2020.3.30

浴槽のキズの補修方法と費用相場とは?DIYできるのかもご紹介

浴槽キズ

 

「浴槽のキズの補修方法が知りたい」

「浴槽のキズの補修にかかる費用相場がどれくらいか知りたい」

 

浴槽のキズを見つけ、きれいに補修したいとき、このように悩む方も多いことでしょう。

 

物を落としたときのキズや、劣化による剥がれなど、小さなキズでもやはり気になってしまいます。

また毎日使う場所だからこそ、キズが大きくならないかと不安になるはずです。

 

この記事では、浴槽のキズの補修について以下のような情報を解説します。

 

  • 浴槽のキズの補修方法
  • 浴槽のキズの補修にかかる費用相場
  • 浴槽のキズの補修はDIYできるか

 

記事を読んでいただければ、正しい補修方法や修理にかかる費用相場を知ることができ、浴槽のキズ補修の失敗を避けることができるでしょう。

 

浴槽のキズの補修方法とは?

浴槽

 

浴槽にできたキズは、主に「塗装」での補修が一般的です。

ただし、浴槽の素材やキズの程度、また業者によって補修方法は異なります。

 

浴槽のキズは、剥がれやひび割れ、内部に水が浸透してできるふくれなどです。

浴槽のキズは放置していると破損箇所が大きくなり、最終的に塗装では補修できず、リフォームしなければいけない場合もあります。

 

リフォームとなると浴槽の交換が必要となるため、費用も高くなりますし、工期も数日から1週間かかります。

そのため、浴槽のキズは早めに補修するようにしましょう。

 

塗装による補修方法

浴槽のキズを塗装で補修する方法は、破損箇所をパテで埋め、その上から塗装するという流れになります。

 

パテとは、キズやひび割れした箇所に塗る粘土の高い補修剤です。

浴槽のキズは、パテで補修後、浴槽用の専用塗料で塗装することできれいに仕上がります。

 

FRP素材の場合

FRP素材の浴槽のキズを補修する場合、「樹脂ライニング工法」と呼ばれる方法が使われます。

 

FRPとはガラス繊維強化プラスチックでできた素材で、安くてさまざまなスタイルを楽しむことができるため、現在多くの住宅の浴槽でこの素材が使用されています。

 

しかし、20年ほど使用するとひび割れなどが起きてしまうため、定期的な補修が必要です。

 

樹脂ライニング工法とは、キズの箇所を下地処理し、樹脂を使ってキズを補修する方法です。

防水作用のある樹脂を使うことで、内部への浸食を防ぎ、きれいに補修できます。

 

人工大理石の場合

人工大理石の浴槽のキズを補修する場合、キズをガラスマットなどで補修し塗装するFRP素材と同様の樹脂ライニング工法が使われます。

 

人工大理石は合成樹脂で作られているため、経年劣化によりひび割れやふくれが起きやすいのも特徴です。

キズができた場合には早めに修理し、破損箇所が悪化しないようにしましょう。

 

ホーロー素材の場合

ホーロー素材の浴槽は、経年劣化によって変色したりサビが発生しやすいため、補修の際は特別な下地処理後に塗装するという流れになります。

 

ホーロー素材の下地処理を「エッチング」と言い、薬品を使って表面のざらつきやサビを落とします。

 

エッチングをすることで、塗装がきれいに仕上がるだけでなく、キズや剥がれを防ぐことができるのです。

 

エッチング後、キズがあれば補修し、その上から塗装をすれば完成です。

 

ステンレスの場合

ステンレスの浴槽のキズの補修は、補修箇所を整えてからパテで埋め、塗装するという流れになります。

 

ステンレスの浴槽の場合、硬い物を落としたりぶつけたりすることで凹みや小さなキズがつきやすいです。

キズも広がりやすいため、早めに補修し破損箇所が悪化しないようにしましょう。

 

木製の場合

木製の浴槽の場合、キズや腐食によって水漏れが起きた場合、水漏れ個所を防ぐ必要があります。

 

浴槽のすき間を見つけたら、「まきはだ」という木の繊維でできた補修剤を埋めて強化するのが一般的です。

 

またカビが発生している場合は、中性のカビ取り剤で除去します。

 

塗装で補修できないキズとは

塗装で補修できない浴槽のキズとは、損傷がひどく内部まで腐食してしまっている場合です。

 

また穴が大きく開いているなど、補修剤ではカバーできない場合も塗装では補修できません。

 

このように損傷がひどい場合には、補修ではなく浴槽交換のリフォームとなることを覚えておきましょう。

 

浴槽のキズ補修の費用相場

費用

 

浴槽のキズ補修を業者に依頼した場合の費用相場は、10万円前後です。

浴槽の素材にもよりますが、浴槽全体にひび割れが起きている状態であれば15~20万円はかかることになります。

 

ただし、キズが一つだけ、また範囲が狭い場合には5万円前後で済むこともあります。

 

このように、キズの程度や範囲、また業者によって費用は異なるため、業者に依頼する際には費用の内訳をよく確認しておきましょう。

 

業者に依頼する際に注意するポイント

お風呂

浴槽のキズの補修を業者に依頼する際に注意するポイントは、以下の3つです。

 

 

  • 相見積もりする
  • 営業担当者が親切に相談にのってくれるか
  • 施工後の保証があるか

 

 

それぞれの注意点について詳しく解説していきましょう。

 

相見積もりする

業者に依頼する際には、相見積もりをして他社と比較するようにしましょう。

相見積もりとは、同じ条件で数社に見積もりを依頼することです。

 

相見積もりすることで、費用の適正価格を知ることができ、それぞれの業者の施工内容についても詳しく確認できます。

 

無駄な工程はないか、費用は高過ぎないかなど、詐欺に合わないためにも必ずチェックしておきましょう。

 

営業担当が親切に相談にのってくれるか

補修を業者に依頼する際、営業担当が親切に相談にのってくれるかも確認しておきましょう。

 

営業担当が親切に対応してくれるのであれば、その会社は社員教育が行き届いているため、そこで働く職人の質のレベルも高いと言えます。

 

保証があるかチェック

業者へ依頼する際には、施工後のトラブルに対して保証があるかもチェックしておきましょう。

 

補修後、業者の施術ミスによって塗装が不十分であったり、水漏れなどが起きたりする場合もあります。

 

そのような場合にはきちんとアフターフォローがされるのか、保証があるのかを確認しておくと安心です。

 

浴槽のキズの補修はDIYできるか

お風呂

浴槽のキズの補修は、キズの程度にもよりますがDIY可能です。

DIYでの補修も、塗装補修となります。

DIYでの浴槽のキズ補修の流れは、以下のようになります。

 

 

  • 養生
  • パテでキズの補修をする
  • ヤスリをかける
  • 下塗りをする
  • 上塗りをする

 

 

専用塗料やハケ、ローラーなどを用意する際には、必ず浴槽の補修に向いているものを選びましょう。

 

また専用塗料は粘度が高いため、思っているよりも量が必要となります。

塗っている間に塗料が足りなくなったということがないよう、補修する箇所に合わせた量の塗料を用意してください。

 

浴槽のキズの補修をDIYするメリット

浴槽のキズの補修をDIYするメリットには、以下の2つがあります。

 

 

  • 費用が安い
  • 工期が短い

 

 

それぞれのメリットについて詳しく解説していきましょう。

 

費用が安い

業者に補修を依頼した場合には、10万円前後がかかります。

しかし、DIYでの補修の場合、1~3万円ほどで済みます。

 

DIYでの補修は、ハケやローラー、パテや塗料を用意すれば作業費はかかりませんので費用を安く抑えられます。

 

またホームセンターやネット上で補修キットも販売されているので、道具も簡単に手に入ります。

 

工期が短い

DIYで補修した場合、工期は最短で1~2日です。

業者に依頼した場合、施工だけでなくキズの確認や見積もり依頼なども合わせると2~3日は必要となります。

 

DIYで補修すれば、週末など自分の都合がよい日にサッと作業できるのも嬉しいポイントです。

 

浴槽のキズの補修をDIYするデメリット

浴槽のキズの補修をDIYするデメリットは、特殊加工が施されている浴槽や、キズが深い場合はDIYできないということです。

 

特殊加工が施されている浴槽の補修は専門技術が必要となりますし、キズが深い場合にDIYするとさらに悪化させる可能性もあります。

 

無理にDIYで補修すると、水漏れしたり内部の損傷などを引き起こしたりする原因にもなります。

 

またキズの程度によっては浴槽を交換しないといけません。

交換するかどうかの判断は素人には難しいため、キズが多く範囲が広い場合には、業者にチェックしてもらうようにしましょう。

 

浴槽のキズの補修は業者に依頼した方が安心

浴槽のキズの補修は、大理石や特殊加工されている場合だと素人では補修が難しいため、業者に依頼した方が安心です。

 

業者に依頼した方が確実に補修できますし、見た目ももちろんきれいに仕上がります。

 

DIYがあまり得意ではない、浴槽のキズが深い気がする、きれいに仕上げたいという方は、業者に依頼するようにしましょう。

 

まとめ:キズが悪化する前に浴槽補修は業者に依頼しよう

お風呂 浴槽

 

浴槽にキズがあると、気になるだけでなく内部に水が浸透し劣化を早めてしまうため、塗装による補修が必要です。

 

最悪の場合、浴槽のキズが悪化すると補修ではなくリフォームとなり費用もかかるため、早めに補修するようにしましょう。

 

また浴槽のキズ補修はDIYも可能ですが、作業が難しい場合もあるため、業者に依頼する方が確実で安心です。

 

今回の記事を参考に、安心して任せられる業者に依頼しましょう。

浴槽だけではなくフローリングの補修をしたい人は以下で費用を確認してみるのも良いでしょう。

フローリングのリペア(補修)にかかる料金と、費用を安くする対策

  • 【宮崎本社】
    〒885-0005 宮崎県都城市神之山町1990-1
    [TEL]0986-45-9311 [FAX]0986-45-9317
  • 【鹿児島本社】
    〒892-0841 鹿児島県鹿児島市照国町11-20 4F
    [TEL]099-210-7275 [FAX]099-210-7276
  • 【宮崎営業所】
    〒880-0934 宮崎県宮崎市大坪町倉ノ町4412-2
    [TEL]0985-34-9831 [FAX]0985-34-9832
  • 【日置営業所】
    〒899-2504 鹿児島県日置市伊集院町郡9-1
    [TEL]099-272-7755 [FAX]099-272-7758
  • 【鹿屋出張所】
    〒893-0037 鹿児島県鹿屋市田崎町1169-1
    [TEL]0994-43-3515
ページのトップへ