施工中の現場

日置市伊集院 外壁・屋根塗装工事 他:補修

茶色の外壁に黒の屋根へ塗り替え工事~外壁塗装編~

先日屋根板金の補修やコーキングの補修についてお伝えしていきました。
前回の工事はこちら↓↓

 茶色の外壁に黒の屋根へ塗り替え工事~補修とコーキング処理~ 

本日は、外壁塗装工事についてお話していきたいと思います。

~ 外 壁 塗 装 ~

今回の外壁塗装工事は手塗のローラーできれいに塗り上げていきます。
塗装工事は大まかに手塗で塗っていく方法と吹き付けで塗っていく方法と2つに分かれます。

今は、どこの業者も外壁は手塗が塗っていく業者が多いいです。
吹き付けで塗っていくと膜厚ができなかったり、塗料が周りに飛び散り
塗料が飛び散り無駄になりますので手塗が主流になりつつあります。

こちらは下地剤を塗布している様子です。

外壁下塗り

今回使用した塗料は
下地材はあまり目を向けない方が多いいですが、
この下地材によって密着の力が異なってきます。

中塗りを行っていきます。

外壁中塗り

上塗りを行っていきます。


中塗りと上塗りは同じ塗料を使用して塗装していきます。
今回使用した塗料は「エスケープレミアムシリコン」といわれる
よく私たちが使用している塗料になります。
詳しい内容はこちらになります。

 「エスケープレミアムシリコン」とは・・・ 

~ 付 帯 部 塗 装 ~

雨戸の塗装を行っていきます。
雨戸は凸凹が激しいため吹き付けで塗装を行っていきます。

雨戸塗装

雨樋も塗装を行っていきます。
屋根・外壁だけ塗装を行っていくと塗装を行っていない
ところがすごく目立ってくるので、
同時に塗装を行っていきます。

また、雨樋は塗装をして守っていかないと割れが生じてしまう可能性が
ありますので、しっかりと塗装を行って守っていきます。

雨樋塗装

軒天も塗装を行います。

軒天塗装

茶色の外壁に黒の屋根へ塗り替え工事~補修とコーキング処理~

こんにちは!

先日屋根・外壁の塗装工事を行ってきました。

施工前 全体図

こちらが施工前、足場建て終わったところです。

数年前に破風部分が外れてしまっていたが
そのままにしてたため、そこから雨漏れがしないか心配ということで
そこも補修を行っていきました。

また、工事着工、近くで台風もあったため、屋根に異常がないか点検していきました。
すると、屋根の板金がいくつか外れていました。
下の写真がその時の写真です。

屋根板金浮き

以前屋根の葺き替えを行ったようですが、前回固定で使用されていたビスが
小さく奥までしっかりと固定されていなかったことや
屋根の傾きや台風の風の影響により外れてしまった可能性があります。

今回は、前回のものより大きいものを使用して固定していきました。

笠木ビス打ち替え

また、それと同時にコーキングの補修も行っていきました。

こちらが既存のコーキング状況になります。

シール既設状況

既存のコーキングをカッターで撤去していきます。
撤去が終わるとコーキングの部分をマスキングテープで養生していきます。

シール既設状況

プライマーを塗布していきます。
プライマーとは接着剤の役割がありますが、このプライマーを塗らずにコーキングを入れて
しまうと、あとから剥がれてしまう可能性が高くなりますので、
しっかりときれいに塗っていきます。

プライマー処理

コーキングを入れていきます。

シール充填

コーキングを厚く塗ったほうが良いと思われる方もおいいと思いますが
いくら厚みがあっても表面がぐちゃぐちゃだと見た目も悪いですよね。
そのためここからは、中に入ったコーキングの表面をきれいに整えていきます。

押さえ込み

きれいに整えると、あとはマスキングテープを
きれいに剥がして完成です。

本日はここまで!
後日、塗装の様子をお伝えします。
それでは、また。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ