜を剥がしたりする作業です。

 

費用の目安単価は300〜1,000円/㎡です。

外壁の劣化状況や補修の度合いによって単価は変動します。

 

下塗りの費用

外壁下塗り 費用

仕上げ塗料を外壁に付着しやすくするための下塗り作業です。

下塗りを行わないと、仕上げ塗料が外壁に吸い込まれて施工不良を起こします。

 

費用の目安単価は600〜1,200円/㎡です。

 

仕上げ塗りの費用

仕上げ塗りの費用

仕上げ塗りは、同じ塗料を使って中塗り、上塗りの2回を行います。

2回塗る理由は、外壁を保護するために必要な厚さを確保するためです。

 

塗料は1回で塗れる厚さに限度があります。

仕上げ塗りに必要な厚さを得るためには原則として2回塗らなくてはいけません。

 

費用の目安単価は2,000〜5,000円/㎡です。

使う塗料のグレードによって価格は変動します。

 

付帯部塗装の費用

雨樋上塗り

「付帯部」とは、簡単に言えば「外壁における広い面以外の部位」を指します。

例としては、屋根の側面についている「破風板」や、屋根の裏側にある「軒天井」などです。

 

付帯部に使われている外壁材はサイディングとは異なるため、使う塗料の種類が変わります。

 

費用の目安単価は500〜1,500円/㎡です。

塗装する部位によって価格は変動します。

 

サイディング外壁の塗装費用が変動する3つの要素

サイディング外壁の塗装では費用が変わる3つの要素があります。

事前に把握しておけば費用が予想以上に高額になる事態を避けられるでしょう。

 

利用する塗料の種類

塗料の種類によって外壁塗装の費用は大きく変動します。

特に、「光触媒」や「遮熱塗料」といった特殊な性質がある塗料を使うと、価格が高額になる傾向があります。

 

依頼する業者の工事手法

外壁塗装の業者には、自社で工事を行うケースと、下請け会社に作業を任せてしまうケースの2タイプがあります。

 

下請け会社に任せるタイプの業者に依頼してしまうと、仲介料として工事費用の何割かを余計に支払わなくてはいけません。

 

下請け会社に任せるタイプの業者としては、ホームセンター、ハウスメーカー、ゼネコン、一部の工務店などがあります。

 

工事場所が業者の拠点から遠すぎる

業者の拠点から遠い場所での工事だと、高速道路を使うため出張費がかかります。

特に移動に1時間以上かかる場合は余計に費用がかかることが多いでしょう。

依頼する業者は同じ市町村内、あるいは隣町にしておくことをオススメします。

 

サイディング塗装の費用を安くする3つのコツ

費用を安くするコツ

サイディング外壁の塗装では費用を安くするコツが3つあります。

すべてを実行すれば悪徳業者に騙されることが少なくなり、50万円以上の費用を削減できるケースもあるでしょう。

 

外壁と屋根を同時に塗装する

外壁と屋根は同時に塗装することで長期的には費用を節約できます。

理由は、足場を組み立てる費用が1回で済むからです。

 

外壁と屋根を別々で工事した場合、工事のたびに20万円程度の費用を支払って足場の設置をしなくてはいけません。

 

外壁と屋根に使う塗料の耐用年数を揃えることで同時に塗り替え時期がやってくるため、費用を節約したい場合は使う塗料を十分に検討するようにしましょう。

 

訪問営業の業者には依頼しない

訪問営業でやってきた業者には外壁塗装を依頼しないようにしましょう。

なぜなら、訪問営業をしている業者の多くが悪徳業者だからです。

 

優良な企業であれば積極的に営業をかけなくても仕事が入ってきます。

もし仕事が不足していたとしても、依頼単価が高い企業相手に営業をかけるだけで、個人住宅に訪問してまで仕事を探すことはありません。

 

個人住宅に営業をかけている業者は、企業から相手にされないほど実績がないか、悪評が立っている可能性が高いです。

 

外壁塗装では、訪問営業の業者によるトラブルが多数報告されているため、依頼先は自分で探すようにしましょう。

 

自社施工の会社に依頼する

依頼を受けたら下請け会社に丸投げする業者があります。

こういった業者の場合、工事費用の何割かが仲介料として取られています。

 

費用を抑えたいのなら、依頼を受けるだけではなく工事もすべて自社で行っている会社を選びましょう。

 

自社施工をしている会社は、ホームページに職人の写真を掲載しているケースが多いです。

依頼しがい業者のホームページをまずは確認してみましょう。

 

サイディング塗装は自社施工の業者に依頼して費用を安くしよう!

サイディングの外壁塗装 費用

サイディング外壁の塗装にかかる費用は30坪程度の住宅で70〜100万円です。

使う塗料によって価格は大きく変動するでしょう。

 

工事費用を抑えたい場合は、自社施工をしている会社に依頼するのがオススメです。

会社のホームページに職人の写真を掲載している会社は自社施工をしている可能性が高いため、依頼前に確認しておきましょう。

 

宮崎県・鹿児島県で外壁塗装を検討するのなら、完全自社施工で仲介料がかからない「エスケーハウス」があります。

 

南九州地区では売上NO.1の実績があるため、業者選びが面倒という人は無料で見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか。

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ