【宮崎県宮崎市】清武町にある33坪の住宅で窯業系サイディングを弾性スーパーセラタイトFで塗装していきます!

今回は、宮崎市の清武町にある33坪の住宅で外壁や付帯部塗装を行っていきます!

外壁は窯業系サイディングですので同じ材質を使っている住宅の方は参考になるでしょう。

今回ご紹介する内容は以下です。

・外壁の高圧洗浄

・外壁のシーリング補修

・外壁塗装

・軒天塗装

・雨樋塗装

・雨戸塗装

30〜35坪程度の住宅を塗装したい方はぜひチェックしてみてください。

 

33坪の住宅で外壁の高圧洗浄を行います!

【宮崎県宮崎市】清武町にある33坪の住宅で窯業系サイディングを弾性スーパーセラタイトFで塗装していきます!高圧洗浄洗い流し_1_確定

サイディング外壁を高圧力の水道水で洗浄している様子です。

高圧洗浄を行うことで外壁の汚れを落とし、塗料が密着しやすくなるメリットがあります。

高圧洗浄をしないで塗装をすると汚れやホコリが下地と塗料のあいだに入り込み、塗膜の寿命が短くなってしまうでしょう。

前回のメンテナンスから短期間で塗装をする場合を除き、基本的に高圧洗浄は必要な作業です。

 

33坪の住宅で外壁のシーリング補修をしていきます!

【宮崎県宮崎市】清武町にある33坪の住宅で窯業系サイディングを弾性スーパーセラタイトFで塗装していきます!シーリング完了_1_確定

外壁のシーリング作業をしている様子です。

シーリングとは、外壁の隙間や目地をうめるための補修材です。

シーリングがないと外壁の隙間から浸水したり、外壁同士のきしみや衝撃を緩和できずにサイディングが破損したりするおそれがあります。

シーリング補修には、以下の工程があります。

・既存のシーリングをカッターで剥がす

・マスキングテープで養生する

・プライマーを塗布する

・シーリング材を充填する

・ヘラで平らにする

施工後のシーリングは上記写真のようになります。

乾燥するまで2〜3日程度かかるため、そのあいだは外壁の塗装はできません。

 

サイディング外壁の塗り替えをしていきます!

【宮崎県宮崎市】清武町にある33坪の住宅で窯業系サイディングを弾性スーパーセラタイトFで塗装していきます!外壁上塗り_1_確定

シーリング処理が終わったらいよいよ外壁の塗装です。

外壁では下塗り、中塗り、上塗りの3工程があります。

下塗りではエスケー化研株式会社の「水性SDサーフエポ」を利用しました。

厚みのある下塗り材で、凹凸があるサイディング材でも塗りそこねが起こりにくいメリットがあります。

また、補修しなくても小さな傷を下塗り材だけで目立たないようにできます。

水性のため悪臭が少なく、人体への影響も溶剤系塗料に比べて小さいです。

中塗り・上塗りでは同じくエスケー化研株式会社の「弾性スーパーセラタイトF」を利用しました。

高性能なフッ素塗料で、塗膜が長持ちする特徴があります。

一般的に中塗りと上塗りでは同じ塗料を使います。

同じ塗料を2度塗りすることで高い耐久性を確保する目的があるのです。

 

33坪の住宅で軒天の塗装をしていきます!

【宮崎県宮崎市】清武町にある33坪の住宅で窯業系サイディングを弾性スーパーセラタイトFで塗装していきます!軒天上塗り_1_確定

ご紹介が遅れましたが、今回は外壁の塗装より前に軒天を塗っています。

軒天とは、屋根の裏側に存在する天井部分のことです。

写真の右上にある白い部分が該当します。

軒天は塗装する際に外壁に塗料が飛散しやすいため、外壁塗装よりも先に行うことが多いです。

また、塗る色は白系が一般的でしょう。

天井部分のため光が当たりにくく、軒天は暗く見えることが理由です。

白系で塗装すれば光を反射して少しだけ明るく見えるメリットがあります。

 

33坪の住宅で雨樋を塗装していきます!

【宮崎県宮崎市】清武町にある33坪の住宅で窯業系サイディングを弾性スーパーセラタイトFで塗装していきます!雨樋上塗り_1_確定

軒天の次は雨樋のご紹介です。

雨樋は屋根の雨水を地上まで流すための受け皿やパイプのことです。

今回は雨樋を黒系で塗装しました。

雨樋は破損しやすい部位のため、外壁塗装のタイミングで点検し、塗り替えもして長持ちさせましょう。

 

33坪の住宅で雨戸を塗装していきます!

【宮崎県宮崎市】清武町にある33坪の住宅で窯業系サイディングを弾性スーパーセラタイトFで塗装していきます!雨戸上塗り_1_確定

最後にご紹介するのが雨戸です。

窓を保護する板のことで、近年ではシャッターの形状をしていることが多いです。

今回の雨戸は取り外しが可能だったため、移動して別の場所で吹き付け塗装をしています。

雨戸は複雑な形状をしているため、吹き付け塗装をする場合が多いです。

 

以上が、宮崎県宮崎市の清武町にある33坪の住宅で窯業系サイディングを弾性スーパーセラタイトFで塗装していった事例です。

他の工事状況をチェックしたい方はただいま施工中もご覧ください。

【鹿児島地域】サイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装していきます!

今回の鹿児島県の現場では、サイディング外壁と瓦屋根の塗装をしていきます。

ご紹介する工程は以下です。

・外壁の高圧洗浄

・シーリング補修

・外壁の下塗り

・外壁の中塗りと上塗り

・屋根の下塗り

・屋根の中塗りと上塗り

鹿児島県で外壁や屋根の塗装を検討している方は、塗り替え工事の参考にしてみてください。

 

鹿児島県の住宅でサイディングの高圧洗浄を行っていきます!

【鹿児島地域】サイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装していきます!高圧洗浄洗い流し_1_確定

サイディング外壁を高圧力の水で洗っている様子です。

高圧洗浄を行うことで汚れやホコリを落とせるため塗装の膜が剥がれにくくなります。

高圧洗浄をするためには先に足場の設置とシート養生が欠かせません。

足場がなければ安定した場所での作業ができず時間がかかりますし、シート養生がなければ汚れた水が近隣に飛散してしまいトラブルを招きます。

高圧洗浄作業はおおよそ半日程度で完了します。

乾燥作業や養生作業もあるためその日のうちに塗装することは滅多にありません。

 

鹿児島県の住宅でサイディングのシーリング補修を行っていきます!

【鹿児島地域】サイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装していきます!シール充填_1_確定

次はシーリングの補修のご紹介です。

シーリングとは、サイディングの目地部分に細長く埋め込まれているゴムのような素材です。

作業時は流動性がある固体ですが、乾燥すると固まってゴムのように伸縮性がある素材となります。

今回は、既存のシーリングを剥がして下塗りをしてから新しいシーリング材を充填する「打ち替え」で工事をしています。

このほかにも、既存のシーリング材の上から重ね打ちする「増し打ち」があります。

シーリングは乾燥までに2〜3日ほどかかるためそのあいだは塗装ができません。

 

鹿児島県の住宅でサイディングの外壁を下塗りしていきます!

【鹿児島地域】サイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装していきます!外壁下塗り_1_確定

高圧洗浄とシーリング補修が終わったら塗装作業です。

まずは下塗り材で塗装していきます。

今回使ったのは厚みがある白い下塗り材で、凹凸があるサイディング外壁でも塗り忘れしにくい特徴があります。

下塗り材は外壁の素材によって使い分けます。

新築のモルタル外壁に塗装する場合はシーラーと呼ばれる透明な材料を使うことが多いでしょう。

 

鹿児島県の住宅でサイディングの外壁を肌色に塗装していきます!

【鹿児島地域】サイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装していきます!外壁上塗り_1_確定

下塗りが完了したら中塗り・上塗りです。

中塗りと上塗りでは同じ塗料を使います。

今回は外壁を肌色に塗装していきます。

塗りそこねがあると下塗りの白が見えてしまうため、もれなく塗装していきました。

同じ塗料を2回塗ることで厚みのある塗膜を作り、塗装が剥がれにくくなるのです。

今回はローラー塗りですが、塗装面積が多い場合や使う塗料の種類によっては吹き付け塗装を行います。

吹き付け塗装とは、塗料を外壁に吹き付ける工法で、複雑な形状の素材でも塗装できるうえ、仕上がりが綺麗になるメリットがあります。

 

鹿児島県の住宅で瓦屋根を下塗りしていきます!

【鹿児島地域】【鹿児島地域】サイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装していきます!屋根下塗り_1_確定サイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装していきます!

次は屋根塗装のご紹介です。

屋根塗装も外壁と同様に下塗りからはじまります。

屋根に使う下塗り材は透明なシーラーです。

仕上げ塗料との密着性を高める役割があります。

 

鹿児島県の住宅で瓦屋根を緑色に塗装していきます!

【鹿児島地域】サイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装していきます!屋根上塗り_1_確定

屋根の中塗りと上塗りの光景です。

今回は瓦屋根を緑色に塗装していきました。

ローラー塗りをしていますが、複雑な形状の瓦屋根の場合は吹き付け塗装することが多いです。

なお、上記写真の左下にある部位は金属製ですが、職人が塗装しているのは瓦です。

下地素材が異なるため、下塗り塗料を使い分けることがあります。

特に金属製の部位は錆止めを使わないと錆びるため施工時には注意が必要です。

 

以上が、鹿児島地域でサイディング外壁を肌色に、瓦屋根を緑色に塗装した事例です。

他の工事もチェックしたい方はただいま施工中でご紹介していますのでぜひご覧ください。

 

【鹿児島県鹿児島市】伊敷台にある住宅でサイディング外壁とスレート屋根を塗装していきます

鹿児島市の伊敷台にある住宅で塗装工事を実施していきます。

今回紹介する工程は以下です。

  • 外壁と屋根の高圧洗浄
  • 外壁のシーリング施工
  • スレート屋根の塗装
  • サイディング外壁の塗装

それぞれの工程を確認して、ご自宅の塗装工事の参考にしてみましょう。

 

サイディング外壁とスレート屋根の高圧洗浄をしていきます

【鹿児島県鹿児島市】伊敷台にある住宅でサイディング外壁とスレート屋根を塗装していきます高圧洗浄洗い流し_1_確定

外壁を高圧洗浄機で洗っている様子です。

高圧力の水によって汚れやホコリを除去して塗装の付着性を高めています。

高圧洗浄作業を行わない場合、塗料が剥がれやすくなります。

業者によっては「高圧洗浄なんて必要ない」と語るケースもあるようですが、室内や新品の壁を塗装するといった場合を除けば高圧洗浄は欠かせません。

高圧洗浄には水道水ではなく洗浄剤を使った「バイオ洗浄」があります。

バイオ洗浄は、外壁や屋根にカビが繁殖していて落としきれない場合に利用することが多いです。

 

サイディング外壁のシーリング施工をしていきます

【鹿児島県鹿児島市】伊敷台にある住宅でサイディング外壁とスレート屋根を塗装していきますシール充填_1_確定

洗浄後の外壁にシーリングを充填する作業です。

シーリングは外壁同士の緩衝材や隙間を埋める防水材として必要です。

7〜10年程度で補修が必要な部材のため、塗装の際に交換しておきましょう。

シーリングの補修には、「増し打ち」と「打ち替え」の2種類があります。

増し打ちは既存のシーリングの上から新しいシーリング材を重ねるため費用が安いですが、剥がれやすくなります。

打ち替えは、既存のシーリングを剥がしてから新しいシーリング材を充填するため費用は高いものの剥がれにくくなるでしょう。

基本的に外壁の塗装時には打ち替えで工事をします。

打ち替えの場合、以下の手順で施工していきます。

  1. 既存のシーリング材をカッターで剥がす
  2. マスキングテープで養生する
  3. プライマーを塗る
  4. シーリング材を充填する
  5. ヘラで平らにする
  6. 養生を剥がして乾燥させる

増し打ちの場合は、既存のシーリング材をカッターで剥がす作業がありません。

 

スレート屋根を塗装していきます

【鹿児島県鹿児島市】伊敷台にある住宅でサイディング外壁とスレート屋根を塗装していきます屋根下塗り_1_確定

まずはスレート屋根の下塗りを吹き付けで行なっていきます。

吹き付けとは、塗料を勢いよく噴射して塗装する工法です。

広範囲を効率的に塗って作業期間を短縮できるメリットがあります。

下塗りは塗料の密着性を高める役割があるため塗装の寿命を延ばすために欠かせません。

屋根塗装中の様子

上塗り2回目

下塗りが半日〜1日程度で乾燥したら、中塗り・上塗りの2回塗りを行なっていきます。

中塗りと上塗りでは同じ塗料を使います。

同じ塗料を2回塗ることで2層の膜を作り、塗装の耐久性を高めているのです。

スレート屋根の場合、塗装後に縁切り作業があります。

縁切りは、スレート屋根材の内部に入り込む雨水を排出するための隙間を作り直す作業です。

縁切りをしないと内部に溜まった雨が排出されずに雨漏りする危険があります。

工法や塗装する屋根材によっては縁切り工程は必要ありません。

 

サイディングの塗装をしていきます

【鹿児島県鹿児島市】伊敷台にある住宅でサイディング外壁とスレート屋根を塗装していきます外壁下塗り_1_確定

最後はサイディング外壁の塗装工程をご紹介します。

サイディングの表面には凹凸がある場合が多いです。

このため小さな傷や凹凸を埋めやすいサーフェーサーと呼ばれる塗料を使います。

サーフェーサーは厚みのある下塗り塗料で、凹凸がある製品に適しており、サイディング外壁によく利用します。

【鹿児島県鹿児島市】伊敷台にある住宅でサイディング外壁とスレート屋根を塗装していきます外壁中塗り_1_確定

下塗りが乾燥したら中塗り・上塗り工程です。

屋根と同じく塗料を2回塗って耐久性を高めます。

中塗りと上塗りはそれぞれ半日〜2日程度で乾燥します。

足場の設置から高圧洗浄、シーリング施工、屋根塗装、外壁塗装まで含めた日数は2週間程度を目安にしておくとよいでしょう。

 

以上が、鹿児島市の伊敷台にある住宅でサイディング外壁とスレート屋根を塗装した様子です。

鹿児島市の周辺では他にもエスケーハウスが行っている工事があります。

具体例はただいま施工中でぜひご確認ください。

 

【宮崎県宮崎市】大塚町にある58坪の住宅で窯業系サイディング外壁とセメント瓦屋根を塗装していきます

宮崎市の大塚町にある住宅で塗装工事を実施していきます。

今回紹介する工程は以下です。

  • 足場の設置
  • 外壁と屋根の高圧洗浄
  • 外壁のシーリング
  • 窯業系サイディング外壁の塗装
  • 軒天の塗装

特に窯業系サイディングの外壁とセメント瓦がある住宅に適した内容です。

各工程を確認して、ご自宅の塗装をする際の参考にしてみましょう。

 

塗装をするための足場と養生シートを設置していきます

【宮崎県宮崎市】大塚町にある58坪の住宅で窯業系サイディング外壁とセメント瓦屋根を塗装していきます足場設置_1_確定

塗装工事をする前に住宅を足場と養生シートで囲っていきます。

足場がなければ職人が効率的な塗装をできないため工事に日数がかかってしまうでしょう。

日数がかかると人件費が高くなり、最終的に足場を設置しない場合よりも工事費が増えるおそれがあります。

また、安全性の面からも足場は欠かせません。

足場の設置後は洗浄水や塗料が飛散しないように養生シートを張り巡らせます。

 

セメント瓦屋根と窯業系サイディング外壁を高圧洗浄していきます

【宮崎県宮崎市】大塚町にある58坪の住宅で窯業系サイディング外壁とセメント瓦屋根を塗装していきます高圧洗浄洗い流し_1_確定

足場と養生シートを設置したら外壁と屋根の高圧洗浄作業です。

高圧力の水で洗うことで汚れを落とし、塗料が密着しやすくなります。

一般的に、屋根と外壁の両方を洗浄する場合は作業範囲が広いため2時間以上かかります。

また、乾燥するまでは次の作業ができないため数時間〜1日程度は待つこととなるでしょう。

なお、屋根や外壁にカビやコケがこびりついている場合は水道水だけでは落としきれないことがあります。

その場合は、費用がやや高くなりますが洗浄剤を使った「バイオ洗浄」によって洗い落とします。

 

窯業系サイディング外壁にシーリングを施工していきます

【宮崎県宮崎市】大塚町にある58坪の住宅で窯業系サイディング外壁とセメント瓦屋根を塗装していきますシール充填_1_確定

外壁と屋根の高圧洗浄が完了したらシーリング補修です。

シーリングとは、外壁の目地を埋めている白や黒のゴム状の物質です。

衝撃を和らげたり隙間の防水したりする効果があります。

シーリングは、既存のシーリング材を剥がして新しい補修材を充填していきました。

施工方法には、既存のシーリングを剥がさずに新しい材料を重ねて施工する「増し打ち」もあります。費用が安いメリットがありますが、耐用年数が短くなるデメリットもあるでしょう。

新しいシーリング材が乾燥するまでに1〜3日ほどかかるため、そのあいだは外壁の塗装作業はできません。先に屋根の塗装をしていくことが多いでしょう。

 

131平方メートルある窯業系サイディングの外壁を塗装していきます

【宮崎県宮崎市】大塚町にある58坪の住宅で窯業系サイディング外壁とセメント瓦屋根を塗装していきます外壁下塗り_1_確定

窯業系サイディング外壁の塗装をしていきます。

写真は下塗りの段階です。

今回はエスケー化研株式会社が販売する「ハイブリッドシーラー」と呼ばれる透明なシーラーを塗装していきました。

【宮崎県宮崎市】大塚町にある58坪の住宅で窯業系サイディング外壁とセメント瓦屋根を塗装していきます外壁中塗り_1_確定

外壁の中塗りと上塗り作業です。

中塗りと上塗りは、エスケー化研株式会社の「エスケープレミアムシリコン」で塗装していきました。

エスケープレミアムシリコンは近年登場したばかりのラジカル塗料で、従来の塗料よりもコストパフォーマンスに優れています。

 

軒天を塗装していきます

【宮崎県宮崎市】大塚町にある58坪の住宅で窯業系サイディング外壁とセメント瓦屋根を塗装していきます軒天上塗り_1_確定

軒天とは、屋根の裏側にある天井部分のうち、外壁より外側にある部位です。

今回は白系の色で塗装していきました。

軒天は天井部分のため光が当たりにくく、暗く見えがちです。

そのため少しでも見栄えを良くする目的で白系を塗装するケースが多いです。

 

なお、今回は紹介していませんが138平方メートルあるセメント瓦屋根も同時に塗装しています。

屋根の塗装では下塗りに「KFマイルドシーラー2」を、中塗りと上塗りには「セミフロンルーフ(スカイブルーカラー)」を利用しました。

 

以上が、宮崎県の宮崎市大塚町にある58坪の住宅で窯業系サイディング外壁とセメント瓦屋根などを塗装した様子です。

宮崎市の周辺では他にも多数の工事を行っています。具体例を知りたい場合はただいま施工中でぜひご確認ください。

 

鹿児島県日置市での壁・屋根塗装中を写真を使用してご紹介

 

 

先日鹿児島県日置市にて行っている塗装工事、コーキング補修の様子を

ご紹介しておりますのが、本日はいよいよ外壁塗装の様子をご紹介していきたいと思います。

 

 

外壁塗装中の様子

 

こちらが外壁塗装中の様子です。

 

 

 

外壁塗装は「下塗り→上塗り1回目→上塗り2回目」の順に行っていきます。

 

下塗りは接着材のような密着を高めるための役割があります。

また今回上塗りで使用した塗料はエスケー化研の「エスケープレミアムシリコン」と呼ばれている

エスケーハウスでも長期に渡り人気を誇っている塗料になります。

 

通常のシリコン塗料と違って塗膜を傷める原因である紫外線の影響を抑制してれる

光安定剤が入っている為通常のシリコン塗料よりも高い耐久性を期待することができます。

 

詳しくは「エスケーハウスで高い支持率を誇る!ワンランク上のシリコン塗料」の記事で

ご紹介しております。

 

 

屋根塗装の様子

 

こちらが屋根塗装中の実際の様子です。

 

 

 

屋根の塗装工事も外壁塗装同様「下塗り→上塗り1回目→上塗り2回目」の順に行っていきます。

 

屋根の塗料はKFケミカルのセミフロンルーフと呼ばれている塗料が使用されています。

この塗料はシリコン塗料よりも更に高い耐久性を誇るフッ素樹脂を使用して施工していきました。

 

屋根は雨ざらし日ざらしで厳しい環境下にあるため劣化しやすく外壁と比べても

壁の方が劣化速度が早いことが分かっております。

 

そのため、「屋根塗装はついでに」と考えている方も多いですが屋根はもっとシビアに考えないといけない

ということを覚えていて下さいね。

 

以上で工事の様子紹介は終わりますが、「雨樋・破風軒天」などの付帯部分もしっかりと

塗装を行っていきます。

完成は「施工事例」でご紹介いたしますのでお楽しみに!!

 

日置市伊集院町で塗装中の外壁塗装前のコーキング補修の様子

 

鹿児島市県日置市にて「屋根・外壁塗装工事」を行っておりますので

工事の様子をご紹介します。

 

着工の日は仮設足場を設置し、つぎの日は高圧洗浄で屋根と壁に付着している

カビやコケなどの汚れをきれいに洗い流していきました。

 

しっかりとサイディングボードやコロニアルを乾燥させる為に工事を一日お休みします。

次にコーキング補修です。

 

コーキング補修縦目地

 

まずはサイディングボードの間に施されている縦目地のコーキングから補修を行っていきます。

 

 

 

「 撤去→マスキングテープ→プライマー→充填→抑え込み→マスキングテープ撤去 」

の順にコーキング補修を行っていきました。

 

この部分のコーキングが劣化し、ひび割れていたり外れてりなどの劣化を放置していると内部に水が

侵入し壁内部が湿気により腐蝕してしまいますので塗装を行う際には

コーキングの補修を行うことを勧めします。

外壁の表面を守っても内部から腐蝕していっては塗装の意味がありません。

 

 

コーキング補修工事(サッシの回り)

 

次にこちらがサッシ回りのコーキング補修の様子です。

 

 

サッシの回りは「マスキングテープ → プライマー → 充填 → 抑え込み → マスキングテープ撤去」

の順に進めていきます。

 

縦目地とは違いサッシの回りは撤去を行いません。

サッシの回りは雨漏れの原因になりやすい部分になります。

更にサッシの回りには透湿シートやブチルテープなど防水加工が施されておりますので

逆にキズを得つけてしまうと大変ですね。

劣化の状況、場合によっては取替を行うこともありますが、一般的に増し打ち工法を行ってきます。

 

 

今回使用したコーキング材は「オートンイクシード」と呼ばれるコーキング材になります。

劣化の原因の1つである可塑剤が入っていないコーキング材になりますので

高い耐久性を期待することができます。

 

 

今回の工事の様子は以上になります。

次回からはいよいよ外壁・屋根に塗料を塗っていく工程をご紹介していきますので

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【鹿児島市東谷山】いよいよ色を塗っていく工程に入ります。

 

前回の記事で「外壁のコーキング補修」をご紹介してきましたが、

今回はいよいよ色を付けていく工程をご紹介します。

 

まずは外壁の塗装工事から。

こちらが実際に行った塗装工事の様子です 。

 

 

外壁塗装は「下塗り→中塗り→上塗り」の順に行っていきます。

今回は下塗りを透明のもの、外壁は類似の塗料を使用しておりますので少しわかりにくいかもしれません。

 

今回はKFケミカルのフッ素樹脂塗料を施工していきました。

高い耐久性が期待できるKFケミカルの塗料はとてもにんきの塗料の一つです。

一般的に使われている塗料に比べると1回の塗装工事の値段はあがりますが、

ランニングコストを考えると、メンテナンスの回数が減るためお求めやすく、多くの人に選ばれています。

実力のある塗料です。

 

次に屋根の塗料です。

 

 

 

こちらが屋根塗装の下屋根の様子です。

屋根の塗装工事も外壁塗装工事と工程は同じにです。

 

屋根の塗料はKFケミカルのセミフロンルーフを使用しております。

耐久性の高い塗料ですので、ランニングコストを考える方にとても人気の塗料となります。

 

今回の色は人気の「スレートブラック」になります。

長年の間、老若男女問わず親しまれている色味になります。

 

外壁の塗装・屋根の塗装をご紹介していますが、塗装はココだけではありません。

雨樋や軒天と呼ばれている付帯部まで塗装を行っていきます。

 

家全体を塗装していくことでまるで新築の様にきれいになります。

 

屋根・外壁塗装工事を検討されている方はお気軽にご相談ください。

あなたの家に合わせた塗料をご紹介します。

 

ありがとうございました。

【鹿児島市の外壁塗装工事】コーキング補修の様子

 

鹿児島市東谷山にて「 屋根・外壁の塗装工事 」を行いましたので

工事中の様子をご紹介します。

 

今回工事をさせて頂いたのはこちらのお家です。

 

外壁塗装前の様子

 

屋根はコロニアル、壁は窯業サイディングのお家です。

全体的に褪色が発生しており、屋根材や壁材が劣化していることが分かります。

 

それでは工事の様子をご紹介していきます。

 

鹿児島市の塗装工事前の様子

 

 

まずは仮設足場の設置から行っていきました。

 

仮設足場は建物全体に設置し、メッシュシートを張り巡らせていきます。

 

次に高圧洗浄を行って家の汚れをきれいに洗い流していきました。

 

高圧洗浄は新しい塗膜がしっかりと密着する為にとても重要な工程になります。

屋根の洗浄を行い、次に外壁の洗浄を行っていきます。

高圧洗浄の水に触れてしまうと怪我をしてしまうほど高い圧がかかっていますので

危険が伴う施工工程になります。

 

高圧洗浄が完了すると、1日工事はお休みです。

 

洗浄で濡れてしまった家をしっかりと乾燥させていきます。

水を含んだままの塗膜をつけてしまうと、後々塗膜が膨れてきたり剥がれてきたりなどの

不具合が発生しトラブルになってしまうことがあります。

 

しっかりと乾燥させて建物の乾燥を行いましょう。

 

 

 

次に塗装の前にサイディングボードの隙間に施工してあるコーキングの補修を行っていきます。

コーキングは既存のコーキング【撤去】から始まり、【マスキングテープ・プライマー】→【コーキング充填】

【抑え込み】→【完成】となります。

 

 

 

コーキングは水外壁内部への侵入を防ぐために行います。

そのため、塗装工事のみ行ってもコーキングが傷んでいたら内部の劣化が進んでしまいます。

塗装工事を行う際はコーキング部分もしっかりと施工するようにしましょう。

 

 

本日はここまで。

次回からいよいよ屋根・外壁に塗料を塗布していきます。

お楽しみに!

 

 

【宮崎・鹿児島地区】モルタル外壁の住宅で外壁塗装作業を行います

宮崎・鹿児島地区にある住宅でモルタル外壁の塗装作業を行なっていきます。

モルタル外壁の塗装工程は大きく分けて3つあります。

  1. 下地処理と下塗り工程
  2. 上塗り1回目工程(中塗り)
  3. 上塗り2回目工程(上塗り)

 

下地処理から上塗り2回目までにかかる日数は2〜4日程度です。

雨や強風で工事が中断されれば期間は延びるでしょう。

詳しい工程を写真付きで紹介しますので、ご自宅の外壁塗装をしたい場合は参考にしてみてください。

 

モルタル外壁の下地処理・下塗り作業をしていきます

【宮崎・鹿児島地区】モルタル外壁の住宅でシーリング作業を行います外壁下塗り_1_確定

※モルタル外壁を下塗りしている様子です

 

モルタル外壁にひび割れや破損がある場合はコーキングやモルタル材を使って補修します。

今回の外壁には凹凸が多いため、下塗りにはサーフェーサーと呼ばれる厚みがある白い塗料を使います。

サーフェーサーであれば小さなキズやひび割れ程度なら埋められるメリットがあるのです。

下塗り材は厚みがあるため乾燥までに半日以上はかかります。

水のような液体を使うシーラーを下塗りに使う場合は数時間で乾燥するでしょう。

 

モルタル外壁の中塗りをしていきます

【宮崎・鹿児島地区】モルタル外壁の住宅でシーリング作業を行います外壁中塗り_1_確定

※モルタル外壁の中塗りをしている様子です

 

中塗り作業を進めていきます。

中塗りは塗装の耐久性を高めるための工程です。

下塗りの色が青っぽく見えるのは光の当たり具合によるものです。

昼か夕方か、太陽光か人工光かなど、光源が変わることによって色の見え方は変化します。

 

モルタル外壁の上塗りをしていきます

【宮崎・鹿児島地区】モルタル外壁の住宅でシーリング作業を行います外壁上塗り_1_確定

※モルタル外壁の上塗りをしている様子です

 

中塗りと同じ塗料で上塗りをしていきます。

同じ塗料を繰り返し塗ることによって高い耐用年数を発揮できるのです。

上塗りが乾燥するまでにかかる時間は3〜24時間ほどです。

気温や湿度によって乾燥時間は変化します。

鹿児島市吉野町のアパート塗装工事・防水工事の様子

鹿児島県鹿児島市吉野町のビルの塗装工事を行っておりますので

工事の様子を一挙ご紹介したいと思います。

 

今回ビルの塗装工事と屋根の防水工事を行っていきます。

 

まずは仮設足場の設置を行い、高圧洗浄で壁や屋根についている汚れをきれいに洗い流していきます。

 

次に養生作業です。

ドアや窓に養生シートで覆っていきました。塗料が付着しないようにするために行います。

 

次にコーキング補修です。

 

 

窓のサッシや外壁部分にコーキングが施工してあります。

水の侵入を防ぐために行っております。

 

サッシ回りは撤去をせずに上から新しいコーキングを施工していきますが、

外壁部分の縦目地に関しては一度カッターを使用して撤去してから、プライマーを塗布し新しいコーキングを

充填していきます。

しっかりと表面が滑らかにきれいになるように、抑え込みを行います。

 

ココでは簡単にご紹介しておりますが、他の記事でも詳しくコーキング取替の様子をご紹介しておりますので

是非他の記事も参考にしてみて下さいね。

 

いよいよ塗料を塗っていきます。

 

まずは下塗りを行います。

下塗りは塗料の密着を高めるためとても重要な作業です。

下塗りは白色の塗料になりますので、一度外壁が真っ白になりました。

 

 

次に中塗りを行っていきました。

今回は2色で塗り分けてきます。

上塗り2回同じ塗料をぬっていきました。

 

外壁塗装工事 上塗り

 

こちらが上塗り2回目を塗り上げた様子です。

 

塗装を行うのは外壁だけではありません。

 

マンションの塗装工事軒天塗装

 

雨樋や軒天など付帯部分も塗装を行っていきました。

ビル全体がキレイに なっていきます。

 

 

次に屋根の防水を行います。

 

屋根の防水

 

防水はウレタン防水を施工していきました。

 

表面がきれいにになるように専用のヘラできれいに整えます。

 

しっかり乾燥させて完成です。

 

施工事例ページで公開しておりますので是非あわせてごらんください。

ありがとうございました。

【宮崎・鹿児島地区】モルタル外壁の住宅でシーリング作業を行います

宮崎・鹿児島地区にあるモルタル外壁の住宅で、塗装するためのシーリング補修をしていきます。

 

シーリングは、モルタルやサイディング外壁の目地を中心に埋め込まれているゴム状の素材です。

外壁材が受けた衝撃をやわらげる緩衝材の役割があるほか、目地の隙間からの雨水の侵入を防いでいます。

 

モルタル外壁におけるシーリング補修の工程は以下のようになります。

  • 既設シーリングの劣化状況の確認
  • 既存シーリングの剥離
  • マスキングテープ養生
  • プライマー塗装
  • 新規シーリング充填
  • おさえこみ
  • 仕上げ

 

工程の一部を画像で解説していきます。

ご自宅を工事する際の参考にしてみましょう。

 

モルタル外壁の住宅でシーリングの充填作業をしていきます

【宮崎・鹿児島地区】モルタル外壁の住宅でシーリング作業を行いますシール充填_1_確定

※モルタル外壁でシーリングを充填している様子です

 

現在のシーリングの劣化状態を確認して、必要に応じて剥がします。

8年以上経過している外壁だと基本的にシーリングをすべて剥がして交換が望ましいです。

 

モルタル外壁の住宅でシーリングのおさえこみをしていきます

【宮崎・鹿児島地区】モルタル外壁の住宅でシーリング作業を行います押さえ込み_1_確定

※モルタル外壁でシーリングのおさえこみをしている様子です

 

シーリングを充填した場所はそのままだと内部に隙間ができて剥がれやすくなります。

そのため、ヘラでおさえこみをして内部をシーリングで満たす必要があるのです。

シーリングのおさえこみは素人が行うと失敗しやすいためDIYで行うのは避けたほうがよいでしょう。

 

モルタル外壁の住宅でシーリング補修を完了しました!

【宮崎・鹿児島地区】モルタル外壁の住宅でシーリング作業を行いますシーリング完了_1_確定

※モルタル外壁でシーリングを補修した様子です

 

ヘラでおさえこみが完了したらマスキングテープを剥がしてシーリング補修は完了です。

乾燥までは3日程度かかるため、そのあいだはさわらないようにしましょう。

完全に乾燥すれば外壁塗装ができます。

【鹿児島県曽於郡】大崎町にあるスレート屋根の住宅で雨戸・雨樋・軒天の塗装を行います

今回は、鹿児島県の曽於郡大崎町にあるスレート屋根の住宅で雨戸・雨樋・軒天の塗装を行います。

雨戸は、強い風や飛来物から窓ガラスを保護する板です。

雨樋は、屋根の雨水を受け止めて地上に流す役割があります。

軒天は、屋根の裏側にある天井の呼称です。

それぞれ重要な役割があり、老朽化を防ぐために塗装をしなければいけません。

 

今回は外壁塗装よりもあとに紹介していますが、軒天のように工程としては外壁塗装よりも先に行うものもあります。

 

大崎町にある住宅で雨戸を塗装していきます

【鹿児島県曽於郡】大崎町にあるスレート屋根の住宅で足場設置・養生・高圧洗浄を行います雨戸上塗り_1_確定

※大崎町にある住宅で雨戸を塗装している様子です

 

シャッターのような形状をしている雨戸です。

複雑な形状のためにハケやローラーによる塗装は難しいため、吹き付け塗装をしています。

吹き付け塗装とは、塗料を吹き付けて施工する工法です。

細かい隙間も塗装できるほか、塗りムラができにくいメリットがあります。

 

大崎町にある住宅で雨樋を塗装していきます

【鹿児島県曽於郡】大崎町にあるスレート屋根の住宅で足場設置・養生・高圧洗浄を行います雨樋上塗り_1_確定

※大崎町にある住宅で雨樋を塗装している様子です

 

雨樋のパイプを塗装している様子です。

今回は黒系で塗装していきました。

外壁の色と合わせる場合、屋根の色と合わせる場合、あえて外壁とは異なる色を選ぶ場合などがあります。

一般的には黒系で塗装することが多い付帯部です。

 

大崎町にある住宅で軒天を塗装していきます

【鹿児島県曽於郡】大崎町にあるスレート屋根の住宅で足場設置・養生・高圧洗浄を行います軒天上塗り_1_確定

※大崎町にある住宅で軒天を塗装している様子です

 

軒天を白系の塗料で塗っていきます。

白系にする理由は、天井が暗いためです。

暗い場所に黒系の塗料を塗ると光が吸収されてさらに暗く見えます。

白系であれば光を反射するため暗い場所でも少し明るく見えるのです。

 

他にエスケーハウス株式会社が実施した過去の工事を見たいならただいま施工中から確認可能です。

ぜひご覧ください。

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ