玄関スペース広げるリフォーム工事を姶良市で行っています

 

 

鹿児島県姶良市にて玄関部分の増築を行っております。

既存の玄関はこちらです。

 

玄関増築完成の様子

 

 

今回は玄関を広げるということで既存部分の玄関ポーチ部分まで前と左部分に広げる工事を行っていきます。

玄関を広げ、シューズクロークを新設していきます。

 

まずは広げるために基礎部分を施工していきました。

 

玄関の増築の様子とは

 

 

左部分は基礎を一から施工していきます。

 

 

玄関増築中の様子

 

 

ポーチ部分も新しい基礎部分を立ち上げていきました。

また、既存の柱部分やサイディングボードなどの解体を行っていきます。

 

 

玄関の増築中の様子

 

土台が完成し新しい壁を新設していきます。

 

 

玄関増築部分リフォームの様子

 

 

新しい屋根部分までしっかりと施工し骨組みを施工していきます。

壁の設置を行いながら、玄関ドアまで設置していきました。

 

 

玄関増築中の様子

 

今回使用した「玄関リフォーム」は引き戸を設置していきました。

玄関ドアリフォームを行う際に玄関引き戸にしたいという方が多くいらっしゃいます。

玄関リフォームの扉に関しては「あなたに合った玄関リフォームとは」を読んでみて下さい。

 

下地を施工して防水シートを施工していきます。

このように増築を行っていくと、屋根と壁の隙間などのつなぎ目部分から雨漏れが発生してしまう

可能性がありますので、防止シートをしっかりと隙間なく施工していきます。

しっかりと施工していきます。

 

 

玄関増築部分の様子とは

 

サイディングボードの張りが終わりました。

最後にボードとボードの間にコーキングを入れて外部はこれで完成です。

 

玄関ドア増築の様子

 

以上で玄関ドアの増築リフォームになります。

工事完了後の様子は「施工事例」でご紹介しております。

シューズクロークなどの室内の様子もご紹介しております。

使用している玄関ドアや工事の費用などに関しても詳しくご紹介しております!

 

参考記事:玄関の土間を広げるメリットとデメリット、費用相場を解説!

 

鹿児島市星ヶ峯にて茶色い玄関のリフォーム工事中の様子

 

鹿児島市星ヶ峯にて玄関リフォームを行っておりますので

玄関のドア取替の様子をご紹介します。

 

既存の玄関の様子はこちらです。

 

玄関ドアのリフォーム

 

 

それではこの既存の玄関ドアの撤去から行っていきます。

 

 

まずは写真の通り既存の玄関扉やガラスなどを取り外していきます。

今回はリフォームドアですので窓枠部分の取り外しは必要ありません。

 

次に新しい玄関ドアの外枠を取り付けるための処理を行っていきました。

 

玄関リフォーム中の様子

 

 

新しい外枠を施工して玄関扉を設置すると完成です。

 

 

鹿児島市 玄関リフォーム

 

まだ養生が被っている状態ですが、完成です。

 

玄関ドアの施工は1日で完了しますので、防犯のことも考えるととても安心ですね。

茶色と黄色の外壁がマッチしてとても可愛く仕上がりました。

 

ちなみに玄関ドアを決定していく上でなかなかイメージができないという方の為に

シミュレーションを行うことが来ます。

 

今回行ったシミュレーションがこちらです。

 

専用のアプリを使用して既存の写真に取り付けたい玄関ドアを合成していきました。

実際に取り付けた玄関ドアを見ていただくと分かる通り、しっかり再現できているのではないでしょうか。

 

もちろん色味だけではではなく種類の違った玄関ドアでもシミュレーションは可能です。

しっかりと見比べることで後悔のない玄関リフォーム画できるのではないでしょうか。

 

以上で工事中の様子紹介になりますが、工事完成後のビフォーアフターや

今回使用した玄関ドアに関しても「施工事例」にて詳しくご紹介しておりますので

あわせてご覧ください。

 

また、エスケーハウスのホームページには玄関ドアリフォームに関する記事が豊富に掲載されておりますので

是非参考に読んでみて下さいね。

トップページリフォームのコツにて公開中です。

 

ありがとうございました。

 

 

薩摩川内市全面改修工事玄関据え付けの様子

全面改修工事 玄関据え付けの様子です。

既存の玄関、庇、外壁を撤去していきます。

新設する窓に合わせて柱を立てていきます。

ドアを新設するため土台を立てていきます。

しっかりと固定ができたら、最後に撤去します。

LIXIL の玄関引き戸を設置していきます。

余談ですが・・・

玄関を新しく設置していく際に開き戸か引戸か迷われるかもしれませんが、
気密性・防犯性などを考えると開戸の方が適しているといわれていますが、
開けやすさなどを考えると引戸の方が適していますね。
求めているものやニーズに合わせて選択していきましょう。

まず、一番最初にブチルテープといわれる防水テープを張っていきます。

次に透湿防水シートを張っていきます。

透湿防水シートはその名の通り、水蒸気はシートを通し水はシートを通さない力があります。

1980年代まではアスファルトルーフィングを使用して施工するところが多かったですが、

現在では、高気密高断熱化に伴って、結露を問題と重視されるようになり、水蒸気が建物内に留まらないように

透湿防水シートが現在では主流になっています。

タッカーでしっかりとつけていきます。

透湿防水シートをきれいに張っていきます。

ボードのまわりもしっかりとコーキングで埋めて言います。

いよいよ、塗装に入っていきます。

4面足場を建てていきます。

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ