倉庫塗装や工場塗装の費用相場や経費削減策、注意点、事例を紹介

倉庫や工場を維持していくためには、定期的に塗装をおこなう必要があります。

しかし「工事費用がかかる」「塗装時期が分からない」などの理由で、

塗装工事を先延ばしにしている人も多いでしょう。

 

塗装の寿命は約10年で、経年劣化により塗料の表面が剥がれて機能性が失われます。

放っておくと雨風や外気温などの外部刺激で建物が傷むだけではなく、雨漏りが原因で機械の故障や

商品の破損につながる恐れもあります。

 

それだけ倉庫や工場の塗装は重要性が高いものと言えるでしょう。

 

この記事では、倉庫や工場の塗装が必要な理由、費用相場や経費削減策、

塗装工事の事例などを詳しく説明します。

倉庫や工場を長く良い状態で維持していくための参考にしてください。

 

倉庫や工場を塗装するメリットとデメリット

 

倉庫や工場は一般住宅に比べて建物が大きいため塗装工事の費用が高くなるデメリットがありますが、

それ以上のメリットが得られます。

倉庫や工場を塗装する場合は、メリットとデメリットを把握することが大切だということを

覚えておきましょう。

 

塗装するメリット

倉庫や工場を塗装することで得られるメリットは多くあります。

 

  • 外観がきれいになる
  • 環境問題が改善される
  • 建物の劣化を抑制する(資産価値の維持)
  • 雨漏りから機械や商品を守る
  • 雨漏りにより転倒事故を防ぐ
  • 従業員のモチベーションアップにつながる
  • 大規模リフォームより安価

 

上記のメリットの中から「3つのメリット」に着目して具体的に解説します。

 

見栄えが良くなる

倉庫や工場を塗装するメリットの1つめは、見栄えが良くなることです。

 

外観は会社の「顔」となる重要な部分です。

塗装が剥げていたり錆びついたりした外観では、

手入れが行き届いていないといった悪い印象を与える可能性があります。

 

倉庫や工場の塗装をすることで見栄えが良くなり、会社のイメージアップにつながることが

メリットです。

さらに相乗効果として、職場がきれいになることで従業員のモチベーションがアップし、

業績の向上も期待できるでしょう。

 

外壁や屋根の劣化を抑制できる

倉庫や工場を塗装するメリットの2つめは、外壁や屋根の劣化を抑制できることです。

 

外壁や屋根は「塗料の膜」で覆うことにより雨風や外気温、紫外線などの外部刺激から守られています。

しかし「塗料の膜」は約10年で剥がれてしまい、外壁や屋根を守る機能を果たせなくなります。

外部刺激を直接受けることで外壁や屋根の劣化が進み、建物全体の寿命を縮めることになるでしょう。

 

定期的に塗装をすることで外壁や屋根の劣化を抑制でき、

建物全体を守ることができるのが工事をするメリットです。

 

さらに外壁や屋根、建物全体の劣化を抑制できれば、資産価値の維持にもつながります。

倉庫や工場を塗装することは、大切な資産を守る役割も担っていると言っても過言ではありません。

 

カバー工法や張り替えより安い

倉庫や工場を塗装するメリットの3つめは、カバー工法や張り替えより安く工事ができることです。

外壁工事には「塗装」「カバー工法」「張り替え」の3種類があります。

それぞれの工事内容は下記の表のとおりです。

 

 

「カバー工法」や「張り替え」は、「塗装」に比べて作業が多く手間がかかる工事です。

工事には新しい外壁材も必要になるため、工事費用が高くなります。

 

外壁塗装は費用がかかるというイメージがありますが、

「カバー工法」や「張り替え」より安い費用で工事ができることがメリットです。

適した時期に「塗装」することでメンテナンス費用を抑えることが可能なため、

経費削減にもつながります。

 

塗装するデメリット

倉庫や工場を塗装するデメリットは、工事費用がかかることです。

塗装工事を先延ばしにする理由としても多くあげられ、最大の問題とも言えるでしょう。

 

以下では、工事費用がかかるいくつかの要因を説明します。

 

工事費用がかかる

倉庫や工場の塗装費用がかかる要因は主に2つあります。

 

  1. 一般住宅に比べて建物が大きい
  2. 倉庫や工場に適した塗料の価格が高い

 

1つめの要因は、一般住宅に比べて建物が大きいことです。

塗装工事は建物面積に応じて費用が変わるため、建物が大きい倉庫や工場の塗装は材料費や人件費、

足場費用などがかさむことで工事費用が高くなります。

 

2つめの要因は、倉庫や工場に適した塗料の価格が高いことです。

倉庫や工場は熱を通しやすいトタン屋根や鉄製屋根を使用していることが多いため、

熱を反射させる遮熱塗料が適しています。

遮熱塗料はスタンダードなシリコン塗料に比べて価格が高いため、材料費がかさみます。

 

また、塗装後も「塗料の膜」が剥がれてきたら再度塗装する必要があります。

塗装の寿命は約10年なので、定期的にメンテナンス費用がかかることもデメリットです。

 

倉庫や工場の塗装で使う塗料の種類は「遮熱塗料」

 

倉庫や工場には「遮熱塗料」が使用される理由は2つあります。

 

  1. 日当たりの良い場所に建てられていることが多い
  2. 熱を通しやすいトタン屋根や鉄製屋根を使用していることが多い

 

これらの理由により、倉庫や工場には熱を反射させる「遮熱塗料」が使用されます。

以下では遮熱塗料の特徴と、おすすめの遮熱塗料3つを紹介します。

 

遮熱塗料の特徴

遮熱塗料の特徴は下記の表のとおりです。

 

 

これらの特徴により、倉庫や工場の塗装には遮熱塗料が適していると言えます。

 

おすすめの遮熱塗料

遮熱塗料はさまざまなメーカーから発売されており、種類も豊富です。

メーカーによって特徴も異なるため、どの遮熱塗料を選べば良いか悩む人も多いでしょう。

以下では、おすすめの遮熱塗料3つを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

サーモアイ

おすすめの遮熱塗料の1つめは、日本ペイント株式会社の「サーモアイ」です。

 

日本ペイント株式会社の調査で、室内温度が4度も下がると実証されたほど遮熱効果が優れており、

省エネと節電に貢献する屋根用遮熱塗料です。

 

サーモアイシリーズの中でも「サーモアイ4F」は特に優れた遮熱効果をもっています。

上塗りと下塗りで遮熱をおこなう独自の「ダブル反射」により、

遮熱効果を最大限に引き出すことが可能です。

 

クールタイト

おすすめの遮熱塗料2つめは、エスケー化研株式会社の「クールタイト」です。

「クールタイト」は特殊顔料により熱を反射させ、建物に吸収される熱量を減らしてくれる

屋根用遮熱塗料です。

 

エスケー化研株式会社の調査で室内温度が4.6度も下がると実証されたことから、

いかに熱が吸収されにくいかが分かります。

さらに、特殊セラミック成分により屋根に汚れが付きにくいため、遮熱効果が長期間維持できることも

特徴のひとつです。

カビや藻の発生を防ぐ効果も優れているため、屋根の劣化抑制にもつながります。

 

ガイナ

おすすめの遮熱塗料3つめは、株式会社日新産業の「ガイナ」です。

テレビでも紹介されたことのある「ガイナ」は、

遮熱効果以外にもさまざまな効果をもつことが特徴の機能性塗料です。

 

  • 寒さ対策(断熱・保温効果)
  • 暑さ対策(断熱・遮熱効果)
  • 騒音対策(遮音・防音効果)
  • 臭い対策(室内空気改善効果)
  • その他(防露・耐久・安全・不燃効果)

 

屋根以外にも外壁や内壁にも塗装可能で、求める効果によって塗装する場所を変えられます。

そのため、倉庫や工場の遮熱だけではなく建物内の臭いや結露防止にも使用できるため、

幅広い悩みに対応してくれる塗料とも言えるでしょう。

 

倉庫や工場の塗装費用の相場

 

倉庫や工場の塗装費用は、一般住宅と同じように面積と塗料の種類によって決まります。

以下では、倉庫と工場のそれぞれの費用相場を説明します。

塗装工事を検討する際の目安として参考にしてください。

 

倉庫の塗装価格

30坪~50坪の倉庫を塗装する場合の価格はおよそ60万~100万円です。

 

以下の表は、倉庫の塗装に適している「遮熱塗料」と、スタンダードな「シリコン塗料」の

価格を足場費用・下塗り費用を含めた費用相場で比較したものです。

 

 

工場の塗装価格

100坪~300坪の工場を塗装する場合の価格はおよそ200万~600万円です。

 

以下の表は、工場の塗装に適している「遮熱塗料」と、

スタンダードな「シリコン塗料」の価格を、足場費用・下塗り費用を含めた費用相場で

比較したものです。

 

 

倉庫・工場ともに遮熱塗料とシリコン塗料の価格に差がないため、倉庫や工場に適した遮熱塗料で

塗装することをおすすめします。

 

倉庫や工場の塗装費用を削減する方法

倉庫や工場を塗装するにはそれなりの費用がかかります。

しかし、塗装の重要性を理解しているからこそ「なるべく費用を抑えて塗装したい」と

考える人は多いでしょう。

 

以下では、倉庫や工場の塗装費用を削減する方法を3つ紹介します。

 

DIYをする

倉庫や工場を塗装するための材料や道具を揃えれば、DIYで塗装することも可能です。

しかし、塗装は手間や日数を要するため、建物が大きいほどDIY塗装は難しくなります。

 

また、錆びがひどい・ひび割れが起きているなど外壁の劣化がはげしい場合は、

DIY塗装をおこなわないほうが良いでしょう。

正しい手順で塗装しなければ、どれだけ塗料を塗り重ねたとしてもメンテナンスにはなりません。

 

DIY塗装は「費用削減にはなるがデメリットが多い」という特徴があります。

建物の大きさや劣化状況によっては、業者に依頼するほうが安心・確実と言えます。

 

自社施工をしている業者に依頼する

自社施工をしている業者に依頼することで、塗装費用の削減が可能です。

例えば、足場工事を自社でおこなっていない場合、外部業者に委託するため仲介費用が発生するため

工事費用が高くなります。

 

しかし、自社施工の場合はすべての工事を自社でおこなえるため、

その分費用を抑えることが可能です。

倉庫や工場の塗装を依頼する際は、自社施工している業者かどうかをポイントにして

選ぶと良いでしょう。

 

必要最低限の性能がある安い塗料を使う

塗料のグレードがアップするにつれて費用も高くなります。

下記の表は、100坪の倉庫・工場を塗装した場合にかかる費用を、塗料のグレード別で

比較したものです。

 

 

塗料のグレードによって工事費用は大きく変わり、ウレタン塗料とフッ素塗料では,

約61万円の差があります。

 

求める効果と工事費用を考慮して、必要最低限の性能がある安い塗料を使うことで

費用を削減することが可能です。

 

倉庫や工場の塗装に適した時期の見きわめかた

 

適した時期に塗装をおこなうことで、塗料の効果を最大限に発揮することができます。

どのような状況が塗装に適した時期なのかを説明します。

 

年数を目安にする

塗料にはそれぞれ耐用年数があります。

 

 

上記の表を参考にして、倉庫や工場の塗装に適した時期を見きわめましょう。

 

劣化具合で判断する

塗装工事は、塗料の耐用年数に関係なく劣化具合によっておこなう必要があります。

どのような劣化で塗装工事が必要になるかを覚えておきましょう。

 

チョーキング

 

外壁をさわるとチョークのような白い粉がつくことを「チョーキング現象」と呼びます。

「チョーキング現象」は、塗料の性能が低下することで顔料が粉化して起こる劣化現象です。

チョーキングが発生すると塗料の機能が失われるため、塗装工事が必要な時期と言えます。

 

ひび割れ

 

外壁のひび割れの原因は、経年劣化や欠陥工事、建物の構造欠陥などがあります。

放っておくと雨漏りや建物の劣化につながり、建物に大きな影響をおよぼす可能性があります。

外壁のひび割れを発見した場合は、塗装工事が必要な時期と言えます。

 

塗膜のハガレ

 

塗膜とは、その名のとおり「塗料の表面にある膜」のことです。

塗膜のハガレは経年劣化で起こることがほとんどですが、耐用年数より短い時期に起きた

場合は施工不良の可能性もあります。

 

塗膜のハガレにより雨風や紫外線から外壁や屋根を守ることができなくなり、

建物にダメージを与えてしまいます。

放っておくと雨漏りや建物内部が腐食し建物の耐久性が失われる恐れがあるため、

塗膜のハガレを発見した場合は、塗装工事が必要な時期と言えます。

 

倉庫や工場における塗装工事の事例をチェック!

 

話を聞くだけでは塗装工事のすべてを理解することは難しく、

十分な理解を得てない状態で依頼をするのは不安が隠せないでしょう。

 

以下では「工場の折半屋根塗装の事例」を紹介します。

事例を見ることで塗装工事のイメージが湧きやすくなるため、

倉庫や工場の塗装工事を検討している人の参考になれば幸いです。

 

 

塗装工事依頼のきっかけ

夏場は工場内の温度が非常に高くなり、暑い中作業する従業員の苦労をなんとかしてあげたいと

考えたことが塗装工事を依頼したきっかけです。

 

 

施工前の屋根状態

屋根全体に錆びがひどく、屋根自体が劣化していました。放っておけば穴が開いて雨漏りが

起こる状態です。

 

塗装工事の内容

高圧洗浄後、折半屋根を固定しているボルトの回りやつなぎ目などを簡易的な防水効果を得るために

コーキングで補修します。

 

ヤスリや専用の電気器具を使用し錆びや汚れを落とす作業(ケレン作業)をします。

ケレン作業が不十分だと屋根と塗料の密着が悪くなり、2年程で剥がれてしまう可能性があるため、

慎重かつ丁寧に作業します。

 

錆びや汚れを落とした屋根に錆び止め塗装をし、遮熱塗料を2回塗装します。

今回使用した「クールタイトF」は建物に熱を通しにくい遮熱塗料で、

工場内の温度の上昇を防いでくれる効果が期待できます。

 

 

完成

施工前と施工後の屋根を見比べると一目瞭然のきれいな仕上がりで、

お客様にも大変喜んでいただけました。

 

今回の遮熱塗料をした屋根塗装工事で、悩まれていた「工場内の暑さと従業員の苦労」を

改善するお手伝いができてよかったです。

 

倉庫や工場を塗装する際の工期

 

倉庫や工場を塗装する際の工期は2週間~1か月です。

上記は100~200坪の倉庫や工場を塗装する際の目安で、塗装する面積が大きいほど工期は

長くなります。

 

倉庫や工場を塗装するときの注意点

倉庫や工場を塗装するときの注意点は以下の3つです。

業者への依頼もスムーズにおこなえるため覚えておきましょう。

 

倉庫や工場に適した塗料を選ぶ

塗装は、グレードが高い塗料を使用すれば良いというわけではありません。

劣化状況や問題点に適した塗料を選ぶことが大切です。

 

 

塗料の種類はたくさんあるため、適した塗料を自分で判断することは難しいでしょう。

業者と相談して劣化状況や問題点に適した塗料を選びましょう。

 

相見積もりをする

塗料の種類や工事内容が適しているか判断するために、相見積もりをすることをおすすめします。

 

また、悪徳業者に依頼した場合は高額な工事費用を請求される恐れがあるため、

見積もり内容を十分に確認するようにしましょう。

相見積もりをすることで、悪徳業者へ依頼するリスクも減ります。

 

施工実績が多い業者を選ぶ

施工実績が多く、安全管理が徹底している業者を選ぶようにしましょう。

施工実績が多い業者は経験が豊富で施工技術が高いため、

塗料の効果を十分に発揮できる仕上がりになります。

 

近隣会社や住民にさまざまな影響や危険をおよぼす可能性もあるため、

配慮ができるかどうかも大切なポイントです。

施工前の工事あいさつや工事内容の説明をして不安を取り除くことで、

クレームを防ぐことが期待できます。

 

また、天候が悪化しているにも関わらず塗装を続けている業者は、

お客様のことよりも人件費がかさむことばかり気にしている業者のため注意が必要です。

以上の影響や危険を配慮し、安全・丁寧に作業できる業者に依頼することが大切です。

 

まとめ:倉庫や工場を塗装するのなら信頼できる遮熱塗料を使おう!

倉庫や工場は、日当たりの良い場所に建てられていることが多く、

熱を通しやすいトタン屋根や鉄製屋根を使用していることがほとんどです。

 

そのため、外壁や屋根が劣化すると建物内の温度が高くなり、

従業員への支障や光熱費がかかるなどの影響が出てしまう恐れがあります。

 

倉庫や工場の塗装は、さまざまな影響から建物と従業員を守るための重要な工事と言えます。

遮熱塗料で塗装をして快適な作業環境を作りましょう。

 

工場の床塗装について知りたい人は以下も読んでみてください。

工場の床は塗装で安全性と生産性がアップする! 費用の目安と工期について

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ