塗装

可塑剤 とはいったい何???

可塑剤って何でしょうか!

 

こんにちは。いつもお世話になります。
皆様は、お聞きになったことありますか?
「 可塑剤 」 とは・・・・?

塗装や補修の説明などで時々出てくるこの可塑剤。

本日は可塑剤とは何か。どういったものに含まれているのか、どういった役割を果たすのか。
などなど解説していきたいと思います。

 

可塑剤って何だろう

まず可塑剤とは・・・

可塑剤は柔軟性をもたせ、加工しやすくするために加えるものになります。
たくさんの種類があり、その多くがアルコールと酸で構成されてますが、
油脂を原料とした可塑剤もあり、可塑剤は幅広い分野で使われています。

可塑剤はどいったものに含まれているのか

身近で含まれているもの

・消しゴム

・プラスチック製品

・化粧品

家外装で含まれているところ

・コーキング(グレーの部分)コーキング

 

 

 

 

 

・塩ビ製品(シャッター 木目部分)

塩ビ鋼板

可塑剤の性質

可塑剤が求められている性質とは・・

(1) 樹脂との混和性がいいこと
(2) 可塑化効率がいいこと
(3) 揮発性が小さく耐老化性のいいこと
(4) 耐寒性、耐光性、熱安定性がいいこと
(5) 耐水性、耐油性がよく移行性が小さいこと
(6) 電気的性質に優れていること
(7) 安全性が高いこと

 

こういった性能が求められますがすべての条件を満たす可塑剤はありません。
そのため状況に応じて必要な条件を含む可塑剤を使用していくわけです。

可塑剤移行ってどういうこと?

 

可塑剤の移行とは聞いたことがありすか?
リフォーム業者のホームページで時々出てきます。
エスケーハウスのホームページでも何度かでてきていいます。

どういった意味?思われる方多いいと思います。
この場を借りて説明させていただきます。

 

プラスチック製の筆箱や引き出しに消しゴムが引っ付いている。
または色が移っているなどいうことはありませんか?

皆様1度は経験があるのではないでしょうか。

こういった現象は可塑剤が移行したときにおこります。

可塑剤の移行はとても長い時間をかけてゆっくりと移行していきます。
長期間にわたり接着していると可塑剤を含む消しゴムがプラスチック製品に移ります。
そして、プラスチック製品を劣化させてしまうことによって不具合が生じてくるのです。

ちなみに、「 ブリード現象 」 可塑剤の移行と同じ意味にを表します。

 

皆様可塑剤とはどんなものなのかお分かりいただけたでしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。

都城市A様邸:屋根塗装現場から屋根塗料の耐久性についてお答えします!

 

みなさんは、塗装が必要な瓦と必要ない瓦があることを
ご存知でしょうか?

そうなんです!!
塗装が必要な瓦と、塗装が必要ない瓦があるのです!!!

まず、塗装が必要ない瓦は、粘土瓦(日本瓦)・陶器瓦です。
粘土瓦や陶器瓦は、
粘土を瓦の形状にし、高温度で焼成して作られています。

もともと色を付けて焼いているので塗装は必要ないのです。
お茶碗や湯飲みなどの素材と一緒だと考えて頂けると
分りやすいかもしれないですね!

次に、塗装が必要な瓦は、
セメント瓦・ガルバリウム鋼板(金属屋根)・コロニアルなどが
あります。

塗料で色づけされているため、月日が経ってしまうと、
紫外線や熱、雨により表面の塗膜が劣化してしまいます。

劣化することによって、
屋根材にひび割れや素材によっては錆などが生じ、それを長年放置していると
その部分から雨水が侵入して雨漏りの原因になります。

そういった劣化を防ぐために屋根塗装(メンテナンス)を
する必要があります。

では、みなさんは屋根塗装の耐久年数は
どのくらいかご存じですか?

屋根が雨や紫外線の影響を直接受ける場所なので
外壁の塗装よりもの

耐久性が短くなるのです!

屋根塗装の耐久年数は、短いもので5~6年、
超耐久性の無機塗料のフッ素樹脂で10年前後ほどと
言われています。

ただ、一部の訪問販売業者や知識のない塗装店などは、
メーカーの試験結果を鵜呑みにして
「15年持ちますよ!」とか「20年持ちますよ!」
とか平気で嘘をついている業者をよく見聞きします。

みなさん、騙されないでくださいね!

フッ素や無機塗料を外壁に施工した場合は、
15年〜20年の耐久性は十分に望めます。
しかし、屋根は雨ざらし日ざらしです。

夏場は屋根の上で目玉焼きができるほど屋根
は高温になるのです。

そんな過酷な状況ですから、実環境下での耐久年数は
メーカーの試験結果の30%〜40%ダウンと思ってください。

屋根の塗装工事の流れとしては、瓦の割れがある部分は
瓦の差し替えや部分補修をしたのち、下地を塗り
下地調整を丁寧に施工していきます。

「白く塗られている場所が下地です。女性の化粧でいうと、
ファンデーションの役割です。下地を滑らかにします」

そして下地調整の際、よくあることですが、
1回塗りで下地調整が不十分な場合があります。

そういった場合は、
もう一回下地を塗ります。

つまり下地を2回塗りします。
そして上塗りを2回塗ります。

「超耐朽性の屋根塗料を手塗りで丁寧に2回塗っていきます。」

そうです。合計4回塗りすることも
よくあることなのです。

現場はメーカーの教科書(施工要領書)
通りにはいかないことも多いのです。

私たちはこういったケースでも追加料金は
一切頂きません。

1、当たり前の施工を当たり前に行うこと!
2、当たり前の知識をお客様に伝えること!

塗装業界にはその当たり前ができない業者が多すぎます!
ですから、私たちは日々この当たり前のことを
お客様に正直に丁寧にお伝えし、塗装業界が少しでも
良くなっていくことを願っています。

屋根はお客様がご自分でご覧になる
機会がなかなかありません。

ひび割れなど気づかないまま放置を続けていると、
雨漏れの原因に繋がる恐れがあります。

是非、ご気軽にメンテナンスのご相談をください。

宮崎市国富町 サイディングの帯(胴差し)から雨漏りの危険性、補修方法は?

本日はサイディングの帯(胴差し)からの雨漏りの危険性について
お話をさせて頂きたいと思います。

写真の◯部分のように1階と2階に異なる意匠のサイディングを
使って意匠性を上げる際、その境目に帯を入れる工法を
行っている工務店をよく見聞きします。

確かにデザインとしてはカッコ良くなりますし、
一時期流行りの工法でした。

しかし、築年数が経過してくると、
多くのお宅で不具合(雨漏り)が発生しています。
問題となっているのは、この帯の取り付け方にあります。

もちろん帯の下にはサイディングがありますし、外壁の内側には
透湿防水シートが貼ってありますのですぐに雨漏れを
発見できるわけではありません。

例えば、
・何故か同じ場所の壁にカビが発生する
・帯から下のサイディングが反っている

こういったお客様が何故だかわからないという
現象が起こり出し、
その後、時を経て外壁の内部がかなり痛んだ後で

部屋の内側に雨水が浸入します。

雨漏れの浸入経路は以下の図の通りです。

1、帯(胴差し)の上端のコーキングが経年劣化により雨水を
帯の内側に侵入させる。

2、帯(胴差し)を止めている釘の小さな穴から毛細管現象
を起こして雨水がどんどん中に浸入していく。

簡単にお話しすると、
この2ステップにより帯(胴差し)の原因による雨漏れが
発生するのです。

この雨漏れを予防する方法

1、ヒビ割れてしまっている帯は取り替える。
(安易にコーキングで補修するようなことはしない)

こういったヒビ割れが起こっている帯は張り替えてください。
コーキングで補修する業者は信用してはいけません。

2、帯の上端を超耐久性のシーリング材で雨漏れの侵入を防ぐ!
できるだけ厚く打ってください。

3、超耐久性の塗料を施工して防水性と耐久性を高める
ここで気をつけてくださいね。大袈裟でもなんでもない話で、
未だに耐久年数の短い(10年前後)シーリング材を使っている
業者を見聞きします。

近年では超耐久性(20年〜30年)のシーリング材が
開発されています。

こういった最新のシーリング材、さらには超耐久性塗料を施工
することによって確実にあなたの住まいを守ることが
できるのです。

是非、外壁からの雨漏れにお悩みの方は、
お気軽にご相談くださいね!

もちろん、診断無料で行っております!
それではまた。

エスケーハウスで高い支持率を誇る!ワンランク上のシリコン塗料

 

近頃あめが降る日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は、そんな雨のたくさん降る時期にぴったりな塗料をご紹介したいと思います。

エスケープレミアムシリコン」 エスケーハウスのお客様によく選ばれている塗料になります。

   ※エスケー化研HPより引用

そんな「エスケープレミアムシリコン」ではどういった効果があるのかといいますと??

大きな特徴は二つあります。

1 セラミック

2 ラジカル抑制

なかなか、聞いたことがないのではないでしょうか。

セラミックとは

1つ目にセラミックとは、
よくフライパンの加工や歯などによく使われています。

具体的にどういった性質があるのかというと??

一言でいうと汚れに強い!

※エスケー化研HPより引用

停滞電性 

そもそも、なぜ汚れが付くのでしょうか。

それは外壁に風が当たることによって
静電気が生じ、汚れをひきつけてしまうんですね。

セラミック塗料にはこういった静電気を帯びにくい力があります。

よって、汚れが付きにくいんですね。

 

高い架橋密度

セラミックには表面が固いという性質があります。

鹿児島は日本の中でも特に火山灰に悩まされています。

火山灰を電子顕微鏡などで見ていただくと、とても尖っているんですね。

表面にあたっても傷がつきにくいため汚れが付きにくいんですね。

 

親水性塗膜

それでは、もし汚れが付着したとき。

雨が降ったとき 」 または 「 汚れているところに水をかけると 」塗膜と汚れの間に水が入り込んで
汚れをサッと洗い流してくれます

通常の塗膜は水をはじいてしまうため、雨水だけが流れ落ちます。

しかし、親水性塗膜はその名の通り水と親しみのある塗膜です。

しっかりなじんでくれるため
汚れをしっかり洗い流してくれるんですね。

 

これだけ「汚れ」にこだわりを持ちお客様のご自宅を美しく保つために工夫がしてあるんですね。

 

ラジカル抑制とは

ラジカルというのは劣化因子といわれる樹脂を傷めてしますもの。

この劣化因子の影響を抑制してくれるハルスというものが入っています。

※エスケー化研HPより引用

 

こういった機能が備わっているのがこのプレミアムシリコン

 

そして、通常のシリコンとは少し違います。

通常のシリコン塗料は約10年といわれていますが

こちらの塗料は約15年といわれています。

                  ※エスケー化研HPより引用

 

30年という期間で見ていただいた場合通常のシリコン塗料ですと10年に1回で3回の塗装が必要になっていましたが、こちらは15年に1回ですので2回の塗装となります。

1回の塗装分が必要なくなるため足場や養生のお金が必要なくなりますね。

ランニングコストで考えていただくとお得な塗料になります。

 

もし、

「もっとこの塗料について詳しく聞きたい!」
「他にはどんな塗料があるの?」

など気になった方は毎月、TOTOショールーム鹿児島
でイベント開催させていただきます。

詳しい説明会を実施していますので是非ご来場ください。

お待ちしております。

 

たくさんの塗料の中から自分にあった塗料を選択していくために。

 

先日は「鹿児島県民体感リフォーム祭り」
開催させていただきましたが、
その中で塗装をお考えの方が
多くいらっしゃいましたので、
今回塗料の選択の一つの材料として
「知っていただきたいこと」 について
お話ししたいと思います。

 

皆さん塗料を選ばれるとき、どういったところに目を向けているでしょうか。

 

樹脂は何か?

水性か油性か?

どういった機能が備わっているのか?

お客様からこういった質問をよく聞きます。

 

塗料を選ぶとき どこに注目して選べばいいの??

 

塗料とは、主に4つのもので構成されています。

溶媒・合成樹脂・添加剤・顔料の4つに分けられます。

ですから、この4つを選んでいけばいいのです。

溶媒について

水性塗料か溶剤塗料か。希釈材として水を使っているのか、シンナーを使っているのかということです。

 

 

以前までは、「溶剤塗料のほうが長持ちする!」
といわれよく使われていましたが、

これだけ環境問題が騒がれている中、
塗料も進化、進化、の連続。

今では「水性塗料のほうが長持ちするのではないか」といわれるほど進化しました。

ただし、鉄部や軒天などによく使われるケイカル板などは水性だと密着が悪いため溶剤系塗料を使用する必要があります。

下地によってどっちがいいのか変わってくるんですね。

この下地にはどちらの方が適しているのか。
難しい選択になりますので、

しっかりとしたプロの方にどちらの方がいいのか
見極めてもらうことが大切です。

 

樹脂について

少し難しい話しになるのですが・・
樹脂とは おおよその耐久年数を決めているものになります。
種類が4種類あり、それぞれの耐久年数が以下の表のとおりになります。

現在外壁に塗装する塗料はほとんどが
シリコン・フッ素塗料です。

たがしかし、ここが落とし穴。

シリコン塗料といってもアクリルやウレタン塗料に少しでもシリコン塗料が入っていていればシリコン塗料といえるんですね。そうするとシリコン塗料でも10年保つことは・・・

この樹脂のランクで塗料の金額も大きく変わってきます

ですからあまりにも安すぎるときはこういったウレタン樹脂にシリコン樹脂が入っている危険性もあるんですね。

 

添加物について

現在塗料はにいろいろな機能が備わったものが数多く発売されています。

・ 色分防止剤 ・つや消し材 ・紫外線吸収剤 などがあります。

色分防止剤とは色がムラになることを防止してくれるもの。

つや消し材とはぬった後の艶を軽減してくれるもの。

紫外線吸収剤とは塗料の傷む原因の一つである紫外線の影響を抑制してくれるものです。

こういった機能を備え付けてくれるものが添加剤。

どういった機能が必要か。お家を 見て担当営業が判断していきます。

「汚れに悩んでいる」という時は汚れが落ちやすい塗料。汚れにくい塗料。

「暑さに悩んでいる」という時はは遮熱断熱の力のある塗料。

など困っていることを伝えてみてくださいね。

 

顔料について

顔料とは色を決めるもの。全部で500色以上お色はご準備することができます。

ただ、塗料によってはこの中からと指定されているものがありますので、顔料の選択は塗料が決定してから。ということになります。

 

塗装をお考えになっている皆様!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ