実は火災保険を使用して屋根の補修工事を行うことが出来るんです。

実は火災保険を使用して屋根の補修工事を行うことが出来るんです。

 

火災保険は火災がおったときしか使えないと思っていませんか?
実は、火災保険には、自然災害により起ったもおのでも保険が適用するケースがあるんです!

もちろん屋根・外壁の色褪せなどによる塗装工事などの経年劣化が理由での工事は
保険は適用されません。

 

ではどういったものに保険は適用されるのか。

 

火災保険が適用される災害

 

・雪

・台風

・雨

・雷

 

などによる自然災害には火災保険の対象になってきます。
しかし、原則としては3年前までの災害の被害が対象となります。

どのような被害が適用されるのか

 

実際に火災保険が適用され、工事させていただいたご自宅の被害事例を参考にし、
簡潔に紹介していきたいと思います。

 

瓦屋根場合

 

全体の写真になります。

火災保険 全体図

 

クラックが入ってしまっています。

火災保険 瓦の割れ

 

漆喰部分に割れています。

 

 

スレート瓦

全体的に塗膜が剥がれ、劣化しているのがわかります。

火災保険 屋根全体の様子

 

 

クラックが見られました。

釘浮きが発見されました。

 

火災保険 釘浮き

 

板金部分の釘が取れ板金が浮いてしまっている状態です。

 

 

 

 

寸法を測り図面を書いていきます。
そして、マークを変え傷みの場所がわかるように印をつけていきます。

火災保険 図面

 

 

経年劣化?自然災害?

 

上記で被害状況を見て頂きましたが、
「これって経年劣化なんじゃないの?」
と思われた方も少なくないと思います。

屋根のクラックや割れ、釘浮きに関して、
風災を受けている可能性は大いにあります。

割れ部分は火災保険が適用されることが多いいですね。

 

出る可能性があるのならばしっかりと使わないともったいないですね。

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら5年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ