洗面リフォームの費用相場や目的別の工事例を紹介!注意点もチェック

「そろそろ洗面所のリフォームを考えているけど、何からしたらいいかわからない」
と感じている方もいるのではないでしょうか。

リフォームの種類が多いため、混乱してしまうこともありますよね。
この記事では、洗面所をリフォームする際の以下のポイントを紹介します。

知っておくと費用を抑えたり失敗を避けられたりするようになるでしょう。

 

洗面所リフォームにかかる費用相場

洗面所リフォームにかかる費用は20〜30万円です。
上記の金額は一般的な相場でしかなく、住宅の構造や工事内容によって費用は変動します。

 

洗面所リフォームの費用相場は20〜30万円

洗面所リフォームの費用相場は20〜30万円ですが、
水分によって傷んでしまった壁や床もリフォームすることもあるかもしれません。
その場合、リフォーム費用が50万円以上になることもあります。

正確な費用を求めるのなら業者に見積り依頼をしましょう。

 

費用の内訳

洗面所リフォーム費用は、主に以下の3つで構成されています。

  • 商品価格(洗面台、クロスなど)
  • 工事費
  • ゴミの処分費

古くなった洗面台をそのまま置き続ける家庭は少ないでしょう。
そのため、以前の洗面台を処分する費用もかかってくるのです。
また、洗面台以外もリフォームするかで費用は大きく変わってきます。

 

洗面所リフォームの費用を抑えるには?

洗面所リフォームにかかる費用を安く済ませるには、以下の2つに注意しましょう。

  • 機能が最低限の商品を選ぶ
  • 相見積もりをとる

洗面台は機能やデザインによって、価格が2〜3倍ほど高くなるケースがあります。
あれもこれもではなく、「自宅にはどの機能が必要か」をしっかりと検討しましょう。

不要な機能を切り捨てることでコストパフォーマンスの良い商品を選べます。

また、業者に依頼する際は、必ず相見積もりをとりましょう。
相見積もりとは、複数の会社に見積を依頼することです。

「見積もりだけで連絡するのは申し訳ない」と感じる方もいるかもしれません。
しかし、業者側はそうした対応に慣れています。

見積もり依頼は無料のことが多いので、2〜3社に見積もりを出してもらいましょう。
中には、「他の業者の半額でリフォームできた」というケースもありますが、
安すぎる、高すぎる業者は手抜きや詐欺の危険があるため避けたほうがよいです。

 

リフォーム費用の注意点

相見積もりをしたら、費用の内訳をチェックしましょう。

相見積もりを見て「この業者が一番安いから、ここにしよう」と
すぐに決めてしまうことはオススメしません。

業者選定後に追加費用がかかって、最終的には他社より高くなる危険性があるからです。

見積書でわからない項目は業者に問い合わせて、本当に必要な工程かどうかを検討してください。

 

洗面所のリフォーム工事例

以下では洗面リフォームの工事例を解説します。

 

洗面所をリフォームしておしゃれにしたい

洗面所をリフォームしておしゃれにしたい場合に適している工事例としては2つあります。

 

Panasonicシーラインシリーズ フロートタイプ

Panasonicシーラインシリーズのフロートタイプ洗面台は、
管部分が隠れているため、洗面所をスタイリッシュにしてくれます

ワイパーで洗面台下部の掃除がしやすいのも嬉しいポイント。
組み合わせにもよりますが、商品価格は25〜35万円ほどです。

 

LIXILルミシス ベッセルタイプ

「空間との調和」をコンセプトに作られたのがLIXILの「ルミシス ベッセルタイプ」。

インテリアと合うようにデザインされており、シンプルかつスタイリッシュな見た目が特徴的です。

組み合わせにより価格は変動しますが、相場は30〜40万円です。

 

もっと便利な洗面所にリフォームしたい

使い勝手のよい洗面所にリフォームする場合は目的別で工事内容を検討しましょう。

 

家族が多い人には2ボール

家族が多くて朝に洗面所が混雑してしまう家庭では2ボールの洗面台がオススメです。
ボールを2つ設置することで、家族でも利用しやすい洗面所になります。
サイズに合わせて鏡を大きくすると、より使いやすくなるでしょう。

 

洗面所をスッキリさせたい時に

洗面所に物が増えやすい方には、収納棚が付いている洗面台がオススメです。
三面鏡で鏡が扉になっており、収納できるタイプのものだと洗面所全体をスッキリしたように見せられるでしょう。

 

お風呂上がりに鏡をタオルで拭く手間を解消

お風呂上がりに鏡が曇っていると毎回拭かなければいけないので面倒臭くなりますよね。

そんな人には曇り止め機能付きミラーがオススメです。

曇り止め用のヒーターが付いているため、お風呂上がりも鏡が曇りにくい仕様となっています。

安価なものであれば、2万円以下で販売されているでしょう。

 

タッチレスなら水道栓を汚さずに済む

掃除が面倒ならタッチレス洗面台がオススメです。
汚れたままの手で蛇口部分をひねったために
掃除の手間がかかるといった経験をした方も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解消するのが、タッチレスタイプの洗面台です。
デパートのトイレにある洗面台のように手をかざすだけで水が出てきます

手動の栓も付属しているため、バケツに水をためたいときは利用するとよいでしょう。

 

掃除しやすい洗面台ならボール一体型

台部分にボールが埋め込まれている一体型タイプであれば、掃除がしやすいです。
拭き掃除で水気を取りやすいため、衛生的というメリットもあります。

 

洗面リフォームをする前のチェックポイント

以下では、洗面リフォームをする前に覚えておきたいチェックポイントを紹介します。

 

洗面台の高さ

洗面台の高さは、家族全員の使いやすさを検討してから決めるようにしましょう。
155〜165cmの方の場合、75cmの高さが使いやすいと言われています。

しかし、子供がいる場合や、高身長の方がいる場合はこの限りではないでしょう。
そのため、家族でショールームへ行ってみて、実際の高さを体感してみることをオススメします

 

コンセントの数

コンセントの数がどのくらいあった方が良いか、あらかじめチェックしておきましょう。
洗面所は意外とコンセントが必要となることが多いからです。

洗面台では以下のように多くの電源を使います。

  • ドライヤー
  • ヘアアイロン
  • 電動歯ブラシ

使いやすい位置にコンセントを配置することも考慮しておきたいですね。

 

施工日数

リフォーム中は洗面所が使えないため、以下の点をチェックしましょう。

  • リフォームにかかる日数
  • 工事中にどこを代わりに使うか

リフォーム内容にもよりますが、洗面所のリフォームは1〜5日ほどかかることが多いです。
ただし、洗面台の取り換えだけなら、即日で終わることも。
詳しくは業者に見積もりを依頼するときに確認しておきましょう。

 

洗面リフォームでの注意点

洗面リフォームで最も重要なのは素材でも工事内容でもなく、業者です。
業者が手抜きをすればどれほど優れた商品を使っても欠陥だらけになるでしょう。

以下では、洗面リフォームで注意するべき点を解説します。

 

ショールームに行く

ショールームに行くと、あなたに合った商品を見つけやすいです。
各メーカーの商品を実際に試せるので、良い商品を見つけられます。

なお、ショールームに行く際は、予約することをオススメします
予約すると専用のコンシェルジュが同行してくれるからです。
彼らは、あなたの洗面所の悩みや要望に応じた商品を紹介してくれるでしょう。

また、気になる洗面台が取り付けできるかを確かめることも重要です。
ショールームに行く前に自宅の洗面所のサイズをはかっておくと商品を選びやすく鳴るでしょう。

 

地元のリフォーム業者に相談する

リフォーム業者は大手か地元業者かで悩むことも多いでしょう。
基本的に地元のリフォーム業者がおすすめです。
大手だと下請け会社を使って仲介料をとるため価格が高くなりやすいでしょう。

人気の工務店では、リフォームまで数ヶ月待ちのこともあります。
実店舗で相談をする場合は以下の点を伝えましょう。

  • 現在の洗面所の状況
  • 希望の機能やデザイン
  • リフォーム予算

上記を明らかにしておくことで、スムーズに話を進めやすくなるでしょう。

 

まとめ

今回は洗面所のリフォームにかかる費用と工事例をご紹介しました。
まとめると以下の通りです。

  • 費用の相場は20〜30万円
  • 機能やデザインによって洗面台の価格は大きく変わる
  • リフォームが決まったら、ショールームに行く
  • 依頼時は相見積もりをとる

リフォームする際はわからないことも多いでしょう。
そのため、不明点はしっかり聞きながらリフォームを進めていくことをオススメします。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ