鹿児島県日置市伊集院町にて子供部屋の一部増築リフォームの様子

 

鹿児島県伊集院町にて増築も含めた全面改修工事を行っておりますが、

本日は増築部分のリフォームの様子をご紹介します。

 

今回増築する部分はこちらの部分です。

緑の部分が今回増築を行う部分になります。

 

 

 

子供部屋部分を3㎡ほどの増築になりますので申請などは必要なく施工することができます。

面倒な手間も必要ありません。

 

子供部屋を増築することで机の確保と収納部分の確保が可能になります。

 

こちらが実際に増築を行っている様子です。

 

 

 

増築する部分から基礎を立ち上げていき躯体部分から屋根の部分を施工していきました。

内部の壁は後程解体を行い、1つの部屋にしていきます。

 

 

 

増築部分の屋根作成

 

 

こちらが屋根増築部分の様子です。

 

 

 

壁と窓を設置していきました。

外壁の施工も終えるともう少しです。

 

後程外壁の塗装を行うことで増築部分も目立ちにくくなります。

 

増築部分の紹介は以上になります。

次回は屋根の葺き替え中の様子をご紹介していきます。

増築部分の屋根の施工の様子を一緒に紹介しておりますのでお楽しみに!

 

 

鹿児島県日置市での軽量鉄骨造の家のリフォーム工事とは

 

日置市伊集院町にて増築も含めた、お家の全面改修工事を行うことになりました。

 

鹿児島のリフォーム工事

今回実際にリフォームを行う前の間取りになります。

和室が3部屋と寝室が1部屋ある間取りになっており、

今回はこちらを次のようにリフォームしていきます。

 

全面リフォーム

水回りの位置の大きな変更はなく、トイレとお風呂の位置を変更しております。

また、既存は和室が多かったですが、リフォームは全部屋洋室の造りになっております。

玄関を入って右側がお父様の部屋になります。

 

家の中心にキッチンリビングがあり、奥の部屋にはご主人様・奥様の寝室と子供部屋があります。

トイレはリビングから繋がっております。

 

 

リフォーム工事中の紹介:内装解体中の様子

全面改修工事のご紹介は解体の様子からお届けします。

こちらが玄関の様子です。

 

室内の解体工事から行っていきます。

こちらがキッチン、部屋の解体中の様子です。

 

 

 

まずは襖や扉など簡単に撤去できる部分から撤去していきます。

部屋の中がすっからかんになったところで、

いよいよ壁、床、天井を解体していきます。

 

こちらが床材を撤去し、壁の解体を行っているところです。

 

 

お風呂やキッチンなどの水回り設備もすべて解体、撤去していきました。

 

 

室内の解体ほぼ終わった状態がこちらです。

 

 

 

部屋は窓のみになりになっております。

天井部分を見ると分かりますが、木造の建物ではなく軽量鉄骨での造りになっております。

大手ハウスメーカーの築30年程度の家では同じ造りの家も多くあるのではないでしょうか。

 

解体の様子は以上です。

また、今回は家を一部増築することになております!

次回は増築部分の工事の様子をまとめてご紹介します。

お楽しみに!

鹿児島市吉野町にて水回り取替工事中の様子をご紹介

 

鹿児島市吉野にて水回りのリフォーム工事を行っておりますので工事中の様子を簡単に

ご紹介させていただいております。

 

今回は築20年の戸建て住宅の水回り設備の取替を行っていきました。

 

 

お風呂リフォーム中の様子はこちらです。

今回はユニットバスからユニットバスへリフォームを行っていきました。

まず、こちらが既存のユニットバスを解体し外に出した状態です。

 

 

既存のお風呂がユニットバスですので給排水部分の工事を行い

新しいユニットバス施工を行っていきます。

 

こちらがユニットバスの施工中の様子です。

 

 

鹿児島市お風呂リフォーム中の様子

 

浴槽・床の施工を行った状態です。

ここから壁の躯体部分から組み立てていきます。

 

お風呂の工事と同時に洗面脱衣所部分にある洗面台のリフォームを行っていきました。

 

 

洗面台リフォーム

 

 

お風呂撤去と同時に洗面台の撤去も行いました。

 

 

次にキッチンリフォーム中の様子です。

 

 

 

 

左部分が既存のキッチンを撤去し、壁のパネルを施工してた状態です。

右が新しいキッチンの組み立て中の様子です。

組み立て自体は1日で完了しました。

躯体部分は木製でできておりますが、引き出しの底の面はステンレスでできておりますので

引き出しが汚れてしまった際も綺麗にふき取ることができます。

 

 

工事自体は約5日で完了しました。

ビフォーアフターは施工事例ページで紹介しております。

 

鹿児島市吉野にて水回り4点セットリフォームが完成!

【鹿児島での全面リフォーム】お風呂部分リフォーム中の様子

鹿児島県日置市にて全面リフォームを行っており、解体や屋根の葺き替えの様子を

ご紹介してきましたが、本日はお風呂のリフォームをご紹介します。

 

今回はタイルの在来工法のタイルのお風呂からユニットバスへの交換となりますが、

全面リフォーム工事ではお風呂の場所が移動します。

 

 

本日はユニットバス設置の様子からご紹介します。

 

お風呂のリフォーム

 

こちらにユニットバスを施工していきます。

ユニットバス施工はメーカーの研修を受けた職人がしっかりとメーカー保証でしっかりと施工してくださいます。

 

ちなみに今回施工していくユニットバスはTOTO サザナHSというユニットバスを施工していきます。

エスケーハウスでもよく使用されているユニットバスになります。

 

鹿児島市でお風呂のリフォーム

 

まずはしっかりと大きさが合うかしっかりと採寸していきます。

施工中でユニットバスが入らなかったりなどのトラブルがないように、しっかりと事前に採寸を行っていきます。

 

その間にユニットバスで使用する枠組みなども組みたてていきました。

 

 

ユニットバスは床から設置していきます。

 

 

 

お風呂のリフォームの様子

 

手前側が洗い場になり、奥側に浴槽が付きます。

この時水が漏れなく流れるようにしっかりと排水の排水部分の施工を行っていきます。

 

 

 

お風呂リフォームの様子

 

ほっからり床と魔法瓶浴槽が設置されました。

次に壁を取り付けてきます。

まずはパネルを設置する為の骨組みを施工し、パネルを施工していきました。

 

 

ユニットバスのパネル

 

 

壁まで施工していくと、水栓や手すりなどのアクセサリーを施工しています。

 

 

ユニットバスの組み立て

 

まだまだ設置途中の様子ですが、今回使用したパネルはこちらのパネルです。

茶系の木柄のような柄をアクセントとしてその他は白系のパネルを採用しております。

 

お風呂のリフォーム設置中の様子

 

こちらがユニットバス施工完了の様子です。

 

まだまだまわりの壁が完了していない状態ですのでイメージしにくいかもしれませんが、

ここから周りに壁を設置していき洗面脱衣場が出来上がっていきます。

 

ユニットバス組み立て施工の様子はわかりやすく動画で見ることができますので

是非こちらもあわせてみて下さいね。

 

 

ちなみに今回のユニットバスの設置は4時間~5時間程度で設置が完了しました。

一般的な住宅でのユニットバスでの交換工事を行う場合はもう少し時間がかかることがほとんどです。

ユニットバス設置の様子や参考記事を是非参考にしてみて下さい。

 

<施工事例>日置市伊集院町で行ったユニットバス・洗面脱衣所・エコキュートのリフォーム工事

<参考記事>お風呂のリフォームどちらを選ぶ?~ユニットバスVS浴槽のみリフォーム~

 

次回はキッチン設置中の様子をご紹介しますのでお楽しみに!

日置市にて中古物件を購入しユニットバスのリフォームを行います

日置市日吉町にて「お風呂・洗面脱衣所・押入れ」のリフォーム工事を行いました。

今回はお風呂のリフォーム工事の様子をご紹介します。

 

ユニットバス施工中の様子

既存の様子はこちらです。

 

鹿児島県日置市のお風呂リフォーム工事

 

在来工法のお風呂でステンレスの浴槽が使われております。

まずはこちらを解体していきます。

 

こちらが解体の様子です。

 

まずは入口のドア部分を解体し、次に床を解体していきます。

専用の道具を使用してタイルやコンクリートを撤去していきます。

 

浴槽を撤去し廃材を外に出していきました。

ある程度撤去が終えてきました。

綺麗に廃材を撤去していきます。

 

次にきれいに廃材の撤去が出来たら、コンクリートを流しこんでいきます。

ユニットバスの土台をしっかりと支えるためにしっかりとコンクリートで床をかため、

傾きがないように施工していきます。

まtあ、この時に給水部分も施工していきました。

 

次にいよいよユニットバスを組み立てているようすです。

 

日置市お風呂のリフォーム設置中

 

まずは、床の骨組みからです。

左に浴槽が設置されていきます。

浴槽を設置し排水を繋こみ、床を設置そして壁のパネルを設置し

最後に天井を設置していきました。

 

こちらは窓部分を施工している様子です 。

既存のお風呂に窓が設置してある家は多いですね。

今回使用したユニットバスは窓の大きさに合わせて枠組みを取り付けていきました。

 

ちなみに、ユニットバスの組み立てはメーカーの責任施工になっております。

 

今回設置したユニットバスとは

 

日置市お風呂のリフォーム工事

 

今回設置させていただいたユニットバスはTOTOのサザナといわれるユニットバスです。

テレビCMでも見られますね。

知っている方も多いのではないでしょうか。

今回は色は違いますが、写真と同じ「Sタイプ」を施工していきました。

 

知っている方も多いですが、今回も「ほっからり床」を使用しております。

他の記事でもTOTOサザナのユニットバス施工をご紹介しております。

是非他の事例も参考にしてみて下さい。

鹿児島市皇徳寺でユニットバスリフォーム工事中の様子

鹿児島市でタイルのお風呂からユニットバスへ取り替える工事を行いましたので

工事の様子を順にご紹介していきたいと思います。

 

まずは解体の様子です。

画質があまりよくありませんが、解体中になります。

 

鹿児島市 ユニットバス 施工中の様子

 

浴槽の撤去を行い、床のタイルを解体していきます。

こちらはまだ解体中の写真ですが、しっかりと清掃をしてタイルなどを外にだしていきました。

 

綺麗に均すと、次に生コン打設を行っていきます。

ユニットバスは大きな箱のようなものです。そのユニットバスを支えるために、床はしっかりと強度があり

安定したものにしていく必要があります。

 

 

しっかりと床の補修を行っていきました。

コンクリートが乾くまでしっかりと乾燥させます。

解体からここまでの作業で早くて1日大体2から3日が必要です。

 

ココから窓の設置の様子をご紹介していきます。

タイルのお風呂からユニットバスに変更する場合、窓の大きさが合わない場合などもあり、

窓を1度撤去して新しいものを設置することもあれば、撤去を行わずに今の窓を生かしながら

ユニットバスを設置する方法とありますが、今回は1度撤去を行い新し窓を設置していきましたので、

設置中の様子をご紹介します。

 

まずは窓を撤去していきます。

 

 

鹿児島市 ユニットバス 施工中の様子

 

枠組みの撤去は行わずにここにカバーをして施工していく工法を使って新しい窓を施工していきます。

 

左の写真は窓枠をカバーして枠組みを作っています。

窓枠が完成すると、窓を取り付けて完成です。

 

それではここからいよいよユニットバスを施工の様子をご紹介していきます。

写真がいきなり飛んでしまうのですが・・・

 

まずは土台から作っていきました。

床、ユニットバスを支えるための土台作りを行い、浴槽からの排水部分を施工していきます。

排水部分が終わると、浴槽、床を設置していきます。

 

次に壁を設置していくための骨組みを施工していきます。

写真は骨組みを作っているところです。

 

 

浴槽部分と床部分にそれぞれ骨組みを設置し、壁を取り付けている様子です。

 

鹿児島市 ユニットバス 施工中の様子

 

ちなみに、設置はメーカー責任施工になりますのでしっかりと技術のある職人が取付を行っていきます。

 

後は入口部分の扉を設置したり、脱衣所部分の補修を行うと完成です。

 

工事の完成の様子や工事にかかった費用、期間などは施工事例からご確認できますので

是非あわせてご覧ください。

ちなみに少し変わったトイレへの取替も同時に行いましたので是非ご覧くださいね。

 

水廻り取替と間取りの変更リフォーム工事in鹿児島県霧島市福山町

鹿児島県霧島市にて水廻りと1階部分の間取りの変更リフォーム工事を行っております。

 

今回はの間取りの変更部分はこちらです!

鹿児島でのリフォーム工事 間取りの変更

 

今回ご紹介させていただくのは「浴室・トイレ・洗面所」があるこの部分の工事の様子です。

鹿児島リフォーム工事 間取り変更の工事

こちらが既存の様子ですね。ここから位置を変更しております。

既存は男性用トイレが設置してありますが、こちらを撤去して共有のトイレに。
トイレの場所も移動。

こちらが新しく変更した部分です。


鹿児島市にて間取り変更のリフォーム工事

いままで狭かった脱衣所を以前より広く確保することができました。

 

ユニットバス・洗面脱衣所・トイレ 工事の様子

工事は解体工事から行っていきます。

まずは既存の洗面台ユニットバス・トイレを解体撤去を行っていきます 。

トイレ部分が浴室の入口になるため、同時既存の壁も解体していきました。

ユニットバスリフォーム 解体中

ユニットバスリフォーム 解体中

 

解体が完了すると、ユニットバスを施工していきます。

ユニットバスの取付方法については「鹿児島市皇徳寺にてユニットバス「シンラ」設置~解体編~」こちらの記事を合わせてご覧ください。

 

ユニットバスの設置完了後の写真がこちらです。

鹿児島でのユニットバス施工中の様子ユニットバスリフォーム

 

 

まわりにしっかりとプラスターボードを使用して壁を設置していきます。

 

その後クロスで仕上げをしていき、洗面台・トイレを設置して完成です。

 

 

 

 

日置市伊集院町で行われたユニットバスの工事風景1日2日目 

日置市伊集院町にてユニットバス・洗面台のリフォーム工事を行いました。

今回は既存の浴室がユニットバスでしたので「ユニットバス」から「ユニットバス」へのリフォーム工事になります。

 

工事一日目

まずは既存のユニットバス・洗面台の解体工事です。

浴室と洗面台の二か所に分かれて撤去を行っています。

 

まずは養生から行っていきます。

養生は、解体していったものを外に出すときに床や壁に傷をつけないようにするためです。

ちなみに、在来工法の浴室解体の場合は解体した破片をバケツに入れ、バケツリレーをしながら外に出していきますが、ユニットバスは現地組み立てしているものになりますので、部品部品を解体していき外に出していきます。

 

ユニットバス・洗面の解体中の写真です。

ユニットバス取り換え工事

 

 

今回はユニットバスからユニットバスのリフォーム工事になります。

パーツをい1つ1つ撤去品しながら解体していきます。

 

工事二日目

 

工事2日目が開始です。
本日はいよいよ新しいユニットバスの施工を開始していきます。

システムバス組み立て

ユニットバスの組み立ては、メーカー専門の方が取り付けを行っていきます。

組み立ての順番は簡単に

「床骨組み→床→浴槽→給排水繋ぎこみ→壁骨組→壁→天井→アクセサリー(鏡や手すりなど)」
多少前後することもありますが、この順番で施工していきます。

取り付けは床の骨組みから浴槽を取り付けしっかりと排水部分をつなげていきます。

 

排水部分をしっかりと繋ぎこんでいかないと後々水漏れが発生してしまったりすることもあります。

 

本日はここまでです!!

鹿児島県のリフォーム工事はエスケーハウスへお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

在来工法(タイルの浴室)からシステムバスへ鹿児島市錦江台にて施工中

先日、浴室改修工事を行いました。
在来工法のタイルの浴室からユニットバスへ施工になります。

 

 

タイルのお風呂からユニットバスへ 施工の様子


いよいよ着工の日になりました。
まずは、解体になります。
長年、使用していた浴室を解体して行きます。
新しい浴室になるうれしさと、ずっと使っていたものが解体される悲しさと
複雑な気持ちになりますね。

 

こちらが既存のお風呂の様子です。

在来工法浴室 既存状況

 

壁床ともに、タイルの作りですね。
システムバスを入れる場合はこちらのタイルや浴槽をすべて取り除いていきます。

 

 

浴室・施工中・解体

 

撤去後の写真です。
床を解体し、浴槽を撤去していきました。

タイルを壊したときの破片がたくさん出ているので、
これを
しっかりきれいに取り除いていきます。

 

撤去が終わると、給水栓・排水口を新しくつなぎこんでいきます。

 

浴室・施工中・土間コンクリート

 

しっかりと給水・排水ともに確保出来たら、
いよいよ、土間コンクリートを打っていきます。

土間コンクリートはシステムバスを施工するにあたってとても重要な作業の一つです。
土間コンクリートは「高さ、平行」をしっかりと守って行わなければなりません。

ココが、あっていないとうまくシステムバスが組めない場合がありますのでこの工程は
慎重に行っていきます。

 

いよいよ、システムバスを施工していきます。
写真が少し空いてしまいますが、こちらがシステムバスの搬入がほとんど終わった状態です。

 

浴室・施工中・ユニットバス組立

 

後は壁の復旧を行っていきます。

ビニールクロスで仕上げ、新しい洗面を取り付けて完成です。

 

 

鹿児島市皇徳寺にてユニットバス「シンラ」設置~洗面所・完成編~

 

こんにちは!
ただいま施工中の「シンラ」の施工ですが、
無事にシンラの据え付けもおわりました。

本日から、壁の復旧とクロスの張り替えを行っていきます。

 ~ 5 ・ 6 日目 ~

まずは外壁の様子です。
窓回りの外壁の色をそろえていくため、塗装を行っていきます。
目地の部分をしっかりとコーキングで埋めていきます。
このグレーのところがコーキングになります。

コーキング

外壁に下地材を塗っていきます。
下地は白色ですので、なかなか写真ではわかりにくいですね。

下塗り

下塗りが終わると上塗りを塗っていきます。
色を合わせて補修のあとがわからないようにきれいに塗っていきます。

上塗り

ここから内装についてです。
洗面脱衣所のクロスを施工していきます。

クロス

今回使用していくクロスは葉っぱの柄で白と緑色が使用されているものです。
清潔感があり素敵でね。

クロスを貼っていきます。

壁紙の間で隙間ができなように、またそこから剥がれていかないように
慎重に塗装を行っていきました。

クロス張り

窓枠に合わせてきれいに切り取っていきます。

クロス張り

洗面台をとりつけていきます。

洗面したの給排水の接続を行っていきす。

洗面台

洗面台の鏡を固定していきます。

鏡とを設置し、洗濯機の上に棚を新設しました。
棚の位置もしっかりと移動ができますので便利ですね。

洗面脱衣所

また洗面にもしっかりと大量の収納がありますので、収納には困りませんね。

それではここから完成した「シンラ」浴室内の写真です。

シンラ 完成

全体

シンラ 浴槽

浴槽

シンラ 完成

ユニットバス 完成

全体

シンラ 施工完了

入口

前の三枚の写真が明かりを全部付けた場合です。
結構明るいですよね。明るすぎて落ち着かない。そんな場合は
下の二枚のように明かりの調節もできますよ。

明るさで浴室の雰囲気が大きく変わるのではないでしょうか。

以上でTOTO 最新のユニットバスの施工完了です。

鹿児島市皇徳寺にてユニットバス「シンラ」設置~組立編~

こんにちは!
先日から着工しております、浴室改修工事「シンラ」の施工!!

さて、それでは「シンラ」とはどういった浴室なのか・・・

シンラとは
8月から新発売されている
「TOTOの最高級のユニットバス

浴槽の形からカラーなど
照明の配置など高級感あふれるものになります。
肩から流れる肩楽湯が冷えやすい肩を温め、リラックスさせてくれます。

詳しい特徴やカラーバリエーションなど
知りたい方はTOTOホームページをご覧ください。

 TOTO シンラ(SYNLA) 

ココから工事の内容です。

~ 工事 3 ・ 4 日目 ~

 

いよいよ、ユニットバス据え付けを行っていきます。

初めに土台から取り付けていきます。

組み立て 土台

浴槽の排水を行うための排水管を接続していきます。
専用の接着剤を使用して取り付けていきます。

排水

ココから浴槽の据え付けを行っていきます。

こちらがポンプになります。
鹿児島初のシンラの据え付けということで
施工もいつもより慎重に説明書を見ながら組み立てていきました。

組立施工

取り付け後の内部です。
コードがたくさんですね。

組立施工

いよいよ壁を組み立てていきます。

組立

壁のパネルはタオル掛けや手すりなどをつけるための加工を
現場で行っていきます。

パネル

パネルをいよいよ取り付けていきます。

組立

窓部分です。

組立施工

浴槽の横のエプロンといわれるところを取り付けていきます。

エプロン組立

浴槽を養生し、工具を片付けて完成です。

組立施工

通常ユニットバスの組み立ては2人で施工し1日で組立が完了していきます。
しかし、今回は3人で2日かかりました。

無事に組立が完了してよかったです!!

明日からは入り口部分の壁の復旧し
クロスの張り替えを行っていきます。

鹿児島市皇徳寺にてユニットバス「シンラ」設置~解体編~

さて、先日は私たちエスケーハウスは浴室改修工事を行っていましたが、
今回はいつもの改修工事とは違います!!
今回設置させていただいたユニットバスは・・・

TOTO新商品「シンラ」

鹿児島県で初!!!
施工させていただきます。
シンラについてはまた、後日ご紹介しますね!


 

~ 工事1日目 ~

いよいよ着工しました。
一日目浴室を解体していきます。

ずっと使用していたお風呂がいよいよ解体。
お客様も新しい浴室になるのが楽しみですが少し寂しそうな様子・・・。

まずは養生をしていきます。

養生

洗面台や洗濯パンを取り外していきます。

洗面脱衣場

浴槽を取り外して、搬出を行っていきます。

浴槽はとても重いので、
男性三人がかりで搬出していきます。

浴槽搬出

浴槽とり外し後です。

解体中

床や浴槽が入っていたところのタイル部分を解体していきます。
処分する廃棄物が大量に出たので、途中ですべて廃棄場に持っていきます。

処分

すべて解体が終了しましました。

解体

工具等すべてきれいに片づけて掃除していきます。

一日目はココで終了です。

~ 工事2日目 ~

 

窓枠を新設していきます。
今回設置した窓は「LIXIL サーモス シリーズ」を使用していきました。

「LIXIL サーモス シリーズ」商品情報はこちら

窓新設

外側です。窓回りの外壁材も新しくなっているので、他としっかり色を合わせて
いくため、後日塗装していきます。

窓廻り補修~窓新設2

土間にコンクリートを流し込みきれいに整えていきます。

土間コンクリート打設

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ