サイディング塗装をする時期や注意点、費用、工事事例を公開!

 

「サイディングは半永久的な耐久性がある」

「塗装の必要はない」

 

こう考える人も多くいますが、実は間違っていることをご存知ですか?

 

サイディングに塗装は必要です。

サイディングは耐久性の高い外壁材ですが、どれだけ耐久性が高くても紫外線や

雨風にさらされて劣化していきます。

 

この記事では、サイディング塗装について以下の項目を解説・紹介します。

 

  • サイディング塗装の必要性
  • サイディング塗装の種類と費用
  • サイディング塗装の時期
  • サイディング塗装の事例
  • サイディング塗装の業者の選び方

 

サイディング塗装の正しい知識を覚えていきましょう。

 

なぜサイディングを塗装する必要があるの?

サイディングとは、建物の外壁に使用する外壁材の一種です。

工場で一定サイズの板状に成型したものを、建物の外壁面に張り付けて仕上げます。

 

サイディングの特徴は耐久性が高いことですが、半永久的にもつわけではありません。

なぜサイディングに塗装する必要があるのかを詳しく解説します。

 

サイディング材を保護するため

サイディング材の耐久性は半永久ではないため、保護を目的とした塗装が必要になります。

サイディング材は紫外線や雨風などの影響を何十年も受けると、以下のような劣化が起きます。

 

  • 塗装のハガレや色あせ
  • 塗装の膨れ
  • 塗料の膜が薄くなる(チョーキング現象)
  • サイディングの反り
  • サイディングのひび割れ

 

症状の原因は、サイディングの塗料の膜が劣化することです。

放っておくとサイディング材自体が腐食する恐れがあるため、塗装が必要と言えます。

 

家の美しさを保つため

サイディングは経年劣化により汚れが目立つため、家の美しさを保つ目的で塗装が必要になります。

サイディング材は経年劣化で塗料の膜が薄くなり、

排気ガスやホコリなどの汚れが付着しやすくなります。

 

薄くなった塗料の膜に突き刺さるように汚れが付着するため、自分で洗浄しても落ちません。

さらに塗料の膜が薄くなることで色あせが起こるため、建物に古びた印象を与えます。

汚れの付着や色あせを防ぐため、サイディングの塗装が必要と言えます。

 

サイディング塗装の種類と工事費用は?

サイディング塗装に使用する塗料の種類は、主に下記の4つです。

 

  1. ウレタン塗料
  2. シリコン塗料
  3. ラジカル塗料
  4. フッ素塗料

 

以下では、それぞれの塗料の特徴や工事費用を詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

 

ウレタン塗料

ウレタン塗料の特徴や耐用年数、工事費用は以下のとおりです。

ウレタン塗料は工事費用を抑えたいが耐用年数も重視したい人におすすめです。

下塗りを変えることで断熱や汚れを防ぐ効果などを加えることが可能です。

 

シリコン塗料

シリコン塗料の特徴や耐用年数、工事費用は以下のとおりです。

シリコン塗料は機能性と費用のバランスを重視したい人におすすめです。

耐熱性・耐水性・防汚性などの機能をもち、一般住宅に使用されることが多い人気の塗料です。

 

ラジカル塗料

ラジカル塗料の特徴や耐用年数、工事費用は以下のとおりです。

ラジカル塗料は費用と性能のコストパフォーマンスを重視する人におすすめです。

2012年に発売開始されたばかりの高性能かつ安価な塗料です。

 

フッ素塗料

フッ素塗料の特徴や耐用年数、工事費用は以下のとおりです。

フッ素塗料は初期費用をかけても長期的にコストを抑えたい人におすすめです。

スカイツリーやレインボーブリッジなどの大型建物にも使われるほどの高い耐久性をもつ塗料です。

 

サイディングを塗装する時期の目安は?

 

サイディング塗装の時期の目安は、大きく分けて「年数」と「劣化状態」の2つがあります。

年数は築年数や前回の塗装時期から判断しやすいですが、

劣化状態は住居環境により大きく異なります。

 

以下では、それぞれの判断ポイントを解説します。

 

年数で判断する

サイディング塗装の時期は10年が一般的な目安です。

以前にサイディング塗装をしている場合は塗料の種類によって耐用年数が異なります。

ご自身で判断が難しい場合は、外壁塗装の実績が多い業者に点検を依頼することをおすすめします。

 

劣化の状態で判断する

サイディングは耐久性に優れた外壁材でが、

自然環境の影響を受けやすい箇所は劣化のスピードが早くなります。

 

「築10年未満だから塗装しなくても大丈夫」と安心せずに、

劣化が起きていないか定期的にチェックすることが大切です。

サイディングの主な劣化状態は以下のとおりです。

 

チョーキング

チョーキングは、紫外線や雨風の影響で塗料の膜が劣化して起こる症状です。

塗料には色を付けるために「顔料」と呼ばれる成分が含まれています。

塗料の膜が劣化すると顔料が粉化して表面に出てきてしまい、塗料の機能を果たさなくなります。

 

外壁を手で触って粉状のものが付いたら劣化のサインです。

 

ひび割れ

ひび割れは、紫外線や雨風の影響や地震の揺れなどで起こる症状です。

ひび割れには「塗料の膜のひび割れ」と「サイディング材自体のひび割れ」の2種類があり、

素人が見分けるのは難しいです。

 

ひび割れの深さや大きさにより塗装や補修時期が異なるため、

外壁塗装の実績が多い業者に調査を依頼することをおすすめします。

 

塗装のふくれ

塗装のふくれは、経年劣化や施工不良で起こる症状です。

経年劣化による塗装のふくれは、

ひび割れから雨水が侵入し内部に溜まった水分が日光で暖められ蒸発することで起こります。

 

施工不良による塗装のふくれは、塗装前の洗浄不足や塗装が完全に乾いていない状態で

上塗りをおこなうことで起こります。

塗装のふくれは施工不良が原因のものが多いため、信頼できる業者に依頼することが大切です。

 

塗装のハガレ

塗装のハガレは、紫外線や雨風の影響で起こる症状です。

塗装がハガレた箇所から雨水が侵入して、サイディング外壁の劣化を早めます。

 

しかし塗装後1~3年以内に塗装がハガレた場合は、

下地処理の怠りや洗浄不足などの施工不良の可能性が高いです。

塗装のハガレは放っておくと広がる一方なので、信頼できる業者に依頼をして早めに対処しましょう。

 

サイディング外壁を塗装した事例もチェック

サイディング塗装の正しい知識を身に付けるためには、事例を参考にすることもひとつの方法です。

 

以下では2つの事例を紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

窯業サイディングの塗装事例

 

窯業サイディングの塗装をした事例です。

具体的には以下の内容でおこなっています。

 

宮崎県の都城市でおこなったサイディング塗装事例

 

宮崎県の都城市でサイディング塗装をした事例です。

具体的には以下の内容でおこなっています。

 

サイディングを塗装するときの業者の選びかた

外壁塗装は、リフォーム工事の中で特にトラブルが発生している工事です。

 

手抜き工事や高額費用の請求など、トラブルの種類はさまざまです。

トラブルを回避するために、業者の選びかたについての知識を身に付けましょう。

 

相見積もりをする

塗装工事の費用は業者によって異なるため、相見積もりで適正価格を判断することが大切です。

相見積もりのチェックポイントは以下のとおりです。

 

価格が高すぎないか

費用相場よりも高すぎる場合は悪徳業者の恐れがあります。

業者によって費用差はありますが、あまりにも高額な場合は注意が必要です。

 

20万円以上の値引きをしていないか

少額の値引きはよくありますが、20万円以上の値引きは手抜き工事や欠陥工事をされる

可能性が大きいため注意が必要です。

 

商品や工程の名前が明確か

見積りに商品や工程が明確に記載されていない場合は、外壁材に合わない塗料を使用されたり、

本来おこなうべき工程を省く可能性があったりするため注意が必要です。

 

20年以上の実績がある会社を選ぶ

サイディング塗装は知識や経験を必要とするため、20年以上の実績がある会社を選びましょう。

実績が浅い会社はトラブルが発生する可能性があるため注意が必要です。

 

自社で工事をしている会社に依頼する

自社工事していない会社は下請け業者が塗装するため、トラブルが発生しやすくなります。

すべての会社が悪いわけではありませんが、

自社で工事をしている会社の方が塗装の知識が豊富なため安心です。

 

まとめ:サイディング塗装は業者選びに力を入れよう

サイディングの耐久性は半永久ではないため、年数や劣化状態に合わせて塗装する必要があります。

 

塗装する際の業者を選びは、トラブルを発生させないために慎重におこないましょう。

工事内容や費用が適正か、実績のある業者か、自社工事をしている業者かを確認して、

信頼できる業者を選ぶことが大切です。

 

業者選びに力を入れて、安心・安全にサイディング塗装をおこないましょう。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ