2世帯住宅にはでの同居スタイルは様々です。

 

「暮らし方」の一つに、親世帯と子供世帯がともに暮らすこと(同居)もあります。

「同居」と言ってすぐに思い浮かぶのは、子供の結婚でしょう。
しかし最近は、高齢の親といっしょに暮らすために、
同居住宅にリフォームするケースも増えています。

また、夫の親といっしょに暮らす場合と、妻の親といっしょに暮らす場合があります。

いずれにしても、さまざまな「同居スタイル」があるので、
メリットやデメリットなど特徴をみていきましょう。

【完全同居型】

いわゆる、昔ながらの同居スタイルで、各自の部屋以外をすべて共有する住宅です。

すでに建っている住宅を少しリフォームするだけで
二世帯住宅になるので、安くすみます。

工事は、新たに暮らす家族
(お嫁さん、お婿さん、あるいは、妻の親、夫の親)の部屋を
増築するのが一般的です。

また、親が新たに加わる場合は、
共有部分(キッチン・風呂場・トイレ・洗面所・玄関・廊下など)
の仕様を、高齢者が使いやすいよう(バリアフリー)に
考えて改築すると理想的です。

完全同居型のメリット

メリットは、広い土地でなくても二世帯住宅になり、
一世帯の生活費負担が減ることです。

お互いに家事や子育てを協力分担でき、
家族の様子(孫の成長や親の健康状態)がわかり、
みんなで”家族らしい”暮らしができるでしょう。

完全同居型のデメリット

デメリットは、共有部分を使う家族が増えることで、
散らかったり収納量が増えること。

これは、やはり必要に応じた収納スペースを
確保(作る)ことが必要です。

食器棚、下駄箱、洗面所の小物やタオル置き場など、
各所に収納場所を増やせば、
家族みんなが気持ちよく使えて、
きれにしまえるようになります。

完全同居型の成功のポイント

そして、完全同居を成功させるポイントは、
なんといっても生活観や価値観による
精神的なストレスをかかえないことです。

加わった世代(子供・親)が遠慮せずに暮らせるよう、
寝室の増築だけでなく専用のミニリビング
(テレビを見たり、くつろいだりする場所)を作るとよいでしょう。

気兼ねせずに、趣味の道具を広げたり、お茶をしたり、
友人を招いたりと、自由に使えて
一人(あるいは世帯夫婦だけ)になれる、
大切な時間を過ごすための空間です。

【完全分離型】

玄関から家の中まで、すべて分けた住宅です。
共有スペースをまったく作らず、隣接する”お隣さん同士”のような暮らしで、
生活リズムのちがう世帯同士でも、快適に暮らせるでしょう。

今ある住宅を完全分離型にする場合、1階と2階に分けて住むプラン(上下分離)と、
外国の「テラスハウス」や日本の「長屋」のように、境界壁を共有する
2軒の家を並べるプラン(左右分離)があります。

上下分離の場合は、2階の音が響いたり、1階の生活臭が2階へ流れることもあるので、防音対策や防臭対策をしっかり行いましょう。

左右分離の場合、充分な床面積がなければ、
3階建てや4階建てを検討する必要があります。

工事費用も生活費もそれなりに必要ですが、
お互いすぐ近くにいて安心しながら、
それぞれの世帯のプライバシーを充分保てるので、
精神的ストレスがなく暮らせます。

【部分同居型あるいは混合型】

基本的には、二世帯がいっしょに暮らすスタイルですが、
部分的に別々のスペースを使う住宅です。

例えば、食事のタイミングやメニューがちがうので、
台所と食堂だけ別とか、プライバシーを保つために、

風呂場・脱衣所・洗濯場(洗濯機)を別にする、など。
家族の構成や生活の仕方によって、何を分けるか相談して決めていきます。

メリットは、広い敷地がなくても建てる(増改築する)ことができ、
リフォーム費用をおさえられることです。

それでいて、それぞれの世帯のライフスタイルをキープすることができるので、
同居による精神的ストレスがあまり増えずに暮らせるでしょう。

部分同居型あるいは混合型のデメリット

ただ、このとき気をつけたい(デメリットとも言える)のが、

新しく加わる立場の人(とくに、家事に携わる女性であるお嫁さんやお姑さん)が
リフォーム打ち合わせのときに遠慮して、希望が言えずに後悔することです。

例えば、

「郵便物や宅配物を見られたくないのでポストやインターホンを分けたい」とか、

「洗濯機は共有でかまわないけれど、洗濯物を干す場所は別々にしたい」とか。

ささいなことでも、毎日のことですから、
気になると同居に不快感が生まれてしまいます。

打ち合わせのとき「細かいことを言って角が立つといけないから」と
遠慮してしまうなら、業者の担当者と個別に相談して
提案してもらう形で希望を叶えるのも一つの方法です。

同居は、ことなる世帯(世代)が協力して、経済的や精神的により充実した生活を
送ることが魅力です。

家族それぞれが、助け合ったり、融通し合ったりして、“心の絆”を大切に、
支え合う素晴らしさを感じる暮らしをしてください。

そのお手伝いができれば、私たちも幸せです。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ