リフォーム

台風被害、応急処置から補修工事まで承ります。

昨日の台風で屋根の状態が気になる方も
いらっしゃると思いますが、

実際に自分で屋根に上ってみてみるということはやめてください。

言うまでもなく、大変危険です。
無料点検はもちろん応急処置から補修工事、などお家のことならなんでも承っております。

お気軽にご相談、ご連絡ください。

 

台風災害で破損が見つかったら?

 

「 瓦がズレている」「 板金が飛んだ 」「 雨樋が割れてしまった 」
など、台風の災害は大丈夫だったでしょうか。

「なにかおかしい?」
少しでも感じたときは早めに処置を行うことをお勧めします。
雨漏れの発生につながる可能性が高いです。

早めに専門の業者に連絡ください。
台風のあとはとてもお問い合わせが混み合いますが多く、
順番にお客様の家を回っている状態です。
早めにご連絡いただけると早めに対応できますよ。

 

台風被害で多い被害内容

板金がとんだ

棟の板金が取れてしまったというご連絡が多いいです。

棟は屋根の一番上の部分になります。

火災保険 釘浮き

もともと釘浮きが発生している場合台風などの強い風により
板金が外れてしまいます。

今回外れてしまったところは一カ所でも別な部分もこのように釘浮きが発生し、また、板金が外れてしまう可能性が高いです。

応急処置では、防水テープなどで処置をしますが、
防水テープ外れてしまう可能性も大きく
雨漏れが起る可能性もありあます。

防水テープはあくまでも応急処置です。
しっかりと新しいでしっかりとした補修を行ってください。

雨樋が割れてしまった

雨樋が外れてしまうこともあります。
1本すべて取れてしまった場合はすぐわかると思いますが、
部分的に外れてしまう場合もありますので、
注意して確認しましょう。

雨樋の破損

写真のようなコーキングが取れてしまったということも考えられます。

瓦がとんだ

瓦のずれ 火災保険

瓦自体が外れ飛んでしまう場合があります。

瓦を戻す補修工事が必要になってきます。

火災保険が使えます。

台風などの自然災害に関しては修繕費が出る可能性がありあます。
急な出費を抑えるために是非利用していただきたいですね。

火災保険申請の仕方はこちら↓

実は火災保険を使用して屋根の補修工事を行うことが出来るんです

和室の雨漏れが発生!!原因は??

先日、会社に都城市若葉町から
「雨漏れが発生して・・・」とご連絡をいただきました。
早速、お自宅へお邪魔し、雨漏れ調査を行いました。

どこから、雨水が漏っているのかいるのか室内を確認させて頂きました。
これが、問題の和室です。
3カ所大きな雨染みができているのがわかるでしょうか・・・

雨漏れ 内部

早速、屋根にあがって調査を行ってみましょう。

こちらが既存の屋根状況になります。全体的にコケが発生しています。
藻やコケ、カビ等は湿気が多いところに多く発生してきます。
湿気が滞在している証拠ですね。

また、色褪せも始まり劣化が進んでいるのがわかります。

既存状況 全体図

別な面になります。
ところどころ白い線が入っているのがわかりますか?
クラック ( ひび割れ ) が入っていたところにコーキング補修が行われていますが、
コーキングの補修はあくまでも簡易的な補修工事になります
雨漏れを完全に食い止めるには瓦の交換が必要になってきます。

補修後

雨漏れが発生していた部屋の上部分の瓦を剥いで見ました。

瓦剥ぎ

瓦の隙間から雨水が侵入し内部の防水シートをが痛み防水シートが
雨水を吸収してしまっているのがわかります。
黒く変色し触ってみるとジメジメしており湿っていました。
防水シートがしっかりと役割を果たしていないのがわかります。

また、釘浮きも見られます。
全体的に傷みが出てきていますね。

こちらが屋根の上から横樋に部分を撮ったところです。

軒 腐食

破風と呼ばれる木部分が腐食してきています。
以前、日置市伊集院町の雨漏れ補修を行ったときも、
この破風の傷みが出ていました。
破風の腐食もきれいに補修をする必要がありますね。

ちなみに以前補修させて頂いた工事です。↓↓

茶色の外壁に黒の屋根へ塗り替え工事~補修とコーキング処理~

棟の瓦部分です。
クラック ( ひび割れ ) がおこっています。

棟 ひび割れ

細かいと思われるかもしれませんが、
こういった小さなヒビからも水は侵入してしまいます。

漆喰

こちらが漆喰の様子です。
白いところ外壁塗装工事漆喰ですね。
細かなヒビが入り痩せてきています。
ココ補修が必要になっていきます。

他にもところどころ割れやヒビが発生していたこともあり
今回は火災保険を雨漏れ補修工事で申請していきたいと思います。

ユニットバス?それとも在来工法(タイル風呂)?

 

本日は浴室の改修工事ついてお話したいと思います。
浴室の改修工事は在来工法かユニットバスに分かれます。
以前よく使われていたのは在来工法でしたが、
最近はユニットバスの施工が多くなってきています。

在来工法(タイルのお風呂)について

そもそも在来工法の浴室とは・・・
以前の浴室のほとんどを占めていたのはこの在来工法の浴室。
防水シートなどを施工しセメントや木で壁を作り
タイルなどを貼っていくのが
在来工法の浴室の作り方です。

 

 

在来工法は、備え付ける器具・浴室自体の大きさが自由です。
いろいろなメーカーいろいろな形・柄
お客様の好きなものをお好みで備え付けることができます。
また、窓も好きなところにお好きな形・大きさで
入れていくことができます。

 

しかし、以前の浴室の在来工法のものは仕上げ材としてタイルを使っているところを多く見かけますが、どうしてもタイルの割れ目などから水が入り年月が過ぎるにつれて
内部の木などが劣化をおこしていきます。
在来工法のよく水漏れのリスクが高いといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
↑ 以前、在来工法からユニットバスへ取り替えたときの現場です。 内部が腐蝕しています。

 

また仕上げをタイルで施工することが多いですが
タイルが冷たいので
浴室が寒いと感じられる方が多いのでは・・・

 

ですから、お風呂にとてもこだわりがあり、「ヒノキ風呂がいい」などこだわりのあるという方にはお勧めです。

 

ユニットバスについて

 

ユニットバスとは・・・
防水性の高い素材を使って床・壁・天井 等を作り、現場に搬送して組み立てていくのがユニットバスの作り方でです。
一人暮らし用のアパートでよく見るトイレ・お風呂が合体しているものだと思われている方
いらっしゃると思うのですが、浴室だけでもユニットバスといえるんですね。

 

 

この工法は在来工法に比べ一つの箱のように作りますので防水性に優れており、水漏れの可能性が少ないです。
また壁が二重になることから断熱性に
優れているといわれています。
そして、施工の期間が在来工法に比べ短いため、
住みながら施工していくリフォーム工事では最適です。

 

しかし、在来工法に比べ自由がききません。
浴室自体の大きさ・窓の大きさなど寸法が決まっていますので
在来工法からユニットバスに変更する場合は
在来工法に比べ小さくなることがあります。
また、メーカーで壁の柄、浴槽などが決まっています。
「この中から選んでくださいね」とパターン化しています。

 

浴室が寒くて困っている。
タイルが割れてしまっている。
みんなとおなじ浴室が嫌。
 
在来工法からユニットバスへ
ユニットバスから在来工法へ

 

あなたのお悩みが解決できるかもしれません。

 

屋根の点検で私たちが気をるけていること

 

伊集院では数日前停電になるほど雷・雨がありましたが

皆様のご自宅はいかがでしたか?

先日、屋根点検に行ってきました。

私たちが屋根の点検を行う際に気を付けることが3つあります。

1.安全面

2.写真

3.報告

第一に安全面

 

第1に安全面に関してです。
靴には少しこだわりがあり、屋根に上る社員のほとんどが 「HyperV」 を履いています。

「HyperV」とは滑りにくく、軽量ということで作業しやすい靴です。

また、現場員の判断にもよりますが、屋根に上って点検が
行えない場合があります。
鹿児島は灰が降り、屋根に積もっているケースがありますが、
灰が積もっていると屋根はとても滑りやすくなります。そのため

・屋根の勾配(傾きの大きさ)の大きさが大きい場合

・屋根の灰が積もり、滑りやすくなっている場合

などに関しては、屋根に上っての点検が難しくなります。

 

写真の撮影

次に写真。屋根の上はなかなか見る機会が少ないと思います。

割れが発生していたなど異常な箇所がありましたら、しっかりお写真を撮ります。

 

報告

そして最後の報告。

「撮った写真をお客様に見せて屋根の状態を説明させていただき、今の状態にあった補修の仕方」

などを提案させていただきます。

 

計測診断は、一人が計測をし、一人が記録していきます。

今回のお客様は

豪雨や風向きによっては雨漏れが・・・

実際に上ってみてみると・・・?

屋根の全体を歩くと全体的にブヨブヨしており、スレート瓦自体も傷みが出てきているとのこと。

スレート瓦の隙間、表面などから雨水が浸透し、防水シートが傷み下地まで雨水が侵入してきている可能性があります。

 

今回は築30年以上スレート瓦自体が傷み防水シート下地もが傷みが出てきていることから屋根の葺き替えをご提案させていただきました。

 

今年は去年より1週間ほど梅雨入りが早い予報がでています。

梅雨時期は食中毒などにもなりやすいと言われております。

梅雨の時期は、食事や車の運転には十分に気を付けてくださいね。

 

4月19日 TOTOミュージアム 工場見学 研修へ

4月19日 TOTOミュージアム 工場見学 研修へ福岡まで行ってきました。

 

 

皆さんTOTOはご存知ですか?

トイレを連想するお客様もいらっしゃるとおもいますが…

そんなTOTOの工場見学へエスケーハウス社員5名いってきました。

 

朝7時に伊集院駅に集合‼鹿児島中央駅から工場のある小倉まで新幹線で到着は10時半‼

そこから工場見学開始。

 

衛生陶器製造工程の見学から‼

衛生陶器ができるまでの工程の説明を聞きながら実際に行っているところを見学させていただき、使っている材料となる泥漿(でいしょう)というものを実際に触らせていただきました。

また、体験させていただいたものがあります。それは…

TOTOのトイレ一つ一つにマークが入っています。通常シールなどがつかわれることが多いのですが、なんと一つ一つ手書きをしているんです。実際に私もやってみましたが、失敗…。 インクがはねてしまい、うまくできませんでした。失敗すると壊して最初から・・・。細かなところにも手間暇かかっていますね。

 

それからTOTOミュージアムへ

TOTOのたくさんの歴史にふれることができました。

皆さん知っていますか?

これが日本初の水洗腰掛トイレなんです!

また、1951年約60年前に発売されたタンク付きのトイレ

1回の大で約20ℓ使われていたものが、25年後1976年には

13ℓまで削減されました。さらに17年後には8ℓ。現在は3.8ℓまで減少し

1951年と2018年今現在までに約5倍以上削減されています。

 

ここで余談なのですが…

トイレ一回 大 で流すといくらくらいかかるでしょうか。

1ℓ0.2~0.3円 なので 1ℓ=0.25円

13ℓのもだと1回で3.25円です。現在の最新型は1回0.95円1円にも

満たないんですね…。

家族の人数や年齢にもよりますが、1日20回流すと1ヵ月(30日)8ℓで1950円3.8ℓで570円 年間16,560円の節約にもなりますね。

 

そしてみんなが楽しみにしていたお風呂の入浴体験!!

みんなそれぞれ体験したいお風呂に入浴しました。

 

そしてここから新幹線で鹿児島へ

 

今回初めての体験が盛りだくさんの福岡研修。

福岡までの長距離少し疲れましたがたくさんの体験をさせていただきました。

 

 

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ