台風被害、応急処置から補修工事まで承ります。

昨日の台風で屋根の状態が気になる方も
いらっしゃると思いますが、

実際に自分で屋根に上ってみてみるということはやめてください。

言うまでもなく、大変危険です。
無料点検はもちろん応急処置から補修工事、などお家のことならなんでも承っております。

お気軽にご相談、ご連絡ください。

 

台風災害で破損が見つかったら?

 

「 瓦がズレている」「 板金が飛んだ 」「 雨樋が割れてしまった 」
など、台風の災害は大丈夫だったでしょうか。

「なにかおかしい?」
少しでも感じたときは早めに処置を行うことをお勧めします。
雨漏れの発生につながる可能性が高いです。

早めに専門の業者に連絡ください。
台風のあとはとてもお問い合わせが混み合いますが多く、
順番にお客様の家を回っている状態です。
早めにご連絡いただけると早めに対応できますよ。

 

台風被害で多い被害内容

板金がとんだ

棟の板金が取れてしまったというご連絡が多いいです。

棟は屋根の一番上の部分になります。

火災保険 釘浮き

もともと釘浮きが発生している場合台風などの強い風により
板金が外れてしまいます。

今回外れてしまったところは一カ所でも別な部分もこのように釘浮きが発生し、また、板金が外れてしまう可能性が高いです。

応急処置では、防水テープなどで処置をしますが、
防水テープ外れてしまう可能性も大きく
雨漏れが起る可能性もありあます。

防水テープはあくまでも応急処置です。
しっかりと新しいでしっかりとした補修を行ってください。

雨樋が割れてしまった

雨樋が外れてしまうこともあります。
1本すべて取れてしまった場合はすぐわかると思いますが、
部分的に外れてしまう場合もありますので、
注意して確認しましょう。

雨樋の破損

写真のようなコーキングが取れてしまったということも考えられます。

瓦がとんだ

瓦のずれ 火災保険

瓦自体が外れ飛んでしまう場合があります。

瓦を戻す補修工事が必要になってきます。

火災保険が使えます。

台風などの自然災害に関しては修繕費が出る可能性がありあます。
急な出費を抑えるために是非利用していただきたいですね。

火災保険申請の仕方はこちら↓

実は火災保険を使用して屋根の補修工事を行うことが出来るんです

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ