外壁・屋根塗装施工事例
2022/9/19 更新

PAINT

宮崎市にて築30年33坪の外壁塗装・屋根塗装が完成

ビフォーアフター

Before

施工前

After

施工後

工事基本情報

施工内容 屋根・外壁・付帯部塗装工事 施工期間 3週間
築年数 30年 建坪 33坪
工事費用 100万~120万円 保証年数 屋根:3年 / 外壁:10年

 

 

施工前

 

こちらが実際に外壁の既存の様子です。

お客様が気になっていたがこちらのチョーキングの劣化の様子です。

 

 

チョーキング現象は写真の様に実際に手で触ると手に白い粉が付着します。

チョーキング現象は外壁の劣化を見分ける一番簡単な方法です。

外壁の劣化が気になる方はサッと手で触ってみるとすぐわかります。

 

しかしながら、外壁の種類によってはコーキングが発生しないこともあります。

「あれ?チョーキングが出ていないから大丈夫」って思っている方も 外壁材は劣化している

こともありますので建ててから10年以上メンテンナンスをしていない方は一度点検が必要です。

 

 

また今回の現地調査にて気になったのがコーキングの劣化です。

コーキングはサイディングの間に施工されており、内部への水の侵入を防ぎます。

実際のコーキング劣化部分がこちらです。

 

 

コーキング部分が痩せて劣化が分かります。

コーキングは家全体で100m以上施工されている物件も多く施工する際2階の壁の施工は

仮設足場の設置が必ず必要の為塗装と合わせて施工することが一般的です。

 

 

施工前の様子

 

こちらが実際に施工している施工中の様子です。

 

こちらが仮設足場設置の様子です。

 

 

 

大きなトラックを使用して搬入していきます。

 

 

 

 

 

屋根から外壁にかけて高圧洗浄の汚れをきれいに洗い流していきます。

チョーキング現象で発生した粉をこちらの高圧洗浄できれいに洗い流していくことで

後々の塗膜の剥がれや膨れにつながる密着不良を防ぐことにつながります。

 

 

 

こちらが実際の屋根塗装中の様子です。

今回使用した塗料は「プレミアムルーフsi」を施工しました。

 

エスケープレミアムルーフは外壁材に使用する塗料と同じシリーズの塗料を使用して施工していきました。

 

 

 

 

こちらがコーキング施工中の様子です。

 

縦目地のコーキングは一度撤去を行い新しいコーキングを施工しました。

写真は表面がきれいに滑らかになるようにきれい抑え込みをおこなっていきます。

 

 

 

 

こちらが外壁塗装工事中の様子です。

外壁塗料は「下塗り→中塗り→上塗り」の順で施工していきます。

 

 

使用する塗料はプレミアムシリコンを施工していきました。

プレミアムシリコンはシリコン樹脂を使用しており、更にラジカルの発生を抑制する機能があり

従来のシリコン樹脂塗料は耐久性10年程度と入れておりましたが

エスケープレミアムシリコンは15年といわれており、ランニングコストの削減にもつながる塗料になります。

 

 

 

最後に付帯部部分の塗装の様子です。

軒天や雨樋の塗装まで行います。

軒天の塗装は外壁材と同じ色を使用する場合や白系の明るい色を施工することがほとんどです。

 

場合によっては全く違う色を使用してアクセントとして施工することもあります。

 

 

 

 

 

 

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ