外壁・屋根塗装施工事例
2022/9/30 更新

PAINT

宮崎市にて台風災害修繕と屋根・外壁塗装工事が完成

工事のきっかけを伺いました!

今回台風後に屋根材の破片を見つけてご連絡頂きました。

台風被害の修繕と屋根塗装の予定でしたが、今回仮設足を建てることもあり

外壁塗装まで行うことになりました!

ビフォーアフター

Before

施工前

After

施工後

工事基本情報

施工内容 屋根・外壁・付帯部塗装工事 施工期間 1ヶ月
築年数 20年程度 建坪 35坪
工事費用 110~130万 保証年数 屋根:3年 / 外壁:10年

 

施工前の様子

 

 

今回施工させて頂きました屋根の様子はこちらです。

 

 

 

 

屋根材は頃

全体的にコロニアルの劣化が見受けられます。

褪色が進行しておりました。

 

今回使用されていたスレート屋根は薄型軽量の為ひび割れが発生しやすく

 

 

 

 

今回屋根点検を行った家は屋根には天井窓が設置されておりました。

天井窓は室内に自然光が入り部屋を優しく包み込んでくれますが、

実は雨漏れが発生しやすい部分でもあります。

 

施工方法に原因がある場合もありますが、

屋根と窓との取り合いの部分はどうしても雨漏れの発生が高くなる傾向にあります。

またコーキングが劣化しているなど原因は様々です。

 

天井窓を設置している方は定期的な屋根点検がオススメです。

 

また、右の写真をみると分かる通り、一部スレートが飛んでいることが分かります。

 

 

また家の庭でこのような破片を見つけたことはありませんか?

 

 

 

 

台風などのあと特に多く、見受けられる屋根材の割れです。

庭のどこかで発見したら、屋根材がなくなっている証拠ですので

早めに屋根の調査を行うようにしましょう。

 

またこちらが近くで見た際のスレートの様子です。

 

 

近くで見ると分かりやすいですが、スレート本体の劣化が進行し

こちらが屋根材の割れが発生している部分があります。

専用の修正材がございますので塗装施工前にしっかりと補修を行うことが可能です。

 

 

施工中の様子

 

こちらが実際の工事中の様子です。

まずは仮設足場の設置を行います。

 

 

こちらが外壁の高圧洗浄の様子です。

 

 

 

屋根の高圧洗浄から外壁にかけて下から順に施工していきます。

汚れがみるみるきれいに洗い流されるところは気持ちいがいいですね。

 

このような長年の汚れからチョーキングで発生している粉、カビやコケなどの微生物まで

しっかりときれいに洗い流していきます。

後々の膨れや剥がれなどの不具合が発生しないように重要な手順です。

 

 

次にコーキング補修の様子です。

 

 

コーキングの縦目地に関しては

既存のコーキング部分を撤去し新しいコーキングを施工していきます。

 

接着剤の役割があるプライマーを施工してから新しいコーキング材を充鎮していきます。

 

 

次に外壁塗装中の様子です。

 

 

 

今回使用した塗料はエスケー化研のエスケープレミアムシリコンを使用して施工していきました。

プレミアムシリコンはエスケーハウスで最も支持されている外壁塗料材です。

 

耐久性の高いシリコン樹脂塗料にハルスと呼ばれる光安定剤が組み込まれている塗料になっている為

紫外線の影響を抑制してくれる働きがあり長い間お家を守ってくれます。

 

こちらが屋根塗装中の様子です。

 

また今回施工させて頂いた塗料材はセミフロンルーフの施工をしていきました。

セミフロンルーフはフッ素樹脂塗料かつ4フッ化フッ素樹脂が使用されており

高い耐久性の塗料を使用することによって雨ざらし日ざらしの屋根にとって過酷な環境下でも

しっかりと屋根材を守ります。

お客様の声
ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ