トイレリフォームの費用に必要な金額と、価格を抑えるポイントをチェック!

新築信仰が根強い日本ですが、
ここ数年はリフォームやリノベーションへの注目度が一気に増してきました。
その中心となるリフォーム工事がトイレを含む水まわり関連です。

ただ、水まわりのリフォームはお金がかかるのも事実。
この記事では、水まわりの中でもトイレリフォームに焦点を当て、
費用相場や価格を抑えるポイントを解説していきます。

 

トイレリフォームにかかる費用相場

トイレリフォームに必要な費用相場は10〜70万円が目安です。
具体的にどのような工事に費用がかかるかをチェックしてみましょう。

 

トイレリフォームにかかる費用は10〜70万円!

便器を交換するリフォームの場合、安ければ10万円程度で工事が可能です。
トイレスペースの工事が必要だったり高機能の便器を使ったりすれば費用はさらに高くなるでしょう。

ただ、10万円の予算があればクロス(壁紙)も含めてリフォームできる場合もあります

クロスを変えずに便器交換だけで対応する場合でも、
10万円程度あれば有名メーカーの安い機種に交換はできます。

トイレの便器の交換だけなら上限としては70万円程度が目安です。
70万円もあれば、最高クラスの便器に切り替えられるでしょう。
安い便器にして手洗い器を備えた立派なトイレに変貌させることも可能です。

便器とタンクの交換に加え、クロスや収納棚の設置などを考えた場合は
一般的には30〜50万円程度の費用
を想定すると良いでしょう。
便器とタンクが一体型のトイレだと45〜60万円程度で考えてください。

タンクレストイレという商品もあります。
水をためるタンクが無いため非常にスリムでデザイン性が高いトイレです。
タンクレストイレは値段が張ってしまうため50万円~70万円程度になるでしょう。

追加でかかる工事費用もあります。
便器自体の価格はカタログを見れば見当がつくのですが、トイレを設置したり床の張替えをしたりといった工程が入ると工事費用は変わってきます。

通常の便座から温水便座へ代える簡単なリフォームであれば手間賃は2万円程度でしょう。
便器ごと入れ替える工事であれば4万円程度の技術料が必要です。

和式トイレを洋式に交換する場合は高額な技術料が必要で15〜30万円
見繕っておいたほうがよいでしょう。

 

リフォーム費用だけでなくランニングコストにも注目

トイレリフォームで気を揉むのは費用ですが、具体的には2つのコストがかかります。

  • イニシャルコスト
  • ランニングコスト

「イニシャルコスト」は、便器などの価格はもちろんのこと、
工事費用などを含めた初期投資の費用です。

「ランニングコスト」は毎日使用する水道代や電気代です。

ついつい忘れがちですが、4人家族がトイレで使用する水量は相当量になります。
1990年代までは、1回に付きおおよそ13Lの水を使うのが主流でした。
しかし、技術革新により、現在では1回あたり5~6Lまでと激減しています。

上記は最新鋭の機種の話で、古いトイレだと水道使用量は増えます。
このため、イニシャルコストだけではなくランニングコストも計算したうえで、
トイレリフォームの決断をしてください

ランニングコストには水道代以外にも費用がかかります。
夏場は関係ないのですが、冬場の電気代も心配してください。
冬場に考えられる電気代としては、暖房便座やリモコン、洗浄水などです。

詳しい電気代の情報はトイレリフォームの見積もりを依頼する業者に聞くか、
メーカーに確認
すると良いでしょう。

 

トイレリフォームにかかる費用を安くする方法

トイレリフォームに必要な費用は3つのコツを知ることで安くできます。

  1. 不要な機能をつけない
  2. 相見積もりを取る
  3. 内装のみをリフォームする

具体的に何をすればよいのかチェックしてみましょう。

 

不要な機能をつけない

トイレの費用を抑える効果的な方法は、余計な機能をつけないことです。
トイレ商品は機能によってグレードが決められています。

高グレードな商品ほど機能が満載ですが、すべて使いこなせる人はほとんどいません。

例として、洗浄水の強さを10段階に調整できる機能があったとしましょう。
しかし、10段階もの強弱調整が必要かどうかは一度考えてみてください。

高性能機種を探せばきりはありませんが、
実際の生活で自分に必要な性能は何かを冷静に見極め、
必要のないオーバースペックはバッサリ切り捨てて費用を安くしましょう。

 

相見積もりを取る

トイレリフォームを依頼する業者は相見積もりで選ぶと費用を抑えやすくなります。
相見積もりとは複数の業者に見積もりを依頼することです。

リフォーム業者は工事価格に適正な利益を乗せて見積もり金額を提示します。
競合会社がなければそのままの見積もりを出しますが、
もし競合会社があれば「少し利益を削ってでも受注を取ろう」となるでしょう。

費用以外に工事内容も比較できますので、
あなたに適した業者を選びやすくなるメリットもあります。

 

内装のみをリフォームする

トイレリフォームといえば便器を変えるのは当たり前で、
クロスや収納棚をリフォームするかどうかで悩みがちです。

しかし、トイレリフォームで便器を必ずしも変える必要はないのです。
便器が古すぎる場合は節水のために買い替えしてもよいですが、
機能に不満がなければ交換しないという考えもあります

高品質な便器になると値段が張るためトイレリフォームの工事費用が高くなってしまいます。

一方で、便器を交換しないのであればトイレリフォームの費用は格段に抑えられるでしょう。

 

トイレリフォームで失敗しないためのポイントとは?

トイレリフォームは業者任せにすると不安という人は多いでしょう。
基本的にトイレの購入時には近くのショールームに行くことをおすすめします。

なぜショールームに行かなくてはいけないのでしょうか。
以下ではトイレリフォームで失敗しないためのポイントを解説します。

 

買う前に実物に座って確認する

メーカーのショールームに行くとたくさんの便器が並んでいます。
しかし、ほとんどの人は便器をながめるだけで座りません。

実際に便器を購入してリフォームをすれば、毎日座ることになります。
座り心地を確認しないで購入するのは失敗する人の特徴といえるでしょう。

また、座り心地の確認だけではありません。
座った状態で、シャワーなどの操作盤をうまく使えるかどうかなども確認しておきましょう。

操作盤は便器本体についているか、壁に設置されるタイプかのどちらかが多いです。
壁に設置しているタイプだと遠すぎるといった問題が起こりやすいため、
トイレ室内のどこに設置するかもショールームで検討したほうがよいでしょう。

 

機能についてショールームスタッフに聞く

最近のトイレは機能が非常に多く、すべて理解するのはショールームで見ただけでは難しいでしょう。

せっかくショールームに行くのですから、商品の機能で疑問点があればスタッフに尋ねてみましょう
また、トイレリフォームの費用についても確認してみると安心できます。

 

便器の色や質感をチェック

トイレの色や質感のチェックも大事です。
カタログで見た商品と、実際に目にしたトイレのイメージは違います。

色を確認する際は照明の影響があるため、さまざまな角度から見てください。
また、カタログで絶対にわからないのが質感と手触りです。

端末の操作盤やタンクなど実際の商品をさわってみて納得したトイレを選びましょう。

 

トイレリフォームの費用を安くするなら実績ある業者に

トイレリフォームの費用は業者の技術料によっても変わります。
あなたが宮崎県や鹿児島県でトイレリフォームを検討しているのなら、
地域NO.1の実績があるエスケーハウス株式会社が適しています。

エスケーハウスはトイレで有名なTOTOやLIXILから表彰を受けており、
高い実績と低価格を実現しています。

南九州地域でトイレリフォームを検討している人はぜひご相談ください。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ