屋根の縁切りをしないと起こる問題や費用相場、使う道具を知ろう!

 

「屋根の塗装の際の『縁切り』ってなに?」

 

「縁切り」とは、屋根を塗装したあとにカッターなどを使って屋根材に隙間を作る作業です。

縁切りをすることによって雨漏りなどのトラブルを回避し、住宅が劣化するのを防げます。

 

この記事では外壁塗装を考える上で切っても切り離せない「縁切り」について

詳しく説明していきます。業者選びの参考にしてください。

 

屋根の縁切り(えんぎり)ってなに?

 

「縁切り(えんぎり)」とはスレート瓦の屋根には欠かせない作業工程です。

近年屋根にスレート瓦を使用した住宅が増えているので、縁切りの工程も重視されています。

 

縁切りによって屋根に隙間を作ることによって

雨漏りを防いだり屋根裏の通気性が良くなったりします

以下では縁切りが必要な理由と、縁切りをしないことによって起こるトラブルを説明していきましょう。

 

縁切りはなぜ必要なの?

「屋根に隙間をあけると雨漏りしてしまうのではないか?」

 

そう考える人も多いかもしれません。

しかし、隙間があくことによって雨水がうまく排出されるようになり、

屋根の内部に水がたまりにくくなります。

 

屋根裏の通気性も上がるので、住宅内に湿気がたまるのを防ぐ効果もあります。

スレート瓦で作られた屋根をローラー塗装すると、塗料によって

瓦と瓦の間の隙間が埋まってしまいます。

 

隙間が埋まってしまうと、雨水などの流れが悪くなり屋根の腐食や雨漏りの原因となります。

 

縁切りしないと起こるトラブル

縁切りをしないと雨漏りが起こりやすくなります。

雨水は屋根材の下に潜り込む性質があります。

そのため縁切りをしていない屋根では、屋根材の下に水がたまっていってしまうのです。

 

他にも、縁切りは屋根裏での結露を防ぐ効果もあります。

縁切りによる隙間がない場合、結露した水が屋根裏にたまってしまいます。

雨漏りも結露も屋根の内部が腐食する原因となります。

 

縁切りで屋根にあえて隙間を作ることによって住宅材の劣化を防げます。

 

縁切りが必要な屋根の種類と費用相場

 

屋根瓦の商品名が「カラーベスト」「コロニアル」の場合は縁切りを行うようにしましょう。

こうしたスレート瓦を屋根に使用している場合は、塗り替えの工程で縁切りをしなければなりません。

 

屋根の勾配が5寸以上の急な場合は、縁切りが不要な場合もあります。

急勾配のため雨水がたまりにくいからです。

しかし勾配が3寸以下の緩勾配なら縁切りをしましょう。

 

施工費用は屋根面積にもよります。

縁切りに使われるタスペーサーは1個あたり20〜50円程度です。

 

屋根面積が20坪である場合、タスペーサーを約700個使用します。

人件費などを加えると縁切りの工事費は2万円以上になると考えましょう。

 

屋根の縁切りはカッターとタスペーサーどちらが最適?

 

屋根の縁切りは「カッター」または「タスペーサー」で行うのが一般的です。

以下ではどちらの方がいいのかをご説明します。

 

カッターは一般的ですが、タスペーサーとは何でしょうか。

タスペーサーとは塗装前に屋根に挟む板状の道具で、

塗装後に取り出すことで隙間を作ることができます。

 

カッターで縁切りするメリットとデメリット

カッターで縁切りをするメリットは作業が簡単ですぐに終わることです。

デメリットは、屋根の塗装を傷つけてしまうおそれがあることです。

 

縁切りをカッターで行うのは非常に時間と手間がかかる上に、

リスクもあるため、一部の業者は縁切りをしないことさえあります。

 

タスペーサーを利用するメリットとデメリット

カッターでは手間がかかるため、最近ではタスペーサーを使用して縁切りを行うことが

一般的になりました。

 

塗装する前に薄い板状のタスペーサーを瓦の隙間に差し込んでおくことで、

屋根に隙間を残すことができます。

 

タスペーサーのメリットは縁切りにかかる手間を省いて人件費をカットできる点です。

カッターとは違い、屋根を傷つけることもありません。

デメリットは慎重に外さないと塗装の仕上がりが悪化する点です。

 

屋根の縁切りを正しくおこなう業者の見つけかた

 

住宅にとって非常に重要な行程であるはずなのに、

悪質な業者の中には縁切りを省略することもあります。

 

このような業者による被害にあわないためにも、

正しく縁切りを行なってくれる業者を選ぶようにしましょう。

以下では縁切りをきちんと行なってくれる業者かどうかを見分けるポイントをご説明します。

 

見積書に縁切りの項目があるか確認する

見積書を出してもらう場合には、必ず項目に「縁切り」があるかどうかを確認しましょう。

縁切りがない場合は業者に確認する必要があります。

なかには「縁切りは必要ない」と思っている業者も存在します。

 

そういった業者は屋根塗装に関する知識や技術が不足しているので依頼しないようにしましょう。

縁切りについて正しく理解しているかどうかを確認するためにも、

見積書の項目はチェックしましょう。

 

相見積もりをして悪徳業者を回避する

業者を選ぶ際には、複数の業者に見積書を出してもらいましょう。

1社だけに見積書を出させて業者を決めてしまうと、

高額な請求をされても気づくことができず危険です。

 

複数の会社を比較した上で利用する業者を決めてください。

ただし、価格が安すぎる業者も危険です。

他社と比較して安すぎる場合は手抜き工事をして費用を抑えようとしているケースがあります。

 

特に、工事の際に相見積もりで20万円以上の値引きをする業者は要注意です。

外壁塗装で20万円以上の値引きをすると業者にはほとんど利益はありません。

 

「何社に見積もりを依頼したらいいの?」

 

こういった疑問があるかもしれません。

正確に何社とはお答えできませんが、

少なくとも3社の見積書を見比べるのがおすすめです。

 

比較する会社は多いほどよいですが、4社以上になると対応するのが大変になるでしょう。

 

訪問営業をする会社に依頼しないようにする

外壁塗装の訪問営業には要注意です。

悪質なものも多く、過去には「リフォーム詐欺」などと言われ問題視されていました。

訪問営業をしてくる業者は極力利用しないようにしましょう。

 

自宅まで訪問営業が来たら、その場で契約をしてはいけません。

資料などを受け取った上で一旦帰ってもらい、他業者も呼んで内容を確認しましょう。

営業マンから名刺を必ずもらうようにしてください。

 

名刺を入手できれば、記載されている社名や住所などをネットで調べることができます。

悪質な業者の中には名刺を渡さないケースもあります。

名刺を要求しても渋るようであれば疑うようにしましょう。

 

まとめ:屋根の縁切りは雨漏りを防ぐために必須!

 

雨漏りや、屋根裏にたまった水による腐食を防ぐためにも屋根の縁切りは欠かせない工程です。

非常に目立たない作業ではありますが、

業者を選ぶ際には必ず縁切りをしてくれる会社を選びましょう。

 

外壁塗装をする業者のなかには「縁切りは必要ない」とかたる場合もあります。

鵜呑みにしてはいけません。

スレート瓦の屋根には縁切りが必要です。

 

屋根の塗装をしてもらう場合には必ず縁切りの工程があるかどうかを確認しましょう。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ