日置市にて中古物件を購入しユニットバスのリフォームを行います

日置市日吉町にて「お風呂・洗面脱衣所・押入れ」のリフォーム工事を行いました。

今回はお風呂のリフォーム工事の様子をご紹介します。

 

ユニットバス施工中の様子

既存の様子はこちらです。

 

鹿児島県日置市のお風呂リフォーム工事

 

在来工法のお風呂でステンレスの浴槽が使われております。

まずはこちらを解体していきます。

 

こちらが解体の様子です。

 

まずは入口のドア部分を解体し、次に床を解体していきます。

専用の道具を使用してタイルやコンクリートを撤去していきます。

 

浴槽を撤去し廃材を外に出していきました。

ある程度撤去が終えてきました。

綺麗に廃材を撤去していきます。

 

次にきれいに廃材の撤去が出来たら、コンクリートを流しこんでいきます。

ユニットバスの土台をしっかりと支えるためにしっかりとコンクリートで床をかため、

傾きがないように施工していきます。

まtあ、この時に給水部分も施工していきました。

 

次にいよいよユニットバスを組み立てているようすです。

 

日置市お風呂のリフォーム設置中

 

まずは、床の骨組みからです。

左に浴槽が設置されていきます。

浴槽を設置し排水を繋こみ、床を設置そして壁のパネルを設置し

最後に天井を設置していきました。

 

こちらは窓部分を施工している様子です 。

既存のお風呂に窓が設置してある家は多いですね。

今回使用したユニットバスは窓の大きさに合わせて枠組みを取り付けていきました。

 

ちなみに、ユニットバスの組み立てはメーカーの責任施工になっております。

 

今回設置したユニットバスとは

 

日置市お風呂のリフォーム工事

 

今回設置させていただいたユニットバスはTOTOのサザナといわれるユニットバスです。

テレビCMでも見られますね。

知っている方も多いのではないでしょうか。

今回は色は違いますが、写真と同じ「Sタイプ」を施工していきました。

 

知っている方も多いですが、今回も「ほっからり床」を使用しております。

他の記事でもTOTOサザナのユニットバス施工をご紹介しております。

是非他の事例も参考にしてみて下さい。

鹿児島市皇徳寺でユニットバスリフォーム工事中の様子

鹿児島市でタイルのお風呂からユニットバスへ取り替える工事を行いましたので

工事の様子を順にご紹介していきたいと思います。

 

まずは解体の様子です。

画質があまりよくありませんが、解体中になります。

 

鹿児島市 ユニットバス 施工中の様子

 

浴槽の撤去を行い、床のタイルを解体していきます。

こちらはまだ解体中の写真ですが、しっかりと清掃をしてタイルなどを外にだしていきました。

 

綺麗に均すと、次に生コン打設を行っていきます。

ユニットバスは大きな箱のようなものです。そのユニットバスを支えるために、床はしっかりと強度があり

安定したものにしていく必要があります。

 

 

しっかりと床の補修を行っていきました。

コンクリートが乾くまでしっかりと乾燥させます。

解体からここまでの作業で早くて1日大体2から3日が必要です。

 

ココから窓の設置の様子をご紹介していきます。

タイルのお風呂からユニットバスに変更する場合、窓の大きさが合わない場合などもあり、

窓を1度撤去して新しいものを設置することもあれば、撤去を行わずに今の窓を生かしながら

ユニットバスを設置する方法とありますが、今回は1度撤去を行い新し窓を設置していきましたので、

設置中の様子をご紹介します。

 

まずは窓を撤去していきます。

 

 

鹿児島市 ユニットバス 施工中の様子

 

枠組みの撤去は行わずにここにカバーをして施工していく工法を使って新しい窓を施工していきます。

 

左の写真は窓枠をカバーして枠組みを作っています。

窓枠が完成すると、窓を取り付けて完成です。

 

それではここからいよいよユニットバスを施工の様子をご紹介していきます。

写真がいきなり飛んでしまうのですが・・・

 

まずは土台から作っていきました。

床、ユニットバスを支えるための土台作りを行い、浴槽からの排水部分を施工していきます。

排水部分が終わると、浴槽、床を設置していきます。

 

次に壁を設置していくための骨組みを施工していきます。

写真は骨組みを作っているところです。

 

 

浴槽部分と床部分にそれぞれ骨組みを設置し、壁を取り付けている様子です。

 

鹿児島市 ユニットバス 施工中の様子

 

ちなみに、設置はメーカー責任施工になりますのでしっかりと技術のある職人が取付を行っていきます。

 

後は入口部分の扉を設置したり、脱衣所部分の補修を行うと完成です。

 

工事の完成の様子や工事にかかった費用、期間などは施工事例からご確認できますので

是非あわせてご覧ください。

ちなみに少し変わったトイレへの取替も同時に行いましたので是非ご覧くださいね。

 

水廻り取替と間取りの変更リフォーム工事in鹿児島県霧島市福山町

鹿児島県霧島市にて水廻りと1階部分の間取りの変更リフォーム工事を行っております。

 

今回はの間取りの変更部分はこちらです!

鹿児島でのリフォーム工事 間取りの変更

 

今回ご紹介させていただくのは「浴室・トイレ・洗面所」があるこの部分の工事の様子です。

鹿児島リフォーム工事 間取り変更の工事

こちらが既存の様子ですね。ここから位置を変更しております。

既存は男性用トイレが設置してありますが、こちらを撤去して共有のトイレに。
トイレの場所も移動。

こちらが新しく変更した部分です。


鹿児島市にて間取り変更のリフォーム工事

いままで狭かった脱衣所を以前より広く確保することができました。

 

ユニットバス・洗面脱衣所・トイレ 工事の様子

工事は解体工事から行っていきます。

まずは既存の洗面台ユニットバス・トイレを解体撤去を行っていきます 。

トイレ部分が浴室の入口になるため、同時既存の壁も解体していきました。

ユニットバスリフォーム 解体中

ユニットバスリフォーム 解体中

 

解体が完了すると、ユニットバスを施工していきます。

ユニットバスの取付方法については「鹿児島市皇徳寺にてユニットバス「シンラ」設置~解体編~」こちらの記事を合わせてご覧ください。

 

ユニットバスの設置完了後の写真がこちらです。

鹿児島でのユニットバス施工中の様子ユニットバスリフォーム

 

 

まわりにしっかりとプラスターボードを使用して壁を設置していきます。

 

その後クロスで仕上げをしていき、洗面台・トイレを設置して完成です。

 

 

 

 

日置市伊集院町で行われたユニットバスの工事風景1日2日目 

日置市伊集院町にてユニットバス・洗面台のリフォーム工事を行いました。

今回は既存の浴室がユニットバスでしたので「ユニットバス」から「ユニットバス」へのリフォーム工事になります。

 

工事一日目

まずは既存のユニットバス・洗面台の解体工事です。

浴室と洗面台の二か所に分かれて撤去を行っています。

 

まずは養生から行っていきます。

養生は、解体していったものを外に出すときに床や壁に傷をつけないようにするためです。

ちなみに、在来工法の浴室解体の場合は解体した破片をバケツに入れ、バケツリレーをしながら外に出していきますが、ユニットバスは現地組み立てしているものになりますので、部品部品を解体していき外に出していきます。

 

ユニットバス・洗面の解体中の写真です。

ユニットバス取り換え工事

 

 

今回はユニットバスからユニットバスのリフォーム工事になります。

パーツをい1つ1つ撤去品しながら解体していきます。

 

工事二日目

 

工事2日目が開始です。
本日はいよいよ新しいユニットバスの施工を開始していきます。

システムバス組み立て

ユニットバスの組み立ては、メーカー専門の方が取り付けを行っていきます。

組み立ての順番は簡単に

「床骨組み→床→浴槽→給排水繋ぎこみ→壁骨組→壁→天井→アクセサリー(鏡や手すりなど)」
多少前後することもありますが、この順番で施工していきます。

取り付けは床の骨組みから浴槽を取り付けしっかりと排水部分をつなげていきます。

 

排水部分をしっかりと繋ぎこんでいかないと後々水漏れが発生してしまったりすることもあります。

 

本日はここまでです!!

鹿児島県のリフォーム工事はエスケーハウスへお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

在来工法(タイルの浴室)からシステムバスへ鹿児島市錦江台にて施工中

先日、浴室改修工事を行いました。
在来工法のタイルの浴室からユニットバスへ施工になります。

 

 

タイルのお風呂からユニットバスへ 施工の様子


いよいよ着工の日になりました。
まずは、解体になります。
長年、使用していた浴室を解体して行きます。
新しい浴室になるうれしさと、ずっと使っていたものが解体される悲しさと
複雑な気持ちになりますね。

 

こちらが既存のお風呂の様子です。

在来工法浴室 既存状況

 

壁床ともに、タイルの作りですね。
システムバスを入れる場合はこちらのタイルや浴槽をすべて取り除いていきます。

 

 

浴室・施工中・解体

 

撤去後の写真です。
床を解体し、浴槽を撤去していきました。

タイルを壊したときの破片がたくさん出ているので、
これを
しっかりきれいに取り除いていきます。

 

撤去が終わると、給水栓・排水口を新しくつなぎこんでいきます。

 

浴室・施工中・土間コンクリート

 

しっかりと給水・排水ともに確保出来たら、
いよいよ、土間コンクリートを打っていきます。

土間コンクリートはシステムバスを施工するにあたってとても重要な作業の一つです。
土間コンクリートは「高さ、平行」をしっかりと守って行わなければなりません。

ココが、あっていないとうまくシステムバスが組めない場合がありますのでこの工程は
慎重に行っていきます。

 

いよいよ、システムバスを施工していきます。
写真が少し空いてしまいますが、こちらがシステムバスの搬入がほとんど終わった状態です。

 

浴室・施工中・ユニットバス組立

 

後は壁の復旧を行っていきます。

ビニールクロスで仕上げ、新しい洗面を取り付けて完成です。

 

 

鹿児島市皇徳寺にてユニットバス「シンラ」設置~洗面所・完成編~

 

こんにちは!
ただいま施工中の「シンラ」の施工ですが、
無事にシンラの据え付けもおわりました。

本日から、壁の復旧とクロスの張り替えを行っていきます。

 ~ 5 ・ 6 日目 ~

まずは外壁の様子です。
窓回りの外壁の色をそろえていくため、塗装を行っていきます。
目地の部分をしっかりとコーキングで埋めていきます。
このグレーのところがコーキングになります。

コーキング

外壁に下地材を塗っていきます。
下地は白色ですので、なかなか写真ではわかりにくいですね。

下塗り

下塗りが終わると上塗りを塗っていきます。
色を合わせて補修のあとがわからないようにきれいに塗っていきます。

上塗り

ここから内装についてです。
洗面脱衣所のクロスを施工していきます。

クロス

今回使用していくクロスは葉っぱの柄で白と緑色が使用されているものです。
清潔感があり素敵でね。

クロスを貼っていきます。

壁紙の間で隙間ができなように、またそこから剥がれていかないように
慎重に塗装を行っていきました。

クロス張り

窓枠に合わせてきれいに切り取っていきます。

クロス張り

洗面台をとりつけていきます。

洗面したの給排水の接続を行っていきす。

洗面台

洗面台の鏡を固定していきます。

鏡とを設置し、洗濯機の上に棚を新設しました。
棚の位置もしっかりと移動ができますので便利ですね。

洗面脱衣所

また洗面にもしっかりと大量の収納がありますので、収納には困りませんね。

それではここから完成した「シンラ」浴室内の写真です。

シンラ 完成

全体

シンラ 浴槽

浴槽

シンラ 完成

ユニットバス 完成

全体

シンラ 施工完了

入口

前の三枚の写真が明かりを全部付けた場合です。
結構明るいですよね。明るすぎて落ち着かない。そんな場合は
下の二枚のように明かりの調節もできますよ。

明るさで浴室の雰囲気が大きく変わるのではないでしょうか。

以上でTOTO 最新のユニットバスの施工完了です。

鹿児島市皇徳寺にてユニットバス「シンラ」設置~組立編~

こんにちは!
先日から着工しております、浴室改修工事「シンラ」の施工!!

さて、それでは「シンラ」とはどういった浴室なのか・・・

シンラとは
8月から新発売されている
「TOTOの最高級のユニットバス

浴槽の形からカラーなど
照明の配置など高級感あふれるものになります。
肩から流れる肩楽湯が冷えやすい肩を温め、リラックスさせてくれます。

詳しい特徴やカラーバリエーションなど
知りたい方はTOTOホームページをご覧ください。

 TOTO シンラ(SYNLA) 

ココから工事の内容です。

~ 工事 3 ・ 4 日目 ~

 

いよいよ、ユニットバス据え付けを行っていきます。

初めに土台から取り付けていきます。

組み立て 土台

浴槽の排水を行うための排水管を接続していきます。
専用の接着剤を使用して取り付けていきます。

排水

ココから浴槽の据え付けを行っていきます。

こちらがポンプになります。
鹿児島初のシンラの据え付けということで
施工もいつもより慎重に説明書を見ながら組み立てていきました。

組立施工

取り付け後の内部です。
コードがたくさんですね。

組立施工

いよいよ壁を組み立てていきます。

組立

壁のパネルはタオル掛けや手すりなどをつけるための加工を
現場で行っていきます。

パネル

パネルをいよいよ取り付けていきます。

組立

窓部分です。

組立施工

浴槽の横のエプロンといわれるところを取り付けていきます。

エプロン組立

浴槽を養生し、工具を片付けて完成です。

組立施工

通常ユニットバスの組み立ては2人で施工し1日で組立が完了していきます。
しかし、今回は3人で2日かかりました。

無事に組立が完了してよかったです!!

明日からは入り口部分の壁の復旧し
クロスの張り替えを行っていきます。

鹿児島市皇徳寺にてユニットバス「シンラ」設置~解体編~

さて、先日は私たちエスケーハウスは浴室改修工事を行っていましたが、
今回はいつもの改修工事とは違います!!
今回設置させていただいたユニットバスは・・・

TOTO新商品「シンラ」

鹿児島県で初!!!
施工させていただきます。
シンラについてはまた、後日ご紹介しますね!


 

~ 工事1日目 ~

いよいよ着工しました。
一日目浴室を解体していきます。

ずっと使用していたお風呂がいよいよ解体。
お客様も新しい浴室になるのが楽しみですが少し寂しそうな様子・・・。

まずは養生をしていきます。

養生

洗面台や洗濯パンを取り外していきます。

洗面脱衣場

浴槽を取り外して、搬出を行っていきます。

浴槽はとても重いので、
男性三人がかりで搬出していきます。

浴槽搬出

浴槽とり外し後です。

解体中

床や浴槽が入っていたところのタイル部分を解体していきます。
処分する廃棄物が大量に出たので、途中ですべて廃棄場に持っていきます。

処分

すべて解体が終了しましました。

解体

工具等すべてきれいに片づけて掃除していきます。

一日目はココで終了です。

~ 工事2日目 ~

 

窓枠を新設していきます。
今回設置した窓は「LIXIL サーモス シリーズ」を使用していきました。

「LIXIL サーモス シリーズ」商品情報はこちら

窓新設

外側です。窓回りの外壁材も新しくなっているので、他としっかり色を合わせて
いくため、後日塗装していきます。

窓廻り補修~窓新設2

土間にコンクリートを流し込みきれいに整えていきます。

土間コンクリート打設

鹿児島市星ヶ峯にて浴室のリフォーム工事を行いました。

在来工法からユニットバスへの取り換え・洗面取り換え・脱衣所の床・壁・天井 
のクロスの張替工事です。

1日目 解体工事 ・ 配管工事

既存浴室の様子です。

緑色を基調とした浴室です。

解体の様子です。

電気ハンマーで解体していきます。

解体が終了すると次は排水管との繋ぎこみになります。

こちらが既存の排水管です。

既存の排水管からユニットバスの排水管の位置がずれてくるため、

新しい排水の位置まで移動していきます。

寸法に合わせてカットし、専用の接着剤でしっかりと繋ぎこんでいきます。

新しい排水管の完成です。中に汚れが入っていかないように養生テープでしっかり止めておきます。

次に給水です。

アイポチューブと呼ばれる専用の銅管を使っていきます。

保温性・耐久性に優れている銅管です。

部品を溶接していきます。

綺麗に撤去したタイル等を取り除きいよいよコンクリートを施工していきます。

機械で混ぜながらバケツで浴室まで運んでいきます。

何度も何度も往復しました!

左官職人が左官コテを使いきれいに整えていきます。

完成です。

あとは乾燥させます。

洗面台も同時に施工していきます。

洗面台も撤去していきます。

止水栓の取り外しです。

施工前は洗濯パンを設置していましたが、最近は新築などでも洗濯パンを置かずに床にそのまま置くことが

多いそうです。

今回は床に直置きするために排水管の長さなどを調節して繋ぎこんでいきました。

本日はここまでです。

きれいに後片づけをし、浴槽組み立てに備えます!

 

 

 

鹿児島市田上台にて浴室改修工事を行いました。

在来工法からユニットバス
TOTO サザナHS Tタイプへの改修工事になります。

施工前の写真になります。

既存浴室状況

 

入口・天井・床・浴槽を撤去していきます。

解体終了

 

生コンクリート打ちを行っていきます。

 

 

生コンクリートとは、砂・セメント・砂利・水を混ぜたものです。

洗わない砂を使っていくと塩分が含まれているため、鉄筋などを傷めてしまいますので、キレイに洗った砂を使っていく必要があります。

また、セメントと砂の比率も大切になってきます。

セメントをたくさん入れすぎると割れてきますので、しっかりと数量を守ることが必要です。

さて、ここからユニットバスを設置していきます。

まず土台をしっかり設置し排水を接続していきます。

 

排水を繋ぎ、、しっかり水が流れいくか、水漏れが発生していないかしっかり確認します。

 

水漏れがないか確認がとれたら、床と浴槽を据え付けしていきます。

床・浴槽 組み立て中に傷がつかないように、しっかり養生していきます。

 

いよいよ、骨組みを入れていきます。

しっかりコーキングを入れて設置していきます。

骨組みが終わったらパネルの設置し、シャワー水栓・収納棚 を設置していきます。

壁、窓枠を復旧していきます。

壁の中はこんな感じです。

水色の枠の中に洗面台を設置します。

あとは、脱衣所のクロスをはって床にキッチンパネルを張ります。

完成が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都城市にてタイルの浴室からユニットバスへリフォーム工事

DSC09949

鋳物の浴槽にヒビが入り、冬になると寒いということで工事の依頼をいただきました。

DSC09957

窓も大きく、真ん中FIXの左右ルーバーでより寒さが増し、お掃除も大変との事でした。

DSC00075

まずは出窓の部分から解体しました。よく見ると木下地が怪しいです。

DSC00076

DSC00077

窓を撤去し、次にバスルームの天井・壁・床を解体していきます。

DSC00079

ほぼほぼ解体が終わりました。あとは工事廃材等を持ち出して、床に基礎コンクリートを打つ為の準備をします。

DSC00092

少し飛びましたが、木で下地を作り、外壁を貼りました。白アリを心配していましたが、出窓の一部分だけで安心しました。今回の木材は注入材を使用しています。窓は断熱窓で横滑り出しにしました。

DSC00091

いよいよシステムバスの組み立てです。1220という変形1坪サイズです。あとは脱衣床、袖壁の復旧をします。

DSC00094

水道の工事です。灯油ボイラーと太陽熱温水器を利用されているのでどちらも使えるようにします。

DSC00093

外壁は部分塗装をします。その前に養生してコーキングを打ちます。

DSC00108

塗装終了です。塗料が付かないように養生もしっかりしています。完成までもう少しです。

都城市にて寒さが気になるタイルのお風呂をあったかい浴室へ

IMG_0723

工事前。

とてもご立派なお風呂ですが、床・壁がタイルで窓も大きい為、冬場はとても寒いとの事でした。

DSC01918

脱衣室にホコリが入らないように養生をします。

養生が終わると解体作業です。

DSC01919

床、壁(一部)を解体しています。電動ハンマーを使用して解体します。

DSC01921

タイル、モルタルの解体材です。解体だけでなく解体材の持出しもなかなか大変です。

DSC01923

タイル、モルタルの下には砂があります。こちらも持ち出しをして基礎のコンクリートを作る為に調整をします。

DSC01924

1トンまで耐えれる袋が1日半くらいでこれだけ満杯です。

DSC01943

解体作業に3日程かかりました。

DSC01945

3日分の解体材です。

DSC01946

浴槽も撤去完了です。大工さんお疲れ様でした!

DSC01953

洗面脱衣室も工事する為、既存の間仕切り壁等も解体していきます。

DSC01975

基礎のコンクリート、外壁の間柱・窓枠もできました。

DSC01981

窓を納めて、透湿防水シートを巻きます。

DSC01993

サイディングボードで外壁を張ります。

DSC01992

外壁張りと同時にTOTOのシステムバスを組立てました。DSC01998

DSC01999

洗面脱衣室も工事します。

DSC02023

洗面化粧台を撤去し、洗濯機は別の場所で使えるようにしています。

壁のビニールクロスも貼替える為、剥ぎ取ります。

DSC02024

バスルームのサイズを小さくした為、元々バスルームだった所に床を張っていきます。

DSC02030

床の下地ができたら、壁の下地と、洗面室と脱衣室の間仕切り壁・建具の枠を造っていきます。

DSC02036

壁、天井の下地も終わったら、ビニールクロスを貼ります。

DSC02047

壁、天井のビニールクロス貼り、床のCFシート貼り終わりました。清掃をしやすくしたいとの事でしたので、壁の腰下には鏡面パネルを貼りました。

DSC02048

洗面化粧台と洗濯機を取付ました。中央の鏡は奥様がインターネットで購入されたものです。

何になるかはお楽しみです。

DSC02051

洗面室を有効的に使いたいとの事でしたので、収納カウンターを造作しました!アイロンをかけたり、衣類をたたんだりするカウンターになります。

DSC02053

脱衣室にも収納を造作しました。

DSC02054 DSC02055 DSC02050

より有効的にする為に、脱着可能な物干し吊り、作業中にTVを見れるようにTV線、エアコンを取付ました。

DSC02057

白で統一したいとの事でしたので、既存の窓枠等も、白で塗装しました。

DSC02058

造作家具も白で塗装しました。

DSC02059

すべて手塗で丁寧に塗装しています!

DSC02087

DSC02089

真白になりました!あとは建具等を納めて終わりです!

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ