施工中の現場

折半屋根遮熱塗装

工場の折半屋根の塗装工事~遮熱塗料塗装~

本日は、先日お伝えさせていただきました、
工場の折板屋根の塗装工事を曽於郡大崎町永吉の遮熱塗料についてお伝えさせていただきます。
↓前回の工事はこちらです。↓

工場の折半屋根の塗装工事~サビ止め塗装~

前回、錆止めまでの施工をお伝えいたしましたので、本日は
遮熱塗料についてお話ししていきたいと思います。

こちらが遮熱塗料「クールタイトsi」1回目を塗装しているところです。

屋根中塗り

この塗料は屋根用の遮熱塗料になります。
遮熱塗料を施工することで、どのような効果が有られるのか・・・

通常折半屋根やコロニアルなどセメント瓦などとは違って
薄い屋根材に関して、屋根自体の表面温度が高いことはもちろんのこと
熱を室内に通しやすく、屋根裏に熱がこもり2階の気温を上昇させてしまい、
屋根裏の気温約71℃二階の気温62℃一階の気温約45℃になるといわれています。
しかしこのクールタイトを塗布することにより、
熱を反射し室内の温度を約3℃程下げてくれる効果が得られます。
これはエスケー化研の試験結果による数値になります。

それでは「クールタイトsi」2回目を塗布していきます。

屋根上塗り

ちなみに今回の屋根塗装すべてローラーで、コロコロと塗装させていただいてます。

プライマー(接着剤)や錆止めや遮熱塗料はとても膜厚が重要です。
ムラなく均等にきれいに塗っていく必要があります。
職人の手で正確に確実に塗装していきます。

2回目の塗装が終わると完成です。

完了

きれいに完成しました。

折半屋根

見比べてみると一目瞭然ですね。

きれいに完成し、お客様にもお喜びいただきよかったです。

工場の折板屋根の塗装工事~既存状況とケレン作業~

工場の折板屋根の塗装工事を曽於郡大崎町永吉にて施工させていただきました。

全体図です。

サイディングボードに折半屋根の陸屋根の工場です。

全体図

16年~18年の工場の屋根のサビがひどく、どうにかならあいものか・・・
夏はとても工場の中が暑くなり従業員の人も苦労しているので何とかしてあげたい。

何かいい方法は、ないだろうかということでご依頼いただきました。

ケレン作業

こちらが既存の屋根途中までケレン作業を行っている状態です。
折半屋根は金属屋根のため、メンテナンスを何もせずにそのままにしておくと
サビが発生し劣化していきます。

今回の折半屋根の築16年~18年ですが
全体的にサビが発生しており、屋根自他の劣化が見られます。
こういったサビが発生してきている屋根をそのまま放置しておくと穴が開き
雨漏れが発生することもあります。

高圧洗浄を行ってボルト ( 折半屋根を固定しているもの ) の回りやジョイント ( 繋ぎ目など )
のところなどをコーキングで補修していきます。
簡易的ではありますが、防水の効果が得られます。

ケレン作業です。

ケレン 跡

全体のサビ部分のところと左側のサビ部分のところで色が違いますが、
全体の方がケレン作業が行われたところです。
左側のところがケレン作業を行う前の状態になります。
ちなみにケレン作業とはヤスリや専用の電気器具(サンダー)を使用し擦り
サビや汚れを落としていく作業のことです。
そうすることで、塗料との密着を浴していきます。
しかし、このケレン作業が不十分に行われると2年ほどで剥がれてしまう可能性が出てきてしまいますので
とても重要な工程です。
一目瞭然ですね。
ちなみに今回ケレン作業はサンダーといわれる機械を使用して行っていきました。

本日の工事はココまでです。

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ