カテゴリー

過去の記事

2019.12.2

ユニットバスのリフォーム費用と安くする方法を要チェック!

 

「どんなタイプのユニットバスにしようかな?」

「ユニットバスの価格がいくらか知りたい」

 

ユニットバス本体にはいくつかのパターンが存在します。

家を建てる時やお風呂のリフォームを考えている人はユニットバスのデザインについて

悩んだことがあるのではないでしょうか?

 

この記事ではユニットバスについての正しい知識を学ぶために下記の情報をお伝えしています。

 

  • ユニットバスの特徴と価格について
  • ユニットバスの工事費用
  • ユニットバスの本体価格や工事費用を安くする方法

 

ユニットバスの種類と価格を知ることで自分に合ったデザインを見つけることができます。

快適に過ごすための参考にしてください。

 

ユニットバスの特徴と価格

 

ユニットバスには「3点ユニットバス」「2点ユニットバス」があります。

一般的にユニットバスと呼ばれているものはお風呂にトイレと洗面台が設置されている

「3点ユニットバス」を指します。

 

それぞれの特徴とメリットやデメリットを解説していきます。

 

3点ユニットバス

3点ユニットバスはお風呂にトイレと洗面台が設置されているスタイルです。

一般的にユニットバスとして共通の認識があるのはこのスタイルでしょう。

 

3点ユニットバスの価格は50~150万円前後です。

お風呂場の広さやデザインだけではなくシャワーやトイレのグレードあがると価格も高くなります。

3点ユニットバスのメリットはお風呂場とトイレが同じ空間にあるため掃除が楽なことです。

 

また、浴室にトイレがある事で2点ユニットバスと比べてお風呂以外の部屋を広く活用できます。

デメリットはお風呂に入っている最中は他の人がトイレを使用できないことや、

体を洗うスペースが少ないことです。

 

湯船をためる場合は体を洗ってからになるので余計に時間を使ってしまいます。

一人暮らしで、湯船につかる習慣がない人にはユニットバスがおすすめです。

 

2点ユニットバス

2点ユニットバスはお風呂に洗面台が設置されているスタイルです。

日本で人気のお風呂は2点ユニットバスであり、多くの人に選ばれています。

一般的な家庭に使用する2点ユニットバスの価格は60~200万円前後です。

 

3点ユニットバスに比べるとたくさんのデザインがあり、

グレードの幅も広いので価格も大きく違います。

 

2点ユニットバスのメリットは、風呂に入っている時でも他の人がトイレを使用できることです。

お風呂とトイレが別なのでトイレの臭いを気にする事もありません。

 

トイレのために他の部屋が狭くなる以外のデメリットはないため、

色々な人の生活パターンに合うユニットバスです。

 

ユニットバスの工事費用

 

ユニットバスのリフォーム費用は本体価格と工事費用で決まります。

リフォーム前のお風呂のタイプによっても工事費用に違いがあるため予算を決める参考にしてください。

 

ユニットバスからユニットバスへのリフォーム

ユニットバスからユニットバスにリフォームする場合はグレードとお風呂場の広さで

リフォーム費用が変わってきます。

 

1坪タイプの相場は以下のようになります。

 

  • ローグレード  60~75万円
  • ミドルグレード 70~90万円
  • ハイグレード  90~120万円

 

1坪より広い場合やハイグレードより上の高級ユニットバスにする場合はさらに費用が高くなります。

 

一般浴室からユニットバスへのリフォーム

一般的な浴室からユニットバスにリフォームする場合は

下地補修が必要な場合があるため価格が少し高くなります。

 

1坪タイプの相場は以下の様になります。

 

  • ローグレード  60~100万円
  • ミドルグレード 70~110万円
  • ハイグレード  90~130万円

 

下地補修の工事がある場合は費用が高くなるため、予算を決める際には

リフォーム業者に確認することをおすすめします。

 

ユニットバスの本体価格と工事費用を安くする方法

 

ユニットバスは本体の価格が高額なため家のリフォームの中でも費用が高くなります。

そのため、費用を抑える方法を知っておくことは予算を決める上でとても重要です。

 

地域密着の業者に依頼する

地域密着型の工務店やリフォーム業者は、メーカーと違って割引をしてくれるケースが多いです。

余計なマージンや人件費がかからないほか、

希望すれば型落ちの商品や程度の良い中古品を提供したりもできます。

 

相見積もりをする

3社以上から見積もりを取ることでリフォーム費用が適正価格かを判断できます。

相見積もりを取る際のポイントは以下の3つです。

 

  • すべての業者に同じ条件で依頼する
  • 材料費・施工費・諸経費を細かく記載してもらう
  • 相見積もりをとっていることを隠さない

 

業者によって見積書の項目が違うため、内容を比べにくいことがあります。

その場合は自分で表を作成して、項目ごとにチェックしていくことをおすすめします。

 

まとめ:ユニットバスリフォームは本体価格と工事費用に注目しよう

 

ユニットバスの交換はとても高額なリフォームです。

工事費用もそれぞれの業者で違いがあるため、最終的には大きく差が出る場合がります。

 

大手メーカーから出ているユニットバスの本体価格は高額ですが、

実際は40~60%引きで提供されるのが一般的です。

 

本体価格と工事費用の相場をきちんと把握するために相見積をとることは、

リフォーム費用を抑えることにもつながるでしょう。

  • 【宮崎本社】
    〒885-0005 宮崎県都城市神之山町1990-1
    [TEL]0986-45-9311 [FAX]0986-45-9317
  • 【鹿児島本社】
    〒892-0841 鹿児島県鹿児島市照国町11-20 4F
    [TEL]099-210-7275 [FAX]099-210-7276
  • 【宮崎営業所】
    〒880-0934 宮崎県宮崎市大坪町倉ノ町4412-2
    [TEL]0985-34-9831 [FAX]0985-34-9832
  • 【日置営業所】
    〒899-2504 鹿児島県日置市伊集院町郡9-1
    [TEL]099-272-7755 [FAX]099-272-7758
  • 【鹿屋出張所】
    〒893-0037 鹿児島県鹿屋市田崎町1169-1
    [TEL]0994-43-3515
ページのトップへ