ALCとヘーベルの違いからメリット・デメリット、費用を紹介

ALCは住宅に使用される建築材料のことです。

木造の一軒家だけではなく、ビルの外壁にも使用可能な強度をもっています。

 

塗り壁や、サイディングは主に外壁でのみ使用されますが、ALCの場合、床や、部屋の間仕切りにも使用できます。

 

この記事では、ALCとヘーベルについて以下のことを解説しています。

 

  • ALCとヘーベルの違い
  • ALCの特徴
  • 他の外壁と比較した際のメリットとデメリット
  • ALCの費用とメンテナンス方法

 

まずは「ALCとヘーベルの違い」について詳しく説明していきます。

 

ALCとヘーベルの違いや特徴

ALCとへーベルの違いは、外壁素材の名前か商品名かの違いです。

 

  • ALC:外壁で使用する建築材料
  • ヘーベル:「旭化成建材株式会社」独自のALC

 

他にもALCの商品はありますが、実質的にはシェア率が高いヘーベルをALCと呼ぶことが多いです。

この記事ではALCとへーベルを同じものとして説明していきます。

 

ALCは「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の略です。

「圧力をかけて気泡を作ることで軽量化させたコンクリート」のことです。

 

一番の特徴は耐久性でしょう。

メンテナンスをしていれば60年は利用可能とされています。

 

築32年の住宅の耐久性調査の結果を確認すると、強度に問題がなかった実例もあります。

 

ALCは大きなパネル状の形をしていて、並べたり敷き詰めたりすることで、外壁や、床、部屋の間仕切りに使用します。

 

セメントが原料である外壁素材は、ALC以外に「サイディング」があります。

 

ALCとサイディングの厚みの違いは以下のようになります。

 

  • サイディング:14mm前後
  • ALC:薄型でも外壁用は100mm

 

「厚みがあって硬くても、衝撃があれば割れてしまうのがALC」と考える人もいます。

 

ALCの内部は、鉄筋(直径1センチ前後の鉄の棒)が網目状にはりめぐらされています。

 

鉄筋の網が衝撃を吸収し、割れを最小限でとどめる役割を果たしているので心配ありません。

網が入っている窓ガラスと同じような構造ですね。

 

ALC(ヘーベル)のメリット

ALCは、塗り壁やサイディングと比較して以下のメリットがあります。

 

  1. 断熱性が高い
  2. 耐久性が高い
  3. 防火性が高い
  4. 防災性が高い
  5. 遮音性が高い
  6. 再利用ができる

 

以下でそれぞれ説明していきます。

 

断熱性が高い

断熱性が高い材料として杉がありますが、ALCは無数の気泡で空気の層をつくることで、杉と同程度の断熱性をもつと考えられています。

 

下図はALCと、サイディング、塗り壁の下地であるモルタルとの断熱性の比較表です。

 

旭化成によると、ヘーベルの断熱性能はモルタルの約15倍、窯業系サイディングの約5倍もあります。

 

耐久性・耐火性・防災性が高い

外壁材ごとの耐久年数を比較すると以下のようになります。

 

 

どの壁も定期的なメンテナンスが必要という注意点がありますが、ALCの寿命が長いことがひと目でわかります。

 

ALCの原料はセメントなので発火することがなく防火性も高いです。

外壁以外に、床、部屋の間仕切りにALCを使用すると、それだけ延焼のリスクが下がるでしょう。

 

台風などの災害にも強いのがALCです。

国内最大クラスを超える台風を想定して雨風にさらす実験をしても問題がなかったほどです。

 

ヘーベルの住宅は、周囲の家が流されるなかで鬼怒川の氾濫にも耐えられることで注目を集めたこともあります。

 

遮音性が高い

音を通さないためには、音を吸収するか、はねかえす必要があります。

ALCは音をはね返す性質と気泡で吸収する性質をあわせもつことで遮音性を高めています。

 

また、ALCは塗り壁やサイディングよりも重量があるため、音の振動を弱めることで部屋の内部に音が伝わりづらいことも考えられます。

 

再利用ができる

ALCは2種類の方法で再利用できます。

 

  1. 外壁と床、骨組みを残してリフォーム
  2. リサイクル

 

耐久年数が高いため、外壁のALCや床を残したまっさらな状態(スケルトン)にして、新たに家を作り直すことが可能です。

 

廃材となったALCは屋上緑化向けリサイクル軽量土壌になります。

木材は腐ったり、折れたりすることで再利用ができない場合が多いので、ALCは環境にも優しい材料と考えられます。

 

ALC(ヘーベル)のデメリット

外壁は、風雨や日光で劣化していきます。ALCも他の外壁も同じです。

半永久的に使用できるALCも、決してメンテナンスをしなくてもいいわけではありません。

 

ALCには以下のデメリットがあります。

 

  1. 水に弱い
  2. つなぎ目が多い
  3. 傷がつきやすい
  4. 費用がかかる

 

それぞれについて説明します。

 

水に弱い

メリットが多い気泡ですが、内部に水がたまってしまうデメリットがあります。

防水処理が取れてALCがむき出しの状態になると家の構造内へ雨水が侵入する可能性があります。

 

浸水は電気のショートや、家の劣化、腐食を進行させるためALC以外の外壁でも注意が必要です。

浸水を防ぐには防水性のある塗料で表面をコーティングすることがおススメです。

 

つなぎ目が多い

ALCは「60cm×4~6m」の長方形をしています。

 

パネルを張り合わせて施工するため、同じ工法のサイディングと比べてもつなぎ目が多くなります。

ALCは吸水性がよくてつなぎ目が多いので、メンテナンスの際は防水処理が重要です。

 

傷がつきやすい

丈夫なので意外に思うかもしれませんが、ALCは傷がつきやすいです。

尖ったモノでぶつけると簡単に表面に傷ができてしまいます。

 

塗り壁に起こりがちなクラックのように、家の内部にまで影響を与える傷はほとんど付きません。

しかし、吸水性がよいため塗装などで防水処理を施す必要はあります。

 

モノを運ぶ際にはぶつけないように気を付けましょう。

 

費用がかかる

ALCは設置時に他の外壁と比べて費用がかかります。

費用の目安としては以下をご覧ください。

 

 

ただし、耐久年数が塗り壁の2倍、サイディングの1.5倍程度なので、初期費用が高い代わりに一生ものという考え方もあるでしょう。

 

ALCは、サイディングや塗り壁と比較するとデザインのバリエーションが少ないので以下の人に向いています。

 

  • 機能重視の人はALC
  • デザイン重視の人はALC以外

 

デザイン性を重視する場合はサイディング外壁がおすすめです。

 

外壁のサイディング張り替えについて知りたい人は「サイディングに張り替えるデメリットや費用、工期をチェック!」の記事をご覧ください。

 

ALC(ヘーベル)の費用相場

ALCは新築だと以下の費用が必要です。

 

 

また、メンテナンスだと以下の費用が相場となります。

 

 

40坪の一軒家で外壁塗装メンテナンスをする費用相場は80~150万円程度です。

一軒家における外壁塗装の見積もり詳細は「40坪の自宅を外壁塗装した場合の費用相場を工程別で教えます!」で詳しく解説しています。

 

ALC(ヘーベル)のメンテナンス方法

ALCは防水処理がとれてしまうと、内部への浸水と、それに伴う爆裂が起こりやすくなります。

爆裂とは、ALCなど、外壁内部の金属がサビて膨らみ、外壁を破壊することです。

 

塗り壁やサイディングの場合は、クラックなどひび割れから家の内部へ浸水してしまいます。

 

各外壁のメンテナンス推奨の周期は以下となっています。

 

 

他の外壁は10年周期であるのに対し、ALC15年メンテナンスをしないですむ場合もあります。

初期費用が割高でもトータルではオトクかもしれませんね。

 

素材ごとのメンテナンス方法は以下にまとめました。

 

 

どの素材も家の内部に浸水することで、電気のショートや、柱の腐食が起こって家の劣化が早まります。

 

ALCのメンテナンスは以下の工程で施工します。

 

  1. 下地処理
  2. 外壁塗装
  3. シーリング

 

それぞれの工程を詳しくチェックしてみましょう。

 

1.ALCの表面の傷や欠損を補修する

美観的な観点もありますが、欠損をそのままにしておくと、外壁の負荷のバランスが崩れてしまいます。

欠けた部分に負担がかかることで外壁へのダメージが増してしまいます。

 

2.ALCの表面を防水性のある塗料で再塗装する

ALCには撥水性がなく、塗装することで表面の浸水を防いでいます。

シリコン塗料またはフッ素塗料による塗装がおススメです。

 

3.ALCのつなぎ目(目地)をシーリング補修することで防水処理

シーリングとはゴムみたいに弾力性がある柔らかい素材です。

防水機能の他に、建物のショック吸収という重要な役目があります。

 

建物は地面の揺れに対してきしむことでバランスを保っています。

きしむ際に外壁同士が直接ぶつかると、外壁の割れや欠損につながるため、シーリングでショックを吸収しているのです。

 

ALC(ヘーベル)は10~15年ごとにメンテナンスが必要

ALCやサイディング、塗り壁などの主要な外壁素材はメンテナンスをしなければ長持ちしません。

最低でも10~15年に一度のメンテナンスをおススメします。

 

宮崎県や鹿児島県でALCを使った工事ならエスケーハウスがおススメです。

宮崎県・鹿児島県では売上NO.1の実績があり、コストカットを追求したために他社よりも安い工事価格の提示ができます。

住宅や屋根に関する悩みを無料で気軽に相談が可能です。

 

30年以上の経営実績と、10,000件以上の屋根・外壁塗装・リフォーム施工実績があるため高度な技術と知識で対応いたします。

 

ALCの新築や外壁メンテナンスなら、エスケーハウスにぜひ一度ご相談ください。

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ