和室を子供部屋にリフォームするベストな方法とは?

 

「子供部屋をリフォームしたい」

 

そんなとき、どんな方法が良いのか、予算はいくらなのか、気になることがたくさんあるでしょう。

 

この記事では、和室を子供部屋にリフォームする金額やメリットとデメリットなどを紹介します。

 

和室を子供部屋にリフォームするベストな方法

 

リフォームを検討する場合、家庭によって重視する箇所は異なります。

以下では、それぞれのリフォームがどのような人に向いているかを見ていきましょう。

 

価格を重視する人

できるだけ費用を抑えたい方は、和室を活かしたリフォームがおすすめです。

壁紙を張り替えるだけでも、部屋の雰囲気を変えられます。

 

おしゃれな空間にしたい方

小学校の高学年になると大人っぽいデザインに憧れやすいです。

そういった場合は、デザインを変えるリフォームがおすすめです。

 

和室から洋室に帰ることでベッドでの生活が可能となり、

北欧風といったおしゃれな空間に変えられます。

 

マンションの場合はリフォームの制限を確認する

分譲マンションでリフォームできるのは自分が専有している部分のみです。

変更可能な範囲は、建物の構造と管理規約を確認して、

マンションを所持する会社とトラブルにならないよう注意しましょう。

 

和室を子供部屋にリフォームするメリットとデメリット

 

現在使っている和室を、子供部屋としてリフォームにはメリットとデメリットがあります。

リフォームしてから後悔しないよう、メリットとでデメリットを把握しておきましょう。

 

和室を子供部屋にリフォームにするメリット

和室を子供部屋にリフォームするメリットは以下の4つです。

 

  1. 畳の性質を利用できる
  2. 畳からフローリングにすることで掃除がしやすい
  3. 洋室にすることでイメージチェンジができる
  4. 子供のプライバシーが守れる

 

それぞれのメリットを確認していきましょう。

 

畳の性質を利用できる

和室を残したまま子供部屋にする場合、畳を利用しましょう。

畳には弾力性があり、子供が転んだとしても怪我が予防できます

走り回っても、下に音が伝わりにくいため、防音性にも優れています。

 

畳からフローリングにすることで掃除がしやすい

畳をフローリングに交換すれば、床に食べ物や飲み物をこぼしても掃除がしやすいでしょう。

 

普段の掃除も畳に比べれば簡単で、子供自身に任せることもできます。

掃除がまめにできるので、清潔な状態を維持しやすくなります

 

洋室にすることでイメージチェンジができる

和室を洋室にすることで、空間の居心地や雰囲気が変化します。

押入れをクローゼットにしたり、壁紙を変更したりすることで、イメージチェンジができるでしょう

 

子供のプライバシーが守れる

子供部屋を作ることで、1人で寝られるようになったり物の管理ができるようになったりします。

 

子供であってもプライバシーは重要です。

1人で過ごしたいときは、子供のプライバシーが守られます

 

和室を子供部屋にリフォームするデメリット

和室を子供部屋にリフォームするデメリットは以下の4つです。

 

  1. 畳のままだと汚れがつきやすい
  2. フローリングにすると費用がかかる
  3. 部屋を2つに分ける場合、費用と工期がかかる
  4. 部屋にこもりがちになる

 

それぞれのデメリットを解説していきます。

 

畳のままだと汚れがつきやすい

畳は、ジュースやお菓子をこぼした場合に汚れをとるのが大変です。

隙間に入りこんだり、シミができたりするでしょう。

 

子供部屋として畳を利用する場合は汚れ対策も考慮しておきましょう。

 

フローリングにすると費用がかかる

フローリングは、畳を外すだけではなく下地材の設置工事が必要なため、費用がかかります。

畳に比べて汚れにくくはなりますが予算がなければ工事を迷ってしまう部分です。

 

部屋を2つに分ける場合、費用と工期がかかる

1つの和室を2人用の子供部屋にする場合、間仕切りを検討するでしょう。

簡易的な仕切りではなく、壁を作るのなら費用と工期がかかります。

防音性が高く、プライバシーは守られますが、大掛かりなリフォームとなるでしょう。

 

部屋にこもりがちになる

子供部屋は親の目が届かないため、子供が自室にこもってしまう可能性があります。

ご飯は一緒に食べるなど、家族団らんの時間を設けてメリハリがある生活をさせるようにしましょう。

 

和室を子供部屋にリフォームするポイント

 

和室を子供部屋にリフォームするには、小学校の中〜高学年が望ましいです。

身の回りのことが徐々に自分でできるようになる時期だからです。

 

以下では、子供部屋をリフォームするポイントを解説します。

 

適したタイミングと材料を選ぶ

子供部屋の壁や床は、汚してしまっても手入れが簡単な材料が望ましいです。

床ならフローフィング、壁なら安い壁紙がよいでしょう。

リフォームする時期は、物事の分別がつきやすい小学生の時期が望ましいです。

 

子供が使いやすい部屋にする

子供部屋には、物を取り出しやすいように高さが低い家具を設置しましょう。

低い家具であれば、子供が難なく利用できるでしょう。

 

床は、子供が自室で転んだり傷をつけたりすることもあるので、クッションフロアだと安全です。

 

導線を意識する

子供が快適に過ごせる部屋を作るのは大切ですが、家族とのコミュニケーションも欠かせません。

部屋でこもってしまうことを防げるように、

廊下やリビングに行きやすいような導線を確保しましょう。

 

また、毎日の夕食は家族で食べるといったように特定の時間には子供部屋を出るよう促す策も有効です。

 

和室を子供部屋にリフォームする費用や工期

 

和室を子供部屋にリフォームする費用は10〜100万円程度です。

また、工期は1週間〜2ヶ月程度が目安となるでしょう。

 

工程ごとの費用は以下のようになります。

 

 

  • ドアやふすまをリフォーム:8〜15万円
  • 壁と天井のクロスを交換:10〜20万円
  • 間仕切りを設置:1030万円
  • 畳からフローリングに変更:20〜30万円
  • 可動式の壁を設置:3050万円
  • 和室から洋室への改装:50100万円

 

リフォームをする際は、業者が現地調査をして見積もりを提出します。

契約後は、最短で1週間、大規模な工事なら2か月はかかるでしょう。

 

まとめ:和室を子供部屋にするにはリフォームは業者選びが重要!

 

リフォームは、信頼できる業者に依頼しないと、仕上がりが雑になったり、

余計なお金を取られたりします。

よいリフォーム会社を探すには、相見積もりをして業者を比較することが大切です。

 

宮崎県・鹿児島県で手軽に業者選びをしたい人は、大手リフォーム会社のTOTOとLIXILの2社に

表彰された、実績豊富な「エスケーハウス株式会社」にご相談ください。

 

和室に限らない子供部屋リフォームを知りたい方は以下の説明もご確認ください。

子供部屋リフォームを成功させるポイント。費用や期間、事例から学ぼう

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ