狭い子供部屋を広く見せる方法と有効的なレイアウトを解説

 

「狭い子供部屋でも快適に過ごす方法ってないかな?」

「レイアウトを変えて狭い子供部屋を広く見せたい」

 

子供部屋は子どもの成長に合わせて物がふえていくため、有効スペースが少なくなっていく恐れがあります。そのため狭い部屋であればレイアウトが重要です。

 

この記事では、狭い子供部屋でも快適に過ごしていただくために下記の情報をお伝えしています。

 

  • 狭い子供部屋を広く見せる工夫
  • 狭い子供部屋の有効的なレイアウト術
  • 狭い子供部屋のメリット

 

たくさんのアイデアを参考にして、すてきな子供部屋を作りましょう。

 

狭い子供部屋を広く見せる方法

 

狭いと感じる子供部屋でも工夫次第で広く見せることができたり

快適な空間を作り出したりすることが可能です。

 

レイアウトの調整だけではなく実際に広くしたい場合は、

リフォームが必要なため業者に相談しましょう。

 

部屋全体の色使い

狭い子供部屋を広く見せたい場合は淡い色を取り入れるのがおすすめです。

大きい面積を占める壁やカーテンに白やベージュを使用することで明るい印象を与えられ、

開放感のあるスペースになります。

 

また、植物やクッションなどの小物系にアクセントカラーをもってくると部屋の印象がぼやけません。

 

収納スペースを工夫する

スッキリした部屋に見せるためには服やモノをきちんと収納する必要があります。

むやみに収納家具を置いてしまうとスペースを埋めてしまうため、

ベッドや家具の下の空いているスペースを使うのがおすすめです。

 

収まりの良い収納ケースなどでデッドスペースを活用しましょう。

 

狭い子供部屋を活かしたレイアウト術

 

狭い子供部屋でもレイアウト次第で広くて快適なスペースを作ることができます。

リフォームを検討している場合はDIYで行うことも可能ですが頑丈で安全を求めるなら

リフォーム業者に相談してみましょう。

 

ロフトベッド

ロフトベッドは上部に就寝スペース下部に勉強スペースを作れるため広さの悩みを解決してくれます。

縦の空間を使うことで部屋を広々と使うことができるのです。

ですが、入口に近すぎたり窓を隠したりしてしまうと、

逆に狭く感じてしまう場合があるため注意しましょう。

 

壁面を活用する

壁面を上手に活用すれば狭い子供部屋でも広々と過ごすことができます。

DIYで壁に棚を設置すれば服や小物を置いたり服をかけたりできますが、

地震対策を忘れてはいけません。

 

リフォーム業者に依頼すれば安全対策をしっかりしてくれます。

DIYが不安な場合はプロに依頼しましょう。

 

狭い子供部屋のメリット

 

狭い部屋は子供にとってデメリットばかりではなくメリットとなる要素もあります。

子供部屋の広さに悩んでいる人は、現在のままではなぜいけないのかも検討してみましょう。

 

落ち着く

子供は押し入れやカーテンの裏などあえて狭いスペースを見つけて入ります。

小学生くらいの子供にとって狭い場所に入ることは気持ちを落ち着かせて好奇心を満たすための

安心できる行動だと考えられています。

 

子供の気持ちを満足させるという点では狭い部屋にピッタリの空間なのです。

 

自立心を育てる

小さい子供は安心できる空間にいると想像力や自立心が育ちます。

その子供たちが成長した証として、部屋を狭く感じ、もっと広い部屋がほしいという

欲求がうまれることが望ましいのです。

 

はじめからすべてを満たすのではなく、心を育てるための空間として狭い部屋にもメリットがあります。

 

まとめ:狭い子供部屋で快適に過ごすには賢いレイアウトが重要

 

狭い子供部屋を広々とした空間にするためにはレイアウトがとても重要です。

縦の空間を上手に活用したり、デッドスペースをうまく活かしたりすることで快適なスペースを

作れます。やり方次第で理想の子供部屋が完成するのです。

 

もちろんレイアウトを変えるだけではなくリフォームという手段もあります。

その場合は積極的にリフォーム業者に相談して子供の成長に合わせた部屋づくりをしましょう。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ