【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅で付帯部の塗装をしていきます

宮崎市の平和が丘東町にある45坪の住宅で付帯部の塗装をしていきます。

付帯部とは、外壁や屋根以外の部分です。

付帯部の劣化は放置すると雨漏りを引き起こすこともあるため無視できません。

 

一般的な付帯部には以下のような種類があります。

 

  • 軒天
  • 破風
  • 雨樋
  • 雨戸
  • 戸袋
  • 外構
  • シャッター

 

今回は付帯部のうち軒天や雨樋、雨戸の塗装風景を画像つきで解説していきます。

 

住宅の軒天を塗装していきます

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています軒天上塗り_1_確定

※軒天を塗装している様子です

 

屋根の裏側にある天井部分が軒天です。

今回は軒天を白系で塗装していきました。

軒天は天井なので陰になり、暗くて見栄えが悪くなりやすい場所です。

そのためつやのある白系の塗料で塗って光の反射を最大限活用しています。

 

住宅の雨樋を塗装していきます

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています雨樋上塗り_1_確定

※雨樋を塗装している様子です

 

屋根から落ちてくる雨水を地上に誘導するのが雨樋です。

屋根から雨を受ける受け皿や、地上まで流すパイプ部分を、今回の工事では黒系で塗装しています。

雨戸は台風で破損しやすい部位です。

破損した雨樋は雨水を外壁に誘導して雨漏りの原因となることもあります。

雨樋の破損は火災保険で修理できるケースがあり、安く直せる可能性があるでしょう。

 

住宅の雨戸を塗装していきます

 

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています雨戸上塗り_1_確定

※雨戸を塗装している様子です

 

窓ガラスを保護する板が雨戸です。

雨戸はシャッター上になっていたため周辺を養生して吹き付け塗装をしています。

収納可能なように雨戸がシャッター状になっている住宅は多いです。

ローラーやハケでの塗装が難しいため基本的に吹き付け塗装をします。

 

ただいま施工中では、宮崎市周辺でエスケーハウス株式会社がおこなっている工事をご紹介しています。自宅の工事を考えている人はぜひチェックしましょう。

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅で169平方メートルの外壁をラジカル塗装していきます

宮崎市の平和が丘東町にある45坪の住宅で169平方メートルの外壁をラジカル塗装していきます。

ラジカル塗装とは、従来のシリコン塗装よりもコストパフォーマンスが高いと言われるラジカル塗料での塗装のことです。

ラジカル塗料は、劣化の因子であるラジカル因子を抑制し、性能を向上させた塗料です。

2012年に世界で初めて販売されたのを皮切りに、現在では大手塗料メーカーが相次いで発売しています。

 

外壁の塗装工程には以下の4つがあります。

 

  1. 下地処理
  2. 下塗り
  3. 上塗り1回目(中塗り)
  4. 上塗り2回目(上塗り)

 

今回は、工程ごとに画像で作業の概要を解説していきます。

 

サイディング外壁の下地処理・下塗り作業をしていきます

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています外壁下塗り_1_確定

※サイディング外壁を下塗りしている様子です

 

今回使用している下塗り材はサーフェーサーと呼ばれる厚みがある白い塗料です。

小さな傷であればうめてくれるメリットが有り、凹凸が多いサイディング外壁に適しています。

 

サイディング外壁の上塗り1回目(中塗り)の作業をしていきます

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています外壁中塗り_1_確定

※サイディング外壁に上塗りをする様子です

 

下塗りを乾燥させたら中塗りです。

中塗りではいよいよラジカル塗料を使います。

 

サイディング外壁の上塗り2回目(上塗り)の作業をしていきます

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています外壁上塗り_1_確定

※サイディング外壁を塗装している様子です(画像中央左)

 

画像は1回目の塗装風景です。

中塗りも乾燥したら上塗りをおこないます。

今回は濃い色で外壁を塗装してイメージを一新しています。

ラジカル塗料はまだ登場して間もない塗料のため、シリコン塗料ほど信頼性は高くありません。

しかし、性能の高さや価格の安さから、今後はシリコン塗料に変わって主流になるのではと言われています。

 

以上がラジカル塗料による外壁塗装の様子でした。

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅で135平方メートルの屋根を塗装していきます

宮崎市の平和が丘東町にある45坪の住宅で135平方メートルの屋根を塗装していきます。

今回塗装する屋根の工程は以下の4つです

 

  1. 屋根下地の補修作業
  2. 下塗り作業
  3. 中塗り作業(仕上げ塗装1回目)
  4. 上塗り作業(仕上げ塗装2回目)

 

工程ごとに写真つきで解説していきます。

 

屋根下地の補修・調整と下塗り作業です

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています屋根下塗り_1_確定

※屋根の下塗りをしている様子です

 

最初におこなうのは屋根の補修です。

ひび割れや破損した部分を補修材で埋めていきます。

破損部位を放置すると塗装をしても内部に雨が入って雨漏りする危険があります。

 

補修が完了したら下塗り作業です。

下塗りは下地の吸水性を緩和すると同時に、中塗りの塗料との付着性を高めます。

下地はある程度の吸水性があるため、中塗り塗料を直接塗ってしまうと屋根材に吸い込まれて耐久性が低下します。

期待する耐用年数を得るためには下塗りが欠かせないのです。

 

屋根の中塗り(仕上げ塗装1回目)です

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています屋根中塗り_1_確定

※屋根の中塗りをしている様子です

 

下塗り完了後は中塗り作業です。

中塗りに使う塗料は上塗りと同じです。

同一の塗料を2回塗って2層にすることで塗装の耐久性を高めています。

悪徳業者だと2回必要な塗装を1回にしてしまうケースがあると聞きますが、そのようなことをすれば本来は10年もつ塗装の寿命が5年以下になるおそれがあります。

 

屋根の上塗り(仕上げ塗装2回目)です

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています屋根上塗り_1_確定

※屋根の上塗りをしている様子です

 

中塗りが完了したら上塗りです。

上塗りは最後の仕上げのため塗りムラがないよう慎重に塗装していきます。

上塗り後は一部をのぞいて屋根の上で作業はしません。作業をすると足跡が残ってしまうためです。

ただし、スレート屋根のように雨漏り対策が必要な場合は縁切りと呼ばれる工程をおこないます。

 

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するためにシーリング補修をします

宮崎市の平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するためにシーリング補修をします。

シーリングとは、サイディング外壁の目地や窓の周辺にあるゴム状の素材のことです。

施工前は液体状になっており、乾燥するとゴムのような固体になる性質があります。

 

シーリングがなければ外壁材同士がぶつかって破損したり、隙間から雨が侵入したりするおそれがあります。

外壁におけるシーリング補修は主に以下の流れでおこないます。

  • 既設シーリングの劣化状況の確認
  • 既存シーリングの剥離
  • マスキングテープ養生
  • プライマー塗装
  • 新規シーリング充填
  • おさえこみ
  • 仕上げ

 

以下では、各工程の説明と画像を紹介していきます。

 

既設シーリングの状態を確認していきます

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置していますシール既設状況_1_確定

※シーリング補修前の様子です

 

現在のシーリングの劣化状態を確認します。

シーリングの補修が必要なのか、すべて剥がす必要があるのかなどを確認します。

10年程度経過している外壁の場合は基本的にシーリングをすべて剥がして交換が必要です。

今回もシーリングの剥離から解説していきます。

 

シーリングを剥がしていきます

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置していますシール撤去_1_確定

※シーリングを剥がしている様子

 

カッターを使って目地のシーリングを剥がしていきます。

仮に、古いシーリングが残ったまま新しいシーリングを入れてしまうと、剥がれやすくなるでしょう。

 

剥離後はマスキングテープで養生して、プライマーを塗装します。

プライマー塗装後は新規シーリングを充填し、ヘラでおさえこみをしていきます。

 

シーリング補修を完了しました!

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置していますシーリング完了_1_確定

※シーリングを充填してならし、補修完了した様子

 

ヘラでおさえこみをしたあとにマスキングテープを剥がしたら上記の写真のようになります。

あとは1〜3日程度乾燥させれば完成です。

 

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています

宮崎市の平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています。

工事全体でおこなう工程は以下のとおりです。

 

  • 足場の設置作業
  • シート養生作業
  • 屋根と外壁の高圧洗浄作業
  • シーリング補修作業
  • 屋根の塗装作業
  • 外壁の塗装作業

 

このうち、今回は足場作業とシート養作業生、屋根と外壁の高圧洗浄作業を紹介していきます。

自宅に当てはめてみて工事の際のイメージをしましょう。

 

仮設の足場を設置していきます!

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています足場設置_1_確定

※仮設の足場を組んでいる様子です

 

工事期間中だけ設置する仮設の足場を組む工程です。

住宅全体を覆うように足場を張り巡らせ、強風でも倒れないように固定していきます。

台風が来ると予測できる場合は足場の設置を遅らせる場合もあるでしょう。

 

高所での作業には足場が必要だと決められているため、設置しないで塗装作業をすることは原則としてありません。

 

仮設足場にメッシュシートで養生をしていきます!

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています水養生_1_確定

※メッシュシートで養生をしている様子です

 

足場を設置したら外側にメッシュシートを取り付けます。

屋根や外壁の高圧洗浄の際に水が飛び散るため、隣家に飛散しないようにする目的があります。

また、塗料が飛ぶのもある程度防いでくれます。

 

外壁の高圧洗浄をしていきます!

【宮崎県宮崎市】平和が丘東町にある45坪の住宅の外壁をラジカル塗装するために足場を設置しています高圧洗浄洗い流し_1_確定

※外壁を高圧洗浄している様子です

 

シート養生を済ませたら高圧洗浄作業です。

外壁や屋根の汚れを、高圧力の水道水で落としていきます。

落ちにくい汚れやカビがある場合は洗浄剤を使ったバイオ洗浄をおこなうこともあります。

 

それぞれの作業にかかる日数は、足場の設置で1〜2日、シート養生と高圧洗浄で1〜2日程度が見込まれます。

高圧洗浄作業まで完了したら次はシーリング補修の工程をおこなっていきます。

 

【宮崎県宮崎市】橘通にあるALC外壁の住宅で屋上防水や軒天などの塗装をおこないました!

宮崎市の橘通にあるALC外壁の住宅で、屋上や付帯部の塗装をおこないました。

付帯部とは、屋根や外壁以外の細かい場所をさします。

 

今回は、屋上の防水塗装や、付帯部として軒天の施工状況を解説していきます。

 

屋上の防水塗装

【宮崎県宮崎市】橘通にあるALC外壁の住宅屋上防水

※屋上の防水塗装をしている様子(白く見える部分)

 

屋上には防水塗装が必要です。

防水塗装とは、水を弾くための塗装です。

屋上やバルコニー、ベランダなどの床は、防水塗装をしなければ水がひび割れなどから内部に侵入して雨漏りを引き起こします。

 

新しく屋上やバルコニー、ベランダを設置した場合は、必ず防水塗装をおこなってください。

また、古い防水塗装が剥がれ始めたタイミングでもメンテナンスが必要です。

 

屋上防水には塗装以外にもシート防水やアスファルト防水と呼ばれる施工方法があります。

今回の防水方法である塗装は、安価で作業時間が短い点が魅力です。

 

軒天を塗装

【宮崎県宮崎市】橘通にあるALC外壁の住宅軒天上塗り

※軒天の上塗りの様子

 

軒天とは、屋根の裏側にある天井部分をさします。

雨や湿気で劣化しやすい部位で、放置すると外壁内部や建物内への浸水が起こり、最悪の場合は雨漏りを引き起こすでしょう。

 

軒天は基本的に明るい色で塗装します。

ほとんどの家庭では白を使います。

なぜなら、軒天は天井部分なので影ができやすく、全体的に暗い印象を受けてしまうからです。

白を塗装しておけば暗い印象を和らげられるのです。

 

 

以上が、橘通にあるALC外壁の住宅での工事状況です。

今回は、一般家庭ではバルコニーやベランダ以外ではあまり施工しない防水塗装の説明もおこないました。

もし屋上やバルコニー、ベランダの施工をする場合はご相談ください。

 

宮崎市における他の工事状況を知りたい場合はただいま施工中から確認できます。

【宮崎県宮崎市】花山手にある41坪の住宅で雨樋と軒天などの付帯部を塗装しました!

宮崎市の花山手にある41坪の住宅で今回は付帯部の塗装を行いました。

付帯部とは、屋根の側面にある「破風」や「雨樋(あまどい)」、屋根の裏側の天井である「軒天」といった外壁と屋根以外の場所を指します。

 

今回は、付帯部のなかでも「雨樋」と「軒天」の塗装を写真で紹介していきます。

 

雨樋の塗装です!

【宮崎県宮崎市】花山手にある41坪の住宅でスーパーセラタイトFを使った外壁塗装と、屋根の塗装工事雨樋上塗り

※上塗り後の様子。黒い部分の一部が雨樋

 

屋根と同化してわかりにくいですが、光沢がある黒い屋根の一部に雨樋があります。

雨樋は、屋根の水を地上に流すための受け皿やパイプのことです。

劣化や破損がしやすく、定期的な塗装をしなければいけませんが、外壁塗装の際に忘れがちになる部分でもあります。

 

雨樋はローラーで塗るのが難しい部位もあるためハケが活躍します。

 

軒天を塗装しました!

【宮崎県宮崎市】花山手にある41坪の住宅でスーパーセラタイトFを使った外壁塗装と、屋根の塗装工事軒天上塗り

※軒天の上塗りの様子

 

軒天は天井部分のため影で暗くなりがちです。

そのため、白に近い色で塗装して、少しでも明るく見せるのが一般的です。

今回も白系の色で塗装しています。

 

以上で塗装作業は完了です。

あとは、塗りムラがないかをチェックして養生をすべて剥がし、足場を解体していきます。

 

軒天の塗装は外壁塗装よりも前におこなうこともあります。

基本的に塗装は塗料の飛散を考慮して上から順におこなうため、外壁よりも軒天、軒天よりも屋根を先に塗装するケースが多いでしょう。

 

足場の設置から塗装、解体までの工程にかかる日数は2〜3週間程度です。

雨の日が長く続く場合は1ヶ月かかることもあるでしょう。

工事前に梅雨や台風が予測できている場合は、工期が延びることを先に伝えることがあります。

 

もし今回のような屋根・外壁塗装をしたい場合はぜひエスケーハウスにご連絡ください。

このほかの宮崎市の工事現場はただいま施工中から確認が可能です。

【宮崎県宮崎市】月見ヶ丘にある20坪の住宅で付帯部を塗装した作業

宮崎市の月見ヶ丘にある20坪の住宅で付帯部の塗装をおこなっていきます。

 

屋根や外壁以外の部分が付帯部です。

例としては、軒天や破風、雨戸、雨樋、シャッターなどがあります。

 

今回は付帯部のなかでも特に塗装することが多い軒天の工事状況を解説していきます。

 

軒天の塗装前の段階

【宮崎県宮崎市】月見ヶ丘にある20坪の住宅で57平方メートルの外壁と92平方メートルの屋根を塗装した工事軒天前

※軒天を塗装する前の様子

 

軒天とは、屋根の裏側にある天井部分のことです。

紫外線や雨が直接当たることは少ないですが、湿気によって腐食することがあります。

長く放置すれば軒天から雨漏りを引き起こすケースがあるため、定期的な塗装が必要な部位です。

塗装をすれば腐食を防止できます。

 

今回の軒天は表面の塗装が剥がれて一部はカビが発生していました。

そのため、剥がれかけている塗装を剥がしてから塗り替えします。

 

軒天を塗装しました!

【宮崎県宮崎市】月見ヶ丘にある20坪の住宅で57平方メートルの外壁と92平方メートルの屋根を塗装した工事屋根軒天上塗り

※軒天の上塗りの様子

 

古い塗装を剥がしたら下塗りをしてから仕上げ塗装を2回おこないます。

 

軒天は暗い場所なので、少しでも明るく見えるように基本的に白色で塗装します。

また、軒天は天井なので塗装をすると周囲に塗料が飛び散ります。

このため外壁より先に軒天を塗装するケースは多いです。

 

今回は軒天の紹介のみですが、他にも雨樋や破風の塗装もしています。

雨樋とは、屋根の雨を地面に誘導するための受け皿とパイプです。

破風は、屋根の側面についていて屋根の下に雨が入り込むのを防ぐ役割があります。

 

雨樋や破風も定期的に塗装をしなければ腐食して雨漏りを引き起こすため、外壁塗装の際には一緒にメンテナンスをしておきましょう。

 

他にも宮崎市では多数の工事をしています。

詳しくはただいま施工中で確認してみてください。

エスケーハウス株式会社でおこなった宮崎・鹿児島地域での工事中の状況を紹介しています。

【宮崎県宮崎市】橘通にある住宅でALC外壁を塗装しました!

屋根塗装の次はALC外壁の塗装を紹介します。

ALC外壁の塗装も下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りをおこないます。

 

ALCとは、軽量気泡コンクリートのことです。

内部に気泡を閉じ込めたコンクリートで、頑丈かつ軽量な素材です。

一方で、吸湿性が高いために塗装をしなければすぐに劣化してしまう欠点もあります。

 

ALC外壁を下塗りしました!

【宮崎県宮崎市】橘通にあるALC外壁の住宅外壁下塗り

※下塗りをしている様子

 

基本的な手順はサイディングやモルタル外壁と変わりません。

最初は下塗りで吸水性を抑えたり、中塗りの密着性を高めます。

今回は白くて厚みのある塗料で下塗りをしました。

厚塗りすることで傷を隠しやすく、凹凸がある外壁でも塗りそこねが防げるメリットがあります。

 

ALC外壁をグレー系で中塗りしました!

【宮崎県宮崎市】橘通にあるALC外壁の住宅外壁中塗り

※グレーっぽい部分が中塗りです

 

次は中塗りです。

中塗りではグレー系の塗料を使いました。

 

中塗りと上塗りでは同じ塗料を使います。

なぜなら、同じ塗料で2回塗らないと十分な耐久性能が発揮できないためです。

 

1回しか塗らないと厚みが不足してしまい、耐用年数が短くなるでしょう。

 

「厚みが足りないのなら1回で厚塗りすればいいのでは?」と考えるかもしれませんが、塗料には1度に塗ってもいい厚さが決まっています。

それ以上の厚さで塗ると、施工不良を起こしてしまうのです。

このため、仕上げ塗料を中塗りとして1度乾燥させてから上塗りで再度塗装します。

 

ALC外壁をグレー系で上塗りしました!

【宮崎県宮崎市】橘通にあるALC外壁の住宅外壁上塗り

※やや白く見える部分が上塗りです。中塗りの写真と色が違うように見えるのは光の加減によるものです

最後に上塗りをして完了です。

上塗りの際は塗りそこねがないかもしっかりとチェックしていきます。

 

特に凹凸が多い外壁だと上から見たら問題ないけれど下から見たときだけ塗りそこねがあると気づくこともあります。

さまざまな角度からチェックする必要があるのです。

 

【宮崎県宮崎市】佐土原町にある築19年の住宅で180平方メートルのサイディング外壁を塗装しました!

今回は窯業系サイディングの塗り替えを紹介します。

屋根と同じく、サイディング外壁も以下の工程で塗装をします。

 

  1. 下塗り
  2. 中塗り
  3. 上塗り

 

それぞれの様子を写真を見ながら解説していきます。

 

窯業系サイディングを「水性SDサーフエポ」で下塗り

【宮崎県宮崎市】花山手にある42坪の住宅でコロニアル屋根と外壁の塗装工事外壁下塗り

※窯業系サイディング外壁の下塗りの様子

 

外壁の白い部分は下塗りが完了しています。

下塗りで使った塗料はエスケー化研株式会社が販売する「水性SDサーフエポ」です。

サーフェーサーと呼ばれる厚みがある下塗り材で、塗ることで小さな傷を隠せるメリットがあります。

 

窯業系サイディングを「エスケープレミアムシリコン」で中塗り

【宮崎県宮崎市】花山手にある42坪の住宅でコロニアル屋根と外壁の塗装工事外壁中塗り

※窯業系サイディング外壁の中塗りの様子(濃い色の部分)

 

中塗りで使った塗料はエスケー化研株式会社が販売する「エスケープレミアムシリコン」です。

「ラジカル塗料」という最新の塗料グレードに分類され、費用対効果が高い商品です。

耐用年数は14〜16年程度あり、今回の塗装後10年以上は塗り替えが必要なくなるでしょう。

 

「エスケープレミアムシリコン」は中塗りだけではなく上塗りでも利用します。

同じ塗料で2回塗るのは外壁塗装では一般的な手法です。

なぜなら、塗料は2回塗ることで性能を最大限発揮できるように製造されているからです。

 

1回しか塗らないと見栄えが悪くなったり、耐用年数が短くなったりするでしょう。

 

窯業系サイディングを「エスケープレミアムシリコン」で上塗り

【宮崎県宮崎市】花山手にある42坪の住宅でコロニアル屋根と外壁の塗装工事外壁上塗り

※窯業系サイディング外壁の上塗りの様子(中間で中塗りと上塗りに分かれています)

 

「エスケープレミアムシリコン」を使った上塗りの様子です。

色が違うように見えるのは、乾燥しているかどうかの違いや光の加減などが理由です。

お客様の要望によって中塗りと上塗りで色を少しだけ変える場合もあります。

 

以上が佐土原町の住宅で行った塗装の様子です。

他にも付帯部工事などもおこないました。

 

宮崎市の工事事例をもっと見たい場合は施工中の現場でも紹介しています。

【宮崎県宮崎市】花山手にある42坪の住宅で雨戸や雨樋、軒天などの付帯部を塗装しました!

屋根と外壁の塗装が一通り終わったら付帯部の塗装です。

付帯部とは、「破風」や「雨樋(あまどい)」、「軒天」といった、外壁や屋根以外の部位のことです。

 

今回は、以下の付帯部を塗装しました。

 

  • 雨戸
  • 雨樋
  • 軒天
  • 破風
  • 玄関柱

 

このうち、雨戸と雨樋、軒天の様子を写真で見ていきましょう。

 

雨戸の塗装

【宮崎県宮崎市】花山手にある42坪の住宅でコロニアル屋根と外壁の塗装工事雨戸上塗り

※雨戸を外して上塗りした様子

 

雨戸とは、風などで窓が割れないように保護する板です。

雨戸は狭い隙間が多いため、吹き付けで塗装する手法が一般的です。

ハケで塗装することもあります。

 

今回は白色で雨戸を塗装していきました。

 

雨樋の塗装

【宮崎県宮崎市】花山手にある42坪の住宅でコロニアル屋根と外壁の塗装工事雨樋上塗り

※雨樋の受け皿を塗装した様子

 

雨樋とは、屋根の雨水を地上に流す付帯部です。

今回の工事では白で塗装しました。

 

軒天の塗装

【宮崎県宮崎市】花山手にある42坪の住宅でコロニアル屋根と外壁の塗装工事軒天上塗り

※破風を塗装した様子

 

破風とは、屋根の裏側にある天井部分です。

こちらも他の付帯部同様に白色で塗装しています。

 

破風は光が当たりにくく色が暗く見えるため、もっとも明るい白色で塗装するのが一般的です。

 

他にも玄関柱や破風といった付帯部を塗装しました。

付帯部は外壁や屋根に比べると目につきにくいため軽視しがちです。

しかし、雨漏りを引き起こしやすい部位でもあるため外壁や屋根を工事する際は一緒に塗装しましょう。

 

 

上記で、宮崎市の花山手における塗装工事は完了です。

塗装工事における全体の作業工程としては、以下の日数が目安となります。

 

  • 足場の設置や高圧洗浄、シーリング補修:3〜7日
  • 屋根塗装:2〜5日
  • 外壁塗装:2〜5日
  • 付帯部塗装:1〜3日

 

塗装工事はおおよそ2〜3週間程度で完了するでしょう。

雨が続いた場合は1ヶ月程度かかるケースもあります。

 

宮崎市の他の工事現場を知りたいならただいま施工中の記事もぜひ確認してみてください。

 

【宮崎県宮崎市】清武町にあるガルバリウム鋼板屋根のお家で雨樋・雨戸・軒天などの塗装を行いました!

屋根と外壁の塗装が完了したら「付帯部」の工事があります。

付帯部とは、屋根や外壁の広い面以外の部位をさします。

 

付帯部の例には以下があります。

 

  • 雨樋
  • 雨戸
  • 軒天
  • 破風

 

今回は雨戸と雨樋、軒天、さらにはバルコニーの塗装を行っていきました。

 

雨樋の塗装

【宮崎県宮崎市】清武町で外壁とガルバリウム屋根、シーリング補修などをした工事雨樋上塗り

※縦に通っている黒いパイプが、上塗りをした雨樋です

 

雨樋とは、屋根から落ちてくる水を地面に誘導するためのパイプや受け皿のことです。

雨樋が劣化すると破損しやすくなり、雨漏りの原因となるでしょう。

 

今回は雨樋を黒系の色で塗装しています。

 

軒天の塗装

【宮崎県宮崎市】清武町で外壁とガルバリウム屋根、シーリング補修などをした工事軒天上塗り

※軒天の上塗り後の様子です

 

軒天とは、屋根の裏側の天井や、2階バルコニー床の裏にある1階部分の天井などのことです。

屋根の裏側の軒天は白で塗装する場合が多いです。

 

理由は、軒天が暗い色に見えやすいためです。

天井なので太陽光が当たりにくく、地上から見たときに色がくすんでみえてしまいます。

このため、軒天は光沢がある塗料を白色で塗装するケースが多いのです。

 

雨戸の塗装

【宮崎県宮崎市】清武町で外壁とガルバリウム屋根、シーリング補修などをした工事雨戸上塗り

※窓の上部についているのが雨戸です

 

雨戸とは、風や飛来物から守るために窓を守るために設置する防護板です。

木製や金属製などがあります。

 

バルコニーの塗装

【宮崎県宮崎市】清武町で外壁とガルバリウム屋根、シーリング補修などをした工事防水

※バルコニーを塗装している様子

 

この住宅ではバルコニーの床塗装もおこないました。

バルコニーの床は防水塗装と呼ばれる特殊な工事が必要です。

 

雨を防ぐための防護膜(防水層)を作ってから、その防水層を守るために表面を塗装(トップコート)します。

 

防水層やトップコートが不十分だと床の塗装が剥がれてしまい、雨水がひび割れ部などに浸透して雨漏りを引き起こすおそれがあるでしょう。

 

以上が、清武町における住宅塗装の様子です。

他にも宮崎市の現場を知りたい場合はただいま施工中のページで紹介しています。

 

ご相談・お問い合わせは エスケーハウス株式会社

宮崎・鹿児島で新築住宅・リフォーム・塗装をするなら10年連続地元でNo.1の表彰された「エスケーハウス」

エスケーハウス株式会社

フリーダイヤル 0120-106-707 受付時間9:00〜21:00(火曜のみ〜17:00)FAX 0986-45-9317 (24時間対応)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ