都城市A様邸:屋根塗装現場から屋根塗料の耐久性についてお答えします!

 

みなさんは、塗装が必要な瓦と必要ない瓦があることを
ご存知でしょうか?

そうなんです!!
塗装が必要な瓦と、塗装が必要ない瓦があるのです!!!

まず、塗装が必要ない瓦は、粘土瓦(日本瓦)・陶器瓦です。
粘土瓦や陶器瓦は、
粘土を瓦の形状にし、高温度で焼成して作られています。

もともと色を付けて焼いているので塗装は必要ないのです。
お茶碗や湯飲みなどの素材と一緒だと考えて頂けると
分りやすいかもしれないですね!

次に、塗装が必要な瓦は、
セメント瓦・ガルバリウム鋼板(金属屋根)・コロニアルなどが
あります。

塗料で色づけされているため、月日が経ってしまうと、
紫外線や熱、雨により表面の塗膜が劣化してしまいます。

劣化することによって、
屋根材にひび割れや素材によっては錆などが生じ、それを長年放置していると
その部分から雨水が侵入して雨漏りの原因になります。

そういった劣化を防ぐために屋根塗装(メンテナンス)を
する必要があります。

では、みなさんは屋根塗装の耐久年数は
どのくらいかご存じですか?

屋根が雨や紫外線の影響を直接受ける場所なので
外壁の塗装よりもの

耐久性が短くなるのです!

屋根塗装の耐久年数は、短いもので5~6年、
超耐久性の無機塗料のフッ素樹脂で10年前後ほどと
言われています。

ただ、一部の訪問販売業者や知識のない塗装店などは、
メーカーの試験結果を鵜呑みにして
「15年持ちますよ!」とか「20年持ちますよ!」
とか平気で嘘をついている業者をよく見聞きします。

みなさん、騙されないでくださいね!

フッ素や無機塗料を外壁に施工した場合は、
15年〜20年の耐久性は十分に望めます。
しかし、屋根は雨ざらし日ざらしです。

夏場は屋根の上で目玉焼きができるほど屋根
は高温になるのです。

そんな過酷な状況ですから、実環境下での耐久年数は
メーカーの試験結果の30%〜40%ダウンと思ってください。

屋根の塗装工事の流れとしては、瓦の割れがある部分は
瓦の差し替えや部分補修をしたのち、下地を塗り
下地調整を丁寧に施工していきます。

「白く塗られている場所が下地です。女性の化粧でいうと、
ファンデーションの役割です。下地を滑らかにします」

そして下地調整の際、よくあることですが、
1回塗りで下地調整が不十分な場合があります。

そういった場合は、
もう一回下地を塗ります。

つまり下地を2回塗りします。
そして上塗りを2回塗ります。

「超耐朽性の屋根塗料を手塗りで丁寧に2回塗っていきます。」

そうです。合計4回塗りすることも
よくあることなのです。

現場はメーカーの教科書(施工要領書)
通りにはいかないことも多いのです。

私たちはこういったケースでも追加料金は
一切頂きません。

1、当たり前の施工を当たり前に行うこと!
2、当たり前の知識をお客様に伝えること!

塗装業界にはその当たり前ができない業者が多すぎます!
ですから、私たちは日々この当たり前のことを
お客様に正直に丁寧にお伝えし、塗装業界が少しでも
良くなっていくことを願っています。

屋根はお客様がご自分でご覧になる
機会がなかなかありません。

ひび割れなど気づかないまま放置を続けていると、
雨漏れの原因に繋がる恐れがあります。

是非、ご気軽にメンテナンスのご相談をください。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ