屋上防水の耐用年数はどれくらい?寿命を延ばす方法も紹介

屋上防水

「屋上防水の耐用年数ってどれくらい?」

「屋上防水の寿命を延ばす方法ってないの?」

 

上のような疑問をお持ちの方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

この記事では、建築士の有資格者が屋上防水における疑問を解消します。

具体的には以下の内容をご紹介します。

 

  • 屋上防水の耐用年数
  • 屋上防水の寿命を延ばす方法

 

この記事を読んで、屋上防水の寿命を延ばして長く使う参考にしてください。

 

屋上防水の耐用年数はどれくらい?

屋上防水

屋上防水の耐用年数は、屋上防水の種類によって異なります。

ここでは具体的に、以下の屋上防水の耐用年数についてご紹介します。

 

  • シート防水
  • アスファルト防水
  • ウレタン防水

 

それでは具体的に見ていきましょう。

 

シート防水

シート防水の耐用年数は、一般的に10〜15年と考えられています。

シート防水とは、屋上の下地にゴムや塩化ビニールシートなどのシートを接着剤で貼り付ける防水工法です。

 

シートを接着剤で貼り付けるだけの工法なので、施工しやすく工期が短いメリットがあります。

また、他の工法よりシートが安価なので、コストを抑えて施工することができます。

 

アスファルト防水

アスファルト防水の耐用年数は、一般的に15〜30年と考えられています。

 

アスファルト防水は、屋根の下地にアスファルトを浸透させた防水用シートを貼り、その上からコンクリートで抑える工法です。

防水層を厚くできるので防水性能が高く、耐用年数も高いのが特徴です。

 

その反面、施工にかかる費用が他の工法と比べて高く、工期も長くなりやすいデメリットがあります。

また、重量があるので木造の住宅や小規模な建物には向いていません。

 

ウレタン防水

ウレタン防水の耐用年数は、一般的に8〜10年と考えられています。

 

ウレタン防水は、屋上の下地の上にウレタンの防水剤を塗っていく防水工法です。

屋根形状に合わせて防水塗膜を塗っていくので、複雑な形状の屋上にも対応できる特徴があります。

 

安価で施工できる反面、耐久性が低くトップコートの塗り替えなどメンテナンスが欠かせません。

 

屋上防水の耐用年数を延ばす方法は?

防水シート

屋上防水は常に雨風にさらされるため、どうしても劣化が進むのが早いです。

しかし、お金のかかることなので、どうにかして耐用年数を延ばしたいことでしょう。

以下では、屋上防水の耐用年数を延ばす2つの方法をご紹介します。

 

ひび割れや膨れは早めに修繕する

屋上防水にひび割れや膨れ、めくれなどが発生していたら、範囲が小さいうちに早めに修繕することをおすすめします。

 

ひび割れなどは雨水が浸入しやすく、雨漏りの原因となったり屋上防水の劣化を早める原因となったりします。

定期的にセルフチェックをして、傷が小さいうちに早めの修繕をしましょう。

 

トップコートのメンテナンスをする

屋上防水の耐用年数を延ばすには、トップコートのメンテナンスも欠かせません

 

トップコートとは、屋上防水の上から塗布する保護材のことです。

塗布することでトップコートが防水層を守ってくれるため、屋上防水の劣化を遅らせることができます。

 

トップコートは、紫外線で劣化して効果を発揮しなくなります。

およそ、3〜5年でメンテンスが必要となるでしょう。

 

屋上防水を保護するために定期的にトップコートを塗布して、屋上防水のメンテナンスを行いましょう。

 

まとめ:定期的なメンテナンスで屋上防水の耐用年数を延ばそう

屋上防水の耐用年数を延ばすためには、定期的なメンテナンスが欠かせません

小さな傷のうちから修繕をしたり、トップコートのメンテナンスなどによって屋上防水を保護したりしましょう。

 

防水費用を詳しく知りたい人は「屋上防水における種類別の費用相場を大公開!安く工事をする方法も紹介」もチェックが必要です。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ