成竹正光のブログ

心地よい風呂場のポイントをおさえたリフォーム

 

肌寒い日が増えてきました。
こんなときは暖かいお風呂にゆっくり入って、
体の芯まで温まりたいですね。

みなさんのご家庭の風呂場は、
寒かったり使いにくかったりしていませんか。
今回は、心地よい風呂場(バスルーム)について考えてみます。

お風呂 リフォーム

風呂場は限られたスペースに、
浴槽やシャワーや洗い場などいくつかの装備が必要で、

さらにシャンプーや石けん、タオルなど小道具も多く並びます。
これらが整然と使いやすく配備されていないと、
動きにくくなり狭く感じてしまいます。

また、裸で過ごす場所ですから、
体温が下がらないように常に暖かくし、
転んだりぶつけたりして
ケガをしないように、安全でなくてはいけません。

具体的には、次のことに気をつけましょう。

安全について

まず、足元の安全を確保します。
「床」の素材を、滑りにくいものにしましょう。

そして、脱衣所から風呂場に入ったときに、
床が冷たくてヒヤッとすると

体がヒートショックを起こして、
脳卒中や心筋梗塞などにつながるおそれがあります。

床材を冷たいタイルから接触温熱感のあるものに変えるだけで、
ヒヤッとした感じがなくなります。
さらに積極的に暖めるには、風呂場用の床暖房を使う方法もあります。

また、床材をクッション性のあるものにすると、バランスを崩して膝や手をついたとき
痛くなく、ケガもありません。
さらに、水はけの良い床にすると、汚れやカビが付きにくく、清潔が保てます。

浴槽について

床の次は、入りやすい「浴槽」を選ぶことです。
深すぎると、子どもや高齢者はまたぐのが難しくなります。
浴槽の床も、滑りにくいものにしましょう。
浴槽でバランスを失うと、少ない水量でもおぼれてしまいます。
くれぐれも、浴槽の安全に気を配りましょう。

浴槽に出入りするときあると便利なのが、「手すり」です。

お風呂リフォーム 手すり

高齢者はもちろん、若者でも万が一のことがあるといけませんから、
適切な位置に、安定した手すりを付けましょう。
入口部分に手すりを置くと安心です。

 

また、シャンプーや石けんを手に取ったり置いたりする「小物置き場」も、
高すぎたり遠すぎたりすると、座ったまま物を取ることができません。
立ったり手を伸ばしたりムダな動作が増えるし、思わぬ危険もあるかもしれません。
風呂場の大きさをもとに、最適なレイアウトを考えましょう。

カウンター周りの蛇口やシャワーも、いまは使いやすいものがあります。
例えば、ワンタッチでお湯を出したり止めたりできる水栓や、
節水できるシャワーヘッドなど、使いやすいだけでなく省エネにもなります。

そして、風呂場で心身ともにリラックスして、美容など体のお手入れをしたい人は
ジェットバスやミストシャワーなどさまざまな機能が付いた設備もあります。
浴室の広さに余裕があり、バスライフを楽しみたい家族におすすめです。

 

いかがでしょうか。これらの項目について、
「我が家の風呂場の場合は、ここを改善したい」と気づいたポイントはありましたか。

浴室のリフォームを考えるとき、漠然と「新しい商品に変える」のではなく、
具体的にどんなところが気になっていて、どんなふうに変えたいかはっきりすると
床・浴槽・カウンターなどを選ぶとき、自分なりの基準がみえてきます。

ご家族みなさんの入浴が至福の時間になるよう、
安全で満足できる風呂場になることを願っています。

ストレスの少ないキッチンへリフォームする方法

 

今日は、キッチンリフォームについてお話しさせて頂きます。

奥様が一日のうちで多くの作業を行う場所は、おそらくキッチンではないでしょうか。
そのキッチンが使いにくいと、調理がはかどらなかったり、
棚から物が出しづらかったりして、ストレスを感じてしまいますね。
そこで今回は、キッチンを使いやすくする工夫をお話しします。

 

キッチンの三角形

まず、キッチンという空間を考えるときに、基本となる三角形があります。

キッチン トライアングル
それは、「冷蔵庫」と「シンク」と「調理場」を結んだ
【ワークトライアングル】です。

料理の得意な方ならすぐにピンと来ると思いますが、キッチン作業の代表的な流れは、
冷蔵庫から物を取り出して、シンクで洗い、
調理(切ったり加熱したり)する、という順番です。

もちろん、調理の途中で冷蔵庫に行って調味料などを
取り出したり、
調理で使った道具をシンクで洗ったりと、
いろいろな作業が交錯します。

だから、この3か所がどこも同じくらい近ければ、使いやすいキッチンになります。

扉について

さらに、冷蔵庫や棚などは【扉の開く向き】も重要です。
せっかく冷蔵庫がシンクや調理場の近くにあるのに、
扉が遠い側(作業する位置の反対側)に開くのでは、わざわざ回り込まなくてはいけません。
これでは、作業がはかどらないし、物が取り出しにくいですよね。
作業の中心になる場所の左側に冷蔵庫を置くのなら右開きのものを、
右側に置くのなら左開きのものを買いましょう。

 

さらに、扉の向きやキッチンのレイアウトは【利き腕】とも関係します。
標準的なシステムキッチンのレイアウトは、右利きを前提に作られています。
右利きの人は一般的に、作業が「左から右へ」進みます。
(例えば、左側のシンクで洗った野菜を、右側の調理台にのせて包丁で切り、その右側のコンロで加熱する、という流れ)
ですから、もしも奥様が左利きなら、この反対の(右から左へ作業を行う)配置にすると使いやすいでしょう。

 

現在利き手に関係なく開けられる物も多く発売されていMす。

高さも個人に合わせて設置する

 

身体的な個人差でいうと、【身長の高さ】も大きく関係します。
シンクで洗い物をしたり、包丁で食材を切ったりするとき、
低すぎると腰をかがめなくてはいけないし、高すぎると腕が使いにくくなります。
毎日のことですから、高さの合わないキッチンで作業を続けるとやりにくいだけでなく、
腰を痛めたり包丁でケガをしたりと健康にもよくありません。
いままで国内メーカーのキッチンの高さは、80㎝を標準にしていました。
適切なキッチンの高さは「身長÷2+5㎝」といわれています。

キッチン 身長
例えば、奥様の身長が160㎝だとしたら、160÷2+5=85㎝です。
最近のシステムキッチンは2.5㎝~5㎝きざみで高さを調整できるので、
あなたにあった最適なものを選びましょう。
できれば、ショールームなどで実際にキッチンの前に立ってみて、
背筋を真っすぐにして包丁が使えそうか試すといいです。

 

さて、キッチンは調理しやすければすべて良い……というわけではありません。
例えば、冷蔵庫がキッチンのいちばん奥にあると、家族が飲み物や食べ物を取りに来たとき
料理中の人をかわしながら歩くことになり、家族も大変だし奥様にとっても邪魔ですよね。
ですから、家族みんなが使う【冷蔵庫はダイニングに近い場所】に配置した方がいいでしょう。

また、キッチンで作業中、訪問者の対応のために玄関に行ったり、
夕飯の洗い物の間にお風呂の用意をしたり、子どもに呼ばれて各部屋に行ったりと
「家事をしながら」の移動が多いですよね。

こんなときに、キッチンが部屋の隅にあったり、出入り口が一つしかなかったりすると
なかなかはかどらなくてストレスに感じてしまいます。

キッチンはできれば、【何か所か(少なくとも反対側へも)通路】があると
移動が楽になります。洗濯機や風呂場など奥様がよく使う場所へ行きやすくすると、
動線がコンパクトになって家事もやりやすいでしょう。
もしもリフォームの機会に間取りが変えられるなら、思いきってキッチンを
家の中心的なところや、使用頻度の高い部屋の近くにすると
奥様も家族も、みんなで楽しく使える場所になるでしょう。

宮崎市でセキスイハイムの屋根にさび止め塗装を行いました。

本日は宮崎市のセキスイハイムの屋根およびパラペットの塩ビ鋼板のサビ止め剤を塗布しました。

 

実はセキスイハイムのこの塩ビ鋼板、非常に塗り替えの際トラブルがおこりやすい材料です。
あまり知識のない塗装屋さんあリフォームやさんがこの塩ビ鋼板を施工すると、塩ビの皮膜の中に含まれる可塑剤が原因で塗膜剥離や塗膜汚染がはじまります
すると次の塗装が非常に困難になってしまい、剥離作業だけで多額の費用がかかってしまうことも多々聞きます。
それではそういったトラブルを防ぐ正しい工法はどういった工法なのでしょうか?

 

解説します。
私たちの工法はさび止めを塗布する前にエスケー化研のビニタイトプライマーを塗布します。
下塗り 屋根手塗り
この材料の特徴としては密着の悪い塩ビ鋼板に強力に密着します。
そして塗膜剥離、塗膜汚染の原因になる可塑剤の移行を強力にブロックします。

 

この下地材を塗布した上で
膜厚がつく特殊な防食性高い錆止め剤 マイルドボーセイエポと超耐久性の屋根塗装 エスケープレミアムルーフを
施工することによってトラブルの多い塩ビ鋼板の塗装もしっかりと施工できるのです。
そしてこの工法は何より長持ちします。

 

実際に私のお客様で大手のハウスメーカーで塗装工事宇を施工されて、たった4年で塗膜剥離やサビが
発生してしまい、悩まれて弊社で施工をやり直された方もいらっしゃいます。
知識不足が招いた大きな失敗です。

 

もしセキスイハイムのお施主様で以前の塗装剝がれ宇で失敗された方、またこれから塗装を考えられる方は
塩ビ鋼板の塗装は可塑剤の移行をシャットアウトする下地材の施工が必要不可欠な工程です。

 

また、セキスイハイムで塩ビ鋼板が使われていて塗装の失敗が多い部位は「屋根とパラペット」です。
是非このブログを参考にして失敗を未然に防いでくださいね。

 

診断やお見積りは無料で行っていますのでお気軽にご利用ください。

 

今日は塩ビ鋼板の施工を解説させていただきました。上塗りの工程はまたお伝えいたします。

 

それではまた。

「リフォーム費用と工事価格」 を決断する時に考えるべきこと

 

今回は、「リフォーム費用と工事価格」を考えてみましょう。

リフォームについて考えていると、家の装いが新しくなり
気持ちよさそうだし、最新設備になれば便利で
使いやすそうだと、誰でも楽しみでワクワクします。

 

しかし、あれもこれもと欲張って工事を進めると、
予想外に出費がかさんで思いがけない事態に
なることがあるので注意しましょう。

お家とお金のイメージ写真

予算目一杯の工事をするのではなく、
資金の8割程度を工事費に充てるつもりで
検討しましょう。

 

◇ローンを借りるのには、
事務手数料・保証料・火災保険料などがかかります。

◇増築をする場合、
建築確認申請の費用・増築分の登記費用などがかかります。

◇工事期間中に仮住まいをする場合、
短期間でも家賃や引っ越し費用が必要になります。
※住みながら工事も行えます。

◇在宅リフォームでも工事箇所によっては、
荷物を移動してトランクルームなどに預けるための
費用が必要になります。

◇内装など表面的なリフォームを想定していても、
その内側の壁や土台や屋根裏など、基礎部分に
傷みが見つかると、補修や交換などの追加費用が
発生します。

◇内装のリフォーム・間取りの変更・増築などをした場合、
家具・照明器具・カーテンなどを新調したくなるケースが多く、
想定外の出費が発生します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「工事価格」の内訳は大きくわけて、
材料費と人件費で構成されています。

設備のグレードを上げると材料費が高くなるだけでなく、
その作業ができる経験ある職人(あるいは人数や日数)の
確保が必要になり、人件費も高くなる場合があります。

したがって、見積書を受け取ったときには、
工事「一式」として金額提示されているものより、

設備ごとに細かく表示されているものを見ながら検討すれば、
あとで「想定外の額になった」という後悔が少ないでしょう。

見積もりに、設備の器具や材料ごとの単価や数量が
具体的に表示され、工賃(人件費)などの
明細を表記している業者は、トラブルも少ないようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

工事は、内容と費用が複雑に関係します。
自分の予算が「これ以上は無理」とはっきりしている場合、
その金額をしっかり伝えた方が、
業者にとっても代わりの方法を探しやすくなります。

同じ費用内でどうやって希望に近づけるか、その会社ごとに
得意技やアイデアを駆使して、代替案を考えてくれるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

工事費の支払いは、少額の場合は工事後に完成を
チェックしてから行います。

大きなリフォームで高額になる場合は、
契約時・工事途中・竣工後の
3回ぐらいにわけて支払うのが一般的です。

ローンを組む場合、融資時期を確認しましょう。

リフォーム時の「ペット トラブル」にご注意を!してあげられること②

 

今回は、前回お話した
【リフォーム時の「ペットトラブル」にご注意を!】
の続きをお話します。

3,お互いの怪我を防ぐために

「それほど音や臭いが発生しないし、
空気も汚染されるような工事ではない。

自分たち家族も一緒にいるから、
いつも通りでも問題ないだろう」と思って、
犬や猫を室内で放し飼いにしているのは、
とても危険なことです。

まず、作業員が持っている道具の中には、
そのとき使っていなくても危険なものがあります。

ちょっと箱を開いて物を取り出したとき、
犬が危険物をくわえたりじゃれたりして、怪我をする
可能性があります。

小さな部品や道具が広がっていると、作業員も
家族も気づかぬうちに犬や猫が飲み込んでしまう
かもしれません。

あるいは、ただ物を移動しているだけのときでも、
足元に猫がいたり、犬がじゃれたりすると、
作業員が物を落として住宅を傷つけたり、
ときには、作業員の足に当たって怪我をする場合もあります。

どんなにおとなしくて、聞き分けのいい犬や猫でも、
工事のあいだは、離れた場所でリードにつないだり、
ケージに入れたりして、お互いに怪我の心配がないように
注意しましょう。

4.迷子にならないために

ペットを飼っている家庭のリフォーム工事で、
以外に多いのが迷子です。

工事中は頻繁に人や物が出入りするので、
部屋のドアや家の玄関を開ける機会が増えます。

ときには、大型の物を運び込むために、
しばらく玄関もドアも開けっ放しになることも。こんなとき、
ふだんは飛び出さない犬や猫でも、
興奮して勢いよく、外へ出ていってしまうことがあります。

あるいは、ちゃんとリードにつないでいた犬が、
大きな音に驚いてリードをちぎったり、
首輪から抜けたりして、走り出すこともあります。

猫の場合、離れた部屋に隔離したら
いつもと違う場所に閉じ込められたことをいやがって、
部屋中を暴れまわったり、家族が様子を見ようとドアを開けた
瞬間に飛び出したりします。

ちゃんと迷子対策をしていても、
家族にとっては心配ですよね。

あるいは、勢いよく飛び出した拍子に、
車にひかれたりしたら大変です。
工事中はケージに入れて、そばに家族がいてあげるなど、
安心させてあげてください。

仕事などで難しい場合は、やはり病院や
ペットホテルなどへ預けるのがよいでしょう。

リフォームによって、美しく便利になったマイホームで、
家族もペットも気持ちよく過ごせるために、
安全な工事にご協力ください。

リフォーム時の「ペット トラブル」にご注意を!してあげられること。

こんにちは、成竹正光です。

最近は、ペットを飼っているご家庭が多く
みなさん家族の一員として、
大切にしていらっしゃいます。

犬や猫に限らず、鳥や魚、ウサギやハムスターなど
ペットのいる住宅のリフォームも珍しくありません。

リフォームのために工事をすることは、
我が家がどんなふうに仕上がるか
とても楽しみなことではありますが、

一方でふだんと違う生活をすることになり
多少なりともストレスを感じるようになります。

工事を理解している人間でもそうなのですから、
同じ家にいるペットにしたら
突然、見知らぬ人たちが何日もやってきて、
騒がしいことを始めて

「いったいどうなってしまうんだ!?」と
大きなストレスを感じるのも当然です。

場合によっては、工事によってペットの
健康がおびやかされたり、
逃げ出して迷子になったりすることもあります。

そんなことがないよう、飼い主である家族のみなさんが
しっかり準備をして、少しでもペットのストレスや危険のないように、
心がけてあげてください。

 

今回は、2回に分けて、してあげられることをご紹介いたします。

1,ストレス軽減のために

とても人なつこくて、見知らぬ人がいても動じない、
犬や猫でも工事によって発生する臭いや音などが、
大きなストレスになります。

たとえ、人間にとってはそれほど
激しい臭いや音だと感じなくても、
嗅覚の優れた犬や、気配に敏感な猫にとっては、

耐えられない悪臭や異音になり
そのストレスから体調を崩す場合があります。

工事の始まる前に、いつ、どこの場所で、
どんな工事をするのか確認しておき、

その工事場所からできるだけ離れた部屋に、
ペットが落ち着けるスペースやトイレを用意してあげましょう。

とても敏感な犬や猫の場合や、とくに工事が激しい日は、
外に連れ出してあげたり、病院やペットホテルなどへ
預けたりしましょう。

2,健康被害を起こさないために

リフォームのために、古い床や壁、天上などをはずすと
どうしてもホコリやクズが多く舞ってしまいます。
こんなとき、魚や鳥を飼っている家庭は注意が必要です。

工事前に作業員が、しっかり養生(防御)をしますが
それでも、熱帯魚など水質や水温の管理が厳しいものは
ほんのわずかな溶剤のホコリでも、
悪影響を及ぼすことがあります。

あるいは、水槽のフィルターが思わぬ目詰まりを
起こす場合もあります。

また、小鳥は空気汚染に敏感で、人間にとっては
健康被害のない程度でも
小鳥が弱ってしまう心配があります。

工事箇所からできるだけ遠い場所に離して、
工事のときだけでもドアを目張りするなど、
汚れた空気ができるだけ届かないように配慮しましょう。

 

 

続きはこちら

リフォーム時の「ペット トラブル」にご注意を!してあげられること。②

窓の種類(形)と特徴についてご存知ですか?

 

皆様リフォームするとき
浴室やキッチン、リビングなどの窓 ( サッシ ) を
交換することがありますが、

どんな窓があるのかご存知ですか?
本日はいろいろな窓の形をご紹介したいと思います。

■引き違い窓

引き違い窓

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でもっとも一般的に使われている、横引きの窓です。
みなさんの家にも、このタイプの窓が必ずあると思います。
窓の下が床まであるものを「掃き出し窓」と言い、
窓の下が床よりも高いものを「腰窓」と言います。
ガラス面積が大きく、広く開けることができますが
そのぶん、すき間が生じるので
断熱性・遮音性・機密性に劣ります。

最近は改良されて、これらの機能を向上させたタイプもあります。
不審者の侵入口になりやすいので
防犯性を高めるために、補助錠を付けた方が良いでしょう。

■上げ下げ窓

上げ下げ窓

 

 

 

 

 

 


欧米で多く使われている窓です。

大きな開口部の取りにくい石造りの家で発達した、
と言われています。

上下2枚のうち下側の1枚だけが動くタイプを
「片上げ下げ窓(シングルハング)」

両方とも動くタイプを「両上げ下げ窓(ダブルハング)」
上下が同時に動くタイプを「バランス上下窓」と呼びます。

引き違い窓は戸車が付いているため、窓枠と窓の間にすき間ができてしまいますが、
上げ下げ窓は戸車がないため気密性が高く、
寒冷地
にも適しています

 

■はめ殺し窓

はめ殺し窓

 

 

 

 

 

 

 

開け閉めできない窓で、明かりとりのために使われます。
「フィックス(FIX)窓」とも言います。
吹き抜けなどの高い部分に使われることが多く、
空気の換気はできませんが、そのぶん気密性に優れています。
角型だけでなく円型など、自由なデザインが楽しめます。

■滑り出し窓

滑り出し窓

 

 

 

 

 

 

 

窓の一部が外に向かって開く窓で、開き角度がある範囲内で自由に開けられます。
下側が開く窓を「横滑り出し窓」と言い、
引き違い窓よりも雨が入りにくいです。

ほかに、窓の左右どちらかが外に開く「縦滑り出し窓」もあります。

どちらも窓の外側だけでなく内側も外気にふれるので、
閉めたときに汚れや虫が付いてくることがあります。
網戸を設置する場合、窓の内側に取り付けるので
窓の開け閉めのとき、網戸も開け閉めする手間が増えます。

■内倒し窓

 

 

 

 

 

 

 

室内に向けて倒れるように開く窓です。
物の落下防止に優れています。

雨が降っているときでも、開けて換気することができるので
キッチンの高い部分に付けて、排煙用に使うケースがあります。
また、すりガラスにすると外から見えにくいので、浴室の換気用にも利用されます。

 

■ルーパー窓

ルーパー窓

 

 

 

 

 

 

 

ガラスの羽板(ルーパー)が並んだ窓で、
ハンドルを回して羽板の角度を変えることで開け閉めします。
「ジャロジー(板すだれ)窓」とか、
「オーニング(日よけ)窓」とも言います。

また、羽板が枠ごと開閉できる場合は「よろい戸」とも呼ばれ、
はめ殺しになっている場合は「ガラリ」と呼ばれます。

小さな部分にも設置でき、
羽板の角度を調整することで風量を調整できます。

ただ、不審者が羽板をはずして侵入しやすいので、
内側に防犯用の格子を付けることをおすすめします。

■外開き窓

外開き

 

 

 

 

 

 

 

左右どちらかを軸にして、一方に開く窓です。
窓全部が開口部になるので、
狭い部分でも充分な風が取りこめます。

片開きと両開きがあり、
両開きタイプを選ぶと洋風のイメージになります。

引き違い窓より気密性・水密性・遮音性に優れていますが、
風の影響を受けやすいので、
不意に閉まらないように気をつけましょう。

また、窓の外側だけでなく内側も外気にふれるので、
閉めたときに汚れや虫が付いてくるときがあります。

■回転窓

回転窓

 

 

 

 

 

 


窓の中心に軸があり、回転して開閉する窓です。

「縦軸回転窓」と「横軸回転窓」があります。
気密性・水密性に優れガラス面の清掃もしやすいですが、
カーテンや網戸の取り付けが難しいです。

■折りたたみ窓

折りたたみ窓

 

 

 

 

 

 

全開したい場所に使われる窓で、「全開口サッシ」とも言います。

片側にたたむタイプを「片折れ」、
両脇にたたむタイプを「両折れ」と呼びます。

窓全体が大きく開くので、
ウッドデッキに面したリビングなどで使われます。

 

 

ほかにも窓の種類はいろいろあり、
それぞれメリットとデメリットがあります。

自分が「各部屋で窓をどんなふうに使いたいか」を考えて、
選ぶといいでしょう。

もしも、気になる窓があって選ぼうが迷っているとき、
チャンスがあれば、
実際にそのタイプの窓を使っている人に
良い点や不便な点を聞いてみると

参考になる意見を得られるかもしれません。

 

都城市A様邸:屋根塗装現場から屋根塗料の耐久性についてお答えします!

 

みなさんは、塗装が必要な瓦と必要ない瓦があることを
ご存知でしょうか?

そうなんです!!
塗装が必要な瓦と、塗装が必要ない瓦があるのです!!!

まず、塗装が必要ない瓦は、粘土瓦(日本瓦)・陶器瓦です。
粘土瓦や陶器瓦は、
粘土を瓦の形状にし、高温度で焼成して作られています。

もともと色を付けて焼いているので塗装は必要ないのです。
お茶碗や湯飲みなどの素材と一緒だと考えて頂けると
分りやすいかもしれないですね!

次に、塗装が必要な瓦は、
セメント瓦・ガルバリウム鋼板(金属屋根)・コロニアルなどが
あります。

塗料で色づけされているため、月日が経ってしまうと、
紫外線や熱、雨により表面の塗膜が劣化してしまいます。

劣化することによって、
屋根材にひび割れや素材によっては錆などが生じ、それを長年放置していると
その部分から雨水が侵入して雨漏りの原因になります。

そういった劣化を防ぐために屋根塗装(メンテナンス)を
する必要があります。

では、みなさんは屋根塗装の耐久年数は
どのくらいかご存じですか?

屋根が雨や紫外線の影響を直接受ける場所なので
外壁の塗装よりもの

耐久性が短くなるのです!

屋根塗装の耐久年数は、短いもので5~6年、
超耐久性の無機塗料のフッ素樹脂で10年前後ほどと
言われています。

ただ、一部の訪問販売業者や知識のない塗装店などは、
メーカーの試験結果を鵜呑みにして
「15年持ちますよ!」とか「20年持ちますよ!」
とか平気で嘘をついている業者をよく見聞きします。

みなさん、騙されないでくださいね!

フッ素や無機塗料を外壁に施工した場合は、
15年〜20年の耐久性は十分に望めます。
しかし、屋根は雨ざらし日ざらしです。

夏場は屋根の上で目玉焼きができるほど屋根
は高温になるのです。

そんな過酷な状況ですから、実環境下での耐久年数は
メーカーの試験結果の30%〜40%ダウンと思ってください。

屋根の塗装工事の流れとしては、瓦の割れがある部分は
瓦の差し替えや部分補修をしたのち、下地を塗り
下地調整を丁寧に施工していきます。

「白く塗られている場所が下地です。女性の化粧でいうと、
ファンデーションの役割です。下地を滑らかにします」

そして下地調整の際、よくあることですが、
1回塗りで下地調整が不十分な場合があります。

そういった場合は、
もう一回下地を塗ります。

つまり下地を2回塗りします。
そして上塗りを2回塗ります。

「超耐朽性の屋根塗料を手塗りで丁寧に2回塗っていきます。」

そうです。合計4回塗りすることも
よくあることなのです。

現場はメーカーの教科書(施工要領書)
通りにはいかないことも多いのです。

私たちはこういったケースでも追加料金は
一切頂きません。

1、当たり前の施工を当たり前に行うこと!
2、当たり前の知識をお客様に伝えること!

塗装業界にはその当たり前ができない業者が多すぎます!
ですから、私たちは日々この当たり前のことを
お客様に正直に丁寧にお伝えし、塗装業界が少しでも
良くなっていくことを願っています。

屋根はお客様がご自分でご覧になる
機会がなかなかありません。

ひび割れなど気づかないまま放置を続けていると、
雨漏れの原因に繋がる恐れがあります。

是非、ご気軽にメンテナンスのご相談をください。

宮崎市国富町k様の外壁塗装工事:超耐久30年コーキング打ち替えの施工方法

 

本日は、宮崎市国富町の現場から
コーキングについてお話ししたいと思います。

みなさんは、コーキングというものをご存じですか?
上記写真のボードとボードの間の目地の部分がコーキングと
呼ばれる部分になります。
では、それは何のためにあるのでしょうか?

コーキングを行う理由

コーキングとは外壁の継ぎ目や窓のサッシ廻りなどに使用して、
雨水の侵入や地震による揺れを吸収するための
非常に大切な部分です。

コーキングの耐久年数は、永久ではありません。
一般的な業者の使っているコーキングは
10年前後の耐久性のものが非常に多く使われています。

事実、大袈裟でもなんでもなく、
宮崎県内のほとんどの塗装屋、防水屋が使っている
コーキングはそういった耐久性の低いコーキングです。

この耐久性の低いコーキングを使うと、
また7、8年でコーキングにひび割れが生じてしまい、
そこから雨水が入り、
柱などの内部の木材部分が腐食してしまうおそれがあるのです。

近年では耐久年数30年の超耐朽性のコーキング材
も開発されていますので、
トータルコストメリットのある超耐久性コーキングを
選ばれることをお勧めいたします。

施工の流れ

さて、実際のコーキング工事の流れとしては、

1 古くなったコーキング材を剥します

2 外壁やサッシを汚さないようにコーキングする周りには、
養生をします

3 プライマーを塗る
  (外壁とコーキング材の密着を良くさせるための材料です

4 ガンという道具を使ってコーキング材を打っていく

5 そのあとにゴムヘラを使って綺麗に整えます
(その時に、隙間などが出来ないように注意します)

6 終わったら養生を剥します。

これでコーキング工事の作業は終わり、
いよいよ次に外壁の塗装工程に入っていきます。

 

私たちの住んでいる宮崎市は非常に紫外線の
害の強い地域です。

ですから、思っている以上に早くあなたの住まいの
コーキングもひび割れてしまいます。

小さいひび割れもそのまま放置していると年数が経つにつれて
徐々に劣化していきます。

その劣化した部分から雨水が侵入し、
住宅内部の木材を腐食してしまい最悪の場合は、
雨漏りの原因になります。

そうすると、リフォームや外壁の張替えなど多額のお金がかかる
可能性があります。

是非、早めにコーキングの補修をお勧めいたします。
ご相談はお気軽に!

鹿児島県の空き家はリフォームで活用しよう!

こんにちは、成竹です。

最近、メディアなどで全国に広がる空き家問題が注目を集めています。

鹿児島県は、県内の空き家の活用に力を入れています。

県の統計によると、平成20年時点で県内の空家は129,900戸で、
空家率は15.3%ということです。

平成15年に比べ2.2ポイント増加ですが、この調査から8年経った
現在は高齢化や過疎が進み、さらに空き家の増加が進んでいると思われます。

なぜ空き家が増えているかというと、せっかく物件を持っていても、

●持ち主が高齢化、もしくは地元を離れていて管理が大変
●借り手を見つけたい/空き家を借りたいがどうしたらいいかわからない

といった事情で放置されてしまうからです。

空き家が増えると、防犯・防災上の問題や、地域の景観悪化につながります。

そこで、鹿児島県の各市町村では、定住促進や、空き家の有効活用・地域の活性化を目的にした
「空き家バンク」を運営しています。

「空き家バンク」とは自治体が収集した空き家物件の情報を紹介し、空き家と借り手をつなぐものです。

空き家バンクの運営目的のひとつは、県外からの移住者と県内の住宅をつなげることにあります。

たとえば、県南部南さつま市では、移住者が住宅を取得する場合、
新築住宅なら50万円、中古住宅なら30万円の補助金を支給しています。

ただし、人が住んでいない家は荒れやすく、空き家を手に入れたからといって、
手入れをせずに住めるケースはほとんどありません。

そこで、県内の自治体では空き家を紹介するだけでなく、
移住者向けにリフォームの補助金を支給しています。

前述の南さつま市では、定住を目的に県外から同市に移住してきた
移住者向けのリフォーム補助金制度があります。

30万円以上のリフォーム工事を行った場合、最大50万円を限度とする補助
対象経費の3分の2に相当する額が補助金として支給されます。

南さつま市では、市内に住宅を新築して定住する移住者に対して、
移住補助金の支給もしており、その総額はなんと100万円に上ります。

この場合、初回は40万円を交付し、残りは次年度以後4年間において
各年度ごとに15万円を交付します。

100万円あれば引っ越し費用から生活用品の取り揃えまでまかなうことができますね。
住宅を新築しなくても、空き家の活用でも住宅取得やリフォームにも補助金が出ます。

こうした補助金を活用すれば、鹿児島県への移住を考えている方にとって、
移住に関する金銭面での不安はかなり取り除かれるのではないでしょうか。

いつ行うのが理想的?外壁塗装リフォームのお得なタイミング リフォーム宮崎

こんにちは、成竹正光です。

都城での住宅リフォームのご相談内容
で多いものの一つに、外壁塗装があり
ます。

訪問販売業者の勧誘を受けて、「うちも
そろそろ塗り替えどきなのかも……」と
不安に感じ、相談にいらっしゃる方も
少なくありません。

外壁塗装リフォームは、どれくらいの
時期に行うべきかご存知ですか?

知らないという方は、ぜひ以下の
チェック項目を確認してみてください。

チェック項目1:
外壁を触ると手に白い粉がつく

白い粉がつくのはチョーキングといい、
塗膜の劣化が進行しているサインです。

放っておくと外壁の保護機能が劣化し
ますので、早めの塗り替えがおすすめ
です。

チェック項目2:
塗膜が浮いたり、はがれたりしている

塗膜がはがれると、空気や水分が入り
込み、外壁や家の内部を傷める原因に
なります。

ただし、はがれの範囲によっては、全面
塗り替えをしなくても、部分的な補修で
済むこともあります。

チェック項目3:
ひび割れやコーキングの切れ

壁やサイディングの目地のコーキング
部分にひびが入っていませんか。
ひび割れから漏水や腐食が進行し、
シロアリが発生することも。

チェック項目4:
かび・藻の発生、塗膜の色あせ

カビや藻は、子どもやお年寄りなどの
体力がない方にはアレルギー源になる
ことも。ただ、ほんの少しの発生なら、
バイオ洗浄でキレイになることもあります。

色あせた塗膜は保護機能低下のサイン
ですから、塗り替えを検討しましょう。

チェック項目5:
屋根や木部、鉄部のさび、変色

屋根や、雨どい、窓枠などの木部や鉄部
に変色やさびが起きていませんか。

鉄や木部の耐久年数は、外壁部分より
短くなります。傷みが発生すると腐食が
加速しますので、こうした症状が見られ
たら塗り替えがおすすめです。

このほか、最近リフォームで人気の太陽光
発電の導入時に、一緒に屋根や外壁塗装
をするのもおすすめです。

太陽光パネルを載せた屋根の塗り替えを
行うには、一度パネルを外す必要があり
ます。

何度も足場を組んで作業するよりも、一度
に済ませてしまったほうが、経済的におトク
だからです。

太陽光発電パネルがあると屋根が劣化しに
くくなるイメージがあるかもしれません。

しかし、土ぼこりがたまりやすかったり、苔が
生えやすくなったりするので、屋根の塗り替え
は必須になります。

悪徳業者の中には、築歴の浅いお宅に訪問し、
不安感をあおって外壁塗装をすす
めるケースも少なくないようです。

不安に感じたら、上記のチェック項目を確認して
みてください。

それでも判断がつかないようなら、
お気軽にお問い合わせください!

「リノベーション」って、なに?「宮崎、鹿児島のリノベーションなら」

こんにちは、成竹正光です。

新しい年が始まりました。

一年の始まりに
「今年はどんな暮らしになるかな」
と思いを巡らす人もいるでしょう。

例えば、「もっと趣味に力を入れたい!
そのためには、専用の部屋がほしい」とか、

「子どもが独り立ちするから、
夫婦で過ごしやすい居住空間にしようか」など、
自分たちが目指す暮らしにあわせて、
住まいを整えることは素晴らしいことです。

このように、家族の望む生活のために
住宅の機能を向上させることを
「リノベーション」といいます。

最近は、この「リノベーション」という
言葉を、よく聞くようになりました。

ところで、似たような言葉に
「リフォーム」がありますよね。

どちらも、新築ではなくてすでにある家に
工事をするときに使い、言葉の響きも似ていて、

なんだかあまり差がないような気がしますが、
「リノベーション」と「リフォーム」の
ちがいは何でしょうか?

リノベーション(renovation)とは、英語で
「革新・刷新」を意味します。

国土交通省の定義では、「新築時の目論見とは違う
次元に改修する(改修)」です。

例えば、建てるときは
「会社勤めの夫婦と学校に通う子どもが暮らすため」の
家だったが、やがて夫婦は勤めを辞めて、
子どもも学校を卒業して家を出たので、

「子ども部屋を夫の趣味の作業部屋に作りかえて、
妻のガーデニングのためにウッドデッキを作る」など、
大幅に間取りや水回りなどを変えるケースです。

あるいは、街中の高層マンションで生活していたが、
中高年になったので郊外に移り、
庭や畑のある中古住宅を買って自分たちが
使いやすいようにすっかり改造する、
なんていう場合もあります。

リノベーションは、ヨーロッパで発展しました。

古い住宅を壊して建て替えるのではなく、
外観をあまり変えず街になじんだままにして
居住空間を現代風に変えて便利にしたり、

自分のライフスタイルに合うように
内装を変えたりして生活する人がよくいます。

おそらく、古い建物や街並みを大切にして、
何百年も変えないままにする文化が
根づいているからでしょう。

一方、リフォーム(reform)とは
もともと和製英語で、洋服のサイズ直しのように
「手直しする」という意味です。

国土交通省の定義では、
「新築時の目論見に近づく様に復元する(修繕)」です。

例えば、

「古くなったシステムキッチンを、最新型に入れ替える」とか、
「屋根や壁などが傷んできたので修理してきれいに塗り直す」
などのケースです。

いずれも、以前の間取りをあまり替えず、
壊れたり古くなったパーツを取り換えて
きれいで便利にするような場合です。

日本のように湿度の多い風土に建つ木造住宅では、
壊れたり傷んだりする部分があり、
どうしても定期的な直しが欠かせない
住文化だといえるでしょう。

別の言い方をすると、
リノベーションは、理想の暮らしという
「ソフトウエア」について考えて
プラスアルファを作っていく行為です。

リフォームは、壊れそうな物という
「ハードウエア」について直して
マイナス状態を元に戻す行為です。

人生のステージによって、
どちらも必要な時期があります。

自立したばかりで、中古住宅を買って
リノベーションするとき、結婚して、
理想の家を建てて定期的にリフォームするとき、

リタイアして、悠々自適に暮らすために
リノベーションするとき、
いつでもみなさんが「自分らしく暮らす」ために、
その手伝いをいたします。

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ