カテゴリー

過去の記事

2019.12.31

増築した離れにつながる廊下に求める9つの条件とは?

 

「離れにつながる廊下を作りたい」

「どういった点に注意して作れば良いかわからないので、具体的な内容を知りたい」

 

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、増築した離れへの廊下を作る際に、ポイントとなる9つの条件を紹介します。

一度作ると簡単には作り変えられないため、記事を読んで慎重に工事を進めましょう。

 

増築した離れへの廊下に求める9つの条件とは?

 

増築した離れへの廊下を作る際に求める条件は以下の9つです。

 

  1. 屋根
  2. 廊下の幅
  3. 天井の高さ
  4. 断熱性
  5. 防火性
  6. 防水性
  7. 耐震性
  8. インターネット回線
  9. 増築の申請が必要かどうか

 

建築基準法なども考えつつ、以下では具体的に解説いたします。

 

屋根

離れに行く通路には屋根がなくてもよいと考えてはいませんか。

屋根は、雨を防ぐだけではなく廊下の劣化も防止してくれます。

耐久性にも影響があるため、屋根は必ずつけましょう。

廊下の幅

建物を増築する際に、床面積が10㎡以上になると確認申請が必要です。

また、幅が大きくなるほど費用は高くなります。

そのため機能性と金額面を加味して、大人2人が通れる幅を目安に増築するとよいでしょう。

 

天井の高さ

建築基準法において天井の高さは2.1mが必要と定められています。

このため、廊下の高さは2.1m以上で作りましょう。

身長の高い家族がいる場合は、

圧迫感を感じてしまうことがあるため廊下の天井の高さは2.4m以上がよいでしょう。

 

断熱性

短い廊下であっても、夏は暑く冬は寒くなるものです。

離れだけではなく廊下にも断熱材を入れて、十分に熱対策をしましょう。

廊下が寒いと、離れまで寒くなるおそれがあります。

 

防火性

火災が起きた場合に、離れから母屋に火が燃え移る危険性があります。

設計士と相談しつつ、断熱性に関しては十分な資金をかけて作りましょう。

廊下に衣類を置かないとか物を置きすぎないことで、

避難の際に通路を確保しておくことも重要です。

 

防水性

雨漏り防止のための防水性も重要です。

廊下のメンテナンスを定期的に行い、錆びやひび割れは放置しないようにしましょう。

耐震性

地震大国の日本において耐震性は必須です。

増築した廊下から母屋に甚大な影響が出ることは考えにくいですが、

地震の瞬間に廊下に居るケースは十分考えられます。

 

台風の風量による被害も軽減できますので、

耐力壁を入れるなどして廊下の耐震性は高めておきましょう。

 

インターネット回線(LANケーブル)

離れからインターネットにアクセスする方法は2つあります。

 

  1. 有線でアクセスする方法
  2. 無線でアクセスする方法

 

有線でアクセスする方法は、母屋から離れのパソコンまでケーブルでつなぐ方法です。

注意点としては、屋外用のLANケーブルを使用することでしょう。

屋内用のLANケーブルでは廊下が室内だったとしても劣化するおそれがあります。

 

無線の場合は電波が届くかどうかをチェックしましょう。

 

増築の申請が必要かどうか確認

 

床面積が10㎡以上となる場合、確認申請が必要です。

申請する流れは下記のようになります。

 

  1. 建築士とリフォーム会社を探す
  2. 確認書類の作成
  3. 確認書の提出

 

上記の流れは建築士に相談することをおすすめします。

建築基準法など専門知識が必要ですので、素人が対処すると失敗して増築できないおそれがあります。

 

増築した離れへの廊下にかかる費用相場

 

離れにつながる廊下を作る際は、50〜 200万円を目安にしましょう。

廊下としての最低限の機能だけであれば50万円ほどで工事が可能ですが、

断熱性の工場などを考えると100万円を超えるおそれがあります。

 

まとめ:増築した離れにつながる廊下には手間をかけよう

 

離れにつながる廊下は手間をかけて作ることをおすすめします。

いい加減な作りにすると雨漏りが起こったり、寒すぎたりといった問題が起こるでしょう。

廊下を作る際には専門資格を取得している業者に依頼して、

建築基準法の対策もすることを忘れないでください。

 

離れや廊下ではなく平屋の増築を考えている人には以下の記事がおすすめです。

平屋を増築するメリットやデメリット、費用相場を徹底解説!

  • 【宮崎本社】
    〒885-0005 宮崎県都城市神之山町1990-1
    [TEL]0986-45-9311 [FAX]0986-45-9317
  • 【鹿児島本社】
    〒892-0841 鹿児島県鹿児島市照国町11-20 4F
    [TEL]099-210-7275 [FAX]099-210-7276
  • 【宮崎営業所】
    〒880-0934 宮崎県宮崎市大坪町倉ノ町4412-2
    [TEL]0985-34-9831 [FAX]0985-34-9832
  • 【日置営業所】
    〒899-2504 鹿児島県日置市伊集院町郡9-1
    [TEL]099-272-7755 [FAX]099-272-7758
  • 【鹿屋出張所】
    〒893-0037 鹿児島県鹿屋市田崎町1169-1
    [TEL]0994-43-3515
ページのトップへ